ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ボールの蹴り方に正解はない!ブラジルと日本サッカーの違い

私が30年前に過ごした、ブラジル・サンパウロの子供たちのボールの蹴り方は、とにかくいろいろでした。

当時の私がヘッドコーチからよく言われたのは「狙ったところにボールを蹴れるのなら、どのようなフォームでも良い。」「ボールの蹴り方には正解はない。」というものです

でも日本では「こうしなければならない!」「こうあるべき!」というように、型にはまった指導が多いですよね。

そもそも子供の足の形は全員が全く同じではありませんし、体型も違うのでボールの蹴り方も違って良いはずです。

だから、どのような蹴り方をしても構わない…と考えるべきではないしょうか?

そこで、今回はボールの蹴り方に対するブラジルと日本の指導の違いを解説します。

スポンサーリンク

1.ボールの蹴り方に対する指導の違い

(1)日本とブラジルの蹴り方の指導の違い

日本のボールの蹴り方の指導は、「こういうふうにしなさい!」という型にはまった考えが先に来ます。

そうすると子供たちは教えられたことを忠実に守ろうとするのです。

また少しでも違っていると、すぐに矯正されることも多いですね。

これは、キックの技術を個別に切り取ったような指導と言えるでしょう。

そうした場合、ほとんどの子供は「切っても切っても金太郎飴」というように、同じような蹴り方しか出来なくなるのです。

たしかに、指導という点では失敗が少ないですが、これでは個性的な選手は育ち難いと思います。

つまり日本の指導は「蹴り方」という形を重視するので、試合で使えるかどうかという多様性のあるキックが出来ないわけですね。

これに対してブラジルの指導は、よほどおかしな蹴り方をしない限り、あまり細かいことには口を出しません。

私がサンパウロにいた当時のコーチたちが最も大切にしたのは、パスでもシュートでも、試合できちんと使えるか?どうか?でした。

そんな時に私がアシスタントコーチとして、子供たちにいろいろと教えようとすると「ダメダメ!放っておけ!」とよく叱られたものです。

つまりブラジルの指導は、試合で使えるのか?どうか?という点を重視するわけです。

これに対して日本では、あくまでも蹴り方の技術指導だけでしかありません。

要するに、日本とブラジルの指導を比べると、キックの技術指導なのか?試合で使えるのか?という違いがあるのです。

(2)つま先を使った蹴り方

子供がサッカーを始めた時は、誰でも「つま先」を使ってボールを蹴っていたはずです。

ところが、日本ではどこの少年団でもクラブチームでも、「つま先ではダメだ!」と言われて、最初に覚えるのがインサイドキックになります。

そうなると、つま先を使った蹴り方は矯正されてしまうわけですね。

たしかにインサイドキックは、現代のパスサッカーにとって大切なテクニックですが、つま先を使うのもトーキックと言って大切な技術です。

しかも、この蹴り方を矯正するのは、子供たちがトーキックを使わなくなることを意味するのです。

これに対してブラジルの指導は、つま先を使うことは否定しません。

だから、トーキックは一つのテクニックとして尊重し、そのうえで新たにインサイドキックを指導します。

そうすると、子供たちはトーキックとインサイドキックの2つのテクニックを試合で併用して使うようになるわけですね。

実際にもブラジル代表のオスカルは、トーキックのシュートを得意としますし、元代表のロナウドも良く使いましたね。

こうした点は、子供のころからの指導によるものなのでしょう。

要するに日本ではトーキックを否定しますが、ブラジルではテクニックの一つとして使うことを前提に指導するという違いがあるのです。

さて次は、キックで足首を固定すること、軸足の踏込みについて解説します。

(3)キックで足首を固定する蹴り方

日本ではインサイドキックやインステップキックなど、ほぼすべての蹴り方で「足首を固定する!」という指導があります。

ところが、ブラジルではこのような指導はありません。

その理由は、子供たちの足首がとても強いので固定する必要がないからです。

この場合、日本ではブラジルの子供たちのように裸足で過ごす習慣がほとんどないため、偏平足になりやすく、足底筋膜や足指のグリップ力も発達しないので、その影響が足首の弱さになって表れます。

