ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マシューズフェイントのやり方!動画と画像で詳しく解説

マシューズフェイントの正しいやり方は、ディマリア型とメッシ型の2つに分かれます。
どちらのフェイントにも共通するのは、上半身のバネ作用を使うという点です。
特に海外のサッカー選手は高重心なので、全身のバネを使ったプレーを得意とします。

ところが日本人のサッカーは、下半身に頼ったプレーをする傾向があります。
だからマシューズフェイントも、足だけを使ったインサイドとアウトサイドの動作だけになります。
そうすると、動作そのものが遅くなるという大きな間違いがあります。

そこで、今回は日本人に多い間違ったマシューズフェイント、正しいやり方、練習法などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.マシューズフェイントとは

マシューズフェイントは、元イングランド代表のスタンリー・マシューズが得意としたドリブルテクニックです。
日本では、単にイン・アウトとも呼ばれています。

(1)スタンリー・マシューズ

マシューズフェイントはインとアウトで利き足側に抜くという、とてもオーソドックスなテクニックです。

ふつうのフェイントは、いったんスピードを落としてから仕掛けるテクニックが多いです。
ところがマシューズフェイントは、スピードに乗ったままで相手を抜くことが出来ます。
ほんの少し練習すれば誰でも出来るテクニックなので、子どもたちにはぜひ覚えてほしいですね。

(2)日本人に多い間違ったマシューズフェイント

日本人がマシューズフェイントをやる場合、どうしても足の動きだけになります。
先ほどイン・アウトとも呼ばれている…と解説しましたが、次の動画は上半身が棒立ちで足だけを使った典型的なやり方です。

足だけでフェイントするのは、上半身のバネを使わないので重りを背負ってプレーするようなものです。
しかも上半身と下半身の体重比は6対4なので、下半身の負担はかなり多くなります。
日本人は胴長短足で低重心なので、どうしてもこのようなフェイントになってしまうようです。

※体のバネ作用を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
体のバネ作用でサッカーがレベルアップ!【最新理論で解明】

(3)試合では使えないマシューズフェイント

次の動画のプレーは、複雑すぎるので試合では使えません。

そもそもマシューズフェイントは、シンプルなテクニックです。
またこの方はフリースタイルの選手であって、サッカー選手ではありません。
だから、単なるパフォーマンスであってあまり参考にはなりません。
先ずは、正しい基本の動きを身に付けた方が良いでしょう。

ところで現代版のマシューズフェイントは大きく分けて、ディマリア型とメッシ型の二つのパターンがあります。
もちろん二つのパターンとも、イン・アウトで相手を抜くのは同じですが、大きく違うのは上半身のバネ作用です。

そこで、次にこの二つのパターンを順に説明します。

スポンサーリンク

2.ディマリア型

ディマリア型のマシューズフェイントは比較的簡単なので、子供たちにはぜひマスターして欲しいですね。

ディマリア型は、イン・アウトでタッチする時に肋骨の左右の部分を蛇腹のように交互に伸び縮み(上半身のバネ作用)させています。
海外のサッカー選手には、かなり多い体の使い方です。

簡単に言えば、上半身を左右にクネクネ動かすと言う意味で、横方向のバネ作用を使います。

インサイドでタッチする時は、
肋骨の右側→伸ばす。
左側→縮む。

インサイドでタッチするディマリア

肋骨の右側を伸ばして左側が縮む旨の説明画像

アウトサイドでタッチする時は、
肋骨の左側→伸ばす。
右側→縮む。

インサイドでタッチするディマリア

肋骨の左側を伸ばして右側が縮む旨の説明画像

※ディマリアは左利きなので、右利きの人はこの反対の動きをしてください。

特に注意していただきたいのが、アウトのタッチで相手を抜く時に軸足のヒザで踏ん張らない!ということです。
そもそも、肋骨の伸び縮みだけで十分なバネ作用が発揮出来るので、下半身の力はほとんど必要ありません。
だから足の力を使うのではなく、足の意識はインとアウトのタッチだけに集中してください。

スポンサーリンク

3.メッシ型

メッシ型のマシューズフェイントは、複雑な身体の使い方をするので比較的難しいです。
この動きは覚えるまでには、かなり時間がかかるでしょう。
でもディマリア型より複雑な分だけ、スピーディーな動きになります。

ディマリア型は左右にクネクネと動く横方向のバネを使いますが、メッシ型は上下方向のバネ作用で身体を動かします。

私の息子「とも」も同じような動きをします。

そこで「とも」のマシューズフェイントを参考にして、動作解析をしてみましょう。

「とも」はメッシ型ですが、実は大きな違いが一つだけあります。
それは相手を抜く時に、低い姿勢を維持したまま突破するという点です。
そうすることで、ドリブルスピードが格段にアップします。
そうした点も順次解説します。

