ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マシューズフェイントのやり方!動画と画像で詳しく解説

【ディマリア型+メッシ型】

「とも」のマシューズフェイントは、インのタッチまではディマリア型で、その後はメッシ型です。

でも、メッシ型と大きな違いが一つだけあって、それは相手を抜く時に低い姿勢を維持したまま突破するという点です。

そうすることで、ドリブルスピードが格段にアップします。

(1)インのタッチ

①軸足をボールの横に置く

②イン(親指)のタッチ

この時の親指のタッチは、ボールの表面を触るか触らないか…というくらいに浅くタッチしてください。

このようにソフトにタッチすると、この後のアウトの切り返しがとてもスムーズに出来ます。

また②のインのタッチの時に、ディマリア型と同じように横方向のバネを使います。

フェイントの効果としては、左右のゆさぶりと言う点で、メッシ型よりも相手は引っかかりやすいです。

なお、この時にほんのわずかですが体が空中に浮いています(紙一枚分くらい)。

こうした動作は古武術の「浮身(うきみ)」と言いますが、これはドリブルが上手くなるためにはとても大切です。

ちなみに日本人のマシューズフェイントはインのタッチの後で、次のように軸足方向にジャンプすることが多いですね。

その原因は、インサイド(インサイドキックを蹴る場所)を使って、ボールに深くタッチしてしまうからです。

実はこのようにタッチすると、ジャンプしない限りアウトで切り返すことがまともに出来ません。

またジャンプすると体がいったん上に向かうので、その分だけ時間がムダになりますよね(つまりこのジャンプは意味がない)。

さらにジャンプする時に上体が棒立ちになっています(背骨の伸び縮みの動作がない)。

これは明らかに体が開いていて、背骨のバネ作用が使えないために起こる動きです。

やはり、下半身の動きだけに頼った日本人独特の動作ですね(ディマリアもメッシも、上にジャンプするようなおかしな動作は見られません)。

しかもイン(親指)とアウト(小指)でタッチするべきところを、インサイド(インサイドキックを蹴る場所)とアウトサイド(アウトサイドキックを蹴る場所)でタッチしています。

これは、ふだんのジグザグドリブルが間違っていることを意味します。

つまり基本のドリブルさえも分かっていないわけですね。

日本人には、特に多い間違いなので注意しましょう。

(2)インからアウトの切り返し

③インからアウトに切り換え

この時にディマリアやメッシと同じように膝抜きをすると、インとアウトの切り替えしの動きがスムーズになります。

しかも膝で踏ん張ったりしないのでヒザや足首の負担もほとんどありません。ぜひ膝抜きを覚えましょう。

④背骨を縮める

メッシと同じように背骨を縮めて姿勢を低くして、この後の飛び出しの動きに備えるわけですね。

(3)低い姿勢から飛び出し

⑤アウトのタッチ

ここではアウトでタッチするとともに、頭の重さを使って前に向かいます。

またアウトで抜く時は、強く蹴るのではなく小指でソフトにタッチすると足からボールが離れにくくなります。

さらにこの姿勢は短距離走のクラウチングスタートと同じで、メッシはここまで極端に低い姿勢ではありませんが、速い飛び出しのためには欠かせない体勢ですね。

※相手を抜く時に強く蹴っては行けない理由は次の記事をご覧ください。
サッカーのドリブルで「運ぶ」ということの本当の意味とは?

⑥ 突破の動き

ここでは背骨を縮めた状態からの反射的なバネ作用(背骨が伸びる動き)によって、体が浮き上がります。

これによって通常のドリブル姿勢に戻るわけですね。

また、ここではアウトでタッチした前足が一歩目になるので、後ろ足で踏み込まないようにしましょう。

そうすることで、メッシのように速く飛び出せます。

この場合、日本では軸足を踏み込んで…と指導されることが多いですが、先ほども解説したとおり、膝抜きを覚えれば素早く動けますし、このようなムダなことをする必要はありません。

なお、これまでの動きの中では、突破の時にクラウチングスタートのような低い姿勢を取り続けるという点はメッシとかなり違う点です。

これはドリブルと言うよりも、短距離走のスタートダッシュに近い動作ですね。

これは「とも」が小学二年生のころに、足を速くするため、短距離ダッシュのフォームを練習したことに由来します。

こうした練習も相手を抜く時の飛び出しを速くするのに役立ちます。

さて次は、マシューズフェイントを身に付けるための練習法を詳しく解説します。

この続きは下の四角のボタン「5」を押してください。