ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ペナルティキック(PK)が上手くなる方法!小学校低学年でも百発百中?

ペナルティキックが上手くなるためには、メンタルの強さや駆け引きが必要…などと言われますが、実際にはそうでもありません。

特に大切なのは、科学的な仕組みやゴールキーパーの予測方法を理解したうえで、GKの動きを先読みすることです。

そうすることで、PKの成功率が高くなるのです。

そこで今回は、実際のPKの動画を使って、ペナルティキックの科学的な仕組み、ゴールキーパーの動きを先読みする方法、練習方法などを詳しく解説します。

1.ペナルティキックの仕組み

プロのサッカー選手のペナルティキックの成功率は平均約80%で、クリスティアーノ・ロナウドは84%、メッシは77%だそうです。

つまりこれだけのトップ選手でも、5回のうち1回は失敗するということですね。

その一方で、育成年代の子供たちは80%を下回るかも知れません。

でも、科学的な仕組みをきちんと理解すれば、成功率アップは十分可能です。

そこで、先ずはペナルティキックの仕組みを科学的に解明しましょう。

(1)ペナルティキックの成功率

ペナルティキックの成功率アップで大切なのは、シュートスピードとゴールのどこの場所を狙うのか?という2つの点です。

① シュートスピードとGKの反応

ゴールキーパーは、キッカーが蹴ってから反応していたのでは間に合わないので、左右のどちらに蹴って来るのか?という予測のもとで先に動きます(いわば『決め打ち』)。

そこで、その理由について次に解説します。

サッカーの公式ルールでは、ペナルティマークからゴールまでの距離が約10.97mですが、プロのシュートスピードは時速約120~130㎞なので、蹴ってからゴール到達までの時間は約0.3秒になります。

その際、ヒトの限界反応時間(目で見てから体中の筋肉が動き始めるまでの時間)は約0.2秒かかるので、キッカーが真っ直ぐ蹴った時にGKが反応を開始するとしたら、既にボールが3~4m手前まで来ていることになるのです。

でも実際には左右のどちらかに蹴るので、GKは3m程度横っ飛びする必要があり、限界反応時間の約0.2秒を考慮すると、3m程度の距離を0.1~0.2秒でジャンプしないとボールに追い付けません。

これを時速に換算すると、GKは約3mの距離を時速約80㎞というあり得ないスピードで飛ぶ必要があるのです(ちなみにウサインボルトの100m走の平均時速は約46㎞)。

もちろん、GKはこんなに速く動けませんよね。

だから、シュートコースが左右のどちらなのか?とあらかじめ予測して先に動くわけです。

そうするとキッカーはGKの先読みの動きに対抗するためにも、なるべくシュートスピードを速くした方が有利になります。

さらに、大切な点は、ゴールキーパーが先に動くわけですから、この動きを正確に見極めれば、左右のどちらに蹴れば良いのか?が分かるのです(詳しくは後述します)。

スポンサーリンク

② ペナルティキックはゴールのどこの場所を狙うのか?

ペナルティキックを蹴る場合、シュートコースによって成功率が変わります。

実際のところ、ゴールの四隅を狙うとキーパーが届かないのは直観的にも分かるでしょう。

こうした仕組みの科学的な裏付けとして、2012年にイギリスのバース大学がデータ解析をしています。

その結果によれば、ペナルティキックは次の動画のように成功率50%と80%の場所があることが分かりました。

なお、バース大学では成功率50%と80%の範囲の数値を公表していませんが、私の計算によれば、ゴールの中心から半径約2.8mの範囲(ジュニア用は約1.8m)が成功率50%で、それ以外の場所が80%になると考えています。

成功率50%と80%の範囲の説明画像

特に左右の上隅の2箇所の成功率は、キーパーが横っ飛びしても、自重落下して手が届かないため、実際には80%よりもかなり高いと思います。

また育成年代のGKの指導は、横っ飛びする時に腰の高さで飛ぶように教えられるので、斜め上の左右の2箇所には手が届きにくいでしょう。

キーパーが横っ飛びしても手が届かない範囲

実際にも、このコースに蹴られると、どんなに優秀なGKでも防ぐことは出来ないと思います。

その一方で、下側の左右の2箇所のコースも成功率80%ですが、ここはキーパーに追い付かれる可能性があるので、実際には強めに蹴った方が良いでしょう。

この場合、アルゼンチン代表のアグエロの蹴り方が参考になりますね。

このPKは2つともGKにコースを読まれましたが、強いシュートだったのでゴールが決まっています。

・2014年ブラジルワールドカップのアルゼンチン対オランダ

・2016コパアメリカのアルゼンチン対チリ

私が思うに小中学生のペナルティキックは、アグエロのような低くて強いグラウンダーシュートを蹴って、ゴールの左右の下側の2箇所を正確に狙うように指導した方が良いと思います。

この場合、たしかに上隅の2箇所のコースの方が成功率は高いですが、この場所はシュートをふかすこともありますよね。

そうした意味で、先ずは比較的易しい下側の2箇所へ確実に蹴れるように練習した方が良いでしょう。

さて、これまでゴールの四隅を狙った蹴り方や成功率について解説しましたが、ある一定の条件の下では、真ん中に蹴っても入りやすくなります。

そこで、次にゴールの真ん中を狙ったペナルティキックを解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。