ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

フィジカルコンタクトはサッカーの武器!中田英寿の秘密とは?

サッカーはボールを奪い合うスポーツなので、フィジカルコンタクトが重要です。

ところが、日本では、こうしたスキルが未熟なため世界的にも立ち遅れています。

そうした中、元日本代表の中田英寿は世界に通用するスキルを持っていましたが、彼のテクニックは、海外の選手と比べて体格が劣る日本人でも十分通用する秘密が隠されています。

そこで今回は、フィジカルコンタクトの基本、日本の現状、中田英寿のスキルの秘密、練習法などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.フィジカルコンタクトとは

ここではフィジカルコンタクトの基本、日本サッカーの現状と問題点、中田英寿と日本人の可能性について解説します。

そのうえで今回の記事の後半では、中田英寿のフィジカルコンタクトの仕組みと秘密を解き明かしたいと思います。

なお、あなたが、もしもフィジカルコンタクトは危険だ!などと考えているとしたら、それは大きな間違いです。

今後の日本サッカーの発展には欠かせない大切なテクニックなので、ぜひ最後までお読みください。

(1)フィジカルコンタクトの基本

フィジカルコンタクトの基本は、ボールを取られない!奪う!そのためには体を張って何をするべきか?を最優先に考えましょう。

これをスキルとして考えると、攻撃と守備に分けられます。

・攻撃側は自分とボールの間に相手を入れさせない。
・守備側は相手とボールの間に割り込んで奪う。

この考え方は浮き球であっても、グラウンダーのボールであっても全く同じです。

例えば、ヘディングの場合は「相手よりも先に触れ!」とよく言われますが、これは相手の前にいても後ろにいても、相手とボールの間に割り込んでボールを奪ったり守ったりすることを意味します。

つまりフィジカルコンタクトの基本は、
・攻撃側はボールを取られない。
・守備側はボールを奪う。

こうしたシンプルな考えを理解したうえで、具体的なスキルを覚えるのが大切なのです。

これは一見して当たり前のようですが、日本人の多くは頭では分かっていても実際の試合では上手く出来ません。

だから、いつまで経っても世界レベルにはならないのです。

そうした理由は、これまでの日本サッカーの歴史的な背景にあります。

(2)日本サッカーの現状

日本サッカーのフィジカルコンタクトを一言で表すと、現実を避け続けた歴史で、これには2つの問題点が隠されています。

①フィジカルコンタクトを避けた歴史

日本人は海外の選手と比べて体格が劣るため、フィジカルコンタクトを避け、テクニックとアジリティ―で世界に挑もうとしていますが、こうした考えは今も昔も変わりません。

そのため最初はブラジルサッカーを模範にし、その後ヨーロッパ型の組織戦術を取り入れながら徐々に進歩しました。

その後、日本人と似た体格ということで、一時期スペインやメキシコのサッカーも試しています。

たしかにスペインはチキタカで接触プレーは少ないですが、そうしたプレーが成り立つのはスペイン人の技術レベルが高いからです。

また、メキシコの戦術は前からの速い守備とカウンターが武器なので、基本的には激しい接触プレーが多く、「自分たちのサッカー」などと夢見る日本代表の選手たちには受け入れ難いようです。

その後、日本サッカーの進むべき道がハッキリしないままでしたが、ハリルホジッチが代表監督に就任した時、球際の強さとして、しきりに「デュエル(決闘)」を求めました。

私としては、やっと変化の兆しが訪れ、育成年代にもこうしたプレーが浸透するかも知れない…と期待しましたが、結局、解任されて、フィジカルコンタクトの少ない昔のプレースタイルに戻ってしまったのです。

要するに日本のサッカーは、フィジカルコンタクトを避けた歴史であって、四半世紀前のレベルから全く進歩していない…ということですね。

こうなると、現代サッカーの進歩には付いて行けません。

こうしたフィジカルコンタクトを避け続けた歴史は、育成年代のサッカーにも影響が出ています。

②育成年代のフィジカルコンタクト

ア.育成年代の指導もフィジカルコンタクトを避けている

日本の育成指導では、小学生はドリブル、中学生以降ではパスが主体になります。

こうした指導はどこの国でも同じですが、日本が海外と大きく違うのはフィジカルコンタクトの考えが欠けていることです。

一般的にドリブルで相手を抜く場合は、大きく分けて2つのパターンがあります。

A.相手と向き合った時に、足技で抜く。
B.相手が横か後ろから追いかけて来た時に、腕や背中を使ってボ―ルを守る。

このうちAは、フィジカルコンタクトをほとんど必要としません。

その一方で、Bは相手が必死に迫って来るため、フィジカルコンタクトが不可欠です。

こうした場合、日本の育成現場の指導では一対一の練習もよくやりますが、実際の試合では一対一の勝負はほとんどせず、基本的には数的優位の二対一でのパスを選択します。

なぜなら勝利至上主義のため安全なプレーを優先し、ドリブルの激しい接触プレーを少なくしたいからです。

そうすると、当然フィジカルコンタクトの機会は減るのでスキルは上達しません。

例えば、狭いところでボールを持ち過ぎると「早くパスしろ!」と言われませんか?

