ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

キックの蹴り分けの意味と正しい使い方とは?

キックの蹴り分けとは、利き足を使って、全く同じフォームで真っ直ぐ蹴ったり、カーブやアウト回転をかけることです。

そうすることで、相手に蹴る方向が読まれず「裏をかく、騙す」というブラジルのマリーシアにも似たスキルが身に付きます。

そこで、今回はキックの蹴り分けの正しい意味、軸足との関係、蹴り分けの具体例などを解説します。

1.キックの蹴り分けの正しい意味

日本の育成指導でのキックの蹴り分けは、例えば近くに蹴るか?遠くに蹴るか?という程度に考える指導者が多いですが、実際には試合の駆け引きという心理的要素を含んだ大切な技術です。

そこで次に、キックの蹴り分けの正しい意味を解説します。

(1)蹴り分けが必要な理由

試合中、守備側がパスコースやシュートコースを予測するのは、攻撃側がキックモーションに入った時点で判断します。

この場合、ほとんどのキックは軸足を向けた方向に蹴るため、軸足が右を向いていれば、守備側は「右側にパスやシュートが来る…」とコースを予測出来るのです。

軸足を向けた方向に蹴る小学生

例えばキッカーの軸足が真直ぐ前を向いていたとしたら、相手は「前に向かってパスを蹴るだろう…」とパスコースを予測出来ますよね。

ところが真っ直ぐ蹴るようなキックフォームのままで、インパクトの瞬間に左右どちらかの味方に蹴り分けたら、相手DFの反応が遅れるのでボールを奪われません。

つまり、これがキックの蹴り分けの正しい意味です。

こうした蹴り分けは、キックを遠くに強く蹴るとか、大きく曲げるなどという単純なテクニックではありません。

どちらかと言えば、相手の裏をかくとか騙すという心理的な要素を含んだ駆け引きであって、相手を騙してでもボールを取られないのが大切なのです。

スポンサーリンク

(2)野球の例

野球は、小学生~大人まで、サッカーのキックの蹴り分けに似た考え方が幅広く定着しています。

特に、相手の裏をかくという考え方は、サッカーよりも野球の方が進んでいて、一種の騙し合いのような心理戦を多用する傾向があるようです。

例えば、ピッチャーがバッターに速球を見せた後に遅い球を投げたり、次はそろそろ直球と思わせておいて変化球を投げてタイミングを狂わす…などですね。

しかも、こうしたテクニックは、小中学生の育成年代から当たり前のように指導されています。

野球のピッチャー

こうしたスキルが日本に広く普及した理由は、野球が将棋や囲碁のように攻撃と守備がハッキリと分かれ、じっくりと考えられるスポーツとして親しまれたからでしょう。

それとは反対に攻守が目まぐるしく変わるサッカーは、状況判断のスピードが必要なため、野球と違って、じっくり考えられません。

そのため思慮の浅い単調なプレーが多くなり、その結果つまらないということで、日本に根付かなかったのでしょう。

昔からサッカーよりも、野球の方が人気が高い理由の一つだと思います。

そもそも日本は野球では先進国ですが、サッカーでは後進国です。

日本のサッカーが先進国の仲間入りを果たすためには、テクニックや戦術の習得だけでは無理がありますし、正々堂々なんて呑気に考えていたら相手の思うつぼです。

だからこそ育成年代の子供たちには、キックの蹴り分けを単なるテクニックとして身に付けるのではなく、野球のように「相手の裏をかく、騙す」という心理戦の考え方を習得してほしいと思います。

さいて、次は蹴り分けと利き足の関係、育成年代の指導について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。