ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

キックの蹴り分けの意味と正しい使い方とは?

キックの蹴り分けとは、利き足を使って、全く同じフォームで真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転をかけることです。

そうすることで、相手に蹴る方向が読まれず「裏をかく、騙す」というブラジルのマリーシアにも似たスキルが身に付きます。

そこで、今回はキックの蹴り分けの正しい意味、軸足との関係、蹴り分けの具体例などを解説します。

スポンサーリンク

1.キックの蹴り分けの正しい意味

日本の育成指導でのキックの蹴り分けは、例えば近くに蹴るか?遠くに蹴るか?という程度に考える指導者が多いですが、実際には試合の駆け引きという心理的要素を含んだ大切な技術です。

そこで次に、キックの蹴り分けの正しい意味を解説します。

(1)蹴り分けが必要な理由

試合中、守備側がパスコースやシュートコースを予測するのは、攻撃側がキックモーションに入った時点で判断します。

この場合、ほとんどのキックは軸足を向けた方向に蹴るため、軸足が右を向いていれば、守備側は「右側にパスやシュートが来る…」とコースを予測出来るのです。

例えばキッカーの軸足が真直ぐ前を向いていたとしたら、相手は「前に向かってパスを蹴るだろう…」とパスコースを予測出来ますよね。

ところが真っ直ぐ蹴るようなキックフォームのままで、インパクトの瞬間に左右どちらかの味方に蹴り分けたら、相手DFの反応が遅れるのでボールを奪われません。

つまり、これがキックの蹴り分けの正しい意味です。

こうした蹴り分けは、キックを遠くに強く蹴るとか、大きく曲げるなどという単純なテクニックではありません。

どちらかと言えば、相手の裏をかくとか騙すという心理的な要素を含んだ駆け引きであって、相手を騙してでもボールを取られないのが大切なのです。

(2)野球の例

野球は、小学生~大人まで、サッカーのキックの蹴り分けに似た考え方が幅広く定着しています。

特に、相手の裏をかくという考え方は、サッカーよりも野球の方が進んでいて、一種の騙し合いのような心理戦を多用する傾向があるようです。

例えば、ピッチャーがバッターに速球を見せた後に遅い球を投げたり、次はそろそろ直球と思わせておいて変化球を投げてタイミングを狂わす…などですね。

しかも、こうしたテクニックは、小中学生の育成年代から当たり前のように指導されています。

こうしたスキルが日本に広く普及した理由は、野球が将棋や囲碁のように攻撃と守備がハッキリと分かれ、じっくりと考えられるスポーツとして親しまれたからでしょう。

それとは反対に攻守が目まぐるしく変わるサッカーは、状況判断のスピードが必要なため、野球と違って、じっくり考えられません。

そのため思慮の浅い単調なプレーが多くなり、その結果つまらないということで、日本に根付かなかったのでしょう。

昔からサッカーよりも、野球の方が人気が高い理由の一つだと思います。

そもそも日本は野球では先進国ですが、サッカーでは後進国です。

日本のサッカーが先進国の仲間入りを果たすためには、テクニックや戦術の習得だけでは無理がありますし、正々堂々なんて呑気に考えていたら相手の思うつぼです。

だからこそ育成年代の子供たちには、キックの蹴り分けを単なるテクニックとして身に付けるのではなく、野球のように「相手の裏をかく、騙す」という心理戦の考え方を習得してほしいと思います。

さいて、次は蹴り分けと利き足の関係、育成年代の指導について解説します。

(3)蹴り分けは必ず利き足を使う

キックの蹴り分けは、あくまでも利き足を使った同じキックフォームで、真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転をかけるというテクニックです。

