ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

数的優位はサッカーの基本!戦術パターンを覚えよう

数的優位は、プロからジュニアまでの全てのカテゴリーで共通するサッカーの基本戦術です。

特に大切なのは攻撃側は攻撃の選択肢を増やす、守備側は相手の攻撃の選択肢を減らすということです。

そこで今回は、数的優位の基本(攻撃と守備)から練習方法までを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.数的優位とは

数的優位とは、相手側よりも1人以上多い状態で有利にプレーしようという基本戦術で、この考え方は攻撃でも守備でも変わりません。

例えば攻撃で一対一の場合は、ドリブルで相手を抜くという選択肢しかありませんよね。

またドリブルで突破する確率は成功か失敗かの50%になるので、必ずしも確実とは言えないでしょう。

ところが味方のもう一人がサポートに加わると、2対1になってパスも出来るようになるため、攻撃方法がもう一つ増えるのです。

そうすると確実に攻撃を続けられるので、試合を有利にコントロールできるわけですね。

次に、一対一での守備側の戦術を考えてみましょう。

この状況では、どんなに屈強なディフェンダーであったとしても、基本的にはドリブラーの方が有利です。

なぜならドリブラーがボールを動かす方向を自由に決められるため、守備側はどうしても後手に回りやすいからです。

また攻撃側が突破に成功する確率は50%ですが、だからと言って守備側が抜かれる確率も50%になりますよね。

だから、守備側が安易に飛び込んで抜かれると、ピンチになって失点に直結する危険性もあるわけです。

そこで守備側にもう一人加わって2対1になると、攻撃側は前進をあきらめて横パスやバックパスをするので、相手の攻撃を抑えられるのです(つまり攻撃の選択肢を減らす)。

この場合、小学校低学年の試合であれば、数的優位とは無関係にドリブルで何人も抜いてゴールを決めることもあるでしょう。

ところが高学年になっても、こうしたプレーを続けると単に孤立するだけでボールを奪われることが多くなります。

その理由は、数的有利の考え方を理解していないことが最大の原因です。

そもそもサッカーは団体競技であって、一人でプレーするものではありません。

味方のサポートがあって初めて、攻撃と守備が成り立つのです。

そうした意味で、ジュニア年代の子供たちはなるべく早い時期から数的優位の考え方を理解しましょう。

そこで、次は数的優位を攻撃と守備の二つの局面に分けて、さらに詳しく解説します。

2.攻撃の数的優位

(1)攻撃の基本

① 攻撃の選択肢を増やす

攻撃の数的優位の最小単位は2対1ですが、これだけでは攻撃の選択肢はドリブルかパスだけになります。

その際、ドリブルよりもパスの方が安全なのでよく使われますが、パスコースは1つだけになりますよね。

ところが、もう一人がサポートに入ると三角形(トライアングル)が出来るので、パスコースが2つに増えて攻撃が有利になります。

つまり2対1から3対1になることで、数的優位を活かして攻撃の選択肢がさらに広がるわけですね。

② 数的同数から数的優位へ

攻撃と守備が数的同数の2対2の場合、守備側のどちらか1人をターゲットにすれば、2対1を作ることが出来ます。

でも、3対1の数的優位のように相手を簡単に崩すのは難しいでしょう。

そうすると膠着状態になって、バックパスや横パスを使って、いったん攻撃を組み立て直す必要があります。

そうした場合、下図のCのように三人目の選手が加わって、Bがサポートとして移動すると三角形(トライアングル)が出来ます。

そうすると数的同数から数的優位へ変わって、攻撃の選択肢が増えるのです。

また、新たに四人目のDがサポートに入る方法もあります。

その場合、Bは直接攻撃に関わらないので、次のプレーを予測して次のスペースを見付けて移動するなどの動きが必要です。いわゆるオフザボールですね。

こうすることで、さらに次の局面でも数的優位を続けることが出来ます。

要するに、どんどん選択肢が増えるわけですね。

さらに、三人目のCとAでワンツーを使って突破する方法もあります。

この場合もBは直接攻撃に関わらないので、次の攻撃を予測して移動する必要があります。

また、CとAのワンツーが上手く行かない場合は、Aはその場に止まるか左に少し寄ってCのバックパスを受けても良いでしょう。

