ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マリーシアの本当の意味!日本のサッカーに今必要な理由とは?

日本では、マリーシアの意味を未だに「ずる賢い」とか「汚いプレー」などと誤解されています。

そこで今回は私がブラジルで学んだ本当のマリーシアを解説します。

スポンサーリンク

1.マリーシアとは

ここではマリーシアの意味を正しく理解するために、次の2つを解説します。

(1)マリーシアの本当の意味
(2)ドゥンガと日本代表

(1)マリーシアの本当の意味

マリーシア(malicia)とは、ポルトガル語で「ずる賢い」という意味ですが、日本ではこの言葉の意味をとても狭く解釈しています。

例えば、ファールを受けるためにわざと倒れて痛がったりする…、審判の見ていないところでラフプレーをする…などですね。

そうすると汚いプレーだ、みっともない、ずるい…などと思われがちで、正々堂々とやるべきだ!という意見もあるようです。

サムライの国らしいですね。

私は30年前にブラジルサンパウロのサッカークラブでジュニアとジュニアユースのアシスタントコーチをしていました。

その時に初めて知ったマリーシアは、どちらかと言えば男女の恋愛の駆け引きの意味に使われていました。

例えば、好きな女性に真正面から告白して失恋した友人に対し、「お前はマリーシアが足りないな…」などと言う具合ですね。

これは「経験が少ない」とか「駆け引きが下手」という意味になるわけです。

サッカーの場合もこれと同じで、経験が浅く真正直なプレーをした選手に対し「マリーシアが足りない」というように使いました。

これに対して、日本で考えられているような汚くてずるいプレー…、例えばペナルティーエリア内でPKを取ろうとしてわざと倒れるようなプレーはマリーシアとは言いません。

このようなずるいプレーは、マランダラージと呼ばれ、ブラジル国内では批判されているのです。

つまり、マリーシアの本当の意味は、「試合経験が豊富」「駆け引きが上手い」「したたかな試合運び」「知的なプレー」などのような使い方が正しいのです。

こうしたマリーシアの本来の意味を、初めて日本に伝えたのは元ブラジル代表で、Jリーグでも活躍したドゥンガです。

(2)ドゥンガと日本代表

日本に初めてマリーシアを伝えたのは、1995年に来日した元ブラジル代表のドゥンガです。

1995年8月、ドゥンガはブラジル代表のキャプテンとして、日本代表と対戦して5対1で勝ちました。

ドゥンガは試合終了後のインタビューで、日本代表の印象を聞かれて、次のように答えています。

「日本人は真面目にプレーしていたがマリーシアが足りない。」「選手たちはキックオフ直後からハイプレスを繰り返してきた。」「だから今日の暑さを利用して前半はパスを回して相手の体力を消耗させた。」

