ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?

2.ボールの奪い方

(1)間合いを保持

お互いに正対した時は、下図の①のように、必ず一定の間合いを保持しましょう。

その理由は、距離を詰め過ぎるとドリブラーの動き出し(蹴る方の後ろ足のヒザの向き)が分からなくなるからです。

また、この時に相手が向かってきた時は、半身の姿勢で間合いを維持しながら少しずつ下がり、抜く瞬間の動き出し(後ろ足のヒザの向き)を待ちましょう。

この時、ドリブラーが抜く時の後ろ足のヒザに着目して、ボディフェイントなどに騙されないようにしてください。もちろん安易に足を出してはいけません。

先ほど、犬にはフェイントが効かないと解説しましたが、これと同じで相手の上半身の動きは無視するくらいがちょうど良いのです。

また相手がアウトのフェイントとダブルタッチを組み合わせるような、複雑な抜き方をしようとする場合もあります。

その場合でも、次の画像では地面を蹴る方の足のヒザ(右足)に着目すると、アウトで突破する方向(左側)には向いていませんよね。

この状態をきちんと見極めれば、フェイントに惑わされることはなくなります。

また同じようなフェイントで、メッシが抜こうとするシーンを見ても、やはり地面を蹴る方の足(右足のヒザ)は、フェイントする方向(左側)にはハッキリと向いていませんよね。

だから、左側には突破しないということで、単なるフェイントでしかないのです。

この他にも、いろいろと複雑なフェイントもありますが、基本的な考え方は変わらないので、地面を蹴る方の足のヒザの向きに集中してください。

ところが、頭では分かっていても、実際に相手と正対すると、どうしても足を出す癖が直らない子供も多いでしょう。

スポンサーリンク

その場合は、次の要領で「後出しジャンケンゲーム」の守備側を体験させてください(下の画像であれば私がいる方)。

練習の手順は次のとおりです。

(ア)相手と向き合う。
(イ)相手の膝の動きを確認する。
(ウ)ボールを動かす。
※お父さんかお母さんがドリブラーになって、子供さんを守備側にさせてください。




この練習は、本来であれば子供さんがドリブラー役になりますが、一対一の守備側を体験させることで、足を出すと簡単に抜かれてしまう!という意識を持たせる狙いがあります。

やはり、いくら「足を出すな!」と言っても、実際の試合では簡単には直りませんし、プロでも簡単に足を出して抜かれることが多いです。

そうした意味でも、やはり経験させるのがいちばんだと思います。

また、次の動画の一対一ゲームを練習する時に、お父さんがドリブラーで子供が守備側になるのも良いでしょう。

その時は、抜く瞬間の動き出しの特性(地面を蹴る方の後ろ足のヒザの向き)を覚えさせましょう。

※後出しじゃんけんゲームや一対一ゲームを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ドリブルが本当に上手くなる練習方法とは?即効・対人メニュー!

ダブルタッチについては、次の記事をお読みください。
ダブルタッチの2つのやり方!メッシとイニエスタの特徴とは?

さて、次は相手が抜いた時の対応方法として、(2)体幹ひねり(反転)について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「6」を押してください。