(1)軸足をボールの横に置く

マシューズフェイントは、軸足をボールの横に置くところから始まります。
日本ではインサイドのタッチから始まる…と教えることが多いですが、これは大きな間違いです。

軸足をボールの横に置く様子

(2)インサイドのタッチへ

軸足をボールの真横に置く動きからインサイドのタッチへ移ります。
この時点からフェイントが始まります。

インサイドのタッチをする様子

先ほど日本ではインサイドのタッチから始まる…と解説しましたが、ほとんどの日本人がやるマシューズフェイントは、このような動きからスタートします。

インサイドのタッチから始まる日本人

そうすると、次の時点ではとてもユニークな動きが見られます。
何とインサイドでタッチしながら、軸足方向にジャンプするのです。

軸足方向にジャンプする日本人

これは間違いというよりも、大きな問題です。
マシューズフェイントのインサイドのタッチは横方向へのフェイントですし、素早い動きが必要です。
また横方向に身体を動かすためには、バネ作用も必要です。

ところがジャンプという動作は、体がいったん上方向に行くので、その分だけ時間をロスします。
たしかにコンマ何秒かの違いかも知れません。
でも世界レベルの試合では、この違いが致命的になります。

またジャンプ動作は、横方向へのバネ作用が使えないために生じる動作です。
これは、下半身の動きだけに頼った日本人特有の動作なのでしょう。

ちなみにディマリアもメッシもマシューズフェイントのスタートは、いつも軸足からですし、上方向のジャンプ動作は見られません。

(3)インサイドのタッチと横方向のバネ

インサイドのタッチがフェイントの動きになりますが、この時にほんの少しだけ横方向のバネを使っています。
元々「とも」のマシューズフェイントはディマリア型だったので、その頃の名残だと思います。
でもこのような動き自体が、フェイントになるのです。

インサイドのタッチの時に横方向のバネ作用を使う様子

ちなみにメッシのマシューズフェイントには、こうした横方向のバネ作用はほとんど見られません。

(4)フェイントからの切り返し

ここから先の動きは、メッシ型の特徴である上下のバネ作用を活かして突破します。

フェイントからの切り返しの様子

特にワップダウンの際は、全身を一気に脱力してください。
そうすると膝抜きが使えて、重力落下運動が働くので素早く身体を縮められます。

また、フェイントからの切り返しではヒザ抜きをしましょう。

この場合、日本では軸足を踏み込んで…と指導されることが多いです。

軸足を踏み込む日本人

これは軸足のヒザを踏ん張って、相手を抜くということです。
元々、日本人のドリブルは下半身だけを使う傾向があり、上半身の重りを背負ってプレーするわけなので、ヒザで踏ん張って…となると膝を酷使するだけです。

(5)ワップダウンを続ける

フェイントからの切り返し動作をしながら、さらにワップダウンの動きが続きます。
それと同時にタッチをアウトサイドに切り替えます。

ワップダウンを続ける様子

(6)ワップダウンのピークから前に向かう動き

ここでワップダウンがピークになったので、次は頭の重さを使った前に向かうになります。

ワップダウンのピークから前に向かう動き

またアウトで抜く時は蹴るのではなく、小指でソフトにタッチしてください。
そうすると足からボールが離れにくくなります。

※相手を抜く時に蹴っては行けない理由は、次の記事をご覧ください。
サッカーのドリブルで「運ぶ」ということの本当の意味とは?

(7)低い姿勢で突破の動き

この姿勢は、短距離走のクラウチングスタートと同じです。

低い姿勢から突破の動き

速い飛び出しのためには欠かせない姿勢です。
なせなら、背骨のバネ作用を使うための収縮動作を続けているからです。
この後でバネの復元作用として、上体を素早く立て直すことが出来るのです。

(8)通常のドリブル姿勢へ

(4)から始まったワップダウンの動きからワップアップの反射的なバネ作用によって、身体が浮き上がります。
これによって通常のドリブル姿勢に戻ります。

通常のドリブル姿勢へ戻る様子

先ほどの(4)~(7)まで低い姿勢のワップダウンを続けましたが、これは背骨のバネ作用の収縮動作です。
バネの収縮は弾性エネルギーを蓄積するので、この時点で一気に放出したわけです。

これまでの動きの中で、上下のバネ作用と頭の重さを使った突破の動きはメッシ型と同じですが、一点だけ違う動作があります。

それはドリブル突破の時に、クラウチングスタートのような低い姿勢を続ける点です。
特に蹴り足を一歩目にしているところから見ると、ドリブルと言うよりも短距離走のスタートダッシュに近い動作になっています。

突破の連続写真

これは「とも」が小学二年生のころに、足を速くするための練習の一環として短距離ダッシュのフォームを矯正したことに由来します。

※足を速くするための練習方法を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
足が遅いなんて言わせない!三ヶ月で速くなった練習法とは?

やはり頭の重さを使った低い姿勢からのスタートダッシュを身に付けるためには、こうした練習が最適です。

さて、次はマシューズフェイントを習得するための練習法を詳しく解説します。

※この続きは【おすすめの記事一覧】の下にある四角のボタン「2」を押してください。

スポンサーリンク