ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーで周りを見るための意外な練習法!【小学生におススメ】

サッカーの試合で周りを見るのは、適格な状況判断のためにも欠かせません。

そこで、ジュニア年代ではパスを出したり受けたりする時に首を振って周りを見る、ドリブルの時に顔を上げるなど、いろいろな練習をしますよね。

ところが、いつまで経ってもボールばかり見てしまうボールウォッチャーの子供は多いと思います。

この場合、いくら「周りを見ろ!」と言っても、そう簡単には直りません。

なぜなら、いくら練習をしても、それはサッカーをしている時だけであって、日常生活に戻れば周りを見る習慣がないからです。

そうは言っても、いつまでも周りを見れないようでは困りますよね。

そこで今回は、サッカーの試合で周りを見る意味、いつ何を見れば良いのか、私の息子が小学校低学年のころに実践した親子で一緒に出来る練習法などをご紹介します。

1.サッカーの試合で周りを見る意味

(1)子供が周りを見ないのはなぜ?

子供がサッカーの試合中に周りを見ない最大の理由は、ボールばかり見ているからです。

その際、ヒトは動くモノ(試合中ならボール)に対して見入ってしまう特性があります。

なぜなら、それが安全なのか?危険なのか?をいち早く判断するためであって、一種の生存本能によるものだからです。

例えば、小学校低学年の団子サッカーは、ボールばかり見てほぼ全員が一箇所に集まってしまいますが、これも本能的な行動だと言えます。

つまり、サッカーでボールばかりを見るのはヒトの本能なので、いくら子供に「周りを見るんだ!」と言っても、それだけでは理解出来ないのです。

もしもあなたが「2~3日何も食べなくてもガマンしろ!」と言われたら耐えられますか?

やはり食欲だって本能だから、これを抑えるのは無理ですよね。

それと同じで、あなたがいくら「周りを見るんだ!」と言っても、子供たちがすぐに出来ないのは、むしろ当たり前と考えた方が良いのです。

スポンサーリンク

(2)周りを見るのは非日常的

私は30年前にブラジル・サンパウロのクラブでジュニアとジュニアユースのアシスタントコーチをしていました。

そのころ指導していた子供たちは、試合中もきちんと周りを見ていたことに驚かされたものです。

たぶん、日本とは違ってプロの試合が毎日のようにテレビ中継されるなど、日常的にサッカーに触れていたせいかも知れませんが、私なりに考えると、実はもっと違うところに理由があると思います。

それは治安の悪さです。

平和な日本で生活しているとピンと来ないでしょうが、30年前のブラジルはとても治安が悪く、例えば子供が1人で歩いていると、すぐに不良グループに捕まって酷い目にあったものです。

そうした点で、異常なまでに周囲に気を付けるという習慣は、日本とは比べ物になりません。

そうすると、子供たちにとって試合中に周りを見るのは当たり前のこと…、つまり日常生活と何ら変わらないことなのです。

ところが、日本は平和で、次の動画の滝川クリステルさんのプレゼンテーションでも分かる通り「お金の入った財布を落としても交番に届けられる」ような、世界でも珍しい安全で親切な国です。

そうすると、それだけ平和な国であれば、ブラジルと違って、子供たちは周囲に気を付ける必要はほとんどない…、だからサッカーの試合で周りを見るのは非日常的なわけですね。

つまり、ブラジルと日本の子供たちを比べると、周りを見るのが日常的か?非日常的か?という生活習慣の違いなので、日本の子供が試合中に周りを見ないのは当たり前のことなのです。

もちろん、大人のみなさんも同じですよ(笑)。

そうした意味で試合中に周りを見ない子供が多いのは、日本の子供の特徴とも言えるでしょう。

それでは、こうした子供の特徴を踏まえ、次に、サッカーの試合中、いつ?何を?どのように周りを見るのか?について考えてみましょう。

スポンサーリンク

(3)試合中はいつ何を見れば良いのか?

サッカーの試合中に周りを見るのは大切ですが、子供に対していろいろと言っても混乱して逆効果になるだけです。

そこで、大きく2つに分けて考えた方が良いでしょう。

一つ目はオフザボールとオンザボール。
二つ目は近くと遠くの視野を切り替える。

小学生の場合は、先ず最初にこの二つを覚えれば、後は子供の成長とともに、いろいろなものを見るようになります。

① オフザボールとオンザボール

試合中に周りを見るのは、主にオフザボールの時が効果的です。

その理由は、オフザボールは直接プレーに関わっていないので、ボールから目を離せるからです。

またボールを持っていないので、プレー中のミスの心配もないので、安心して周りを見れるはずです。

そうした場合、ボールではなく、別のものを見るチャンスであると言い聞かせましょう。

その際、遠くのスペース、相手との位置関係、味方はどこにいるのかなどを探させてください。

そうすることによってプレー中の視野が広くなり、状況判断の思考が身に付きます。

もちろんボールを持ったオンザボールの時(ドリブルする時に顔を上げたり、パスの出し手としてパスコースを探す時など)も重要ですが、それはオフザボールで周りを見るようになってからでも遅くはありません。

だから、先ずはオフザボールの時に周りを見る習慣付けをさせましょう。

なお、オフザボールとオンザボールで周りを見るための練習法は後述します。

② 近くと遠くの視野を切り替える

先ほど「ヒトは動くモノに対して見入ってしまう特性がある…」と解説しましたが、これは対象物が近くにあればあるほど、そうした傾向が強くなります。

だから、遠くのモノより、目の前にあるものを優先するため、視野が狭く身近なものしか見なくなるのです。

これに対してサッカーの場合は、近くても遠くても前後左右に360度の視野が必要です。

こうした状況は非日常的な行動なので、子供たちにはなかなか身に付きません(もちろん平和な日本という文化的な影響もあります)。

そうすると、大人にとっては「いくら言い聞かせても簡単に出来ることではない…」という、子供に対する理解が必要なのです。

でも、こうした近くと遠くの視野の切り替えは練習しだいで何とかなるので、根気強く子どもと向き合いましょう。

特にお父さんやお母さんたちには、ぜひ協力していただきたいと思います。

さてそれでは次に、私の息子「とも」が小学校低学年のころに実践した、周りを見るための練習法をご紹介します。

子供と親御さんが一緒に出来るメニューなので、少年団やクラブチームの練習とは別に、遊び感覚のトレーニングとしてぜひ試してみてください。

※なお、サッカーに必要な視野を確保するためには、次の記事をお読みいただくと、さらに理解が深まります。

サッカーで視野を広げる方法と練習法!何をどう見れば良い?

さて次は、サッカーで周りを見るためのかなり変わった練習法です。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。