ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害!

サッカーで体が開くと、ドリブル、キック、トラップなど全てのプレーで力を発揮できません。

そのため、野球、ゴルフ、格闘技など、ほぼすべてのスポーツでも体の開きを抑えています。

だから、サッカーの練習においても、体の開きを抑えるための正しいトレーニングが必要です。

ところが、日本の育成年代の指導者たちは両足練習ばかりやらせているので、ほんどの子供たちの体が開いています。

これでは、優秀な選手は育たないでしょう。

そこで今回は、サッカーで体が開くとは何か?体が開くとどのような問題があるのか?体の開きを抑えるための練習法などについて解説します。

1.体が開くとはどういうことか?

(1)体が開いた状態とは

体が開くとは、両足を揃えて左右の胸とお腹が正面を向いた状態で、簡単に言えばふつうに立った姿勢を指します。

また、体が開かないとは、体の左右どちらか一方を前に出し、もう一方を下げるという状態で、いわゆる「半身」の姿勢(体を斜めにする)です。

この場合、日常生活で立ったり、座ったり、歩いたりする時に半身の姿勢を取らない限り、その全てが体が開いた状態になります。

だからと言って、特に不自由を感じるわけではありません。

その理由は、体が開いていた方が楽ですし、疲れないからです。

つまり、体が開いた状態は、日常生活を営む上でとても好都合な姿勢ということですね。

ところが、この状態ではサッカーなどのスポーツには向きません。

その理由は大きく分けて3つあります。

① パワーが集中できない。
② 体の軸が不安定。
③ 上半身が使えない。

つまりサッカーなどのスポーツでは、半身を維持するなど、日常生活とは全く違った姿勢が必要なのです。

この場合、私の息子「とも」は利き足でボールを持ち、常に半身の姿勢を維持するので体が開きません。

例えばドリブルで、体が開く人(私)と開いていない人(とも)が対峙する時はアルファベットの「T」の字になりますが、これは「股抜きのタイミングは2つだけ!必ず効果が出る練習法とは?」の記事で解説した姿勢そのものですね。

「T」の字のドリブル姿勢

要するに、体の開きを抑えた姿勢を取り続けないと、①パワーが集中できない。②体の軸が不安定。③上半身が使えないため、十分なパフォーマンスが発揮できないわけですね。

それでは次に、こうした体が開いた場合の3つの弊害について、順に解説します。

スポンサーリンク

(2)体が開いた場合の弊害

①パワーが集中出来ない

ここではパワーを集中する意味、体が開いた場合の弊害について、順に解説します。

A.パワーを集中するとは

体の開きを抑えると、全身のパワーが一点に集中出来るので、素早い動きが出来ます。

また、こうした考え方は、どのようなスポーツでも基本とされ、物理の分野でも常識です。

例えばカナヅチで釘を正確に打つためには、カナヅチを垂直に振りおろしますよね。

この時、垂直に叩くのは、釘の頭にカナヅチのパワーを一点集中させることで、非力な子供でもきちんと釘を打ち込めるのです。

その反対にカナヅチを斜めに叩いたら、パワーが一点に集中出来ないので、釘を真っ直ぐ打てずに曲がってしまいます。

 

サッカーのプレーも、これと全く同じで、ドリブルやキックなどで体が開かない状態の方がパワーを一点に集中出来るのです。

ドリブルとキックでパワーを一点集中する意味の説明

B.パワーが集中できないとは

体が開いた姿勢では、パワーの一点集中は出来ません。

なぜなら、体が開くと100の力を一点に集中するのではなく、右半身と左半身に50ずつ分散してしまうからです。

体が開いた姿勢でパワーが分散する意味の説明

そうすると、素早い動きは出来ません。

例えば次の動画のようなドリブルは、ヒトがふつうに立っている姿勢とほとんど変わりませんし、体の左右どちらかの一方を前に出し、もう一方を下げるという「半身」ではないですよね。

そうすると体が開いているので、パワーの一点集中が出来きないため、スピードも出せないのです。

あなたは、このようなドリブルを見て、現代の速いサッカーに通用すると思いますか?

実は、日本の育成年代の指導者たちは、これと同じような両足練習ばかりやらせているので、多くの子供たちの体が開いています。

だから、こうしたパフォーマンスをいくら練習しても、サッカーの試合ではほとんど役に立たないのです。

さて次は、体の開きと軸の強さについて詳しく解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。