この場合、利き足を使う時は、利き足の前から軸足(逆足)のほぼ90度の角度が蹴りやすい範囲とされています。

例えばPK戦の時、右利きの選手は向かって左側に蹴ることが多いですよね。

これは、ヒトにとって蹴りやすい範囲があるため、無意識のうちにそのコースを蹴ろうとする習性があるからです。

こうした現象が起きるのは、ヒトの骨格と視野の構造に関係します。

そこで、先ず骨格の方を考えてみましょう。

ヒトが前に歩く時は、股関節や膝を曲げることによって力が入るようになっています。

その際、ヒトが二本足で立ったり歩いたりする動作を支えるため、股関節と周辺の筋肉群が体の内側に向って力が入りやすい構造になっています。

もしも、体の内側に向って力が入らなかったら、ヒトは立つことさえできなかったでしょう。

その一方で、キックの蹴り足は、フォロースルーにかけて体の前や軸足方向に流れます。

その理由はヒトの足が、力を入れた方向に動こうとする性質があるためです。

だからボールを蹴った時の足は、力の入りやすい方向(体の前や軸足方向)に動こうとするのです。

このようにヒトの骨格の構造を考えると、キックの蹴りやすい範囲は、蹴り足の力が入りやすい方向とほぼ同じになります(右利きなら前か左方向に蹴りやすく、左利きならその反対)。

それでは次に、ヒトの視野を考えてみましょう。

ヒトの日常生活での視野は通常180~200度ですが、スポーツなどで動き回る時はさらに狭くなります。

この場合、サッカーでは周囲の状況(相手と味方、パスやシュートコースなど)が目まぐるしく変化するので、さらに視野が狭まります。

その一方で、先ほど解説したキックの蹴りやすい範囲は、ヒトの骨格という体の構造上の制約でしたよね。

こうした身体構造の制約要因は、視野を司る視神経に対しても影響を及ぼします。

これはヒトがキックをする時は、わざわざ蹴り難い範囲を意識しないことを意味します。

だから、キックの蹴りやすい範囲(骨格の構造上の)だけが、視野の範囲になるのです(それを防ぐために、首を振って周りを見る→視野を広げる)。

つまりサッカー選手がキックする時は、骨格と視野の構造の影響によって、蹴りやすい範囲が限定されるわけですね。

だから、PK戦で右利きの選手が左側に蹴ることが多いのは、こうした蹴りやすい範囲という特性に影響を受けているのです。

こうした特性はボールを蹴る選手だけではなく、守備側の選手たちも持っています。

例えば、右利きの選手が右足で蹴りやすいのは前方~左側の範囲なので、守備側も無意識のうちに理解しているため、プレスやパスカットに備えて動こうとするのです。

また守備側の選手が同じ右利きであれば、なおさら予測しやすいでしょう。

このようなことは、攻撃側の選手が左利きであったとしても同じ現象が起きます。

やはり左利きであってもキックの蹴りやすい範囲は決まっているので、守備側もプレスやパスカットに備えて反応出来るのです。

それでは右利きの選手がボールを左足に持ち替えて蹴ったとしたら、守備側はどのように反応すると思いますか?

実は守備側の選手は、無意識のうちに相手の利き足が右→左に変わっただけと判断するのです。

つまり、攻撃側の選手の蹴りやすい範囲を一瞬のうちに判断して、新たな予測の基でキックに反応するわけですね。

こうした守備側の判断の切り替え能力はとても早く、むしろ攻撃側の利き足が最初から左であったかのような認知反応をします。

したがって、ボールを左右に持ち替えて蹴ったとしても、次のプレーは守備側に簡単に予測されてしまうわけです。

これでは「相手の裏をかく、騙す」というプレーは成り立ちません。

以上のように、左右のどちらで蹴ってもキックの蹴りやすい範囲は限定されています。

そうした中で、利き足を使って同じキックフォームで真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転をかけることは「相手の裏をかく、騙す」という大人のプレーになるわけです。

