ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します
iphone 11 ケース コピー 激安iphone 11 ケース 手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11 ケース iphone 11 pro maxケースiphone 11/11 pro/xs/xs max xr/x/8ケースiphone xr ケース手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11ケース iphone 11 pro maxケースシュプリームコピー激安シュプリームコピーtシャツシュプリーム 偽物シュプリームコピー品シュプリームコピーパーカーシュプリームコピーバックシュプリームコピー財布supremeコピー服

足が速くなる練習方法!小学二年生が三ヶ月で学年トップ?

小学生はみんな足が速くなりたい、運動会のヒーローになりたいと思っています。

でも、足が遅い…と悩む子供は、体育の時間が大嫌い、どうしたら速くなるのだろう?そんなことばかり考えているのでしょう。

私の息子の「とも」は小学一年生からサッカーを始めましたが、足が遅いことが悩みでした。

そこで足が速くなるため、二年生の三学期からいろいろな練習に取り組んだ結果、三年生になった体力テストで学年トップクラスになり、半年後には運動会のリレーの選手にまで成長したのです。

これはネット上でよくありがちな机上の空論ではなく、親子二人三脚で実践した体験記です。

そこで、今回は「とも」の足が速くなるために、どのような練習をしたのか?について詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.足の遅い小学二年生の三学期

足が速くなるための練習に取り組む前に、先ずは「とも」の足が遅い原因を考えました。

そのうえで効果的なメニューを検討したのです。

(1)足が遅かった原因

「とも」の足が遅かった原因は、大きく分けて二つありました。

①短距離走に向いた走り方ではない。
②身体能力が低い(スピード、敏捷性、俊敏性が欠けている)。

次の動画は小二の三学期のころの走る様子です。

「とも」の左側を走る子供と比べると、上体が立っているので前傾姿勢ではありません。

どちらかと言うと長距離走のような走り方です。

スピード、敏捷性、俊敏性が欠けた息子の走り方

これでは、頑張っているけど足が遅い…、そうした走り方になっていたのです

スポンサーリンク

(2)練習メニューの検討

足が速くなるために、3つのポイントに着目して練習メニューを組みました。

①スタートダッシュ

サッカーの試合では10m程度の短距離ダッシュを繰り返します。

そのためにはスタートダッシュを速くする必要があります。

また短距離走においても、スタート直後にスピードに乗って速くなれば、後は中間走とフィニッシュだけです。

そうした意味で、スタートダッシュは足が速くなるための最初の関門だと思います。

一方、サッカーでも短距離走でも使えるスタートダッシュの方法とは何か?
そのための正しい走り方は何か?

こうした点を模索しながら、足が速くなるための練習メニューを検討しました。

②身体能力の改善とナンバ走法・フラット接地で足を速くする

サッカーはピッチ走法が主流ですが、単に走るだけでは試合の後半でスタミナ切れを起こします。

また短距離走でも後半に疲れて追い抜かれてしまいます。

そうすると、いくらスタートダッシュを速くしても、途中で遅くなってしまってはダメなのです。

こうした問題はナンバ走法とフラット接地という、体力の消耗を抑える走り方を身に付けることで解決できます。

そこで身体能力を改善しつつ、ナンバ走法とフラット接地の習得を目指しました。

③目標を決める

実際の練習にあたっては、子供ながらに毎日やることがたくさんあります。

そこで無理をさせないように、目標を短期と長期に分けました。

・短期的な目標(三ヶ月)
小三の一学期の体力テストで学年トップになる。

・長期的な目標(六か月)
二学期の運動会でリレーの選手になる。

先ずは三ヶ月程度の短期目標の達成に向けて、トレーニングを開始しました。

そこで、次からは、「とも」が実践した具体的な練習方法について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。