たぶんドゥンガの日本選手に対する印象は、暑い中でブラジルのパス回しを必死で追いかける様子を見て「経験が足りないな…」とか「真正直すぎる…」と感じたのでしょう。

当時の日本代表は加茂監督で、主な戦術はハイプレスとショートカウンターです。

ハイプレスとは守備戦術の一つで、相手陣内の高い位置でプレスをかけて(2~3人で相手を囲んで)ボールを奪うというものです。

またショートカウンターは、高い位置で奪ったボールを少ないパスで繋いで速くゴールに向かうという攻撃戦術ですね。

こうしたプレーを90分間続けると、選手の体力はかなり消耗します。

もちろん今でもこうした戦術は海外でよく使われますが、どのチームも試合途中でゆっくりパスを回して休む時間を作っています。

つまり速く攻撃する時と、時間をかけて休む時を使い分けているのです。

でも日本人は真面目なので、こうしたメリハリを付けずにひたすら頑張ったようですね。

当時の日本はワールドカップの出場経験もなく、アジアで勝つのが精いっぱいの状態だったので、海外の本物のサッカーを知らなかったのでしょう。

ドゥンガは、そうした日本の事情も分かっていたのかも知れません。

こうした日本人のマリーシアの足りなさは、日本代表の歴代外国人監督も指摘しています。

そこで次に、日本代表の外国人監督とマリーシアについて解説します。

2.日本代表の外国人監督とマリーシア

(1)オフト

オフトはサッカーの基本戦術を知らなかった日本人に対し、基礎基本を叩き込み、規律と組織の大切さを重んじ、チームへの忠誠心を植え付けました。

そうした中でドーハの悲劇を迎えるわけですが、試合後のインタビューで次のように言っています。

「ゲームの作り方は細かいところまで教えたが、試合の終わらせ方(マリーシア)までは教えられなかった」

オフトは、この試合の後半で「キープ・ザ・ボール」を連呼していましたが、日本の選手たちには監督の真意(試合の終わらせ方)が理解できなかったのでしょう。

そもそも、こうした試合運びの巧さは経験によって身に付くものです。

ところが、サッカー創生期の日本にとっては基本戦術を学ぶのに精いっぱいで、マリーシアを覚えるまでには至らなかったのでしょう。

(2)ファルカン

ファルカンの在任期間は短かったですが、長期的な選手の育成と言う点で面白いエピソードがあります。

代表合宿のミーティングで守備の方法を説明したところ、ある若手選手が済まなそうに「分かりません」と言うと、理解出来るまで丁寧に教えたそうです。また次の日のミーティングでも同じことがあり、やはり詳しく説明したそうです。