別の言い方をすれば、蹴り分けは利き足特有のテクニックとも言えるでしょう。

さて次はキックの蹴り分けと育成年代の指導、軸足とボールの位置関係(ストイコビッチの例)について解説します。

(4)蹴り分けと育成年代の指導

日本の育成年代の指導では、キックは蹴りたい方に軸足を向けるとか、飛距離やシュートの強弱だけを重視する傾向があります。

つまり近くに蹴るか?遠くに蹴るか?強く蹴るか?弱く蹴るか?という程度の違いですね。

また、距離に応じて蹴り方を加減するのが蹴り分けである…、と勘違いする指導者も多いです。

さらに、右利きの選手が右サイドに蹴る時に左足に持ち替えて蹴る…、という程度の技術を蹴り分けと考えている指導者さえいます。

ところが海外では利き足で真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転を掛けられる選手の方が優秀とされています。

そうした現状にも関わらず、日本の指導者には蹴り分け自体の考え方が、正しく理解出来ていません。

これでは状況に応じてパスコースやシュートコースを変えるなどの、「相手の裏をかく、騙す」というプレーは難しいでしょう。

やはり利き足で蹴り分けない限り、あまり意味がないのです。

こうした蹴り分けの考え方は野球の心理戦に近いですが、どちらかと言えばブラジルサッカーのマリーシアにも似ています。

日本では未だに正々堂々と…などという呑気な指導者が多いですが、ブラジルのようなサッカー大国に近づくためにも、こうしたマリーシア的な指導も大切にしてほしいと思います。

※マリーシアを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
マリーシアの本当の意味!日本サッカーに今必要な理由とは?

私が考える指導の指針としては、目標に向かって正確に蹴るのは小学生年代までにマスターしてほしいです。

また中学生年代からは、利き足を使った同じキックフォームで、いろいろな方向に自由自在に蹴り分けられるテクニックを学んでほしいとも思います。

さて、次は元名古屋グランパスエイトのストイコビッチのキックを例にして、キックの蹴り分けと軸足の位置関係について解説します。

2.キックの蹴り分けと軸足

キックの蹴り分けは、相手にパスコースやシュートコースを見破られない…という意味で、インパクト直前のボールと軸足の位置関係も大切です。

そこで次に、キックの蹴り分けと軸足の位置関係について解説します。

(1)軸足とボールの位置関係(ストイコビッチの例)

ここではテレビ朝日のやべっちFCに出演した、元名古屋グランパスのストイコビッチのフリーキックを例に、軸足とボールの位置関係を詳しく解説します。

ストイコビッチが実演したフリーキックは、ペナルティーエリアの右サイドから蹴った3種類のキックです。

パターン①:ゴール右隅を狙ったニアサイドへの小さく曲がるカーブ。
パターン②:ゴール左隅を狙ったファーサイドへの大きく曲がるカーブ。
パターン③:ゴール左隅を狙ったファーサイドへの低いインステップキック。

実は、ストイコビッチのフリーキックの特徴は、3種類のキックとも軸足がボールの真横に位置するという点です。

こうした軸足とボールの位置関係について、筑波大学の浅井武教授は「全てのキックが同じ軸足で踏み込まれると、ゴールキーパーはどのようなボールが飛んでくるのか判断しにくい」と解説しています。

つまり、ゴールキーパーに対して、球種やシュートコースを見破られないということですね。

これは何を意味するのか?というと、ゴールキーパーはキッカーのシュートモーションとは別に、軸足の位置関係などを見てどのような球種なのか?を予測しているということです。

ところがゴールキーパーから見ると、全てのキックが同じ軸足の位置なので、実際に蹴らないと球筋が分からないわけですね。

こうした場合、日本ではボールを高く蹴るときの軸足はボールの手前に置くことが多いです。

そのため、軸足の位置関係だけで相手に球筋が読まれてしまいます。

また、インステップキックを蹴るときの軸足は、ほとんどの選手はボールの真横に置くことが多いですし、カーブを蹴る時は少し離しますよね。

そうすると、ゴールキーパーは軸足の位置関係によって真っ直ぐ蹴るのか?カーブなのか?という違いが簡単に分かってしまうのです。

そこで次に、キックの蹴り分けと軸足の関係について、もっと深く考えてみましょう。

(2)軸足とボールの位置関係(息子の例)

