ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

アウトサイドの浮き球トラップのやり方と練習法!

【練習法】

アウトサイドの浮き球トラップを練習するためには、クッションコントロールのやり方を理解しておく必要があります。

そこで先ずはクッションコントロールをきちんと覚えたうえで、次の練習を始めてください。

(1)基本練習

A.リフティング

インステップ→アウト

先ずはインステップ→アウト→インステップ→アウト…というリフティングを繰り返してください。

特にアウト⇒インステップに戻す…というボールコントロールをイメージしてやりましょう。

またアウトのどこを使っても構わないので、なるべくアウトサイドを使う…という感覚を身に付けてください。

リフティングからトラップへ

次にインステップで蹴り上げた後に、アウトサイド、小指、小指の付け根、くるぶしの下、かかとの外側などに、それぞれボールを当ててそのまま地面に落としてください。

これがアウトの浮き球トラップの初歩的な動作になります。

また、なるべくボールを体の近くに落とした方が良いのですが、目安としては最初のうちは半径1m以内としてください。

この場合、失敗してボールが遠くに跳ねてしまったとしても気にしないでください。

とにかくアウトサイド、小指、小指の付け根、くるぶしの下、かかとの外側など、当てる場所の力加減や足の角度、足の高さなどをいろいろと調節してコツを掴みましょう。

この点は大人があまり口出しせずに、子供に自分なりの感覚を覚えさせた方が良いと思います。

トラップからターン

トラップからターンを練習する場合は、最初にアウトサイドのウェッジコントロールを覚えてください。

次にインステップでボールを蹴り上げて、落ちてきたところをウェッジコントロールのようにターンしてみてください。

ただしボールが地面に落ちる前にタッチしてください。

この場合もアウトサイド、小指、小指の付け根、くるぶしの下、かかとの外側など、いろいろな場所に当てながらターンできるようにしましょう。

B.体幹、軸足、足首と足指の強化

アウトサイドのトラップは片足立ちでやることも多いので、ちょんちょんリフティングで体幹と軸足を鍛えて安定させてください。

また地面をきちんグリップするために、足首と足指の強化も必要です。

(2)応用練習

A.高いボールを止める

先ほどの(1)が出来るようになったら、頭上2m以上の高さに蹴り上げてからアウトサイドの浮き球トラップを練習してください。

また徐々にボールの高さを上げるようにしましょう。

B.コンビネーションリフティング

試合中、トラップはいつもフリーで出来るというわけではありません。

しかも相手がプレスに来た時は、シャペウの要領でもう一度ボールを浮かせるなどで、その場を切り抜ける必要があります。

例えば次の動画はふつうの胸トラップの様子ですが、トラップの後にもう一度インステップを使ってボールを浮かせて相手をかわしていますよね。

そこで、次のようにインステップ、太もも、頭、胸、インサイド、アウトサイドなどを使ったコンビネーションリフティングを繰り返してください。

そうすることで相手のプレスをかわすスキルが自然と身に付きます。

また慣れて来たら、インステップで前後左右3~4m四方にボールを蹴って動きを大きくすると、より実戦的な練習になります。

空間認識能力も身に付くので、浮き球の扱いがとても上手くなりますよ。

C.向かって来るボールを止める

二人一組になって向かい合い、一人が5m程度の距離で高さ約2mのボールを蹴って、アウトサイドの浮き球トラップをやりましょう。

またトラップからのターンもやりましょう。

また徐々に距離や高さを変えたり、前後左右に蹴る方向を変えたり、ボールを強めに蹴るようにしましょう。

D.走りながら止める

二人一組になって5~6m離れ、一人が7~8m程度の距離で高さ2m程度のボールを蹴って、もう一人が後ろ向きでボールを追いかけてトラップしましょう。

またトラップからのターンもやりましょう。

この場合、トラップする方の人はボールから目を離さないように注意してください。

たぶん最初から上手く出来ないと思うので、先ずは飛んで来るボールにアウトサイド、小指、小指の付け根、くるぶしの下、かかとの外側など、いろいろな場所に当てるタイミングを覚えましょう。

これに慣れて止められるようになったら徐々に距離と高さを伸ばすようにして、さらに実戦形式の練習をどんどんやりましょう。

この練習は空間認識能力が付くのに応じて自然と上手くなるので、先ほどのコンビネーションリフティングと並行して練習してください。

スポンサーリンク

【まとめ】

これまで、アウトサイドの浮き球トラップの正しいやり方、プロのやり方、練習法などを解説しました。

特にこのトラップは、足で止めるクッションコントロールと同じ仕組みということを覚えましょう。

またアウトサイド、小指、小指の付け根、くるぶしの下、かかとの外側など、いろいろな場所で止められるようにしてください。

さらにトラップからのターンも覚えましょう。

こうすることで本当の意味で試合に役立つ、テクニックが身に付きます。

ぜひ多くの子供たちがアウトサイドの浮き球トラップを上手くなるよう願っています。

【画像引用:Youtube.com