ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?

サッカーの一対一で、簡単に抜かれてしまう子供は多いですよね。

でも相手が抜こうとする時、ドリブラーは「ある」特徴的な動作をします。

だから、これをいち早く見破れば、一対一で必ず勝てるようになるのです。

そこで今回は、一対一の守備でボールを奪うための方法を解説します。

1.攻撃側の動きを理解する

(1)相手はどのように抜こうとするのか?

一対一の守備で抜かれてしまう子供は、どうしたら相手を止められるのか?どうすればボールを奪えるのか?という「手段」を先に考えると思います。

でも、その考え方は間違っているので、今すぐ変えましょう。

孫子の兵法に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず(かれをしり おのれをしれば ひゃくせんあやうからず)」という言葉があります。

これはスポーツも同じで、敵の実力や作戦を知れば、どのように戦えば良いのかが分かる…ということですね。

つまり、相手を止める方法とかボールの奪い方を考える前に、ドリブラーがどのようにして抜こうとするのか?という「仕組み」をきちんと理解しないと一対一では勝てないのです(つまり敵の実力や作戦を把握するということ)。

例えば、あなたはドリブラーの抜き方の種類は大きく分けて二つしかないこと、ドリブルはあまりスピードを出せないこと、相手が抜く時の特徴的な動作などを、きちんと理解していますか?

実は、ジェラールピケ(FCバルセロナ)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、ファンダイク(リバプールFC)などは、幼少期に攻撃的なポジションを経験したことで、ドリブラーが抜く時の特徴を覚えたのです。

だから、今でも世界的なディフェンダーとして活躍しているわけですね。

もしも、あなたが、ドリブラーの抜き方という「仕組み」を、きちんと理解していないのであれば、先ずはここから覚えましょう。

そのうえで、後述する「ボールの奪い方」を練習してください。

スポンサーリンク

(1)ドリブラーの抜き方

一対一の時のドリブラーの抜き方は、大きく分けて先に動くか?後で動くか?の2つだけです。

①先に動く→ドリブラーが先に動いて抜く
②後から動く→守備側が足を出したところを抜く

そこで、これらの動きを順に解説します。

①先に動く→ドリブラーが先に動いて抜く

ドリブラーが先に動く抜き方は、さらに、A.フェイントを使わない場合とB.フェイントを使う場合の2つに分かれます。

A.フェイントを使わない場合

フェイントを使わないで抜くのは、次の動画の高校生のドリブルのように、最初からポールの進む方向を決めているようなものです。

小学生の場合も、同じように抜こうとするケースが多いですよね。

この場合はお互いの競争になるだけなので、ドリブラーの足が速ければ上手くいくでしょう。

でも守備側にとって、相手が抜こうとする方向が分かるので、後は追いかけるだけですよね。

足の速いディフェンスであれば、かえって守備はやり易いでしょう。

もしも子供さんの足が遅いようであれば、次の記事を読んで練習すれば必ず速くなりますよ。
足が速くなる練習方法!小学二年生が三ヶ月で学年トップ?
サッカーの走り方!正しいのはピッチ走法とナンバ走法の融合?

なお、浮き技のシャペウは、ボールが落ちてくれば、後は相手との競争になります。

そうした意味では、フェイントを使わない抜き方とほとんど変わりません。

だから、同じように後は追いかけるだけですね。

いずれにしても、相手がフェイントを使わないで抜こうとしたら、右に行くのか?左に行くのか?が、すぐ分かるので後は追いかけてボールを奪えば良いだけです。

なお、ボールの奪い方は後述します。

さて次は、B.フェイントを使う場合を解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。