ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

リフティングのコツと練習法!小二の子供がたった一ヶ月で?

サッカーのリフティングは足踏みと同じ動作なので、コツを掴めば初心者でも簡単に出来るようになります。

私の息子は小学二年生の時に一ヶ月で覚えました。

そこで今回は私が息子に教えたリフティングのコツと練習法について、動画と画像を使って詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.リフティングの4つのコツ

リフティングを早く覚えるために、まずは4つのコツを掴みましょう。

(1)足の当てる場所を覚える
(2)ボールが当たる場所を水平にする
(3)練習の時は素足でクツを履く
(4)ボールの空気圧を低くする

以上の4つを順番に解説します。

(1)足の当てる場所を覚える

一つ目のコツは、足の当てる場所を覚えることです。

ふつうのリフティングはインステップ(甲の部分)を使いますが、リフティングを覚えるだけなら親指と人差し指の付け根~インテップの中間あたりで蹴ると良いでしょう。

この場所はコントロールタッチと言って、フリースタイルの選手がよく使う場所です。

繊細なボールコントロールも身に付くので、最適なポイントですね。

またドリブルにも役立つので、この場所をきちんと覚えましょう。

(2)当てる場所を水平にする

二つ目のコツは、足の当てる場所(コントロールタッチ)を水平にして蹴り上げることです。

特に初心者にとっては、なかなか難しいので、時間がかかってもきちんと覚えましょう。

また、当てる場所を水平にする時は、足首を使って角度を調節します。

この時のヒザは必ずリラックスしてください。

本当はピンポイントの蹴り方を意識した方が良いのですが、それでは難しいですし、いつまで経っても先に進みません。

実際のところ、多少はズレてもリフティングは出来るようになります。

だから当てる場所の面(直径1~2㎝の面)を水平にする!とだけ意識してください。

その方が、「多少ズレても大丈夫!」ということで、子供さんの不安がなくなります。

ちなみに、たいていの子供はこのコツを掴む前に挫折してしまいます。

そうならないために、何度失敗しても「水平にすれば必ず上手く行く!」と強い気持ちでチャレンジしてください。

(3)練習の時は素足でクツを履く

三つ目のコツは、なるべく素足でクツを履いて練習することです。

動画で実演している私の息子もそうしているでしょ?

