ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

フィジカルコンタクトはサッカーの武器!中田英寿の秘密とは?

サッカーはボールを奪い合うスポーツなので、フィジカルコンタクトが重要です。

ところが、日本では、こうしたスキルが未熟なため世界的にも立ち遅れています。

そうした中、元日本代表の中田英寿は世界に通用するスキルを持っていましたが、彼のテクニックは、海外の選手と比べて体格が劣る日本人でも十分通用する秘密が隠されています。

そこで今回は、フィジカルコンタクトの基本、日本の現状、中田英寿のスキルの秘密、練習法などを詳しく解説します。

1.フィジカルコンタクトとは

ここではフィジカルコンタクトの基本、日本サッカーの現状と問題点、中田英寿と日本人の可能性について解説します。

そのうえで今回の記事の後半では、中田英寿のフィジカルコンタクトの仕組みと秘密を解き明かしたいと思います。

なお、あなたが、もしもフィジカルコンタクトは危険だ!などと考えているとしたら、それは大きな間違いです。

今後の日本サッカーの発展には欠かせない大切なテクニックなので、ぜひ最後までお読みください。

(1)フィジカルコンタクトの基本

フィジカルコンタクトの基本は、ボールを取られない!奪う!そのためには体を張って何をするべきか?を最優先に考えましょう。

これをスキルとして考えると、攻撃と守備に分けられます。

・攻撃側は自分とボールの間に相手を入れさせない。
・守備側は相手とボールの間に割り込んで奪う。

ボールを奪い合う2人の小学生

この考え方は浮き球であっても、グラウンダーのボールであっても全く同じです。

例えば、ヘディングの場合は「相手よりも先に触れ!」とよく言われますが、これは相手の前にいても後ろにいても、相手とボールの間に割り込んでボールを奪ったり守ったりすることを意味します。

つまりフィジカルコンタクトの基本は、
・攻撃側はボールを取られない。
・守備側はボールを奪う。

こうしたシンプルな考えを理解したうえで、具体的なスキルを覚えるのが大切なのです。

これは一見して当たり前のようですが、日本人の多くは頭では分かっていても実際の試合では上手く出来ません。

だから、いつまで経っても世界レベルにはならないのです。

そうした理由は、これまでの日本サッカーの歴史的な背景にあります。

スポンサーリンク

(2)日本サッカーの現状

日本サッカーのフィジカルコンタクトを一言で表すと、現実を避け続けた歴史で、これには2つの問題点が隠されています。

①フィジカルコンタクトを避けた歴史

日本人は海外の選手と比べて体格が劣るため、フィジカルコンタクトを避け、テクニックとアジリティ―で世界に挑もうとしていますが、こうした考えは今も昔も変わりません。

そのため最初はブラジルサッカーを模範にし、その後ヨーロッパ型の組織戦術を取り入れながら徐々に進歩しました。

その後、日本人と似た体格ということで、一時期スペインやメキシコのサッカーも試しています。

たしかにスペインはチキタカで接触プレーは少ないですが、そうしたプレーが成り立つのはスペイン人の技術レベルが高いからです。

また、メキシコの戦術は前からの速い守備とカウンターが武器なので、基本的には激しい接触プレーが多く、「自分たちのサッカー」などと夢見る日本代表の選手たちには受け入れ難いようです。

その後、日本サッカーの進むべき道がハッキリしないままでしたが、ハリルホジッチが代表監督に就任した時、球際の強さとして、しきりに「デュエル(決闘)」を求めました。

ハリルホジッチ

私としては、やっと変化の兆しが訪れ、育成年代にもこうしたプレーが浸透するかも知れない…と期待しましたが、結局、解任されて、フィジカルコンタクトの少ない昔のプレースタイルに戻ってしまったのです。

要するに日本のサッカーは、フィジカルコンタクトを避けた歴史であって、四半世紀前のレベルから全く進歩していない…ということですね。

こうなると、現代サッカーの進歩には付いて行けません。

こうしたフィジカルコンタクトを避け続けた歴史は、育成年代のサッカーにも影響が出ています。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。