これはブラジルの指導者であれば当然のことなのですが、チームの内の一人でも分からないままにすると戦術が成り立たないことが分かっているのです。

だから選手全員を理解させるのは、監督として当然の役目と考えているわけですね。

これは、ブラジルの選手たちにマリーシアが根付く理由の一つとされています。

そもそもブラジルは多民族国家で貧富の差も大きいことから、学力レべルの高い選手もいれば学校に通えない選手もいます。

そうするとサッカーのテクニックは上手でも、戦術や試合運びが理解できない選手が大勢いるのです。

だから、指導者に求められるのは、サッカーの駆け引き、したたかな試合運び、知的なプレーを分かりやすく教えることなのです。

そうすることで本当のマリーシアが身に付くというわけですね(私も先輩コーチから教わりました)。

(3)トルシエ

トルシエは2002年日韓ワールドカップの時、日本代表をベスト16に導いたことで知られています。

その際、就任直後に視察したJリーグの試合を見て「試合後半で1対0で勝っているのに、まだ点を取ろうとするのは理解できない」と言ったそうです。

これは先ほどのオフトの「試合の終わらせ方(マリーシア)」と同じ意味ですね。

また別の機会では「日本人は真面目すぎる。どんなに車が来ないような横断歩道でも信号無視をしない」とも言っています。

これはずる賢さやルール違反を推奨しているのではなく、特に問題がなければ真正直に考える必要はなく、もっと知的なプレーをしてほしい!という意味なのです。

海外での試合経験が乏しく、マリーシアが身に付いていない日本人に対する、一種の警鐘なのでしょう。

(4)ジーコ

ジーコは2006年ドイツWカップまで日本代表を率いました。

代表チームでは大まかな指示はするものの、細かいことは選手同士の話し合いで戦い方を決めるという自主性を重んじました。

その理由は日本人が決まりごとに固執するあまり、創造的で多様性のあるプレーが出来ないという欠点を見抜いていたからです。

そうした中で選手としての成長を促しながら、サッカーの本質(本当の意味のマリーシア)を理解させようとしたのでしょう。

(5)オシム

オシムが目指したものはサッカーの「日本化」です。

それまでの日本は南米やヨーロッパのサッカーを取り入れましたが、これは戦術を真似しただけに過ぎません。

そこで日本人の特徴であるアジリティや走力を活かして、日本人に合ったサッカーの形を作り出そうとしました。

つまり、日本独自のサッカー文化を生み出し、それを国内に広めようとしたわけです。

もちろんそうした過程で、日本人に合ったマリーシアの考え方を根付かせようとしたのでしょう。

(6)ザッケローニ

ザッケローニは就任直後のアジアカップで優勝後、順調にブラジルワールドカップアジア予選を通過しました。

そうした中で迎えた2013年のブラジルコンフェデレーションズカップのイタリア戦では、前半で2点リードしたものの後半に逆転され3対4で敗れています。

試合後の会見では「イタリアは経験豊富でマリッツィア(マリーシアのイタリア版)を持っている。でも日本にはこれが足りない。」と話していました。

これはドーハの悲劇と似ていますよね。

試合をリードして優位に立ったら、次は終わらせ方を考えるのですが、当時の日本にはこの発想がなかったのです。

これは時間稼ぎのような汚いプレーを意味するのではなく、試合運びの巧さを身に付けることの大切さを説いているわけですね。

ちなみにブラジルでは「棺桶のフタを閉めろ」という格言があり、これもマリーシアの考えから来ています。

例えば、2対0でリードすると気持ちが緩んで逆転される恐れがあるため、3点目を取って相手をあきらめさせろ!と言う意味です。

先ほどの日本対イタリアの試合は正にその通りでしたし、2018ロシアワールドカップの対ベルギー戦も同じく2対0から逆転負けしていますよね。

やはり、本当の意味のマリーシアと無縁な日本にとっては、起こるべくして起こった結果なのでしょう。

(7)アギーレ

アギーレは就任当初の記者会見で、「ピカルディア(スペイン語でマリーシアと同義語)」を訴えています。

ピカルディアはずる賢いとか汚いプレーとは違い、ルールの中で出来る最大限可能な試合のコントロール(試合運び)である…と説明しています。

またアギーレも他の外国人監督と同様に、日本選手の真面目すぎる特性を理解していたのでしょう。

その証拠に、アジアカップ期間中のインタビューでは「日本人は言うことを聞き過ぎる」「もっと自由な発想が必要だ」とも話していました。

これはジーコの考え方によく似ていますね。

やはり個々の選手の成長によって、マリーシアの本質を身に付けて欲しいと考えたのだと思います。

(8)ハリルホジッチ

ハリルホジッチはデュエル(一対一での格闘)が有名したが、もう一つの言葉として「インテリジェンス」を提唱しています。

これは日本選手がペナルティーエリアに侵入しても、シュートを決めきれないことに対する対処法とされていました。

このインテリジェンスとは知的なプレーを指し、例えばペナルティーエリア内で相手DFにファールをさせるようなポジション取りを意味します。

つまり、相手が足を引っ掛ける、手で押す、フォールディングするなどのファウルを誘うわけですね。

ただしこうしたプレーはあくまでも誘っているだけであって、実際に反則をするのは相手だからマランダラージのような汚いプレーというわけではありません。

その他にも、試合の終わらせ方(本来の意味のマリーシア)を経験させようとしましたが、結局はロシアワールドカップ直前に解任されています。

(9)外国人監督の共通点

これまでの8人の監督の中で共通しているのは、日本代表にはマリーシアの真意はほとんど伝わっていないということです。

これは4年に1回のワールドカップに合わせて監督を人選するため、任期が短いという点も影響しているのでしょう。

また代表選手に伝わらなければ、当然育成年代にも広まりません。

ブラジルの場合はサッカーが国の文化の中心にあることから、すでに育成年代からマリーシアを理解しています。

こうした点が日本と海外の大きな違いなのでしょう

ところが、日本ではサッカー以外の競技(例:野球)でマリーシアが見られます。

そこで、次にサッカー以外の競技のマリーシアについて解説します。

3.サッカー以外の競技とマリーシア

ここでは、サッカー以外のマリーシアの例として、次の3つの競技の例を解説します。

(1)野球
(2)格闘技(柔道、剣道、相撲)
(3)陸上競技

(1)野球

日本に野球とサッカーが伝わったのは1800年代後半のほぼ同時期ですが、野球はサッカーと違って独自に進化し、戦前から広く国民の人気スポーツとして定着しました。

そうした野球の特徴は、マリーシア本来の意味である心理的な駆け引きをたくさん使うことですね。

特にピッチャーとバッターの駆け引きは、ジュニア世代から当たり前のように覚えます。

・速球を続けてバッターに速い球を警戒させた後に、変化球でタイミングを外す。
・遅い球を投げた後に速いボールで打ち取る。
・バッターがバットを短く握っているのを見て直球狙いと判断し、変化球を投げて打ち取る。
・当たっているバッターは敬遠して勝負を避ける。