このように数的同数の場合は周囲の選手がサポートしたり、ワンツーを使うことで数的優位に変わるわけですね。

でも、基本の考え方は、攻撃の選択肢を増やすためにはどうしたら良いのか?という点も大切にしてください。

③ 3対2の数的優位

3対2は、数的優位の最小単位である2対1が2つ出来た状況なので、攻撃側にとっては、かなり有利です。

下図の場合であれば、AとBでXを狙うのか?BとCでYを狙うのか?というように、守備側の2人のどちらかをターゲットにすることで比較的簡単に突破できます。

この場合の一例としては、B→A→CがXをターゲットに三角形を作ってパスを繋げることが出来ます。

その際、パスを出すBとAは次の局面での数的優位を予測してスペースに移動することで、さらに攻撃の継続が可能になります。

これも次の攻撃の選択肢を増やすわけですね。

またBとAのワンツーも可能です。

その際、パスを出すAと攻撃に関わらないCは、次の攻撃を予測してスペースに移動する必要があります。

こうした3対2の数的優位は試合中でもよく起きるので、チーム練習の頻度を高くすると良いでしょう(練習方法は後述します)。

また、常に攻撃の選択肢を増やすという発想を持つことで、さらに状況判断が的確になります。

(2)数的不利から数的優位へ

① 2対1で局面を打開する

守備側と攻撃側が2対3のような数的不利でも、工夫しだいで数的優位を作り出すことが出来ます。

この局面では、パスの出し手のAと受け手のBが、守備側の三人(X、Y、Z)のうちのいずれか一人をターゲットにして突破することが可能です。

つまり、数的不利の状況でも、ピンポイントで数的優位を作れば突破出来てしまうわけですね。

実際の試合でも、こうしたプレーはゴール前でよく見られます。

特にストライカーは、こうした動きが得意ですよね。

もちろん中盤でボールを奪い合う状況でも、こうしたプレーを覚えると、数的不利の局面でも簡単に打開出来るようになります。

② サイドチェンジを使う

現代サッカーはコンパクトな守備をするので、すぐに相手に囲まれるなど、プレーのエリアが極端に狭くなっています。

こうした状況では数的不利になりやすいですが、その分だけ他のエリアでは相手が少ないです。

そこで、攻撃の選択肢を増やすために、他のエリアにボールを運んで数的優位を作りましょう。

そうした場合に有効なのがサイドチェンジです。

特にドリブルなどで相手を引き付けてから、サイドチェンジをするといっそう効果的ですね。

こうした戦術はオシムジャパンの頃によく使われましたが、逆サイドを走る日本人選手のスピードとアジリティーを活かしたプレーだと思います。

またサイドチェンジと似たプレーとして、ドリブルを使って意図的に相手に囲ませて(数的不利を作る)から、パスを出すのも効果的です。

これなら、サイドチェンジに必要なロングキックが苦手な子供たちでも、十分できるプレーだと思います。

ちなみに、FCバルセロナのメッシは、ドリブルでバイタルエリアに侵入して、わざと相手に囲ませてからラストパスを出すのが得意ですね。

(3)数的優位の注意点

① パスの受け手と出し手の関係

パスの受け手は、数的優位を作るためのサポートが重要ですが、その際に大切なことは、出し手の判断を迷わせないように動くことです。

そのためには、攻撃の選択肢を如何にして増やすのか?という発想を持って、次のプレーを素早く予測するなど、常に考え続けることが大切です。

またパスの出し手は、受け手の動きを活かすことを考えましょう。

そうすることで、パスの受け手と出し手の意思疎通が出来て、攻撃がスムーズになります。

② プレーのスピード

数的優位を続けるためには、プレーのスピードアップが求められます。

特にパスの速さは、相手の判断スピードを上回るという点で大切です。

これはFCバルセロナのチキタカを見れば分かる通り、守備側に考える暇を与えないということですね。

そうした意味では、強いパスや正確なワンタッチプレーを覚えましょう。

そもそも数的優位はチャンスなので、こうした局面では速い攻撃が有利です。

これにより数的優位が継続しますし、さらに攻撃を続けることが出来るのです。

③ カウンターを使う

日本では、パスを繋いでポゼッション率を高くするのが数的優位と考えがちですが、それだけではゴールに向かうスピードが遅くなります。

例えばザックジャパンの頃は、相手からボールを奪ってカウンターのチャンスが来たのにも関わらず、横パスやバックパスを使うことが多かったので、どうしても速い攻撃が出来ませんでした。

