ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

運動神経が悪いからサッカーが下手?でも必ず良くなります!

私の息子は小1の冬休みからサッカーを始めましたが、足が遅い、動き出しも遅い、プレー中の反応が鈍いなど、いろいろな問題がありました。

その一方でメッシに憧れていたので、左利きの選手になりたいという想いがあったようです。

そこで、私が息子と二人三脚で左利きに変えるとともに、身体能力アップのためのいろいろなトレーニングを行って改善しました。

そこで、そうした経験を踏まえて、子供の運動神経は必ず良くなるという話をします。

1.運動神経を正しく理解する

運動神経を医学的に言うと、ヒトの内臓や筋肉などにいろいろな動きを指示する神経の総称(脳神経や脊髄神経など)です。

そうした意味では、運動神経という特定の神経は存在しません。

これに対して運動神経が良いとか悪いとか言われるものは、コーディネーション能力、SAQ能力、全身運動の能力などが欠けている…ということではないでしょうか?

そのため運動神経が悪い子は自分の思った通りに体が動かせないので、プレーが遅いとかサッカーの一つ一つのスキルが上手く出来ない…という状態が見られるのだと思います。

この場合のコーディネーション能力とは、定位、変換、連結、反応、識別、リズム、バランスという7つの能力を指します。

例えばサッカーの場合、定位能力は自分と相手との距離感や位置関係の把握などに関わってきます。変換能力は、トラップからドリブル・キックへのプレーの切り替え、味方や相手などの周りの状況に合わせた動きの正確さ(パスを受けるとかオフザボールなど)に必要とされています。

またSAQ能力とは、スピード(重心移動の速さ)、アジリティ(体の動きをコントロールする能力)、クイックネス (プレー中の反応と動き出しの能力)を指し、全身運動の能力は全身の骨格と筋肉をくまなく使ってパワーとスピードを発揮するスキルです。

こうした能力は生まれ付きというよりも、専門のトレーニングを積むことで後天的に身に付けるのは十分に可能です。

だから「うちの子は運動神経が悪くて…」と悩むお父さんやお母さんがいたとしても、きちんとしたトレーニングで補えば子供の運動神経は必ず改善するはずです。

要するに何とでもなるわけです。

スポンサーリンク

2.運動と記憶のメカニズム

子供の運動神経の善し悪しは、脳の記憶のメカニズムとも関係します。

話しを分かりやすくするために、あなたが最初に自転車に乗れた時のことを思い出してください。

その時、最初から上手く運転出来ましたか?

たぶん最初のうちは何度も転んでしまったと思いますが、そのうちだんだんと上手く乗れるようになったはずです。

その理由は何度も失敗を重ねながら、どうすれば上手く運転できるのかということをいろいろと学んだからではないでしょうか?

これは運動の場合も同じです。

つまりいろいろな運動を経験して、体の動かし方や使い方を脳が覚えた=記憶したということになります。

そうした意味では、ヒトはいろいろな運動体験を重ねない限り、運動能力はアップしないということですね。

その際、運動の記憶は短期記憶と長期記憶の2種類に分かれます。

短期記憶とは、数秒から数日で忘れてしまう一過性の記憶のことです。

例えば幼少期の外遊びであれば、追いかけっこ、鬼ごっこ、公園の遊具で遊ぶなど、いろいろありますよね。

でも、毎日のように続けないと意味がありませんよ。

なぜなら外遊びで学習した運動経験(体の動かし方)が、その場限りの短期記憶として終わってしまうからです。

そうすると毎日のように外遊びをした子は、こういう時はこういうふうに動けば良い…、という運動学習が長期記憶として脳神経にしっかり蓄えられますよね。

これは、脳の中で運動に関する新しい神経回路がたくさん作られて行くということにもなります。

その一方で、外遊びは幼少期の子供にとって万能な運動なので、コーディネーション能力、SAQ能力、全身運動の能力などが自然と身に付いてしまいます。

そうして成長した子供がサッカーを始めたとしたら、上手くなるのは当たり前ですよね。

なぜなら、基礎基本の運動能力という土台が出来上がっているので、自分の思い通りに体を動かせるため、いろいろなテクニックをすぐに覚えてしまうからです。

日本代表の久保選手の幼少期は、こんな感じで育ったらしいですよ。

そうすると、運動神経の悪い子の原因はどこにあると思いますか?

ここまで話せば想像が付きますよね。

つまり、基礎基本の運動能力が記憶の面で欠けているのです。

そこで次に、サッカーを始める前の運動学習の必要性について解説します。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。