またプロ野球には、試合運びと言う点で、長い歴史を経たノウハウが確立しています。

例えば投手には先発、中継ぎ、抑えの分業(先発完投もある)があり、攻撃では先行、中押し、ダメ押しという先行逃げ切りという試合運びが確立しています。

もちろん、チャンスをものにして大逆転というのもありますよね。

そうした意味で、野球には駆け引き、したたかな試合運び、知的なプレーという本当の意味のマリーシアが根付いていると言えるのです。

(2)格闘技

格闘技の基本は一対一で正々堂々と試合をするので、マリーシアとは関係ないと思われがちですが、実はそうでもありません。

やはり勝負ごとなので、野球と同じような駆け引き(つまりマリーシア)があります。

① 柔道

柔道は、自分の得意技を掛けやすい組手があり、引手と釣り手をきちんと持てば、たいていの技をかけることが出来ます。

ところが相手も同じような組手の場合は、逆に技をかけられてしまう恐れがあります。

そこで、相手の引手を切って技を掛ける…などの組み手争いをするのです。

これがいわゆる駆け引き(つまりマリーシア)ですね。

また相手を崩して技を掛ける場合も同じで、例えば足技で相手の重心を後ろに下げてから背負い投げをする…などのしたたかな試合運びよく使われます。

これも、やはりマリーシアになるわけです。

② 剣道

剣道は間合いの取り方によって、勝負が決まります。

そのため、相手が得意とする間合いを避けながら、自分の間合いに引き込んで勝負するのです。

例えば試合中に竹刀の剣先をカチャカチャと合わせている様子がよく見られますが、これが駆け引き(つまりマリーシア)になります。

そうして相手の隙を見付けて技を出し、一本を取って勝つわけですね。

③ 相撲

相撲は国技なので駆け引きを良しとしませんが、実際にはかなり多いです。

特に立会いの時によく見られますね。

これは柔道と同じように、力士によって、右四つ、左四つなどの得意な組手があり、これを立会いの時に組み手争いをするわけです。

相撲は一瞬で勝負が付くので何があったのか分かり難いですが、立会いで駆け引き(つまりマリーシア)があることは確かですね。

(3)陸上競技

陸上競技は主に記録を争う競技なので駆け引きとは無縁と思われますが、一部の種目では見られます。

例えば、マラソンなどの長距離走でラストスパートする時に、相手選手の一瞬の隙を付く…などということがよくありますよね。

その他には、走り高跳びでパスをして相手にプレッシャーをかける…というのもあります。

もちろん他にもいろいろありますけどね。

以上のようにサッカー以外の競技でも、勝負の駆け引きと言う点でマリーシアが根付いています。

それでは、どうして日本のサッカーにはマリーシアが定着しないのでしょう?

そこで、この点を詳しく解説します。

スポンサーリンク

4.マリーシアは日本サッカーに根付くのか?