たぶんFCバルセロナのプレーを真似したつもりなのでしょうが、そもそもカウンターが狙える局面は数的優位を簡単に作り出せますし、絶好の得点チャンスなので速く攻撃するべきです。

またFCバルセロナはチキタカだけではなく、カウンターもよく狙います。

そうした点ではカウンターも数的優位の有効な戦術の一つとして、きちんと理解しましょう。

④ ドリブルを使う

パスだけでは、数的優位は続いても、意外とこう着状態になりやすいです。

そうした局面を打開するためには、ドリブルを使った攻撃も必要です。

この場合、先ほどの②サイドチェンジの箇所で解説したとおり、ドリブルで相手を引き付けて意図的に数的不利を作ってからパスを出すことも考えましょう。

そうすることで、スペースでパス受けた味方選手は、数的優位の状況でボールを持つことが出来ます。

もちろん相手陣内において、仮に失敗したとしても直ぐにピンチにならないのであれば、ドリブル突破にチャレンジしても良いでしょう。

そうした意味では、試合中は数的優位にとらわれないという判断も必要です。

さて次は、守備の数的優位について解説します。

3.守備の数的優位

(1)守備の基本

守備の数的優位は攻撃の場合と同じように、相手側よりも1人以上多い状態でプレーすることが重要です。

特に大切なのは、数的不利や一対一を作らないことです。

これは、相手の攻撃の選択肢を減らすことにも繋がります。

ところが、攻撃側が最低2人いれば守備側が絶対的に有利な状況であっても、2対1の数的優位で突破されてしまう可能性がありますよね(2対3→2対1になるパターン)。

そうした意味で守備側は、どのような状況でも予断を許さないわけです。

だからこそ数的不利や一対一にならないよう、常に数的優位を作るという意識が必要なのです。

もちろん、数的不利や一対一になってしまった場合は、安易にボールを奪わず、相手の攻撃を遅らせて味方の戻りを待つのも大切です(詳細は後述します)。

(2)数的優位での守備

① 攻撃側の選択肢を減らす

守備側が数的優位になっている場合、攻撃側はボールを前に進めることが出来ないので、この状況を活かして相手の攻撃を封じましょう。

その時に大切なのは、攻撃側の選択肢を減らすという考え方です。

例えば、中央での3対1であれば前と左右からプレスをかければ、攻撃側はバックパスしか出来ません。

また、サイドの3対1であれば三方向から挟むとボールを奪うことも出来るでしょう。

でも、実際にはいつもこのように上手く行くとは限りません。

そこで大切なのは、数的優位を作って攻撃側のプレーの選択肢を減らしたうえでボールを奪うことです。

例えば中央のエリアであれば、2対1でプレスをかけると攻撃側の選択肢は横パスかバックパスになります(バックパスをしたら組み立て直すのを待つか、さらにプレスを掛ければ良い)。

その場合、横パスを出したところを狙ってボールを奪うことも出来ますよね。

こうした戦術は、サイドの場合も同様の考え方が出来ます。

例えば、2対1で前後から挟むと攻撃側の選択肢は横パスだけになります。

したがって、苦し紛れに出した横パスを狙ってボールを奪うわけです。

実際の試合でも、このようにしてボールを奪われるシーンは多いですよね。

特に強いチームの特徴は、このような組織的な守備がきちんと出来ています。

② サイドチェンジやロングキックへの対応

守備側の数的優位を活かした戦術が上手く行くと、攻撃側は選択肢がほとんどなくなって、中央もサイドも攻めきれなくなります。

そうすると局面を打開するため、前方にロングキックを蹴ったりサイドチェンジを狙うことがあります。

その場合、守備側はあらかじめこうしたプレーを予測することも重要です。

つまり守備側の的確なポジショニングによって、攻撃側の数的優位になり得る局面を事前に阻止するわけですね。

実際の試合でも、こうした苦し紛れのサイドチェンジやロングキックは多いですが、常にそうとは限りません。

例えば攻撃側のサイドハーフの走力を活かすため、わざと守備側に数的優位を作らせた後で、守備の手薄なエリアへのサイドチェンジやロングキックを狙うケースもよくあります。