そうした状態で足首を固定してボールを蹴るのは、足首のじん帯に過度な緊張状態を及ぼすため、インパンクトの衝撃をまともに受けることになるのです(捻挫の原因)。

もっと分かりやすく言うと、ウエィトリフティングの選手が100㎏以上のバーベルを持ち上げられるのは、筋トレをしているからであって、何もしていない人だったら30㎏を持ち上げるのも大変だと思います。

それでも、ふつうの人が100㎏に挑戦したら、ケガをするはずです。

つまり、日本の子供たちが、キックで足首を固定する…という指導は、これと全く同じことをしているわけですね。

たぶん、ほとんどのサッカー少年は、口に出さなかったとしてしても何らかの形で足首の痛みを抱えているはずで、その原因は明らかだと思います。

最も大切なことは、足首を固定する…ではなく、まず最初に足首を鍛えるのが先ではないでしょうか?

その一方で、足首を固定すると足首周りの筋肉が過度に緊張し、膝や股関節にも影響が出てしまうので筋肉の伸張反射が活かせなくなります。

これに対して、ブラジルでは足首を柔軟に使うようなボールの蹴り方を教えるので、カーブやアウトフロントなどの変化球のキックが上手くなるのです。

例えば、ロベルトカルロスのアウトフロントキックは有名ですよね。

でも日本人は、なかなかこの蹴り方を覚えられません。

その理由も、足首の固定にあるのです。

そもそも足首を柔軟に使うためには、足首の強さが必要であって、それでも真似をしようとしたら捻挫するだけだと思います。

ちなみに私は、息子の「とも」に足首を固定するよう教えたことがありません。

その理由は、幼児期に足首を強化して、ブラジルの子供並みま強さになったからです。

次の動画はロべカルと同じアウトフロントキックの様子ですが、本人も足首の固定はあまり意識していないようです。

またカーブを蹴る時も同じく意識していません。

いずれにしても、キックで足首を固定するのは後回しにして、まず最初に足首を鍛えてブラジルの子供と同じくらいに強くするべきです。

そのうえで、足首を柔軟に使った蹴り方を指導するべきでしょう。

そうすれば、キックの時に足首を固定することまでいちいち指導する必要はなくなりますし、むしろその方がカーブやアウトフロントなど、多彩な蹴り方を覚えるわけですね。

(4)軸足の踏込み

日本の指導は、キックの種類によって軸足の位置を変えさせることが多いようです。

例えばインステップキックなどで低い弾道のボールを蹴る時は、軸足のつま先をボールの少し前に置き、高い弾道のボールは軸足を少し下げるように教えます。

そうすると、相手から見ると軸足の置く位置で球筋が分かってしまいます。

また、軸足は必ず蹴る方向に向けるという指導もあります(カーブやアウトフロントは少し違う)よね。

そうすると、例えばインサイドキックでは相手にパスコースが分かってしまうのです。

これに対してブラジルの指導は、しっかり踏み込むのであれば自分が蹴りやすい場所に軸足を置けば良く、あとは次の二つのことを繰り返して教えるだけです。

① パスの時は味方に正確に蹴る。
② シュートの時はゴールの枠に向って蹴る。

そうすると子供たちはほとんどのキックで、軸足を同じ場所に置くようになりますし、軸足を蹴る方向に向けたり向けなかったり、その時々でいろいろと変えたりします。

さらに蹴り足だけでボールコントロールするようになるので、同じキックフォームで弾道の高低やストレート、カーブ、アウト回転などのボールを蹴り分ける技術を自然と覚えてしまうのです。

※キックの蹴り分けを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックの蹴り分けの意味と正しい使い方とは?

