ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーで子供をやる気にさせるたった一つの方法とは?

うちの子はやる気がない…。練習もしない…。試合に出ても今一つ…。やる気を出すにはどうしたら良いのだろう…。

そんなふうにお悩みの親御さんは多いと思います。

でも、たった一つの方法で子供さんは変わります!

そこで今回は、子供をやる気にさせる方法、私が息子をやる気にさせた体験談などを解説します。

1.やる気にさせる方法

先ず「やる気」とは何なのか?その正体を明らかにして、そのうえでやる気にさせるためにはどうしたら良いのかを考えましょう。

ステップアップ方式で順を追って解説するので、ぜひ参考にしてください。

(1)やる気は単なる幻想

やる気を出すにはどうしたら良いのだろう?と思ってネットで調べると、いろいろな情報が出て来ますよね。

例えばよくありがちなのが、ポジティブに…、目標を立てる…、思考を変える…など、他にもいろいろあると思いますが、なかなか上手い解決法なんて見付からないと思います。

それもそのはずです

やる気があるとかないとかは、ヒトが作り出した単なる幻想的な感情でしかないのです。

もしかしてあなたは、やる気がないから何も行動しないのではないか…と思い込んでいませんか?

実は脳科学や心理学で考えると「ヒトは行動することによって、やる気が出る生き物」なのです。

つまり発想が逆で、やる気がないから行動しないではなく、行動しないからやる気が出ないということですね。

例えば、あなたが「今日の仕事はいろいろと大変そうだし、会社に行くのは嫌だなあ…。」と思っていたとしましょう。

ところが実際に仕事を始めてしまうと、何とか最後まで片付けてしまいますよね。

またお母さんが「今日も食事の用意をしたり、掃除や洗濯をするのは面倒だなあ…。」と思っても、結局、始めれば最後まで終わらせますよね。

この場合、会社に行って仕事をするのも、食事の支度や掃除洗濯をするのも、一つの「行動」です。

そして、こうした行動を最後まで続けるのは、後からやる気という感情が無意識のうちに湧いて出てきたからなのです。

つまり、やる気という感情は最初に出すものではなく、後から出て来るもの…というわけですね。

そもそもヒトは何らかの行動をしないと感情は生れません。

だから、行動が先、感情が後というのは、とても自然なことなのです。

例えばヒトの感情として、楽しいから笑う、悲しいから泣くと思われがちですが、これは反対です。

この場合、楽しいや悲しいは感情ですよね。

そうすると、笑うというのは口を開けてお腹を揺するという行動ですし、泣くのも同じで目から涙を流すという行動です。

だから、売れないお笑い芸人のギャグがすべって笑わなかったら、楽しくないでしょ(つまり笑うから楽しい)?

それに、感動の名場面を期待してドラマや映画を見て泣かなかったら、悲しくないでしょ(つまり泣くから悲しい)?

これと同じことなのです。

こうして考えるとやる気を出すためにはどうしたら良いのか?というと、答えは簡単で、最初のステップは「行動する」なのです。

スポンサーリンク

(2)行動の習慣化

先ほど、行動すればやる気という感情が後から出て来ると言いましたが、それでもなかなか難しい…とお考えになる方は多いでしょう。

なぜなら、自分のやる気の問題であったらそのまま解決の糸口になるでしょうが、子供さんという自分以外の人間に対することですからね。

それに子供さんが小学校低学年なら言うことを聞くでしょうが、高学年や中学生になると反抗的になって聞かなくなる場合もあるでしょう。

そうすると頭ごなしに「もっとやる気を出せ!」と叱って自主練を始めたとしても、それは嫌々やっているだけなので長続きはしないのです。

こうした勘違いは、子供のサッカーに対して熱い気持ちを持っているお父さんやお母さんが陥りがちなことだと思います。

そうすると次の動画のように、放っておくだけ…になるのかも知れません。

でも、それでは全く解決しません!

やはりどんな時でも、行動が先で、やる気が後、という基本の考え方は持ち続けましょう。

その際、大切なのが「行動を習慣化する!」ということです。

数年前のことですが、やる気スイッチ!というキャッチフレーズの塾が流行りましたよね。

これは、子供に「勉強する…」という行動を習慣化することで成績を上げるのが狙いです。

そのノウハウとしては塾の講師が子供に問題解決のヒントをたくさん出したりして、あの手この手で問題を解かせ、それにより達成感を持たせることで楽しくなり、やがて勉強が習慣化するというものです。

こうした行動の習慣化の手法は、引きこもりを社会復帰させる時にも利用されています。

例えば大人で引きこもりが続いた場合、先ずは近所に外出させる。その次はグループホームみたいなところに来させて仲間とコミュニケーションを取らせる。そして短時間のアルバイトをさせてみる。そのうえで就職させる…というようにステップアップしながら、その都度やる気という感情を生み出すのです。

こうした一連の流れは、全て行動を習慣化して社会復帰させるためのものです。

そうした意味では、行動を習慣化するのがやる気を出すための次のステップなのです。

ここでいったん流れを整理すると「行動を習慣化する⇒行動する⇒やる気が出る」となります。

そうすると次のステップは、行動を習慣化するためにはどうしたら良いのか?になりますが、ここから先は親御さんの出番になります。

そこで次に、この点を詳しく解説します。

この続きは下の四角のボタン「2」を押してください。