こうした場合に備えて、守備側はあらかじめいろいろな可能性を予測することが大切です(攻撃側の選択肢を予測する)。

そうすることで的確な状況判断とポジショニングが出来るわけですね。

(3)数的不利と一対一の守備

守備側が数的不利や一対一になった場合は、どちらも時間を稼いで味方の戻りを待つ必要があります。

この場合に明らかな数的不利であれば、必ず相手の攻撃を遅らせることを優先しましょう。

ただし、一対一の場合は常に攻撃を遅らせれば良いというわけではありません。

例えば、一対一がゴール前で出来た場合と、相手陣内で出来た場合では、ピンチの度合いが全く違います。

そうした状況を考えれば、常に遅らせるという考えは正しくありません。

特に相手陣内の一対一であれば、積極的にプレスをかけてボールを奪うようにしましょう。

ちなみに、ハイプレスはこうした発想に基づく守備戦術で、相手陣内にボールがある限りプレスをかけ続けた方が良いという考え方があります。

これとは別に、サイドなどで局所的な一対一になったとしても、守備陣形が整っていれば全体的には数的優位が出来ています。

そうした場合は、積極的にボールを奪いに行っても良いでしょう。

なぜなら、抜かれたとしても数的優位は変わりませんし、直ちにピンチになるわけではないからです。

特に日本では、数的優位の状況であってもボールを奪う意識が乏しく、相手のパスコースを切ることを優先します。

その理由は、一対一の守備では相手の動きを遅らせるというディレイ戦術を重視するからです。

これに対して海外の代表的なDFである、ジェラール・ピケやセルヒオ・ラモスは、数的優位の場合は必ずと言って良いほどボールを奪いに来ます。

そうした意味で、日本では育成年代での数的優位の守備の指導を見直す必要があると思います。

さて次は、数的優位の練習方法について解説します。

スポンサーリンク

4.数的優位の練習方法

ここでは、数的優位の考え方を習得するための練習について解説します。

(1)鳥カゴ

数的優位を攻撃に活かすため、ロンド(鳥かご)のような練習メニューはどこの少年団でもクラブでも行っていると思います。

この場合、なるべく守備者を1人だけではなく2人にしましょう(例:4対2)。

その理由は2つあります。

一つ目は攻撃の際、守備者が1人(例:4対1、3対1)だけでは、ジュニア年代の子供たちにとってはパスを繋ぐことだけが練習の目的になってしまうからです(攻撃の練習にしかならない)。

二つ目は守備の際、守備者が2人であればお互いに協力してプレスとカバーリングという組織戦術の基本が覚えられるからです(守備も練習できる)。

そうした意味で、ぜひ守備者を2人にしましょう。

次の動画は4対2ですが、この状況であれば攻撃と守備の両方で数的優位の活かし方が覚えられます。

攻撃の場合であれば、パスコースは数的優位を活かした、縦、右、左の3通りになりますよね。

最も望ましいのは、守備者2人の間を抜く、前方(ゴール方向)への縦パスです。

ところが、縦のパスコースが切られた場合は、右か左だけになりますよね。

だからと言って攻撃が続けられないわけではなく、数的優位は4対2から3対2に変わっただけなので、右か左へパスを迂回させればゴール方向にボールを進めることが出来ます。

つまり、攻撃の選択肢が少なくなったとしても、数的優位は続いているので、後は一瞬の状況判断で攻撃を続けられるわけです。

でも本当に大切なのは、試合中を想定して一気にチャンスを広げるという意味で、やはり縦パスをいつ出せるかということですね。

これに対して守備側は、攻撃側の選択肢を少なくさせる(絞られる)ことで、ボールを奪えます。

例えば、右と縦のパスコースが切られたら、左しかありません。

特に、守備者(A)のポジショニングが絶妙ですね。

結局、左にパスを出させてボールを奪うわけです。

この守備は、先ほど解説した苦し紛れの横パスを奪う戦術に似ていませんか?

