ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?

(2)相手が抜く時の特徴

① ドリブルで抜く時のスピード

守備側がドリブラーに抜かれて追いかける時は、相手はそれほど速くドリブル出来ません。

その理由は、ドリブルのタッチを見るとよく分かります。

次の画像のドリブルは、走る途中でボールタッチしていますよね。

実はタッチをする瞬間にボールの動きに合わせるため、どうしても走るスピードが落ちてしまうのです。

だからドリブルをしている時は、ふつうに走るスピードよりも遅くなってしまうわけですね。

そうするとドリブラーと並走した時は、ディフェンスの方が有利なので、僅かな差であれば追い付くことが出来ます。

実はこうした特性は、どのようなドリブラーでも同じで、ふつうに走るよりもドリブルの方が速い…というのはあり得ないのです。

スポンサーリンク

そうは言っても、ほとんどの子供は相手に抜かれると「もうダメだ…」とあきらめてしまいますよね。

でも、相手は守備側との間合いの分(1m程度)だけ長い距離を走って抜かなくてならない…という、もう一つの不利な条件もあります。

だから、ディフェンス側にとって、実は有利な点がたくさんあるのです。

したがって、守備側は相手が抜く瞬間の動きをいち早く察知して、右に行くのか?左に行くのか?が分かれば、直ぐに振り返ってボールを奪うチャンスがあるわけですね。

そこで次に、相手が抜く時の特徴的な動作について解説します。

これが分かれば、あなたも一対一で抜かれなくなるので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「4」を押してください。