こうした日本とブラジルの違いは、試合中のシュートやパスにも特徴が見られます。

そこで次は、シュートとパスの蹴り方の違いについて解説します。

2.シュートとパスの蹴り方の違い

ブラジルでは、日本のような口うるさい指導を嫌うので、あまり難しいことを言っても聞いてくれません。

だから、過度に干渉するよりも自由にプレーさせることを優先します。

そうするとシュートやパスが、創造性にあふれた自由で多彩な蹴り方を覚えるようになるのです。

(1)シュートの蹴り方

日本のシュートの基本は、インステップキックで蹴ること…と考える指導者はかなり多いと思います。

もちろん、そのようには考えていないという人もいるでしょうが、実際にはそうなっています。

例えば次の動画のように、プロのシュート練習においてもほとんどの選手がインステップを使っていますよね。

これではシュートの練習というよりも、インステップキックの技術練習が目的になっています。

ところがブラジルでのシュートの考え方は、「ボールをゴールの枠に向って蹴る」ということです。

また、キックフォームの制約がないので、インステップでもインサイドでもアウトサイドでも、どのように蹴っても良いのです。

これは、シュートの目的が点を取るため…という考え方があるからですね。

つまり点が取れれば何でも良いのです(日本では受け入れられないようですが…)。

例えば、元日本代表監督のジーコは、現役時代にカーブやアウト回転などの変化球のシュートが多かったですし、ロベルト・カルロスは弾丸シュートやアウトフロントで蹴ることが多かったです。

先ほどのオスカルは、何と言ってもトーキックですね。

こうした個性的なシュートは教えられて身に付けたものではなく、自分でいろいろと試してみて自分に合った蹴り方を覚えたのです。

実際の指導現場でも、口うるさく言いませんし、難しいことはあまり教えていません。

やはりこうしたブラジルの考え方の背景には、シュートの目的は点を取ること!という発想が根付いているからでしょうね。

ちなみに、日本ではシュートをしないと得点にならない…ということで、シュートすること自体を評価する傾向があります。

だから、少年サッカーの試合でもシュートをたくさん打ちますよね。

でも、これではシュートの大安売りです(笑)。

なぜなら、単にシュートを打つだけであって、枠に入れるとか点を取るため…という考えが根いていないわけですね。

例えば、日本代表の試合では、よくバーを超えてしまうシュートがありますが、ブラジルでは基本が出来ていないということで、とても恥ずかしいプレーとされています。

たぶん、あなたも似たようなシーンを何度も目にしたはずです。

その原因は、日本のシュート練習が単なるキックの技術練習でしかなく、ブラジルのシュート練習は点を取るための練習というように、練習の時点からお互いの国の発想が全く違うからですね。