特に大切なのが、攻撃側の選択肢を減らして追い込むということですよね。

実は、こうした守備戦術は、4対2の鳥かごを徹底的に練習すると覚えられるのです。

ところが、日本ではこのような守備戦術が意外とおざなりです。

特に育成年代の場合は、守備者の2人を単なる「鬼」とするだけですが、ボールの奪い方もきちんと徹底させた方が良いでしょう。

ちなみに、このような4対2の鳥かごは、5対2でも6対2でも同じ考え方であって、さらに進化させるとFCバルセロナのような8対2になるわけです。

バルサの鳥かごも、やはり考え方は全く同じで、攻撃の場合のパスコースは縦、右、左の3通りのうちの1つを選んでパスを繋ぎます。

また守備では、いかに守備者の2人が攻撃側の選択肢を少なくさせて、ボールを奪うのか?ということですね。

そうした意味で鳥かごを練習する場合は、数的優位を攻守ともに覚えさせるという点で、なるべく2人の守備者を入れる練習の方が望ましいと思います。

さて次は、オシムジャパンの頃によくやっていた数的優位のライン越えの練習方法について解説します。

(2)数的優位のライン越え

サッカーの試合中に起きやすい数的優位で、意外と多いのが3対2です。

この場合の崩し方はいかに2対1を作るのか?ということですね。

例えば下図のように3対2の局面では、一方で1対1を作れば反対側では必ず2対1になります。

その場合の動き方のパターンは何通りもありますが、最も大切なことは攻撃を速くすることです。

なぜなら数的優位は一時的なものですし、もしも攻撃が遅かったら守備側が戻ってしまい、せっかくのチャンスが消えてしまうからです。

そのためにはムダなパスを何度も出すのではなく、出来る限り手数の少ない方法で速く突破するべきでしょう。

次の動画はオシムジャパンでの、2対2+フリーマン2人のライン越えのトレーニングです。

3対2とは練習方法が異なりますが、数的優位の活かした方は変わりません。

この動画で特に注目していただきたいのは、1対1でドリブルすると、相手は攻撃を遅らせるために簡単には飛び込めないということです。

そうした状況を利用して、攻撃側は逆サイドで2対1を作れるので、そちら側にパスをすれば簡単に突破してしまうわけですね。

こうした考え方は、ジュニア年代で多い3対3のトレーニングにも応用できます。

この場合の動き方もいくつかありますが、やはりいかにして2対1を作るのか?ということが大切です。

そのためには、1対2の数的不利を意図的に作り出す必要があります。

例えば、1対1でドリブルすると、守備側はボールを奪うために2対1の数的優位を作ろうとしますよね(攻撃側にとっては1対2の数的不利になる)。

そうすると、攻撃側は逆サイドで2対1を作れるので、そちらにパスをすれば簡単に突破してしまうわけです。

意外と簡単だと思いませんか?

プロの試合でも、こんなことでチャンスを作り出すのです。

つまり、どうしたら突破できるのか?という予測(一方で数的不利が出来れば、他方は数的優位になる)が簡単に出来るようになるわけですね。

また、先ほどの動画の冒頭ではオシムが「固まるな!」「広がれ!」と注意しています。

その理由は、攻撃ではプレーエリアを広く使うということですね。

そうすると、その反対に守備側は、相手の陣形を狭く追い込んで攻撃を封じるという逆の考え方が覚えられるのです。

つまりこのトレーニングを繰り返すことで、攻撃側も守備側も数的優位での戦術思考が習得できるわけですね。

ここで、数的優位のライン越えで重要な点をまとめますと、

① 攻撃を速くする
② 一方で数的不利が出来れば、他方は数的優位になる
③ 攻撃側はプレーエリアを広く使う
④ 守備側は相手の陣形を狭く追い込む

以上の点を覚えましょう。

そうすることによって、数的同数(例:3対3)の局面でも、相手をいかに崩して数的優位の2対1を作るのか?という状況判断が身に付くのではないかと思います。

5.まとめ

これまで数的優位の基本的な考え方、攻撃と守備での活かし方などを解説しました。

こうした数的優位の考え方はプロからジュニアまで変わりませんし、基本を理解すれば意外と簡単なのです。

特に大切な考え方は、攻撃側は攻撃の選択肢を増やす、守備側は相手の攻撃の選択肢を減らすということでしたよね。

これによって状況判断の能力も身に付くのです。

また育成年代の練習として、4対2の鳥かごや、3対2のライン越えなどの数的優位の状況を想定したトレーニングをたくさんするべきだと思います。

これにより攻撃と守備の数的優位を活かした基本戦術を習得させることが出来るのです。

さらにこうした考え方を応用することで、数的同数や数的不利の局面でも十分に活かせるわけですね。

私としては、ぜひ多くの子供たちがこうした数的優位の戦術を正しく覚えてほしいと考えています。

【画像引用:Youtube.com