これはリスクを避けている証拠ですが、でも密集地域の裏には広いスペースがあるのです。

ここで勘違いしていただきたくないのですが、パスが悪いというわけではありません。

狭い場所ではボールが取られるリスクもありますが、成功すれば大きなリターンが待っているということなのです。

「早くパスしろ!」と言う指導者は、安全なことしか考えられないのでしょう。

日本人は、ギャンブルなどのリスクを嫌う民族性がありますが、サッカーにはリスクが付き物ですし、それにチャレンジしないと大きなリターンは来ないのです。

またギャンブルをしないサッカーは、カーナビと同じでセオリーどおりの判断しかしなくなります。

だから、日本代表がブラジルなどの強豪国と試合すると、簡単に次のプレーを見抜かれてボールを取られてしまうのです(セオリーは見抜かれる)。

ここで私が何を言いたいのかというと、日本のサッカーがフィジカルコンタクトを避けているという大人の考えが、育成年代の子供たちに浸透してしまったということですね。

やはり育成年代の指導を見直さないと、フィジカルコンタクトの大切さが身に付かないのではないでしょうか?

イ.フェアプレーとフィジカルコンタクト

日本サッカー協会は、フェアプレーを推奨しています。

たしかに、ケガの防止やルールを守るという点では、特に幾瀬さ年代の子供たちにとっては良い事だなのでしょう。

ところがフェアプレーの推奨は、まるでサッカーを教育の一環と考えているように思いえます。

そのため少年サッカーの試合では、審判がフィジカルコンタクトとラフプレーを混同するケースがよく見られます。

例えばショルダータックルで相手が倒れるとすぐにファールを取ったり、わずかに手を使っただけでも笛を吹いたりしますが、これも教育的な配慮があるためなのかも知れません。

でも、こうした現状では、フィジカルコンタクトのスキルは身に付かないのです。

さらに、こうしたジャッジはJリーグでも同じで、特にJリーグでプレーする外国人は口を揃えたように、「日本の審判はすぐに笛を吹く…」と言います。

外国人から見ると、フィジカルコンタクトに過敏なジャッジはかなり疑問に感じているのでしょう。

これに対して、海外では少年サッカーでさえも当たりが激しく、手を使うのは当たり前です。

またルールすれすれのプレーは当然ですし、審判が見ていなければ…というプレーも多いです。

なぜなら、子供たちにはボールを取られない!奪う!という意識が根強いからです。

だからこそ、フィジカルコンタクトは当たり前!と考えているのです。

つまり絵画の子供たちは、サッカーに対して死に物狂いであって、日本とは本気度が全く違うのです。

さらに海外では教育とサッカーは別物であって、教育は学校で…、サッカーはクラブで…という位置付けがあります。

そうすると子供たちにはフェアプレーという考え方ではなく、プロ選手たちの接触プレーが正しいと理解するのです。

いずれにしても、日本の育成年代のフェアプレーの推奨は行き過ぎています。

少なくともフィジカルコンタクトとラフプレーの区別くらいは、きちんと分けるべきでしょう。

そうしたうえで、子供たちに正しいスキルを教えるべきです。

(3)中田英寿の例と日本人の可能性

元日本代表の中田英寿は身長175㎝で体重72㎏という体格でありながら、抜群のフィジカルコンタクトによってイタリアのセリエAで活躍しました。

サンドニの悲劇と言われた2000年3月の日本代表とフランス代表との試合では、大雨でグラウンドコンディションが悪いのにも関わらず、中田だけは屈強な相手とのフィジカルコンタクトで競り負けることがありませんでした。

たぶん多くの方は、中田英寿が特別な選手だったから活躍出来たのだと思うでしょう。

でも、それは違います。

私が思うに中田が活躍したという事実は、日本人でも幼少期から正しいフィジカルコンタクトを教えれば、海外でも十分に通用する可能性があると解釈するべきです。

たしかに、日本人は海外のサッカー選手と比べて体格が劣ると言われています。

でも、それは単なる思い込みではないでしょうか?

