ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

オスグッドで悩むサッカー少年を救え!3つの改善法とは?

【オスグッドの3つの改善法(予防法)】

ここでは、オスグッドの改善法について、次の3つを解説します。

(1)ストレッチ
(2)大腿四頭筋の負担を減らす
(3)身体操作の改善

特にオスグッドを再発する場合の多くは、「(1)ストレッチ(マッサージも含む)」だけで治療を終えてしまうからです。

これに対して、「(2)大腿四頭筋の負担を減らす」のを覚えることで、海外の子供たちと同じような体の動きが身に付くので、再発のリスクも少なくなり、小学生年代にとっては予防の効果もあります。

さらに、「(3)身体操作の改善」を身に付けることで、将来的には海外の選手たちと同様な身体能力の高い選手へ成長するわけですね。

そうした意味でも、オスグッドで悩むのではなく、これをきっかけとして優秀な選手になる良い機会であるとポジティブに考えましょう。

(1)ストレッチ

①オスグッドを発症した時

この場合、ふつうは大腿四頭筋のストレッチだけを考えがちですが、マッサージと併用することで早い回復が見込めます。

そこで、ストレッチとマッサージのやり方について解説します。

ストレッチ

オスグッドを発症した時は緊急性が高いので、次の動画を参考に先ずは大腿四頭筋と腸腰筋をしっかりストレッチしましょう(病院や接骨院等でアドバイスされているのであれば、そちらを優先してください)。

特に、この二つの筋肉は連動性が高く体を動かすうえで密接な関係があります。

ところが、日本人はふだん腸腰筋を使っていないため、硬くなりやすいことから、特に注意してください。

ストレッチの際は、入浴後の筋肉が暖かい状態の時が効果的です。

また、痛くない方の足は、痛い方の足をかばうため、筋肉が硬くなっている(無意識に力が入って緊張している)はずなので、必ず左右両方の足をやりましょう。

ただし、両足ともオスグッドを発症している場合は、先ずは安静と後述のマッサージをして痛みを取ることから始めてください。

マッサージ

マッサージは患部の血行を良くしたり、筋肉の緊張をほぐすという効果があります。

また痛みの早期改善も含めて、次の動画を参考にぜひお父さんやお母さんがやってあげてください。

もちろんストレッチとの併用が効果的です。

②筋肉の伸張反射に活かす

ここでのストレッチは、オスグッドが治った後の再発防止や予防という目的がありますが、それ以外にも筋肉の伸張反射やバネ作用を促すという意味もあります。

特にサッカーのプレーでは、体の前後の筋肉を使った伸張反射(詳細は後述します)が効果的なので、この部分を集中的に伸ばすようにしてください。

また、次のストレッチは必要最低限のメニューなので毎日やるようにしましょう。

体の前側の筋肉

腸腰筋、大腿四頭筋、前脛骨筋、大胸筋、腸腰筋、大腿四頭筋、前脛骨筋

体の後ろ側の筋肉

背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎ

スポンサーリンク

さて次は、オスグッドの3つの改善法(予防法)の2つ目である「(2)大腿四頭筋の負担を減らす」について解説します。

この続きは下の四角のボタン「4」を押してください。