ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ペナルティーキックが上手くなる!GKの動きを先読みする方法とは?

 ペナルティーキックが上手くなるためには、メンタルの強さや駆け引きが必要…などと言われますが、実際にはそうでもありません。

 ペナルティーキックが上達するためには、科学的なメカニズムやゴールキーパーの予測方法を理解したうえで、GKの動きを先読みすることが大切です。

 そこで今回は、プロや高校生の実際のPKの動画を使って、ペナルティーキックが上手くなるための科学的なメカニズム、ゴールキーパーの予測を先読みする方法、練習方法などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.ペナルティーキックのメカニズム

 プロのサッカー選手がペナルティーキックを蹴る時の成功率は、平均約80%とされています。
 クリスティアーノ・ロナウドは84%ですが、メッシは意外と低く77%です。
 つまりこれだけのトップ選手であっても、5回のうち1回は失敗するということですね。

 一方、育成年代の子供たちの成功率は80%を下回るかも知れません。
 でも、ペナルティーキックの科学的なメカニズムをきちんと理解するれば、成功率をアップすることが可能です。

 そこでペナルティーキックが上手くなるために、先ずはその仕組みを科学的に考えてみましょう。

(1)ペナルティーキックの成功率

 ペナルティーキックの成功率アップを考える場合、シュートスピードとゴールのどの場所を狙うのか?という2つの点が重要です。

① シュートスピードとGKの反応

 ゴールキーパーは、キッカーが蹴ってから反応していたのでは、ボールを止めることが出来ません。
 だから、GKは左右のどちらに蹴って来るのか?という予測のもとで、蹴る直前までに判断して先に動くのです。
 つまり、先に動かないと間に合わないということですね。

 その理由について、次に解説します。

 ペナルティーマークからゴールまでの距離は約10.97mです
 プロのキシュートスピードは時速約120~130㎞なので、全力でボールを蹴った場合のゴール到達時間は約0.3秒になります。

 その際、ヒトの限界反応時間(目で見てから体中の筋肉が動き始めるまでの時間)は約0.2秒かかるとされています。
 この場合、キッカーが真っ直ぐ蹴った時にGKが反応を開始するとしたら、既にボールが3~4m手前まで来ていることになります。

 ところが実際には左右のどちらかに蹴るので、GKは3m程度横っ飛びする必要があります。
 先ほどの限界反応時間の約0.2秒を考慮すれば、3m程度の距離を0.1~0.2秒でジャンプしないとボールに追いつけません。

 これを時速に換算すると、GKは約3mの距離を時速約80㎞というあり得ないスピードで瞬間的に飛ぶ必要があるのです(ちなみにウサインボルトの100m走の平均時速は約46㎞)。
 もちろん、GKはこんなに速く動けません。
 だから、シュートコースが左右のどちらなのか?とあらかじめ推測して先に動くのです。

 そうするとキッカーはGKの先読みの動きに対抗するためにも、なるべくシュートスピードを速くした方が有利になります。
 したがってペナルティーキックは、シュートスピードが速いほど成功率が高くなるということです。

② ペナルティーキックはゴールのどこの場所を狙うのか?

 ペナルティーキックを蹴る場合、シュートコースによって成功率が変わります。
 実際のところ、ゴールの四隅を狙うとキーパーが届かないのは経験的にも分かるでしょう。

 こうした状況を科学的に裏付ける研究として、2012年にイギリスのバース大学がデータ解析をしました。
 その結果によれば、ペナルティーキックは次の動画のように成功率50%と80%の場所があることが分かります。

 なお、バース大学では成功率50%と80%の範囲の数値を公表していません。
 あくまでも私の計算によれば、ゴールの中心から半径約2.8mの範囲(ジュニア用は約1.8m)が成功率50%で、それ以外の場所が80%になると考えています。

成功率50%と80%の範囲の説明画像

 特に左右の上隅の2箇所の成功率は、実際には80%よりもかなり高いと思います。
 その理由はキーパーが横っ飛びしても、自重落下するため手が届かないからです。
 また育成年代のGKの指導は、横っ飛びする時に腰の高さで飛ぶように教えられるので、斜め上に位置する左右の2箇所には対応できません。

キーパーが横っ飛びしても手が届かない範囲

 実際にも、次の高校生の動画で分かるとおり、このシュートコースに蹴られると、どんなに優秀なGKでも防ぐことは出来ないのです。

 一方、左右の下側の2箇所のコースも成功率が80%ですが、ここはキーパーに追い付かれる可能性もあるので、実際には強めに蹴った方が良いです。

 この場合、次の2つの動画のように、アルゼンチン代表のアグエロのペナルティーキックが参考になります。
 このキックは2つともGKにコースを読まれましたが、強いシュートだったのでゴールが決まっています。

