ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マシューズフェイントのやり方!動画と画像で詳しく解説

マシューズフェイントの正しいやり方は、上半身のバネ作用を使うことです。特に海外のサッカー選手は高重心なので、全身のバネを使ったプレーが身に付いています。

ところが、日本人は低重心のため、インとアウトの足だけを使ったマシューズフェイントになりやすいです。

そうすると、フェイントとしては使えません。

そこで、今回は日本人に多い間違ったマシューズフェイント、正しいやり方、練習法などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.マシューズフェイントとは

マシューズフェイントは、元イングランド代表のスタンリー・マシューズが得意としたテクニックです。

日本では、単にイン・アウトとも呼ばれています。

たぶん足の動きだけを見ているので、こうした呼び方になったのでしょう。

(1)スタンリー・マシューズ

マシューズフェイントは、インサイドとアウトサイドを使って利き足側に抜くという、オーソドックスなテクニックです。

ふつうのフェイントは、いったんスピードを落としてから仕掛けるテクニックが多いですよね。

でも、マシューズフェイントは、スピードに乗ったまま相手を抜くことが出来ます。

ほんの少し練習すれば誰でも出来るので、子どもたちにはぜひ覚えてほしいですね。

(2)日本人に多い間違ったマシューズフェイント

日本人がマシューズフェイントをやると、どうしても足の動きだけてで抜こうとします。

先ほどイン・アウトとも呼ばれている…と解説しましたが、次の動画は上半身が棒立ちで足だけを使った典型的なやり方です。

足のフェイントだけで抜くのは、上半身がまるで重たい荷物のようになって、プレーするようなものです。

また、上半身と下半身の体重比は6対4で上半身の方が重く、下半身の負担も大きいことから、素早い動きは無理でしょう。

さらに、こうした動作を長年続けると、膝や腰を酷使するのでケガの原因になります。

特に、日本人は胴長短足・低重心なので、どうしてもこのようなフェイントになってしまうようです。

※体のバネ作用を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
体のバネ作用でサッカーがレベルアップ!【最新理論で解明】

(3)試合では使えないマシューズフェイント

次の動画のプレーは、複雑すぎるので試合では使えません。

そもそもマシューズフェイントは、インとアウトのシンプルなテクニックです。

また、この方はフリースタイルの選手であって、サッカー選手ではありません。

だから、単なるパフォーマンスなので、あまり参考にはならないのです。

そうした点では、先ずは正しいテクニックを身に付けましょう。

ところで、現代版のマシューズフェイントは大きく分けて、ディマリア型とメッシ型の二つのパターンがあります。

もちろん二つとも、イン・アウトで相手を抜くのは同じですが、大きく違うのは上半身のバネの使い方です。

そこで、次に、この二つのパターンを説明します。

スポンサーリンク

2.ディマリア型

ディマリア型のマシューズフェイントは、とても簡単なので、子供たちにはぜひマスターして欲しいですね。

ディマリア型は、イン・アウトでタッチする時に、肋骨を蛇腹のように左右に伸び縮み(上半身のバネ作用)させます。

また、このやり方は、海外のサッカー選手に多い体の使い方です。

簡単に言えば、上半身を左右にクネクネ動かすと言う意味で、横方向のバネ作用を使います。

インサイドでタッチする時は、

インサイドでタッチするディマリア

肋骨の左側→縮む。右側→伸びる。肋骨の右側を伸ばして左側が縮む旨の説明画像

アウトサイドでタッチする時は、
インサイドでタッチするディマリア

肋骨の右側→縮む。左側→伸びる。肋骨の左側を伸ばして右側が縮む旨の説明画像

要するに、左右の肋骨を伸び縮みさせているわけですね。

※ディマリアは左利きなので、右利きの人はこの反対の動きをしてください。

この時に、注意していただきたいのは、アウトで相手を抜く時に後ろ足(軸足)を踏み込まない!ということです。

次の画像のように、日本人には特に多い間違ったやり方ですね。

後ろ足で踏み込むというのは、先ほども解説したとおり、上半身という重たい荷物を背負ってプレーするようなものです。

これに対して、ディマリアのマシューズフェイントは、足を踏み込まなくても、肋骨の伸び縮みだけで十分なバネ作用が発揮出来るため、下半身の力はほとんど必要ありません。

しかも、軸足を踏み込むよりも速く動けます。

だから、下半身の力に頼って相手を抜くのは止めましょう(詳しくは後述します)。

さて、次は、メッシ型のマシューズフェイントを詳しく解説します。

※この続きは下にある四角のボタン「2」を押してください。