ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

左利きのサッカー選手は有利?利き足は変えられるのか?

左利きのサッカー選手と言えばマラドーナやメッシ、日本では本田圭佑、中村俊輔、名波などが有名です。

私が30年前に過ごしたブラジルでは、「一つのポジションに同じレベルの選手がいたら、左利きを使え」という格言があります。

一方、日本では左利きのサッカー選手は有利だとか天才が多いとか、よく言われます。
また利き足を右から左に変えようという発想もあるようです。

でもこれは本当に正しいのでしょうか?

そこで今回は左利きのサッカー選手の有利さや利き足を変えることなどについて解説します。

スポンサーリンク

1.左利きのサッカー選手の特徴

(1)左利きが天才と言われる理由

左利きのサッカー選手はよく天才と言われますが、その理由は右脳の発達が定説とされています。

この場合、左利きは右脳の発達によって、図形の認識や空間認知力などのイメージ、直観力(ひらめき)などが向上すると言われています。
また、脳梁(左右の脳半球を結ぶ神経細胞の束)が大きくなりやすいため、目の前に起きた出来事に対して高い想像力とスピーディーで正確な情報処理能力を持っているとされています。

得点して喜ぶ本田圭佑

例えば中村俊輔、名波、本田圭佑などの左利きのサッカー選手は、パス、フリーキック、コーナーキックの精度が高く、相手の不意を突くような思いもよらないパスセンスを見せます。
これもイメージや直観力の発達によるところが多く、右利きの選手とは違ったボール感覚を持っているのでしょう。
一方、脳梁の発達という点ではサッカーで必要とされる状況判断が迅速で想像性の高いプレーが出来るのです。

たぶん左利きの選手は右利きのプレーヤーと比べると、グラウンド内で見る景色や視点がかなり違っているように思います。

こうしたことが左利きのサッカー選手が天才とされる理由なのでしょう。

それでは右利きは平凡な選手が多いのでしょうか?

実はそうではなく、実際にも優秀なプレーヤーは多いです。
そもそも右利きと左利きの割合はほぼ9対1です。
その場合、天才的な能力を持つ選手の総数という点では右利きの方が左利きよりも多いはずです。

また、先ほど左利きは右脳が発達しているので天才…と解説しましたが、これは科学的には「利き手」に関する研究結果であって、利き足に関するものではありません。
つまり利き足と脳科学との関連性の研究はあまり進んでいないのです。

一方、ネットであふれる科学的根拠の乏しい不確かな情報としては、極めて安易に左利きのサッカー選手を称賛しています。
そうした意味では左利きのサッカー選手は天才である…という主張は言い過ぎでしょう。

私が思うに左利きのサッカー選手が天才とされる理由は別のところにあると考えています。

スポンサーリンク

(2)左利きの有利さと日本の育成指導

日本サッカーの育成指導では、左利きというだけで過度な両足練習をやらせない傾向があります。
どちらかと言えば左利きに寛容ですね。
たぶん、どこの少年団でもクラブチームでも同じでしょうし、特に右利きの子供や親御さんは実感しているはずです。
要するに、左利きの子供は比較的自由に育ちやすいということです。

フリーキックを蹴る前の中村俊輔

そうした場合、左利きは左足に特化したボールの持ち方をすることが多くなります。
そうすると自然と軸足も鍛えられますし、繊細なボール感覚や独特なテクニックが身に付くのです。

そのためキックなどでいろいろな種類の蹴り方が出来るようになるという特徴があります。
例えばボールにカーブやアウト回転をかけたり、左足だけで左右に蹴り分けることなどです。
そうすると相手にとっては不意を突かれた…と感じるのです。

これに対して右利きは左に蹴る時は右足を使い、右に蹴る時は左足を使うというように、左右の足を使い分けます。
そうすると相手にとってはパスコースが分かりやすいので、次のプレーが簡単に予測されてしまうわけです(次のプレーが見破られやすい)。

一方、左利きがドリブルする時は必ずと言って良いほど、相手のディフェンスは左側を切ってきますし右足を使ってボールを奪いに来ます。
そうした場合、メッシが得意とするような相手の右足が出た瞬間にアウトサイドで抜くとか、2~3人に囲まれたような狭い場所ではヒザ下や小指の辺りなど必ず相手の足が届き難いところにボールを置くテクニックを覚えます。

相手の足が届き難いところにボールを置く中学生

右利きの選手にとって左利きの印象はボールが奪えそうで奪えない…、やり難い相手だな…という不思議な感覚があると思います。

そもそも右利きのディフェンダーは右利きのドリブラーを相手にすることが多いので、左利きには慣れていません。
ところが左利きにとっては、相手は最初から右利きが多いので慣れています。
こうした点も左利きの有利さとして考えられます。

いずれにしても左利きには、こうした特徴的で有利なプレースタイルがあるのです。

それでは右利きの子供も、左利きのように利き足に特化した練習を続けたらどうなると思いますか?

もちろん、天才的なサッカー選手をたくさん育てられるはずです。

日本のサッカー指導のように幼少期から過度な両足練習をするのは良い事とは思えません。
先ずは、利き足で全てのプレーが出来るようになってから逆足を練習すれば良い事です。

こうした点は、左利きの選手が育成過程で過度な干渉を受けない等と言う点でハッキリしていますし、日本の指導現場でもいい加減に気が付かないといけません。

スポンサーリンク

(3)左利きのサッカー選手のポジション

サッカーのグラウンドを左右に分けた場合、ジュニア年代の試合では左サイドには左利き、右サイドには右利きの選手を使うと有利になります。
この理由はいくつかあります。

① 左利きは左サイドからのクロスが蹴りやすい。
② ドリブルをする時は中から逆サイドまでが見やすい。
③ サイドライン付近でパスを受ける時の利き足が「遠い方の足」としてトラップしやすい(ボールを守れる)。

左サイドで左利きを使う理由の説明画像

だから左サイドや左サイドハーフには左利きが有利とされているのです。

一方、左センターバックも左利きの方が有利です。
その理由はディフェンスラインからビルドアップする時に、相手からのプレスを回避しやすくなるためです。
その場合、相手は縦パスを入れさせないように左半身で中を切って来るので、右利きのCBがボールを持つと自分の蹴り足にまともにプレスを受けることになります。
ところが左利きは相手のプレスを受けても左足を自由に使えるので、比較的簡単にパスを出すことが出来るのです。

右利きと左利きのセンターバックの比較画像

そうした意味では、アギーレジャンパンの頃、サガン鳥栖の坂井を選出したのは納得できます。

またダブルボランチのフォーメーションの場合、左センターバックを使うのと同じように一方の選手を左利きにするのも有利でしょう。

ただし、チームの戦術によっては左利きの選手を右サイドに配置することも多いので、必ずしも絶対に有利とは考えない方が良いですね。

さて次は、左利きに変えることは可能か?そのための練習法について詳しく解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。