 ・2014年ブラジルワールドカップのアルゼンチン対オランダ

 ・2016コパアメリカのアルゼンチン対チリ

 私が思うに育成年代の小中学生のペナルティーキックは、アグエロのような低くて強いグラウンダーシュートを蹴って、ゴールの左右の下側の2箇所を狙うように指導した方が良いと思います。

 たしかに、上隅の2箇所のコースの方が成功率は高いでしょう。
 でも、この場所はシュートをふかすこともあり得るので、技術的にはかなり難しいです。
 そうした意味で、先ずは比較的難易度が低い下側の2箇所へ確実に蹴れるように練習した方が良いでしょう。

 いずれにしても、ペナルティーキックはゴールの四隅を狙うことで成功率が高くなることは確かです。

スポンサーリンク

(2)ペナルティーキックは真ん中に蹴っても入りやすい

 先ほどペナルティーキックはゴールの四隅を狙う…と解説しましたが、ある一定の条件のもとでは真ん中に蹴っても入りやすいです。

 この場合ゴールの真ん中を狙うと、先ほどのバース大学の解析結果では成功率が50%になります。
 また真ん中に蹴ることはとても勇気が必要ですし、メンタルを維持するのも大変でしょう。
 そうすると、実際にゴールが決まる確率はかなり低くなるのではないか?と思われがちです。

 ところが、GKのシュートの予測や反応を考慮すれば意外と結果は違ってきます。

 そこで、真ん中に蹴った場合の成功率を考えてみましょう。

 一般的にGKは、キッカーが全力で蹴るものと考えています。
 でも、ガンバ大阪の遠藤のコロコロPKのように遅いボールを蹴る場合もあるでしょう。
 だからと言って、常に最大速度でボールが向かって来るものと準備しておかないと、やはり反応が遅れてしまいます。

 そうなるとキーパーにとっては、実際のボールスピードが速いのか?遅いのか?はあまり関係なく、むしろ右か?左か?という予測をいち早く読んで、なるべく速く反応しようとするのです。

 そうした場合、真ん中に蹴って来るのではないか?という、第三の予測はほとんどありません。
 なぜなら、真ん中に蹴るという予測はキッカーが蹴ったボールに全く反応しない…、単に立っているだけのことを意味するからです。
 要するに、GKが考えるシュートコースの予測や反応は、常に左右のどちらか?という二者択一なのです。

 ところで、先ほど「ある一定の条件のもとでは真ん中に蹴っても入りやすい」と解説しましたが、ここで真ん中に蹴って成功した事例をもとに考えてみましょう。

 次の動画は、日本が2014年ブラジルワールドカップの出場を決めた、対オーストラリア戦の本田のペナルティーキックです。

 ここでの本田のシュートはややアウト回転していますが、ほぼ真ん中に蹴っています。
 試合後のインタビューでも、最初から真ん中を狙っていたようですね。

 本田のキックモーションを見ると、上体(胸)を真っ直ぐ前に向けているので、そのまま前方に蹴る可能性が見られます。
 またバックスイングの時の右腕はあまり大きく上がっていないので、軸足方向(本田から向かって右側)に蹴る素振りもありません。
 いわば本田の言うとおり、最初から真っ直ぐ蹴ることを想定したシュートなのです。

 ところがオーストラリアのキーパーは、本田がバックスイングに入った時点で彼の軸足方向(本田から向かって右側)に反応しています。

ペナルティーキックを蹴る前の本田圭佑

 なぜGKがこのように反応したと思いますか?

 その理由は、先ほども解説したとおり「GKが考えるシュートコースの予測や反応は、常に左右のどちらか?という二者択一」だからです。

 またこの時点のキーパーの判断を推測すると、次のように考えていたと思います。

 ① 本田の上体(胸)は真っ直ぐ前に向いているので、利き足側(本田から向かって左側)には蹴り難い。だから、左側のシュートコースには蹴らない。

 ② 明らかに軸足方向(本田から向かって右側)に蹴る素振りはないが、右側のシュートコースの方が蹴りやすい。

 ③ だから右側に蹴って来るのではないか?

 以上のように、GKは左右のどちらなのか?ということを消去法的に予測したのだと思います。

 つまり真ん中に蹴って成功させるための条件としては、GKの予測が左右のどちらかに蹴って来るのではないか?と判断させるようなキックフォームでシュートすることが必要なのです。

 そうした意味では、本田のキックフォームは結果的には良かったのでしょう。

 以上が、ペナルティーキックのメカニズムです。

 さて次は、ペナルティーキックでのGKの予測の方法です。

 これが分かれば、キーパーの動きが面白いように分かります。
 ぜひお読みください!

 ※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。