私の息子「とも」のキックの軸足は、インステップ、インフロント、カーブなど、ほとんどのキックがボールの真横に位置しています。

しかも、バックスイング~インパクトまでのキックモーションも、ほぼ同じです。

これは先ほど解説したストイコビッチと同様に、パスにしてもシュートにしても、相手にとっては実際に蹴るまで球種が判らないということですね。

私はキックにとって最も大切なことは、狙ったところに思い通りに蹴れるのであれば、どのような蹴り方でも構わないと考えています。

ただし、蹴り終えるまでは相手に対してパスやシュートの球筋が見破られてはいけない!という条件付きです。

そうした点で、ボールと軸足の位置関係は同じ方が良いのです。

「とも」は小学校1年生からサッカーを始めましたが、キックを蹴る時のボールと軸足の位置関係は教えたことがありません。

唯一、教えたのは「蹴る時にあまり窮屈にならないように…」ということだけです。

そのため、ほとんどのキックの軸足をボールの真横に置くようになったことから、パスにしてもシュートにしても相手に球種が見破られなくなりました。

ところが、実はもう一つの利点が生まれました。

それはキックの蹴り分けの感覚が上達したということです。

(3)軸足が一定するとキックの蹴り分けが上手くなる

先ほど解説したように全てのキックの軸足をボールの真横に置くのは、とても窮屈に思いますよね。

特にバックスイング~インパクトまでが全て同じなので、尚更そのように感じるでしょう。

ところがこうした窮屈さは、かえってキックの精度を高めることに繋がります。

これは何を意味するのか?というと、次のように蹴り足のピンポイントの感覚が身に付くということです。

①インステップキックはボールの中心をインパクトして水平に押し出す。
②インフロントキックではボールの中心からやや下を擦り下げる。
③カーブはボールの中心から1㎝程度横を擦り上げる。

これらは蹴り足の感覚を研ぎ澄ましたり、フォロースルーを工夫しない限り、蹴り分けることが出来ません。

これは、真っ暗な場所にいる時に五感を研ぎ澄まして歩くのと同じで、ヒトは不自由な環境に置かれると適応するわけですね。

だから、蹴る時の不自由さを解消するために、否が応でも蹴り足の感覚に頼るので、必然的に繊細な感覚が身に付くのです。

ただし、それ以前の課題もあり、それは軸足を強固に鍛えるという点です。

私のブログでは、機会あるごとに軸足の強化を提唱していますが、次の動画のような「ちょんちょんリフティング」は、いつでも1000回連続で出来る必要があります。

ところが、正確な蹴り分けが出来るためには、最低でも3000回以上は続けられるようにしたいところですね。

その理由は、キックを蹴る時は体に縦方向の遠心力が掛かるからですが、さらにカーブを蹴る時は横回転も加わります。

そのため、軸足を強くして遠心力を克服しなくてはダメですし、強くて速いキックを蹴る時は、なおさら必要です(蹴った後に体がぐら付くようではダメ)。

また、今回の記事を読んで全てのキックの軸足をボールの真横に置いたとしても、軸足を強化しない限り、単なる真似事にしかなりません。

次の画像は「とも」のインフロントキックのバックスイングとフォロースルーですが、軸足の位置が全く動いていませんよね。

これは体幹と軸足を鍛えたことによって、キックの遠心力を克服している証拠です。

以上のようにボールと軸足の位置関係はとても大切ですが、同時に軸足の強化も必要というわけですね。

こうした点にはくれぐれもご注意ください。

※体幹と軸足を鍛えることや、ちょんちょんリフティングの効果を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?

さて、それでは次にキックの蹴り分けの具体例を詳しく解説します。

試合で使えるテクニックを厳選したので、ぜひお読みください!

