ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

アウトフロントキック(アウトサイドキック)の蹴り方!

アウトフロントキックは、ブラジルで「三本指のキック(Chute com tres dedos)」とも呼ばれる蹴り方です。

シュートやパスの武器が一つ増えるので、ぜひ覚えたいですね。

そこで今回はアウトフロントキックの蹴り方を解説します。

スポンサーリンク

1.アウトフロントキックとは

(1)三本指のキック

アウトフロントキックはボールをアウト回転させる独特な蹴り方ですが、ブラジルでは「三本指のキック(Chute com tres dedos)」とも呼ばれていて、特にブラジル人の得意なキックとされています。

この場合の三本指は小指、薬指、中指のことですが、この部分でインパクトすると強く蹴れないので、実際にはインステップに近い場所(やや外側)を使って蹴った方が良いでしょう。

またロベルトカルロスの蹴り方を見ても、やはり三本指ではなく、どちらかというとインステップキックのような蹴り方に近いですよね。

でも日本ではこのキックをあまり使われませんが、その理由は2つあると思います。

① 蹴り足の特徴
② 日本の両足練習

そこで先ずは蹴り足の特徴から解説します。

① 蹴り足の特徴

アウトフロントキックを蹴る時は、三本指(小指、薬指、中指)、足首、前脛骨筋(スネの筋肉)を使いますが、日本人はこの部位が弱いという特徴があります。

この場合、足の指の5本の筋は足首のあたりで束ねられて前脛骨筋(スネの筋肉)に繋がっているので、アウトフロントキックを蹴る時の重要な部位は前脛骨筋、足首、三本指になります。

その際、前脛骨筋はふくらはぎの筋肉と比べてふだんはあまり使わないので、それほど発達しません。

また足首には筋や腱はありますが筋肉はほとんど付いていないので、自分の体重を支える機能はあってもボールを蹴るような動作には向いていないことから、本来は長期間にわたって鍛える必要があります。

さらに足の指のうち親指、一指し指、小指は力が入りやすいですが、中指と薬指はほとんど力が入らないので、この部分を使って蹴るのはそもそも難しいのです。実際に動かしてみたら分かるはずですよ。

以上の点をまとめると、足の三本指(小指、薬指、中指)、足首、前脛骨筋を使ってアウトフロントキックを蹴るというのは、力の入り難い部位を使って蹴る…ということなのでそう簡単には上手く蹴れないわけですね。

これに対して、先ほどのロベルトカルロスは、スネの筋肉、足首、足の指がとても発達しています(白いソックスを履いているので分かりにくいですが…)。

これは彼だけのことではなく、ブラジル人の特徴だと思います。

それではなぜブラジル人がこれだけ発達するのかというと、子どもの頃から裸足で過ごすからです(もちろんサッカーも裸足でよくやります)。

だから自然とスネの筋肉、足首、足の指が発達するわけですね(アフリカ系の黒人も同じ理由で発達している)。

これに対して日本の子供たちは裸足になる機会が少ないので、先ほどの3つの部位があまり発達しません。

だから上手く蹴れないのです。

さて、次はアウトフロントキックが日本であまり使われない理由の二つ目の②日本の両足練習について解説します。

② 日本の両足練習

日本では幼少期から両足練習をたくさんやるので、右足も左足も同じように蹴れるようになるのを求められます。

そうすると次のような問題が起こります。

A.アウトフロントキックを使わなくなる

右利きの選手が左足でも蹴れるようになると、アウトフロントキックを使わず、左足に持ち替えてカーブ回転をかけて蹴るのが多くなります。

これは先ほどのスネの筋肉、足首、足の指が未発達なのでアウトフロントキックが蹴り難いという特徴とも関係しますが、むしろ左足で蹴れば良い…という安易な発想があるからだと思います。

ところがこの場合、ボールを右足から左足に持ち替える時間は0.1~0.2秒ほどかかるので、狭い場所では相手のプレスによって奪われやすくなるのです(仮に持ち替える時間が0.1秒かかるとすると、0.1秒の間にヒトは全力疾走して1mほど走れます)。

