ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ボールの蹴り方には正解はない!ブラジルと日本サッカーの違い

 私が30年前に過ごした、ブラジルサンパウロのサッカークラブの子供たちのボールの蹴り方は、とにかくいろいろでした。
 当時の私がヘッドコーチからよく言われたことは、「狙ったところにボールを蹴れるのなら、どのようなフォームでも良い。」「ボールの蹴り方には正解はない。」と言うものでした。

 でも日本では、「こうしなければならない!」とか「こうあるべき!」というように、型にはめるような指導が多いです。
 こうした場合、子供の足の形は全員が全く同じではありません。
 むしろいろいろな形をしているので、ボールの蹴り方も微妙に違うはずです。

 そうすると本来は子供によって、どのような蹴り方をしても構わない…と考えるべきでしょう。

 そこで、今回はボールの蹴り方に対するブラジルと日本の指導の違いを解説します。

スポンサーリンク

1.ボールの蹴り方に対する指導の違い

(1)日本とブラジルの指導の違い

 日本でのボールの蹴り方の指導は、次の動画のように「こういうふうにしなさい!」という方法論が先に来ます。

 そうすると、子供たちは教えられたことを忠実に守って、決められたとおりに覚えます。
また少しでも違っていると、すぐに矯正されることも多いですね。
 これは、キックの技術を個別に切り取ったような指導と言えるでしょう。

 そうした場合、ほとんどの子供は「切っても切っても金太郎飴」というように同じような蹴り方しか出来ません。

 たしかに、指導という点では失敗が少ないでしょう。
 でも、決められ通りの蹴り方をするので、これでは個性的な選手は育ち難いと思います。

 つまり日本の指導は形を重視するので、多様性のあるキックが出来ないのです。

 これに対してブラジルの指導は、よほどおかしな蹴り方をしていない限り、あまり細かいことには口を出しません。

 私がサンパウロにいた当時のコーチたちが最も大切にしたのは、パスでもシュートでも、試合できちんと使えるかどうかということでした。
 そんな時に私がアシスタントコーチとして、子供たちにいろいろと教えようとすると「ダメダメ!放っておけ!」とよく叱られたものです。

 つまりブラジルの指導は、試合で使えるのか?どうか?という点を重視するわけです。

 要するにボールの蹴り方は、試合で使えてこそ初めて意味を持つという考え方があるのです。

(2)つま先を使ったトーキックの例

 子供がサッカーを始めた時は、誰でも「つま先」を使ってボールを蹴っていたはずです。

 その際、日本ではどこの少年団でもクラブチームでも、「つま先ではダメだ!」と指導します。
 そして、最初に覚えるのがインサイドキックになります。

 そうなると、つま先を使った蹴り方は矯正されてしまうわけです(捨て去られる)。

 たしかにインサイドキックは、現代のパスサッカーにとっては大切な技術でしょう。
 でも、つま先を使うのはトーキックと言ってサッカーにおける一つのテクニックです。
 しかも、この蹴り方を矯正するのは、子供たちがトーキックを使わなくなることを意味するのです。

 これに対してブラジルの指導は、つま先を使うことは否定しません。
 つま先を使ったトーキックは、一つのテクニックとして尊重するのです。
 そのうえで新たにインサイドキックを指導します。

 そうすると、子供たちはトーキックとインサイドキックの2つのテクニックを試合で併用して使うようになるのです。

 実際にもブラジル代表のオスカルは、トーキックのシュートを得意とします。
 元代表のロナウドも良く使いましたね。
 こうした点は、子供のころからの指導によるものなのでしょう。

 要するに日本ではトーキックを否定しますが、ブラジルではテクニックの一つとして使うことを前提に指導するという違いがあるのです。

スポンサーリンク

(3)キックで足首を固定する例

 日本ではインサイドキックやインステップキックなど、ほぼすべての蹴り方で「足首を固定する!」と指導します。
 そうすると足首が過度に緊張するので、膝や股関節にも影響が出てしまい筋肉の伸張反射が活かせなくなります。

参考記事:伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

 そうした場合、ブラジルでは足首を固定するという指導はありません。
 そもそも、子供たちの足首は強いので固定する必要がないのです。

 むしろ、足首を柔軟に使うようなボールの蹴り方を教えます。
 そうすると、カーブやアウトフロントなどの変化球のキックが上手くなるのです。

 例えば、ロベルトカルロスのアウトフロントは有名ですよね。

 でも日本人は、なかなかこの蹴り方を覚えられません。
 その理由は足首の固定にあると思います。

 ちなみに私は、息子の「とも」に足首を固定するよう教えたことがありません。
 次の動画はアウトフロントの様子ですが、本人も足首の固定はあまり意識していないようです。

カーブを蹴る時も同じく意識していません。

 つまりキックの時に足首を固定することまでいちいち指導する必要はなく、むしろ自由に蹴らせた方が良いのです。
 そうすることで、多彩な蹴り方を覚えるわけです。

 ※キックで足首を固定する意味を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
 キックで足首を固定するのは間違い?その蹴り方はケガの元!

(4)軸足の踏込み

 日本の指導は、キックの種類によって軸足の位置を変えさせることが多いようです。

 例えばインステップキックなどで低い弾道のボールを蹴る時は、軸足のつま先をボールの少し前に置き、高い弾道のボールは軸足を少し下げるように教えることです。
 そうすると、相手から見ると軸足の置く位置で球筋が分かってしまいます。

軸足の踏込みの説明

 また軸足は必ず蹴る方向に向けるという指導もあります(カーブやアウトフロントは少し違う)。
 そうすると例えばインサイドキックでは、相手にパスコースが分かってしまうのです。

軸足を蹴る方向に向けた蹴り方

 これに対してブラジルの指導は、しっかり踏み込むのであれば自分が蹴りやすい場所に軸足を置けば良く、あとは次の二つのことを繰り返して教えるだけです。

 ① パスの時は味方に正確にボールを蹴る。
 ② シュートの時はゴールの枠に向ってボールを蹴る。

 そうすると子供たちはほとんどのキックで、軸足を同じ場所に置くようになります。
 また軸足は蹴る方向に向けたり向けなかったり、その時々で変えたりします。
 さらに蹴り足だけでボールコントロールするようになるので、同じキックフォームで弾道の高低やストレート、カーブ、アウト回転などのボールを蹴り分ける技術を自然と覚えてしまうのです。

 ※キックの蹴り分けを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
 キックの蹴り分けの意味と正しい使い方とは?

 こうした日本とブラジルの違いは、試合中のシュートやパスにも特徴が見られます。

 そこで次に、シュートとパスの蹴り方の違いを解説します。
 大切な内容なので、ぜひお読みください!

 ※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。