ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

骨盤前傾トレーニングで身体能力アップ!一流アスリートの特徴とは?

骨盤前傾は、海外の一流アスリートの特徴で、特に背骨のS字カーブや、腸腰筋・ハムストリングが発達しているので、プレーのパフォーマンスがとても高いです。

これに対して、日本の選手の骨盤は直立または後傾のため、背骨のS字カーブが弱く、腸腰筋やハムストリングが発達していないので、身体能力が低いです。

でも、一日数分の簡単なトレーニングをすれば、骨盤前傾に改善することが出来ます。

そこで、今回は骨盤前傾と身体能力の関係、とても簡単なトレーニング法などを解説しましょう。

1.骨盤の傾きの違い

ヒトの骨盤の傾きは、大きく3つに分けられます。

 

(1)骨盤前傾

骨盤前傾は文字どおり前に傾いた状態で、海外のアスリートに多いタイプです。

背骨のS字カーブが発達しているので、飛ぶ、跳ねる、走るといったバネ作用を十分に発揮できます。

また、腸腰筋やハムストリングも発達しているので、身体能力がとても高いです。

(2)骨盤後傾

骨盤後傾は、後ろに傾いた状態のため、猫背になり腰痛を起こしやすいです。

このタイプは、日本の高齢者や妊婦に多く、特に出産後の腰痛で悩むお母さんたちにも多いのではないでしょうか。

また、最近の子供は姿勢が悪いことから、骨盤後傾が多くなっています。

(3)骨盤直立(骨盤中立)

骨盤直立は、骨盤が前後のどちらにも傾いていない状態で、直立または中立などと呼ばれています。

日常生活に限定するのであれば、背骨に過度な負担が掛からないので、このタイプの方が望ましいでしょう。

でも、アスリート向けの姿勢ではありません(その理由は後述します)。

ちなみに日本のアスリートは、どちらかというと、このタイプが多いですね。

スポンサーリンク

(4)人種による骨盤の傾きの違い

海外の人々は、足が長く高重心のため、もっぱら活動的に生活するように進化しています。

例えば、椅子に座ることが多いのは、直ぐに立つことが出来て、次の動作に移りやすいからです。

また狩猟民族のため、獲物を追いかけて走る機会が多かったことも関係しているのでしょう。

だから、自然と骨盤前傾になりやすく、身体能力も高くなったのかも知れません。

一方、日本人は床に座って生活するため、あまり機敏な動きを必要としません。

また、農耕民族なので、海外の人種ほど走る機会は少なかったと思います。

そうすると骨盤前傾にはなり難く、むしろ骨盤後傾になりやすいのでしょう。

だから、欧米人と比較して、身体能力が低いのかも知れません。

ちなみに欧米のお年寄りは、日本人と違ってほとんど腰が曲がりません。

その理由は、もともと欧米人は骨盤前傾なので、腰が曲がり難い体型だからです。

こうした点にも、骨盤の傾きの違いが表れているようですね。

さて、これまでの解説の中で、骨盤の傾きの違いがよくお分かりになったと思います。

そこで次に、スポーツにおける骨盤前傾のメリットについて深く考えてみましょう。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、四角のボタン「2」を押してください。