そうした中で彼はイタリアのペルージャに移籍した際、チーム練習の前後にフィジカルトレーニングを続けたそうです。

いわゆる肉体改造ですね。

つまりトレーニングのやり方しだいでは、世界に通用する選手に成長出来るということです。

その際に特に重視したのは、バランス能力と下半身の筋力補強で、その結果、試合中は倒れにくく、ケガや故障が少ないというバランスの良い筋力を身に付けたのです。

ちなみに中田は、中学3年生の時にU-15日本代表に選抜されていますが、当時のサッカー部の監督が協会に選考理由を聞いたところ、「テクニックはやや見劣りするがフィジカルの強さは世界でも通用する」と評価されたそうです。

こうした逸話は中田だけが特別な選手と見なしてしまうのではなく、むしろ日本にもフィジカル的に強い選手はたくさん育っているのではないか?と考えた方が良いと思います。

つまり潜在的な可能性のある子供たちを発掘することで、海外でも通用する選手を育成できるわけですね。

いずれにしても、サッカーはフィジカルコンタクトを避けて通ることが出来ません。

現実に目を向けることで、初めて日本のサッカーが進歩するのです。

さて次からは、いよいよ中田英寿のフィジカルコンタクトのスキルについて詳しく解説します。

2.中田英寿のフィジカルコンタクト

中田のフィジカルコンタクトは一見してサッカーとはかけ離れたように見えますが、海外では当たり前のプレーです。

だから中田だけが特別!という考えはもう止めましょう。

次の動画にはフィジカルコンタクトのスキルが上達するための、ヒントがたくさん詰まっています。

ぜひ、ご覧になったうえで記事を読み進めてください。

(1)中田英寿のプレースタイル

サッカーでフィジカルコンタクトが必要なプレーは、ドリブルの時が多いですよね。

そうした場合、中田のドリブルの大切なポイントは2つあり、実はフィジカルコンタクトが欠かせないプレースタイルを持っています。

① 直線的なスピード重視

中田のドリブルはメッシのような左右の重心移動よりも、直線的なスピードを重視します。

現代型の縦に早い攻撃サッカーにとっては、最も重要なスキルですね。

これは元日本代表監督のハリルホジッチが目指した戦術に合いますが、海外ではすでに常識です。

この場合、足元のテクニックはほとんど必要としませんが、先ほど彼が中学3年生でU-15日本代表に選抜された時に「テクニックはやや見劣りするが…」と解説しましたが、その理由がお分かり頂けたかと思います。