こうした状況はシュートする時も似ていて、例えばペナルティーエリア付近で次のように右利きの選手がアウトフロントキックを蹴れたとしたら、左に持ち替える時間を短縮してディフェンスのプレスを回避してシュートできますよね。

ところがそれを出来ない選手は、無理に左に持ち替えて一か八かでシュートするか、味方にパスするしかないのです。

つまりアウトフロントキックを蹴らない場合は、持ち替えてカーブを蹴らなくてはいけない…というデメリットになるわけですね。

こうした点は、実際の試合を見ていても意外と気が付かないかも知れません。

B.蹴り分けが出来ない

利き足を使ってボール蹴る時は、利き足の前から軸足(逆足)のほぼ90度の角度が蹴りやすい範囲とされています。

したがって右利きの選手は前か左方向が蹴りやすいのです。

その場合、ディフェンス側もそのことを分かっている(無意識のうちに)ので、前か左方向のパスコースを切ろうとします。

そうすると右側にいる選手にパスするのをあきらめるか、無理やり左に持ち替えて一か八かでパスするのかを選択するしかありません。

でも現実的には、あきらめてバックパスや横パスになるのが多いと思います。

この場合、ディフェンス側はアウトフロントキックで右側に蹴ることはほとんど予想していないので、もしも蹴れたとしたらパスが繋がってチャンスになるはずです。

つまり、アウトフロントキックがきちんと蹴れないというだけで、攻撃の選択肢が一つ減ってしまうわけですね。

これは些細なことかも知れませんが、サッカーという競技においては苦手なプレーがあるというだけで、成長の余地がなくなることを意味します。

そうした点は、ぜひご注意ください。

それでは次に、アウトフロントキックでボールがなぜ曲がるのか?という詳しい仕組みを解説します。

(2)ボールが曲がる仕組み

ロベルトカルロスは左利きですが、彼の蹴ったボールの曲がり方を見ると、まるで右利きの選手のカーブのようでしたよね。

どうしてこんなに曲がるのか?というと、これはカーブが曲がる仕組みと同じでマグナス効果によるものです。

マグナス効果とは、ボールが回転しながら飛ぶ時に左右の気圧が変化するため、気圧の低い方に引っ張られるように曲がる…という原理です。

右利きの選手を例にすると、最初はボールに時計回りの回転が掛かりながら真っ直ぐ飛びますが、その時のボールの右側と左側では空気の流れの違いによって気圧が変化します。

左側の空気は進行方向に逆らって流れるので、空気が停滞して壁(空気の層)が発生し、流れが遅くなって気圧が高くなります。

これに対して右側の空気は進行方向とは逆向きに流れるので、流れが速くなって気圧が低くなります。

これによって、気圧の高い方から低い方にボールが引っ張られるように曲がるのです。

つまり足首の角度に注意して真っ直ぐ蹴れば、マグナス効果によって自然に曲がるというわけですね。

だからアウトフロントキックは真っ直ぐ蹴る!ボールが曲がるのは気圧の差!という、この二つは特に大切なのでぜひ覚えてください。

さてそれでは次に詳しい蹴り方を解説します。

2.アウトフロントキックの蹴り方

(1)足首の角度とボールの軌道

足首の角度とボールの軌道は深い関係があります。

この場合、インフロントやインサイドを使ってカーブを蹴る時は足の構造上からボールが上に飛びやすいですが、アウトフロントで横回転を掛けようとするとあまり浮きません。

どちらかというとボールが地面と水平に飛ぶイメージになります。

また最初の動画でご覧になったロベルト・カルロスのキックを見ても、それほど高く浮いていませんよね。

そうすると横回転は比較的低い弾道で地面に落ちやすいことから、主にシュートに使った方が良いと思います。

これに対してインフロントキックのように遠くに飛ばしたい場合は、ボールに斜め回転を掛けると良いでしょう。

その場合の足首の角度ですが、足首を立てると横回転になり、寝かせると斜め回転になります。

その際、カーブと同じようにボールの中心から1~1.5㎝程度ずらした場所を蹴るようにしてください。