ここでは、日本のサッカーに、本当の意味のマリーシアが根付くのかどうかという点で、次の3つについて解説します。

(1)マリーシアが根付かない理由
(2)日本人のサッカー観とマリーシア
(3)マリーシアが日本に根付くために

(1)マリーシアが普及しない理由

日本のサッカーにマリーシアが普及しない理由は、いろいろあります。

そうした点では、先ほど解説した他の競技と比べると分かりやすでしょう。

他の競技におけるマリーシアは、主に選手同士の駆け引きで使われますが、そうした際に特徴的なことが二つあります。

一つ目は個人競技に多いという点です。

個人競技は勝負を争うという点で、一対一の駆け引きが必要なことは分かりやすいと思います。

また野球の試合ではピッチャーとバッターという一対一の関係がほとんどなので、どちらかと言えば個人競技の心理戦に近いですね。

そうすると、やはり試合中の駆け引きが勝負の分かれ目になるというわけです。

ところがサッカーは、一対一の局面よりも多対多というプレーが多いですよね。

しかも試合の展開が早いので、瞬時の状況判断が必要です。

そうすると、野球のようにじっくり考えることが出来ません。

また日本人の大人しくて穏やかな気質からすると、速い動きの中で物事を考えるのは苦手かも知れません。

だから、マリーシアのような駆け引きがなかなか身に付かないのでしょう。

二つ目はかなり古くから日本で普及した競技に多いという点です。

先ほどの野球、格闘技、陸上競技などは歴史も古いことから、個々の競技が一つの文化として国民に根付いています。

そのため、駆け引きが当たり前のようになったのでしょう。

ところが、サッカーの場合は、ここ30年ほどで急激に人気が出たものの、一つの日本文化としては未だ定着していません。

そうすると、日本でマリーシアが根付かないのは当然なのだと思います。

したがって、日本にマリーシアが根付くためには、10年~20年単位の長い年数が必要なのかも知れません。

(2)日本人のサッカー観とマリーシア

① 日本人の誤解とフェアプレー

ブラジルではマリーシアが当たり前ですが、だからと言ってラフプレーはほとんどありません。

むしろ実際のプレーを見る限り、他の国よりもフェアプレーが多いのです。

その理由はサッカー王国として変な小細工は必要ないという、一種のプライドがあるからですね。

これは、相撲の横綱が平幕力士に胸を貸すというのとよく似ています。

その一方で、日本でもフェアプレーは推奨されており、ジュニア世代から広く指導されていますよね。

その際、日本ではフェアプレーとマリーシアは両立しないと考えられています。

その理由は、マリーシアはずるいプレーだから…という誤解があるからでしょう。

そもそもマリーシアの本当の意味は試合経験が豊富、駆け引きが上手い、したたかな試合運び、知的なプレーなどですよね。

ところが、日本ではどうしてもずる賢さを強調しがちです。

やはり、ずるさと言うのはマランダラージであって、本当のマリーシアではありません。

したがって、マリーシアとマランダージを区別して、誤解を改めない限り、本当のマリーシアは広まらないと思います。

② 日本人はマリーシアが下手

日本代表は、ロシアワールドカップの対ポーランド戦で、試合終了間際でパス回しを続けて批判されました。

でも、このプレーはルール内で行われたものであって、決して反則ではありません。

だからマランダラージではなく、むしろマリーシアなのです。

先ほど解説したように、日本人はマリーシアとマランダラージを混同していますし、フェアプレーと両立しないとさえ考えています。

しかも、国民のほとんどにサッカーが一つの文化として根付いていません。

そうすると選手たちにもマリーシアが定着していないので、一部の海外組を除いて正しい使い方が分からないのでしょう。

私が思うに、あれほどまでに批判された原因は、マリーシアの使い方が下手だったから…というよりも、知らなかったからだと思います。

もしもブラジル代表が同じ局面だったらどうしたと思いますか?

もっと上手くプレーしていたと思います。

そうした点では、日本がマリーシアの本当の意味を学ぶ必要があるのです。

(3)マリーシアが日本に根付くために

日本代表はこれまで8人の外国人監督が就任して、そのたびにマリーシアを教えようとしました。

でも、これは教えられて身に付くものではありません。

なぜならマリーシアは一つの文化であって、日本に野球人気が定着したように長い年月が必要だからです。

しかも、日本にはフェアプレーとの両立という大きな問題もあります。

そうした意味で、日本の選手が本当のマリーシアを理解するまでには長い時間がかかるでしょう。

私はマリーシアのことを、サッカーのテクニックや戦術を超えた次元にある大局的なものと考えています。

だからいくらサッカーの練習をしても、そう簡単には身に付かないと思います。

また2018年のロシアワールドカップの対ベルギー戦では、2対0から棺桶の蓋も閉められずに逆転負けしました。

さらにグループリーグのポーランド戦では、試合終了間際のパス回しで批判を受けています。

こうした経験はサッカーに必要な試合運びや駆け引きという点で、マリーシアを覚えるための絶好の機会ととらえるべきではないでしょうか?

そのためには、もっと多くの日本人が海外でプレーして経験を積んだり、代表チームの強化試合(特に海外遠征)を増やしたりした、本当のマリーシアを学ぶべきだと思うのです。

5.まとめ

これまで解説したとおり、日本では汚くてずるいプレーをマリーシアと誤解しがちですが、本当の意味は「試合経験が豊富」「駆け引きが上手い」「したたかな試合運び」「知的なプレー」などを指します。

また、日本のサッカーには本当のマリーシアは根付いていませんが、野球などの競技にはマリーシア本来の意味である駆け引きが良く使われています。

そうした点では、サッカーにも広まる余地はあるのです。

でも、日本にマリーシアが根付くためには長い時間と歴史が必要かも知れません。

そうであったとしても、ぜひ未来に向けて多くの子供たちが正しいマリーシアを学んでほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com