ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

膝抜きでサッカーのプレーが劇的に改善!【練習法も解説】

膝抜きは、サッカーのプレーで、素早く動いたり、スムーズに止まったり、急激に方向転換する時などに使える、とても大切な技術です

特にサッカーの上手い選手は、必ずと言って良いほど身に付けているテクニックですね。

そこで今回は、膝抜きの練習法やサッカーのプレーにどのように活かされているのか?という点について、詳しく解説します。

1.膝抜きとは何か?

(1)膝抜きとサッカーの関係

膝抜きは古武術に由来しますが、最近ではサッカー、バスケットボール、陸上競技など、走力を必要とするスポーツに広く普及しています。

ところが日本のサッカー指導者の多くは、未だに「サッカーは足でやるもの…」という考えが蔓延していることから、下半身の筋力に頼ったテクニックを教えるケースが多いですね。

その場合、上半身と下半身の体重比は6対4で上半身の方が重たいため、足だけを使うのは、重たい上半身をリュックサックのように背負って一生懸命プレーするようなものです。

これでは、サッカーのプレーのパフォーマンスが落ちますし、腰、股関節、膝、足首などの負担が大きいのでケガの危険も高くなります。

そもそもヒトの筋出力(自分の筋肉が持つパワー)を最大限に発揮するためには、全身のリラックスが必要です。

また、そうすることによる副産物として、関節や筋肉の過度な負担を軽減できるのです。

そうした点で、膝抜きはサッカーのパワーフォーマンスが格段にアップする一方で、関節や筋肉の負担もほとんどないことから、特に小中学生の育成年代ではぜひ身に付けてほしい技術ですね。

(2)膝抜きのやり方

ここでは、サッカーの試合中に最も多い、立っている状態から走り出す時の膝抜きを例に解説します。

次の動画は古武術の例ですが、基本的な動作はサッカーと同じなのでぜひご覧ください。

① 膝抜きをしない走り方

膝抜きをしないで走る時は、後ろ足で地面を蹴ってスタートします。

この走り方ではたしかに地面反力を得られるので、いちおう前に向かう推進力が出ますが、足腰の筋力に頼った走り方なので、スピードとパワーが筋肉量に左右されます。

そうすると、筋力の乏しい子供たちは速く走ることが出来ません。

また先ほども解説したとおり、上半身が重りのようになるため、下半身の負担が大きくなり、かえってスピードが落ちるのです。

スポンサーリンク

さて次は、膝抜きを使った走り方について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。