もちろん人によって足の形は違うので、自分なりのインパクトポイントを探すことが大切です。

ところで足首を寝かせると、どうしてボールが浮きやすいのか?ということですが、これは横回転とバックスピンを合成した力がボールに伝わるからです。

特に横回転と斜め回転のそれぞれの回転の掛け方は、間違いやすいので注意してください。

(2)蹴り方

ここではシュート(横回転)とパス(斜め回転)に分けて解説します。

① シュートの場合

アウトフロントキックの蹴り方で、シュートにもパスにも共通するのは軸足の向きを開くこととフォロースルーで体を回転させることです。

そこでロベルト・カルロスの横回転を解析してみましょう。

先ずは軸足の踏込でつま先を開きますが、これはフォロースルーで体を回転させやすくするためです。次にインパクトですが、足首を立ててインステップキックを蹴るようなイメージで横回転を掛けます。

最後に上半身と下半身をひねり、向って右側に蹴るようにするとボールに横回転が掛かって曲がります。

したがってシュートの横回転は、インステップキックのスイング+体の回転+軸足を開くという点がとても大切です。

なお、ここでご注意いただきいのが、スネの筋肉、足首、足の指が発達しているロベルト・カルロスであっても、これだけ体を回転させないとアウトフロントキックが蹴れないという点です。

つまり強い筋力を持った選手であっても、ここまでやらないとボールは曲がらないので、体の回転は忘れないようにしてください。

② パスの場合

アウトフロントキックで斜め回転を掛けてパスをする⇒ボールを大きく飛ばす蹴り方は、基本的には先ほどのロベルト・カルロスの蹴り方と似ています。

でも、大きな違いは足首を寝かせてインフロントキックを蹴るようなイメージで斜め回転を掛けることです。

この場合、インフロントキックはボールにバックスピンを掛けてボールを浮かす蹴り方ですよね。

また、先ほど足首を寝かせると横回転とバックスピンを合成した力が伝わってボールが浮く…と解説しました。

だからインフロントキックを蹴るようなイメージが必要なのです。

したがってパスの斜め回転は、インフロントキックのスイング+体の回転+軸足を開くという点を覚えてください。

いずれにしてもシュートの横回転とパスに使う斜め回転の蹴り方は少し違うので、注意しましょう。

さて、次はアウトフロントキックを蹴るためのキック力をつける方法について解説します。

(3)キック力を付ける

アウトフロントキックは、スネの筋肉、足首、足の三本指という力の入り難い部位を使って蹴るので、これまで私のブログで解説した他の蹴り方よりも格段にキック力をアップする必要があります。

その場合、特に大切なのは次の4つです。

① 筋肉の伸張反射
② 上半身のバネ作用
③ 足の重さと遠心力を使う
④ 筋トレ

① 筋肉の伸張反射

筋肉の伸張反射とは、筋肉をゴムのように伸ばすと反射的に縮もうとするという反射作用です。

これは反射神経と同様に、例えば熱い物を触った時に手を引っ込める…というのと同じ動作なので反応速度がとても速くなります。

またアウトフロンキックを蹴る時のバックスイングでは、上腕筋、大胸筋、腹斜筋、腸腰筋、大腿四頭筋、前脛骨筋などの筋肉を急激に伸ばし、フォロースルーにかけて縮みます。

つまりこうした作用を利用することで、キックのスピードとパワーを得るわけです。

② 上半身のバネ作用

上半身の背骨のバネ作用を上手に使うと、体に板バネのような反発作用が起きます。

・バックスイングで体を反らすとバネ(背骨)が伸びる。
・フォロースルーにかけて急激な巻き戻しが起きるので、バネ(背骨)が縮む。

つまり、背骨(板バネ)の反発力をキックのパワーに利用するということですね。

③ 足の重さと遠心力を使う

アウトフロントキックを蹴る時に足の重さと遠心力を使うと、インパクトのスピードとパワーが大きくなります。

足の重さを使うのは、ヒトの片足の重さが体重の18~20%なので、65㎏の体重の人であれば約12㎏分の重量をハンマー投げの重りのように利用するということで、遠心力は足の縦回転運動のエネルギーをパワーとして利用するという意味です。

