ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します
iphone 11 ケース コピー 激安iphone 11 ケース 手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11 ケース iphone 11 pro maxケースiphone 11/11 pro/xs/xs max xr/x/8ケースiphone xr ケース手帳型iphone 11 pro ケース 激安iphone 11ケース iphone 11 pro maxケースシュプリームコピー激安シュプリームコピーtシャツシュプリーム 偽物シュプリームコピー品シュプリームコピーパーカーシュプリームコピーバックシュプリームコピー財布supremeコピー服

リフティングのコツと練習法!小二の子供がたった一ヶ月で?

サッカーのリフティングは、足踏みと同じ動作なので、ちょっとしたコツを掴めば、誰でも出来るようになります。

私の息子「とも」は、小学二年生の時に、たった一ヶ月で覚えてしまいました。

そこで、今回は私が「とも」に教えたリフティングのコツと練習法について、動画と画像を使って詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.リフティングの4つのコツ

リフティングを早く覚えるために、まずはコツを掴みましょう。

※大切なコツは4つあります。

(1)足の当てる場所を覚える
(2)ボールが当たる場所を水平にする
(3)練習の時は素足でクツを履く
(4)ボールの空気圧を低くする

以上の4つを順番に解説します。

(1)足の当てる場所を覚える

一つ目のコツは、足の当てる場所を覚えることです。

ふつうのリフティングは、インステップ(甲の部分)を使いますが、リフティングを覚えるだけなら、親指と人差し指の付け根~インテップの中間あたりで蹴ると良いでしょう。

足の画像(インステップ、コントロールタッチ、親指と人差し指)

この場所はコントロールタッチと言って、フリースタイルの選手がよく使う場所です。

繊細なボールコントロールも身に付くので、最適なポイントですね。

またドリブルにも役立つので、この場所をきちんと覚えましょう。

(2)当てる場所を水平にする

二つ目のコツは、足の当てる場所(コントロールタッチ)を水平にして蹴り上げることです。

特に初心者にとっては、なかなか難しいので、時間がかかってもきちんと覚えましょう。

また、当てる場所を水平にする時は、足首を使って角度を調節します。

この時のヒザは必ずリラックスしてください。

当てる場所を水平にする

本当はピンポイントの蹴り方を意識した方が良いのですが、それでは難しいですし、いつまで経っても先に進みません。

実際のところ、多少はズレてもリフティングは出来るようになります。

だから、当てる場所の面(直径1~2㎝の面)を水平にする!とだけ意識してください。

その方が、「多少ズレても大丈夫!」ということで、子供さんの不安がなくなります。

シューズとボールが当たる場所

ちなみに、たいていの子供は、このコツを掴む前に挫折してしまいます。

そうならないために、何度失敗しても「水平にすれば必ず上手く行く!」と強い気持ちでチャレンジしてください。

スポンサーリンク

(3)練習の時は素足でクツを履く

三つ目のコツは、なるべく素足でクツを履いて練習することです。

素足でクツを履く

その理由は、微妙なタッチの感覚が覚えやすいからです。

もしも、靴下を履いていたら鈍い感覚しか得られません。

また、裸足で練習しても良いのですが、その場合はケガの防止のため、なるべく室内で練習するようにしましょう。

ちなみに私がブラジルのサッカークラブでアシスタントコーチをしていたころ、子供たちは裸足でサッカーをすることが多かったので、とても上達が早かったですね。

参考記事:サッカーは裸足で上手くなる!ブラジルと日本の子供達の違い

(4)ボールの空気圧を低くする

四つ目のコツは、ボールの空気圧を低くすることです。

そうすると、リフティングする時に凹んで「ベコッ!」となります。

ボールが凹む

この凹みができることによって、足にボールが当たった時に、蹴り上げる時の感覚が分かりやすくなるのです。

その時の空気圧は、300hPa(ヘクトパスカル)以下にしてください。

もしも空気圧計をお持ちでない場合は、子供が手で思いっ切り押して、凹むくらいが目安です。

手でボールを押す

この反対に空気圧を高くすると、足にボールが当たった時の感覚が分かり難くなります。

そうすると、ピンポイントで正確に蹴らなくてはならないので、リフティングを覚えるまでには、かなり時間がかかります。

空気圧を高くするのは、リフティングを完全にマスターしてからでも遅くはありません。

だから空気圧を低くして、リフティングの感覚を掴むことを優先しましょう。

それでは次に、これまでの4つのコツを踏まえて実際の練習法を解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。