ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

股抜きシュートの蹴り方と練習法!小学生でも必ず出来る

4.股抜きシュートの練習法

股抜きシュートの基本は、ドリブルの股抜きと同じです。

唯一違うのは、ボールを強く蹴ればシュートになり、弱く蹴ればドリブルの股抜きになる…という違いがあるだけです。

特に大切なのが、シュートコースを狙って正確に相手の股を通すことだけです。

この時の相手がゴールキーパーであろうと、ディフェンダーであろうと、全く同じように考えてください。

(1)股抜きシュートの基本練習

動画の前半のシーンは基本練習ですが、なるべく二人一組でやりましょう。

その際、動画に出演している私のように、立っているだけで十分なので、お父さんかお母さんがGK役やDF役をやっても良いでしょう。

この時に大切なのが、何度もくどいようですが、シュートコースを狙って正確に相手の股を通すこと!

子供さんには、これだけを意識させてください。

こうしたシュート感覚をきちんと習得すれば、相手がGKであろうとDFであろうと股抜きシュートは上手くなります。

① ゴール左隅を狙ったシュート

息子の「とも」は、左利きなのでインサイドで蹴っています。

② ゴール右隅を狙ったシュート

ここではアウトサイドで蹴っていますが、トーキックを使うとシュートモーションがほとんどないので、かなり効果的です。

その理由は、GKにとって、いつシュートを打つのか分からないため、反応が遅れやすくなるからです。

(2)DFへの股抜きシュートの練習

ここではGK役を立たせて、DF役にマーカーやコーンを使います。

先ほどの基本練習の中で、DFの股を抜くというイメージがきちんと出来ていれば、あえてDF役の人を立たせる必要はありません。

この練習のポイントも、シュートコースを狙って正確にDFの股を通すことだけです。

① ゴール左隅を狙ったシュート

息子の「とも」は左利きなので、インサイドで蹴っています。

② ゴール右隅を狙ったシュート

ここでもアウトサイドで蹴っていますが、トーキックも使えるとかなり効果的です。

以上が股抜きシュートの練習法です。

たぶん、この練習だけでは物足りない…という方も多いのではないでしょうか?

例えば、もっと強いシュートを蹴るためにはどうしたら良いのか?などの疑問もあるでしょう。

でも勘違いしないでください。

シュートの目的は強く蹴ることではなく、狙ったところに正確に蹴ることです。

そうすると、シュートが強いとか弱いとかは関係ないのです。

くれぐれも、こうした点にはご注意ください。

5.まとめ

股抜きシュートは、ドリブルの股抜きが出来れば、ほぼ9割以上は完成です。

その理由は、ドリブルの股抜きで相手を抜く時よりも、強めに蹴るだけだからです。

その時のタイミングは、2つだけです。
・相手が股を開いている時。
・相手が足を出した時。
相手がGKであろうとDFであろうと、全く関係ありません。

さらに実際の練習では、シュートコースを狙って正確に相手の股を通す!

これだけを意識すれば、小学生でも必ず股抜きシュートは上手くなります。

ぜひ、たくさん練習して上手くなりましょう。

【画像引用:Youtube.com