その理由は微妙なタッチの感覚が覚えやすいからです。

もしも靴下を履いていたら、ボールを蹴る時に鈍い感覚しか得られません。

また裸足で練習しても良いのですが、その場合はケガの防止のためなるべく室内で練習するようにしましょう。

ちなみに私がブラジルのサッカークラブでアシスタントコーチをしていたころ、子供たちは裸足でサッカーをすることが多かったのでとても上達が早かったですよ。

(4)ボールの空気圧を低くする

四つ目のコツは、出来るだけボールの空気圧を低くすることです。

そうすると、リフティングする時に凹んで「ベコッ!」となります。

この凹みができることによって、足にボールが当たった時に蹴り上げる時の感覚が分かりやすくなるのです。

その時の空気圧は、300hPa(ヘクトパスカル)以下にしてください。

もしも空気圧計をお持ちでない場合は、子供が手で思いっ切り押して凹むくらいが目安です。

この反対に空気圧を高くすると、足にボールが当たった時の感覚が分かり難くなります。

そうするとピンポイントで正確に蹴らなくてはならないので、リフティングを覚えるまでにはかなりの時間がかかります。

空気圧を高くするのは、リフティングを完全にマスターしてからでも遅くはありません。

だから空気圧を低くして、先ずはリフティングの感覚を掴むことを優先しましょう。

それでは次に、これまでの4つのコツを踏まえて実際の練習法を解説します。

2.練習法

これまで解説した4つのコツの中で最も大切なのは、インパクトの時に水平に蹴り上げる!ということです。

これを踏まえて、次の順に練習しましょう。

(1)ボールが足に当たる感覚を覚える
(2)バウンドリフティングで蹴るタイミングを掴む
(3)キャッチリフティング
(4)片足リフティング

この練習法はステップアップ方式なので、途中で上手く行かなくなったら最初に戻ってチャレンジしましょう。

必ず成果の出る練習法なので、途中であきらめないようにしてください。

(1)ボールが足に当たる感覚を覚える

ボールを腰の高さくらいに持ち上げて、何度もコントロールタッチの場所に落としてください。

これを繰り返すことで、足のどこに当てるのか?という感覚が掴めるようになります。

この練習の時も足の当たる場所の面(コントロールタッチ)を水平にする!という気持ちを持ってください。

水平がどうかの目安は、足に当てた時にほんの一瞬ですがボールが足に乗っかることです。

これはリフティングでボールを蹴り上げる時の最も大切な感覚です。

この微妙なタッチを何度も繰り返して覚えましょう。

ちなみにこの練習は単純でつまらないように感じますが、リフティングを覚える上ではとても大切です。

なぜなら、この感覚が身に付かないとリフティングを続けられないからです。

そもそも足にボールが当たる瞬間は目で見て確認できません。

そうすると正しくボールに当たっているかどうかは、足の肌感覚に頼るしかないのです。

だからこそ、足の当たる場所の面(コントロールタッチ)を水平にする!というのが大切にしてほしいと思います。

特に小学校低学年であれば飽きてしまいそうですが、ここは時間をかけてでも地道に続けてください。

「急がば回れ!」とも言いますからね。

ちなみに当てる場所が分かり難かったら、足にサインペンなどで目印を付けてください。

実際の練習ではクツを履くので見えなくなってしまいますが、子供にとっては「目印を付けた!」ということで正確に当てようという意識が高まります。

私の息子にも書いてあげたら、「よし頑張るぞ!」と言っていました。

こうしたイメージはとても大切なので、ぜひ試してください。

(2)バウンドリフティングで蹴るタイミングを掴む

ボールが足に当たる場所の感覚が掴めるようになったら、今度はバウンドリフティングを繰り返して蹴るタイミングを覚えましょう。

ボールが落ちてきたら、ボールの真下を正確に蹴る…。

これだけを意識してください!

この練習の詳しいポイントは、

・ボールを真上から覗き込むように見て真下の蹴る場所をイメージしながら、足の当てる場所を水平にする。

・インパクトの時は、足の当てる場所を水平またはやや上に向けて「ちょん」と軽く蹴る。この時は足首のスナップだけを使う。

・蹴った時に無回転になっていたら、足の当てる場所が水平になっている証拠です。無回転を目指しましょう!

この時の注意点は、ヒザの力を使って強く蹴ろうとしないことです。

むしろヒザも足首もリラックスして、軽く当てる程度に「ちょん」と蹴ってください。

その方が足首のスナップが効いて、スムーズに蹴り上げることが出来ます。

(3)キャッチリフティング

ボールを腰の高さくらいから落として、真上に蹴ってキャッチしましょう。

ここでは片足ずつで結構です。

一回蹴ってキャッチ…、これを何度も繰り返します。

このキャッチリフティングは、先ほどのバウンドリフティングよりも、ボールが落ちてくるタイミングが早いです。

だからタイミングを素早く合わせることも意識してください。

この練習の詳しいポイントですが、

・ボールを蹴る瞬間に足首のスナップを使って、足の当てる場所を水平にして蹴り上げる。

・蹴った時にキャッチする場所は「おへそ」の辺りです。

・蹴った後に足首の角度が急になっていたら、スナップが効いている証拠です。

・足首のスナップは、ヒザと足首をリラックスしないと効かない。

・蹴った時にほぼ無回転になっていたら、ここから先の上達は早いと思います。

以上ですが、もしもボールを蹴った時にあっちこっちに飛んでいたとしたら、ボールが足に当たる感覚や蹴るタイミングを十分に掴んでいないのが原因です。

その場合は先ほどの(1)や(2)に戻って繰り返して練習してください。

安心してください。私の息子も最初はそうでしたから。

(4)片足リフティング

コントロールタッチの場所を意識しながら、右だけ…、左だけ…というように、片足でリフティングしてください。

意識するポイントは、先ほどの(3)キャッチリフティングの練習と同じです。

足首のスナップを使って、足の当てる場所を水平にして蹴り上げましょう。

これさえきちんと出来ていたら、ほぼ無回転で蹴れるはずです。

もしもこの時に無回転で続けられたとしたら、後は両足リフティングに挑戦してください。

もうゴールが目の前に見えています!