この場合、足の力を抜いて蹴った方が足の重さと遠心力が発揮しやすくなりますし、筋肉の伸張反射(大腿四頭筋など)や背骨のバネ作用も同時に起こるので、さらにパワーアップします。

なお、ロベルト・カルロスは小柄ながらもキック力が強いですが、単に足の筋力だけを使っているわけではありません。

これまで解説した筋肉の伸張反射、上半身のバネ作用、足の重さと遠心力という全身のパワーを使って蹴っているのです。

そうした点も参考にしてください。

④ 筋トレ

筋トレは主に二つの部位を鍛えましょう。

A.足指と足首を鍛える

アウトフロントキックは蹴り足の三本指(小指、薬指、中指)や足首を使うので、次のような足指グーパーや足指スリスリをして鍛えてください。

私の息子は小二の頃から続けていたので、日本人離れするほど足首と足指が発達していますよ。

そうした意味でアウトフロントキックを蹴るためには、先ずはこのトレーニングが必要になります。

B.スネの筋トレ

スネの筋肉は、ふくらはぎの筋肉に比べてふだんはあまり使わないので、次のように筋トレをして鍛えましょう。

このトゥレイズは、座っている時に簡単に出来るのでおススメです。

※キック力付ける方法については次の記事も参考にしてください。
サッカーのキック力をつける練習法!全身を使う蹴り方とは?

さて次は練習法を解説します。

スポンサーリンク

3.練習法

練習法はシュートの横回転とパスの斜め回転に分けて解説します。

(1)シュートの場合

① インステップキックで無回転を蹴る

アウトフロントキックでボール曲げる(マグナス効果を起こす)ためにはスイングスピードの速さが必要なので、フルパワーの半分の力で無回転のシュートが蹴れるようにしてください。

② インステップキックでアウト回転を蹴る

インステップキックで無回転が蹴れるようになったら、次の動画の0:44からのシーンを参考にしてアウト回転(横回転)を掛ける練習をしてください。

特にフォロースルーで体を回転させるようにするとアウト回転が掛かりやすいです。

③ アウトフロントで蹴る

インステップキックでアウト回転が蹴れるようになったら、足首の角度とインパクトポイントに注意しながら実際に蹴ってみましょう。

すでにインステップのカーブ回転が蹴れているのであれば、ここから先は何度も練習するだけです。

(2)パスの場合

① インフロントキックの飛距離を伸ばす

アウトフロントキックのパスで斜め回転を掛ける場合は、インフロントキックのイメージで蹴るのが大切です。

その際、フルパワーの半分で35m以上蹴れること、蹴ったボールが2~3m飛んだ地点で自分の身長を超える高さまで浮くことが必要です。

こうした点は、インステップキックと同じようにインパクトのスピードとパワーに関わってきます。

また、飛距離が目標に達したら、次はこの動画の1:27秒のシーンにあるようにインフロントキックのアウト回転を蹴る練習してください。

② アウトフロントで蹴る

インフロントキックでアウト回転が蹴れるようになったら、足首の角度とインパクトポイントに注意しながら実際に蹴ってみましょう。

すでにインフロントキックのアウト回転が蹴れているのであれば、ここから先はやはり何度も練習するだけです。

4.まとめ

これまでアウトフロントキックの蹴り方を解説しました。

このキックは、足の三本指(小指、薬指、中指)、足首、前脛骨筋という日本人が比較的弱い部位を使うのできちんと鍛える必要があります。

その一方で、この蹴り方はシュート(横回転)とパス(斜め回転)に使えますし、キックのバリエーションを増やすという意味でとても大切です。

ぜひ日本の多くの子供たちが、アウトフロントキックが上手くなるのを願っています。

【画像引用:Youtube.com