スポンサーリンク

3.蹴り分けの具体例

ここでは、私の息子「とも」のいろいろなキックを参考にした蹴り分けの具体例を解説します。

(1)インフロントキック

インフロントキックは、次の動画のようにストレート(真っ直ぐ蹴る)、カーブ回転、アウト回転の3種類のキックを蹴り分けます。

3種類のキックとも軸足をボールの横に置くことで、相手にとってはどのようなボールが飛んでくるのか?実際に蹴るまでは判りません。

① ストレート(動画の最初~0:54)

この蹴り方は、インパクト~フォロースルーまでの足首の角度をやや開いて蹴り、フィニッシュの時の上半身は直立姿勢になります。

② カーブ回転(動画の0:55~1:26)

カーブ回転の蹴り方は、インパクト~フォロースルーまで足首の角度をやや閉じて(つま先をやや立てる)ボールの中心から1㎝外側を擦り下げますが、フィニッシュの際の上半身はやや傾けます。

この蹴り分けもバックスイング~インパクトまで、ストレートボールと全く同じで軸足の向きも前を向いていますよね。

そうすると、前方にいる相手DFは自分の方に真っ直ぐ飛んで来るかのように思えるので、蹴る直前までに落下地点を予想して跳ね返すか奪おうとするはずです。

ところが、実際には右サイドにいる味方へのパスになるので、そうした点で「相手の裏をかく、騙す」という心理的なテクニックになるわけです。

つまり相手にとっては蹴り終えた後で、初めて軌道が判るということですね。

③ アウト回転(動画の1:27~1:52)

アウト回転の蹴り方は、インパクト~フォロースルーまでの足首の角度がストレートボールと同様に開いて、ボールの中心から1㎝内側を擦り下げることです。

また、蹴り足は軸足方向に巻き込むようにスイングしながら、フィニッシュにかけて体幹を大きくひねります。

また、軸足の向きも、バックスイング~インパクトまで、ストレートボールやカーブ回転と全く同じで前を向いています。

ここでは左サイドにいる味方へのパスになるので、やはり前方で待ち構える相手の裏をかく・騙すという心理的なテクニックになるのです。

たぶん相手DFは、「真っ直ぐ飛んで来ると思ったのに…何だ左サイドかよ…」と思うはずでしょう。

(2)アウトフロントキック

アウトフロントキックは、前方で待ち構える相手にとって、不意を突かれたように曲がるので、球筋が読みにくく、守備側にとっては対応し難いボールが飛びます。

次の動画のように、軸足側に体を回転させながら蹴り足をスイングしましょう。

ボールの中心から1㎝内側を中指・薬指・小指の付け根あたりでインパクトすると、横回転(カーブの反対)で蹴り足側に飛んでいきます。

特に日本の選手は、左右にボールを持ち替えて(右利きなら左に持ち変える)インフロントキックのカーブを蹴ることで十分と考えがちですが、それでは持ち替えた時点で相手に球筋が読まれやすいです。