ちなみに、実際にリフティングを練習すると利き足は出来るが逆足は出来ない…、という人も多いでしょう。

その原因の多くは、

・苦手な方の足の水平の感覚。
・足の当てる場所。
・蹴り上げるタイミング。

これらがきちんと出来ていないからです。

その場合は、最初の(1)に戻って練習を繰り返せば必ず上手くなります。

ちなみに中学生になった「とも」は、現在ではテニスボールやスーパーボールを使っています。

動画の後半で実演しているアヒルやトレシューは、ちょっとしたお遊びですね(笑)。

またリフティングハイもおススメです。

空間認識能力が高くなるのでトラップの練習にもなります。

これまでリフティングが出来るようになったら、ぜひチャレンジしてくださいね。

ところでクラブチームや少年団でリフティングの練習をする時は、インステップを使うように指導されることが多いと思います。

そうすると、これまで紹介したコントロールタッチを覚えても果たして大丈夫だろうか?という不安もあるでしょう。

でもそうした心配は必要ありません。

そこで、次にコントロールタッチを使う理由について解説します。

スポンサーリンク

3.リフティングでコントロールタッチを使う理由

ここではコントロールタッチを使う理由を4つ解説します。

(1)他のリフティングへの応用が簡単

コントロールタッチを覚えると、インステップ、インサイド、アウトサイド、頭、ももなど、いろいろなリフティングへの応用が簡単です。

なぜなら当たる場所をほんの少し変えるだけだからです。

リフティングで最も大切なことは、これまで何度も繰り返しましたよね。

足の当たる場所の面を水平にする!ということだけでしょ?

だから、この基本さえ守れば次の動画で息子が実演しているようにインステップ、インサイド、アウトサイド、頭、ももなどへの応用は簡単です(ただし胸だけは少し違います)。

これに対して最初からインステップリフティングを練習するのは大変ですし、覚えるまでの多くの時間が必要です。

だから、初めは簡単なものを覚えましょう。

学校の授業だって最初はやさしいところから勉強するでしょ?

そうした意味でも、先ずはやさしいコントロールタッチを覚えてしまいましょう。

そもそも、コントロールタッチはフリースタイルの選手たちがよく使っています。

いったん覚えれば、後はいくらでも応用が効くので安心してください。

(2)当たる場所が平面

コントロールタッチの場所は、だいたい1~2㎝の平面状になっています。

だから、リフティングの蹴るポイントが多少ズレても大丈夫です。

これに対してインステップリフティングは足の甲に当てるので、この部分は「もっこり」と盛り上がっています。

だからピンポイントで正確に当てないと、あっち行ったりこっち行ったりして真上に蹴り上げることが出来ません。

そうした点では、コントロールタッチの方がやり易いのです。

先ほども解説しましたが、後からいくらでも応用が利きます。

だから簡単なやり方から覚えましよう。

(3)失敗が少ない

インステップリフティングを練習をすると、ボールが「すね」に当たって失敗するケースが多いです。

そうなると、失敗ばかりしていたら子供のやる気が下がりますよね。

でもコントロールタッチはつま先側に近い方でボールを蹴るため、すねに当たるような失敗が少ないです。

だからどんどん回数が増えて行きますよ。

どうせやるなら、10回、20回、30回というように、毎日たくさん出来るようになりたいですよね。

(4)リフティングのタイミングが簡単に覚えられる

インステップリフティングは、次のようにヒザと足首を使って蹴るのでフォームが大きくなります。

そうすると蹴る時のタイミングが掴みにくいです。

またリフティングのフォームが大きく、どうしてもバランスが取り難くいので失敗も多くなります。

ところがコントロールタッチは足首のスナップを使ったコンパクトなフォームですし、足の力もほとんど使いません。

ちょっと早めの足踏みをしているようなものです。

だから、とても簡単に覚えられるわけですね。

4.まとめ

リフティングは足踏みする動作と同じなので、きちんとコツを覚えて練習すれば誰でも出来るようになります。

その時に大切なことは、何度も繰り返して言ってきましたよね。

当たる場所の面を水平にする!

そしてタッチする感覚とタイミングさえ掴めれば、あっという間に100回くらいは出来てしまいます。

だから決して難しいことではないのです。

ちなみに「千里の道も一歩から」と言いますよね。

だから、スタートがあれば必ずゴールはあるものです。

ぜひ多くの子供たちが、リフティングが上手くなるよう願っています。

【画像引用:Youtube.com