ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?

B.フェイントを使う場合

相手がフェイントを使った場合は、相手のモーションに騙されることがありますよね。

ところが、どのようなフェイントでも、ある一点の特徴に注意すれば、右に行くのか?左に行くのか?簡単に見破ることが出来ます。

例えば、小学生に人気のあるダブルタッチのフェイントであっても、この特徴は変わりません(詳細は後述します)。

もちろんダブルタッチ以外にも、シザースやマシューズなど、いろいろなフェイントがありますが、やはり、ある一点の特徴に注目すれば抜かれることはなくなります。

ちなみに犬を飼っている方なら分かると思いますが、犬と一対一をするとフェイントは通用しません。

その理由は、犬がボールしか見ないからです。実は、これも一対一で勝つためのヒントになります。

もったいぶるつもりはありませんが、詳しいことは後述します。

なお、この他に股抜きなどもありますが、この場合は守備側が半身になれば防げるので詳しいことは割愛します。

さて次は、②後で動く→守備側が足を出したところを抜く場合を解説します。

スポンサーリンク

②後から動く→守備側が足を出したところを抜く

一対一で抜かれるパターンで最も多いのが、守備側が足を出してしまうケースです。

次の画像からも分かる通り、足を出すといったん動きが止まるので、直ぐに反転して追いかけることさえ出来ません。

しかも、守備側が足を出すのを意図的に狙って抜く場合もあります。

例えば、次の動画は私と息子「とも」の一対一の様子ですが、「とも」の抜き方は私が足を出した瞬間を狙っています。

「とも」は相手を抜く時に向かって行くスタイルなので、どんどん間合いが詰まって来るため、ディフェンスとしてはボールを奪おうとして、どうしても足を出したくなりますよね。

その時に守備側のヒザの動きを見て、足を出す瞬間を見抜いて抜くわけです。

どうして「とも」がヒザの動きを見るのか?というと、ヒトが足を動かす時は、常にヒザが最初に動くからです。

このように、相手のヒザが先に動くのを見て抜くのは、まるで後出しジャンケンですね。

実はこうしたドリブラーの特性には、守備側が一対一で勝つためのヒントが隠されています(詳しいことは後述します)。

以上が大まかな抜き方ですが、次はドリブラーが抜く時の動作の特徴を詳しく解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「3」を押してください。