また、そもそも日本人はアウトフロントキックをあまり使わないので、どちらかと言えば下手です。

左右にボールを持ち替えて蹴れば良い…などという、甘い考えは止めてきちんと蹴れるようにしましょう。

さて、次は、カーブ、体幹を使った蹴り分け、インステップキック、インサイドキックの蹴り分けの具体例を詳しく解説します。

(3)カーブ

カーブは、次の動画のように横回転と縦回転の2種類のキックを蹴り分けます。

特にフリーキックでは大きな武器になるので、ぜひ2種類の蹴り方を覚えてほしいですね。

動画で実演した「とも」は左利きなので、ペナルティエリア前の左サイド寄りからのフリーキックの方が蹴りやすいです。

これを例に蹴り分けを考えると縦回転はニアサイド、横回転はファーサイドに蹴り分けることになります。

もちろん、先ほど解説したストイコビッチのようにファーサイドに、低い弾道のインステップキックを使っても良いでしょう。

ちなみに右サイドからカーブを蹴る場合は、ニアもファーも縦回転ボールになるので、このままでは蹴り分けられません。

そうなるとゴールキーパーに弾道が読まれやすくなります。

そこでファーサイドに蹴る場合は、次の動画のような無回転シュートを使うのも効果的です。

またアウトフロントで蹴り分ければ、ニアもファーも狙えるので、蹴り分けのバリエーションがさらに増えます。

そうなると、ゴールキーパーは、どのようなボールを蹴って来るのか判らない…という不安感を抱くことにもなるでしょう。

ところで「とも」のキックフォームですが、実は横回転も縦回転もほとんど変わりません。

違いがあるとしたら、足首を開いたり閉じたりしてインパクトの角度を変えたり、フォースルーを大きくしたり小さくしたりする程度です。

見た目にはあまり変わらないので、ゴールキーパーからすれば「蹴らないと、どんなボールが来るのか分からない…」ということで、蹴り分けには最適だと思います。

(4)体幹を使った蹴り分け

キックの蹴り分けは蹴り足だけではなく、体幹を使うことも大切です。

そこで、ここでは体幹を使ったキックの蹴り分けを解説します。

次の動画はメッシのフリーキックですが、前半のシーンは壁の下を通した蹴り方をしています。

この時のメッシは、インパクトの直前までカーブを蹴るようなフォームでしたが、インパクトの瞬間にボールの上を叩いてグラウンダーのシュートを蹴っています。

壁を作ったウルグアイの選手たちは、メッシのキックフォームにすっかり騙されたわけですね。

実は、この時のメッシはインパクトの瞬間に、体幹を捻りながら蹴っています。

この蹴り方は私の息子「とも」のインサイドキックと同じです(詳細は後述します)。

こうした体幹のひねりを使った蹴り方は、グラウンダーシュートのニアサイドとファーサイドの蹴り分けにも応用できます。

意外と簡単なので、ぜひ覚えてください。

(5)インステップキック

インステップキックは、真っ直ぐ蹴るだけではダメです。

カーブやアウト回転をかけて蹴り分けるという、シュートのバリエーションを増やすことが大切です。

この蹴り分けは、蹴り足のスイング方向を変えるだけです。

また、大きく曲げることは出来ませんが、ゴール隅を狙って鋭く曲がるシュートに応用出来ます。

実際にも、プロはこのようなシュートを多用しています。

またニアサイドとファーサイドを蹴り分けるという点では、先ほども触れましたが、次の動画のような体幹のひねりを使った蹴り方を併用しても良いでしょう。

いずれのキックも、それほど難しくはないのでぜひ練習してみてください。

(6)インサイドキック

日本の多くの指導者たちは、次の動画のように未だにパター型の間違ったインサイドキックを指導します(特に年配者に多い)。

これでは、軸足を向けた方向にしか蹴ることが出来ませんし、左右の蹴り分けは無理でしょう。

実は、20年以上前に日本のジュニアチームがスペインのチームと対戦した時、パスカットされたことが多かったそうです。

その理由はスペインの子供たちが、日本人は蹴る方向に軸足を向けるのを見破っていたからです。

そうした子供たちが大人になった結果、日本代表の選手さえもパター型の選手をよく見かけます。

次の動画のような正しいインサイドキックを覚えれば左右の蹴り分けはとても簡単なので、ぜひ、覚えてください。

4.まとめ

キックの蹴り分けで最も大切なのは、利き足を使って全く同じフォームで真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転をかけて、パスコースやシュートコースを自在に変えることです。

そうすることで、相手にパスコースやシュートコースが読まれ難くなります。

またキックの蹴り分けは「相手の裏をかく、騙す」という心理的な技術であることも理解してください。

こうしたキックの蹴り分けは、日本ではあまりなじみがないので、日本の子供たちは、同じキックフォームで球種を変える(蹴り分ける)ことが苦手です。

これでは「相手の裏をかく、騙す」というのは無理でしょう。

私は相手に対して、パスやシュートの球筋が見破られないのは、とても大切だと考えています。

そうした点も合わせて、多くの子どもたちに蹴り分けの技術を学んで覚えてほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com