ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

キックで足首を固定…と言う前に、やるべき大切なこととは?

日本では、キックの時に足首を固定するように言いますが、これを続けると靱帯の損傷(ねんざ)を起こしやすくなります。

実は、そうなる前にやっておくべき大切なことがあるのです。

ところが、多くの子供たちは、それをやらないため、ある日突然、足首が痛くなる…ということも多いでしょう。

そこで、今回は子供の足首を守るために本当に大切なことを解説します。

1.日本のキックの指導と子供の足首

(1)キックの衝撃と足首

キックで足首を固定する理由は、インパクトの瞬間にミートポイントを外さないため…とか、パワーを発揮するため…などとされています。

そうすると当たり前のように思えるので、こうした指導に何の疑問も持たない親御さんは多いでしょう。

ところが、こうした指導は大きな問題があります。

例えばインステップキックの場合は、足首を伸ばして固定するように教わりますよね。

でも、このようにすると足首がボールに衝突しているのと同じなので、関節に大きな負担がかかるのです(小学校高学年であれば時速50~60㎞のスピードで衝突)。

さらに、足首を固定すると靱帯が過度な緊張状態になるので、キックの衝撃をまともに受けることになります(衝撃を緩和できない)。

この場合、足周りの筋力やじん帯が発達している子供であれば、何の問題もないでしょう。

でも、サッカーをする子供たち全員がそうではありません。

特に問題なのが、足首の弱い子供たちが、いつまで衝撃に耐えられるのか?ということですね。

しかも長い間こうした蹴り方を続けると、捻挫などのケガの危険性が高くなります。

そこで、次に足首のケガの問題について、詳しく考えてみましょう。

スポンサーリンク

(2)足首のケガの問題

足首の弱い子供が、キックによってケガをする場合に、最も多いのは靱帯の損傷(捻挫)です。

特に小学校低学年なら、いっそう危険性が高いでしょう。

こうした場合、靱帯はコラーゲンが主成分なので、筋肉(タンパク質)のように鍛えて補強をすることは出来ません。

だから、自然な成長と発達を待つしかないのです。

でも、足首の筋トレをすれば靱帯も発達するので、足首への過度な負担を軽減できます(筋肉が成長すれば靱帯も太くなる)。

ところが育成年代の指導では、足首の筋肉を強化するような練習はほとんどないので、靱帯が未熟なまま成長します。

もちろん走り込みくらいはするでしょうが、その程度では足首周りの補強は期待できません。

要するに、日本のサッカー指導は、足首周りの筋肉を鍛えて靱帯も発達させるという発想がないのです。

そうした意味で、子供たちはいつも足首のケガの危険性を抱えていると言えるでしょう。

私が思うに、幼少期の子供がキックの練習を始める場合は、あらかじめ足首の筋力強化をするのが重要だと考えます。

例えば、次の動画のように足首を伸ばして固定しながらインステップキックを蹴る…という練習は、幼少期の子供に「捻挫をしましょうね…」と言っているようなものです。

特に、幼少期の子供にとって、いきなりこのような指導をするのは危険なので、やはり最初に足首の筋トレをやるべきだと思います。

そこで、次に足首の筋トレとその効果について解説します。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。