要するに、フィジカルコンタクトを重視するのであれば、複雑なテクニックよりも、直線的なスピードが必要だということなのです。

② 足技を必要としない

先ほど足元のテクニックはほとんど必要としない…と言いましたが、中田のドリブルはとてもシンプルです。

複雑な足技はほとんど見られませんし、駆け引きで勝負するというシーンも滅多にありません。

これは、中田がプレーの流れを止めないことを重視するからだと思います。

ということは、攻撃を速くするためにボディコンタクトが必要になったともいえます

一方ではバランス能力と下半身の筋力を鍛えたことで、試合中は倒れにくくケガや故障が少なくなってこうしたプレーを続けられたのでしょう

(2)中田の手押し

中田のフィジカルコンタクトは単なる手押しとは違いますが、先ずはこの点について解説します。

① 手押しとは

手押しとは横や後ろから迫って来る相手に対して、手を使ってボールが取られないようにするスキルです。

簡単に言えば相手に接触されて邪魔されないために、例え1㎝でも間合いを作って離れようとするプレーですね。

ところが、こうした手押しだけでは、中田のように相手を投げ飛ばすようなプレーは出来ません。

せいぜい、相手の迫って来る勢いを利用して突き放す程度です。

その理由は、手押しが相手の勢いをまともに受け止めてしまうからです。

こうした手押しは、物理で言うところの「作用反作用の法則」と同じです。

このブログは中学生も読んでいるようなので、次に作用反作用の法則のことを少し噛み砕いて解説します。

② 作用反作用とは

作用反作用を簡単に言えば「つりあい」のことですが、この法則が作用する要件は3つあります。

(ア)同じ作用線上で力が働くこと
押し競まんじゅうを一直線でやるようなイメージですね。

(イ)力の大きさが等しい
「つりあい」のことです。

(ウ)力の向きが反対である
A→Bに向かって押す。
B→Aに向かって押す。

このようにAとBの力の向きを正反対にしないと「つりあい」が取れません。

それではサッカーの手押しの場合は?というと、やはり先ほどの3つの要件がそのまま当てはまります。

(ア)同じ作用線上で力が働くこと
守備側と攻撃側が同じ水平の線上にいる(地面の上は全て水平)。

(イ)力の大きさが等しい
守備側と攻撃側の力が同じ。

(ウ)力の向きが反対である。
守備側は攻撃側を押す。攻撃側は守備側を押す。

③ 手押しのスキルをレベルアップ

先ほど、手押しは作用反作用のつりあいと関係があると解説しましたが、手押しのスキルをさらにレベルアップすることが出来ます。

その際、手押しは相手と同じ程度の力で押し返せば力がつりあいますが、相手の力の勢いを利用してそのまま離れてしまうことも出来ます。

つまり自分はほとんど押し返さずに、逆に相手のパワーを利用してしまうわけですね。

例えば次の画像は、ロシアワールドカップ予選の日本対オーストラリア戦の井手口と相手DFの競り合いです。

相手DFがボールを奪おうとして井手口の腕を掴んで来ましたが、これに対して井手口は相手DFの押す力を利用してそのまま離れています。

以上のような手押しは良く使われるテクニックであって、オーソドックスなものです。

そのため、中田のフィジカルコンタクトのように、相手を突き飛ばしたり倒してしまうほどのパワーはありません。

そこで、次に中田の手押しの秘密について解説します。

(3)中田英寿の手押しの秘密

① 中田の手押しはボクシングのカウンター

中田の手押しは、ボクシングのカウンターパンチに似ています。

ボクシングのカウンターは、相手がパンチを打つために前に出て来た勢いを利用して打ち返す!というものです。

これは相打ちと似ていますが、先ほど解説した作用反作用の法則の3つの要件のうち「同じ作用線上で力が働く」という要件が適用しません。

これはどういうことか?というと、緑のグローブの選手が先にパンチを打ったところ、少しかわして青いグローブの選手がカウンターを決めていますよね。

実は、この「少しかわす」という動作が「同じ作用線上で力が働く」という要件、つまり、つりあいを取れなくしているのです(両者の頭や腕の位置を見ると少しズレている)。

そうすると緑のグローブの選手は、自分のパンチの勢い+青いグローブの選手のカウンターによって、単純に二倍の威力を受けるのです。

ボクシングの試合中にカウンターを受けて、そのままKOというシーンがよくありますが、たしかに無理もありませんよね。

この場合、中田の手押しも全く同じ原理です。

そこで、この秘密を次に解説しましょう。

② 中田の手押しは「かわす」こと

先ほどご覧になった、中田の動画を注意して確認してみてください。

実は、中田は、当たって来る相手に対し、同じ作用線上からほんの少しだけかわすことで、相手のコンタクトをまともに受けていません。

だから、相手は「おっとっと…」となって、バランスを崩して倒れるのです。

つまり、中田がいかにも凄いパワーで相手を倒しているように見えますが、決してパワーに頼ってはいないわけですね。

たぶん、倒れた相手は「えっ?どうして?」と感じているかも知れません。

これは、体重100㎏の人と50㎏の人が勝負しても似たような結果が出ます。

例えば、相撲の叩きこみ(はたきこみ)という決まり手がありますが、これは、相手が飛び込んでくる勢いを少しかわすことで、バランスを崩させて倒す技ですね。

しかも、倒した方はほとんど力を使っていません。

先ほどご覧になった中田の動画にも、似たようなシーンがたくさんあると思いませんか?

一般的な手押しの場合は、同じ作用線上で相手の力との「つりあい」を利用するだけなので、「間合い」を作って離れることは出来ても、倒してしまうほどの威力はありません。

でも、中田は違います!

ある意味では、作用と反作用の法則を逆手に取ったフィジカルコンタクトだと思います。

巷では、中田のようになりたかったら体幹を鍛えよう…などと言われますが、相手をかわすという技術の方にもっと注目すべきではないでしょうか?

実は中田のテクニックは、海外のサッカー選手と比べて体格が劣る日本人でも十分使いこなせるヒントが隠されているのです。

だからこそ、これからの育成指導の現場では、こうした「相手をかわす」スキルを教えてほしいと思います。

(4)中田の「かわす」スキルを身に付けるためには?

中田のように相手をかわすスキルは、どうしたら身に付くと思いますか?

答えは簡単です。

それは幼少期から鬼ごっこや追いかけっこをたくさんやって、追いかけてくる相手をかわす方法を覚えれば良いのです。

先ほどご覧になった中田の動画のフィジカルコンタクトは、まるで鬼ごっこや追いかけっこで逃げ回る時のすばしっこさを感じませんか?