だから、実際の試合でのシュートがなかなか入らない…ということで、得点力不足に陥るのでしょう。

要するに、日本とブラジルではシュートの考え方が根本的に違うのです。

(2)パスの例

日本のパスの基本は、インサイドキックを蹴ること…という指導が多いです。

これは先ほどのシュート=インステップキックというのと同じ考え方ですね。

そうすると、パスは単なるインサイドキックの技術練習になります。

ところが、ブラジルでのパスの基本は、「味方にボールを運ぶ」ということです。

もちろん、キックフォームなどの制約はありません。

だからインステップでもインサイドでもアウトサイドでも、どのような蹴り方でも良いのです。

この点はシュートと全く変わりません。

また、ブラジルで特徴的なのは浮き球のパスをよく使うことですね。

例えば次の動画のマルセロのように、シャペウのようにして相手の頭上を越えるパスはかなり多いです。

ところが、日本ではボールを落ち着かせるということで、グラウンダーのパスが多くなりますし、指導者自身も先ほどのマルセロのようなパスを嫌うようですね。

その理由は、パスの受け手がトラップし難いからです。

つまり、日本ではパスの受け手が優遇されるわけですね。

ところがブラジルでは、味方にボールを運べるのではあればパスは何でも良いのです。

またトラップするのは受け手の責任であって、出し手はやり難いパスを出したことについては問われません。

こうした何でもありという発想は、シュートを打つ時と全く同じですね。

だから、ブラジルのパスは多彩で創造性のある蹴り方が多くなるのです。

さて、次は私が息子に教えたブラジル仕込のボールの蹴り方について解説します。

私がブラジルで学んだ教えも数多く含まれているので、ぜひ続きをお読みください。

スポンサーリンク

3.ブラジルの教えを受け継いだ蹴り方

ブラジル時代に言われた「狙ったところに蹴れるのなら、どのようなキックフォームでも良い。」「蹴り方には正解はない。」という教えは、今でも息子に受け継いでいます。

また、自分に合っていれば何で良いとして、日本の指導のように形にとらわれたりしません。

そうした考え方は、次のような蹴り方に表れています。

(1)インステップキックの蹴り方

この蹴り方で特徴的なのは、足の重さと遠心力を使ったキックフォームという点です。

また、足の当てる場所はインステップの中心ではなく、むしろ、くるぶしの少し下で、どちらかといえば無回転シュートを蹴る場所に近いです。

これは自分自身に合った蹴り方を追求した結果、このようになっただけですね。

たぶん日本の指導者にしてみれば、それではダメだ!と言うと思います(笑)。

でも、実際に無回転の強烈なキックを蹴っているので、特に問題視はしていません。

一方、日本の指導ではインステップ(中心)で正確に蹴ろうとするので、どうしてもインフロントキックのように擦り下げるような蹴り方が多くなります。

そうすると、バックスピンが掛かってボールの威力が落ちたり、シュートをふかしてバーを超えてしまうというのもよく見られます。

こうした現状は、子供たちがインステップで正確に蹴ろうとするあまり、一種の弊害になっているのではないでしょうか?

そうした意味でも蹴り方にこだわる必要はなく、強いキックが蹴れればそれで良いのです。

※インステップキックの正しい蹴り方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
インステップキックの蹴り方のコツと正しい練習方法!【動画解説】

(2)インサイドキック

この蹴り方で特徴的なのは、軸足を少し内側に向けることや体幹を使うことです。

そうすることで相手にパスコースが読まれず、左右の蹴り分けも簡単に出来るのです。

こうした蹴り方は、息子が小学生年代で試合中に何度もボールを奪われた経験から身に付けたものです。

その一方で、日本の指導では軸足を蹴る方向に向けるので、相手にパスコースが分かってしまいます。

また軸足を向けた方にしか蹴れないので、左右の蹴り分けがやり難いのが特徴です。

ちなみに、次の画像はブラジル代表のカゼミーロのインサイドキックですが、軸足をよく見ると蹴る方向を向いていないことから、蹴る瞬間にパスコースを変えているのがよく分かります。

日本の子供たちは、こうしたプレーがなかなか出来ないようですね。

そもそもインサイドキックはパスに使うことが多いので、パスコースが分かってしまったり、左右の蹴り分けが出来ないのは、相手にボールが奪われやすいということで致命的な問題だと思います。

こうした誤った日本の指導は、ぜひ改善すべきですね。

※インサイドキックの正しい蹴り方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
インサイドキックの正しい蹴り方と練習法!

(3)軸足の場所

「とも」のキックの軸足は、インステップ、インフロント、カーブなど、ほとんどのキックがボールの真横に位置しています。

これは何を意味するのかというと2つのポイントがあります。

一つ目は蹴り終えるまで、相手に対してパスやシュートの球筋が見破られないということです。
二つ目は蹴り足のボールコントロールが良くなるということです。

特にキックの蹴り分けとして、利き足を使って全く同じキックフォームで真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転をかけて、パスコースやシュートコースを自在に変えることが出来るようになるのです。

ちなみに、ブラジルの子供たちはかなり自由にやらせていたので、やはり同じような蹴り方になっていました。

※キックの蹴り分けを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックの蹴り分けの意味と正しい使い方とは?

4.まとめ

これまでボールの蹴り方として、ブラジルと日本の指導の違いを解説しました。

特に、日本とブラジルの指導法は全く違います。

そうした現状で、日本代表はブラジル代表と何度も試合をしましたが、いつも高いテクニックに圧倒されます。

こうしたブラジルの選手たちのレベルの高さは、子どもの頃からの指導方法にもあるのでしょう。

これまで解説したとおり、ボールの蹴り方一つをとっても、日本とブラジルでは全く違うのです。

そうした点では、そろそろ日本の指導方法は根本的に見直す時期に来ているのではないでしょうか。

【画像引用:Youtube.com