ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

数的優位はサッカーの基本!戦術パターンを覚えよう

数的優位は、プロからジュニアまでの全てのカテゴリーで共通するサッカーの基本戦術です。

特に大切なのは、攻撃側は攻撃の選択肢を増やす、守備側は相手の攻撃の選択肢を減らすということです。

また、常にこの発想を持つことで、上のカテゴリーでの複雑な戦術にも対応できることから、育成年代の子供たちには、ぜひ身に付けてほしいですね。

そこで今回は、数的優位の基本(攻撃と守備)から練習方法までを詳しく解説します。

1.数的優位とは

数的優位とは、相手側よりも1人以上多い状態で有利にプレーしようという基本戦術で、この考え方は攻撃でも守備でも変わりません。

例えば、攻撃で一対一の場合は、ドリブルで相手を抜くという選択肢しかありませんよね。

また、ドリブルで突破する確率は成功か失敗かの50%になるので、必ずしも確実とは言えないでしょう。

ところが味方のもう一人がサポートに加わると、2対1になってパスも出来るようになるため、攻撃方法がもう一つ増えるのです。

そうすると確実に攻撃を続けられるので、試合を有利にコントロールできるわけですね。

攻撃の1対1と2対1

スポンサーリンク

次に、一対一での守備側の戦術を考えてみましょう。

この状況では、どんなに屈強なディフェンダーであったとしても、基本的にはドリブラーの方が有利です。

なぜならドリブラーがボールを動かす方向を自由に決められるため、守備側はどうしても後手に回りやすいからです。

また攻撃側が突破に成功する確率は50%ですが、だからと言って守備側が抜かれる確率も50%になりますよね。

だから、守備側が安易に飛び込んで抜かれると、ピンチになって失点に直結する危険性もあるわけです。

そこで守備側にもう一人加わって2対1になると、攻撃側は前進をあきらめて横パスやバックパスをするので、相手の攻撃を抑えられるのです(つまり攻撃の選択肢を減らす)。

攻撃の1対1と2対1

この場合、小学校低学年の試合であれば、数的優位とは無関係にドリブルで何人も抜いてゴールを決めることもあるでしょう。

ところが高学年になっても、こうしたプレーを続けると単に孤立するだけでボールを奪われることが多くなります。

その理由は、数的有利の考え方を理解していないことが最大の原因です。

そもそもサッカーは団体競技であって、一人でプレーするものではありません。

味方のサポートがあって初めて、攻撃と守備が成り立つのです。

そうした意味で、ジュニア年代の子供たちはなるべく早い時期から数的優位の考え方を理解しましょう。

そこで、次は数的優位を攻撃と守備の二つの局面に分けて、さらに詳しく解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。