ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

リフティングのコツと練習法!小二の子供がたった一ヶ月で?

【コントロールタッチを使う理由】

ここではコントロールタッチを使う理由を4つ解説します。

(1)他のリフティングへの応用が簡単

コントロールタッチを覚えると、インステップ、インサイド、アウトサイド、頭、ももなど、いろいろなリフティングへの応用が簡単です。

なぜなら当たる場所をほんの少し変えるだけだからです。

リフティングで最も大切なことは、これまで何度も繰り返しましたよね。

足の当たる場所の面を水平にする!ということだけでしょ?

だから、この基本さえ守れば次の動画で息子が実演しているようにインステップ、インサイド、アウトサイド、頭、ももなどへの応用は簡単です(ただし胸だけは少し違います)。

これに対して最初からインステップリフティングを練習するのは大変ですし、覚えるまでの多くの時間が必要です。

だから、初めは簡単なものを覚えましょう。

学校の授業だって最初はやさしいところから勉強するでしょ?

そうした意味でも、先ずはやさしいコントロールタッチを覚えてしまいましょう。

そもそも、コントロールタッチはフリースタイルの選手たちがよく使っています。

いったん覚えれば、後はいくらでも応用が効くので安心してください。

(2)当たる場所が平面

コントロールタッチの場所は、だいたい1~2㎝の平面状になっています。

だから、リフティングの蹴るポイントが多少ズレても大丈夫です。

これに対してインステップリフティングは足の甲に当てるので、この部分は「もっこり」と盛り上がっています。

だからピンポイントで正確に当てないと、あっち行ったりこっち行ったりして真上に蹴り上げることが出来ません。

そうした点では、コントロールタッチの方がやり易いのです。

先ほども解説しましたが、後からいくらでも応用が利きます。

だから簡単なやり方から覚えましよう。

(3)失敗が少ない

インステップリフティングを練習をすると、ボールが「すね」に当たって失敗するケースが多いです。

そうなると、失敗ばかりしていたら子供のやる気が下がりますよね。

でもコントロールタッチはつま先側に近い方でボールを蹴るため、すねに当たるような失敗が少ないです。

だからどんどん回数が増えて行きますよ。

どうせやるなら、10回、20回、30回というように、毎日たくさん出来るようになりたいですよね。

(4)リフティングのタイミングが簡単に覚えられる

インステップリフティングは、次のようにヒザと足首を使って蹴るのでフォームが大きくなります。

そうすると蹴る時のタイミングが掴みにくいです。

またリフティングのフォームが大きく、どうしてもバランスが取り難くいので失敗も多くなります。

ところがコントロールタッチは足首のスナップを使ったコンパクトなフォームですし、足の力もほとんど使いません。

ちょっと早めの足踏みをしているようなものです。

だから、とても簡単に覚えられるわけですね。

スポンサーリンク

【まとめ】

リフティングは足踏みする動作と同じなので、きちんとコツを覚えて練習すれば誰でも出来るようになります。

その時に大切なことは、何度も繰り返して言ってきましたよね。

当たる場所の面を水平にする!

そしてタッチする感覚とタイミングさえ掴めれば、あっという間に100回くらいは出来てしまいます。

だから決して難しいことではないのです。

ちなみに「千里の道も一歩から」と言いますよね。

だから、スタートがあれば必ずゴールはあるものです。

ぜひ多くの子供たちが、リフティングが上手くなるよう願っています。

【画像引用:Youtube.com