実は鬼ごっこと追いかけっこは、SAQ(スピード、アジリティ、クイックネス)というスポーツに必要な3要素が全て身に付く万能な遊びで、昔の子どもたちは、こうした遊び中で身体能力を高めたのです。

でも今の子どもたちは、こうした遊びを経験しないうちに、サッカーや野球などのスポーツを始めてしまいます。

私が思うに幼稚園や保育園のうちからボールを蹴らせるよりも、こうした遊びをたくさん経験させるべきです。

全国のスポーツ指導者にも、こうした遊びの大切さにそろそろ気付いてほしいですね。

さて、次はフィジカルコンタクトに欠かせない手押しやショルダータックルなどの練習方法を解説します。

スポンサーリンク

3.フィジカルコンタクトの練習法

ここでは、手押し、ショルダータックル、体幹と軸の強化、ドリブル姿勢の矯正などのフィジカルコンタクトの練習法を解説します。

(1)手押しの練習法

次の動画のように壁などを利用して、相手を手で押す感覚を身に付けましょう。

また、力任せにやる必要はありません。

大切なことは、手押しの感覚を掴むことです。

重要なポイントは、体全体で押すことであって、手の力だけに頼るのは絶対にダメです。

手押しのテクニックは、基本さえ身に付ければ、非力な子どもでも十分に使いこなせるので、体全体を使うことを覚えましょう。

(2)ショルダータックルの練習方法

ショルダータックルはパワーに頼るのではなく、タイミングと相手に当たる感覚を掴むのが大切です。

特に大切なのは、二の腕を正確に当てるようにしてください。

ピンポイントで肩を当てるのはかなり難しいので、どちらかと言えば、点(肩)ではなく面(二の腕)を当てるようにしてください。

そうすることで、結果的に、相手に肩が当たりやすくなります。

(3)体幹と軸を鍛える

フィジカルコンタクトのスキルを上達させるためには、体幹と軸の強化も必要です。

この場合、いろいろな体幹トレーニングがありますが、最も簡単で効果的な練習法は利き足リフティングです。

利き足リフティングをたくさんすることで体幹と軸が強化されますし、体の開きが抑えられるのでパワーを一点に集中出来るため、当たり負けしなくなります。

ちなみにブラジルの子供たちは日本人と体格が変わりませんが、こうしたリフティングをたくさんするのでフィジカルコンタクトはかなり強いですね。

みなさんも、ぜひ練習してみてください。

① ちょんちょんリフティング

② テニスボールやスーパーボール

③ インステップリフティング

④ コンビネーション

※体幹と軸足を鍛えることや、ちょんちょんリフティング、利き足リフティングの効果、体の開きを抑える意味を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?
体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害

(4)ドリブル姿勢

① 骨盤前傾トレーニング

この練習はドリブル(フィジカルコンタクトの最も多いプレー)に最適な姿勢である、骨盤前傾に改善する練習法です。

・カカトを浮かして、つま先立ちになる。
・背筋を伸ばして胸を張り、お尻を突き出す姿勢を保つ。
・一日あたり30秒~1分くらい。
※必要以上に練習し過ぎると、かえって背骨の発達に影響を及ぼすので注意してください。

② 前傾姿勢トレーニング

この練習は前傾姿勢を維持するために、体の後ろ側の背骨や筋肉を使って上体を支える感覚を身に付けるものです。

ドリブルを練習する時は、常にこの姿勢を意識しましょう。

そうすることで、フィジカルコンタクトに必要な筋力が自然と鍛えられます。

・軽くヒザを曲げて腰を落とす。
・足の指を使ってグリップする(つま先立ちはしないこと)。
・背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識する。

※骨盤前傾や正しいドリブル姿勢を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
骨盤前傾で身体能力をアップ!一流サッカー選手の特徴とは?
サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

4.まとめ

これまでフィジカルコンタクトの基本、日本サッカーの現状と問題点、中田英寿の例と日本人の可能性、中田のスキルなどを解説しました。

特に日本のサッカー界は、自らフィジカルコンタクトが苦手と決めつけて、これを避け続けた歴史を繰り返しています。

これに対して、中田のスキルは練習しだいで誰でも身に付けることが出来ますし、決して中田だけが特別なのではありません。

しかも、世界で通用する!と証明しているので、日本人は決して苦手ではないのです。

私が日本サッカー協会に提言するとしたら、世界と戦うためにはフィジカルコンタクトを避け続けるのではなく、中田を見習って気付いてほしいということです。

そうすることで、日本のサッカーが進歩するのです。

ぜひ育成年代の子供たちには、中田のテクニックを参考に正しいフィジカルコンタクトのスキルを身に付け、世界的な選手になってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com