ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

フィジカルコンタクトはサッカーの武器!中田英寿の秘密とは?

【フィジカルコンタクトの練習法】

ここでは、手押し、ショルダータックル、体幹と軸の強化、ドリブル姿勢の矯正などのフィジカルコンタクトの練習法を解説します。

(1)手押しの練習法

次の動画のように壁などを利用して、相手を手で押す感覚を身に付けましょう。

また、力任せにやる必要はありません。

大切なことは、手押しの感覚を掴むことです。

重要なポイントは、体全体で押すことであって、手の力だけに頼るのは絶対にダメです。

手押しのテクニックは、基本さえ身に付ければ、非力な子どもでも十分に使いこなせるので、体全体を使うことを覚えましょう。

(2)ショルダータックルの練習方法

ショルダータックルはパワーに頼るのではなく、タイミングと相手に当たる感覚を掴むのが大切です。

特に大切なのは、二の腕を正確に当てるようにしてください。

ピンポイントで肩を当てるのはかなり難しいので、どちらかと言えば、点(肩)ではなく面(二の腕)を当てるようにしてください。

そうすることで、結果的に、相手に肩が当たりやすくなります。

(3)体幹と軸を鍛える

フィジカルコンタクトのスキルを上達させるためには、体幹と軸の強化も必要です。

この場合、いろいろな体幹トレーニングがありますが、最も簡単で効果的な練習法は利き足リフティングです。

利き足リフティングをたくさんすることで体幹と軸が強化されますし、体の開きが抑えられるのでパワーを一点に集中出来るため、当たり負けしなくなります。

ちなみにブラジルの子供たちは日本人と体格が変わりませんが、こうしたリフティングをたくさんするのでフィジカルコンタクトはかなり強いですね。

みなさんも、ぜひ練習してみてください。

①ちょんちょんリフティング

②インステップリフティング

※体幹と軸足を鍛えることや、ちょんちょんリフティング、利き足リフティングの効果、体の開きを抑える意味を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?
体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害

(4)ドリブル姿勢

①骨盤前傾トレーニング

この練習はドリブル(フィジカルコンタクトの最も多いプレー)に最適な姿勢である、骨盤前傾に改善する練習法です。

・カカトを浮かして、つま先立ちになる。
・背筋を伸ばして胸を張り、お尻を突き出す姿勢を保つ。
・一日あたり30秒~1分くらい。
※必要以上に練習し過ぎると、かえって背骨の発達に影響を及ぼすので注意してください。

②前傾姿勢トレーニング

この練習は突破のドリフルでの前傾姿勢を維持するために、体の後ろ側の背骨や筋肉を使って上体を支える感覚を身に付けるものです。

ドリブルを練習する時は、常にこの姿勢を意識しましょう。

そうすることで、フィジカルコンタクトに必要な筋力が自然と鍛えられます。

・軽くヒザを曲げて腰を落とす。
・足の指を使ってグリップする(つま先立ちはしないこと)。
・背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識する。

※骨盤前傾や正しいドリブル姿勢を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
骨盤前傾で身体能力をアップ!一流サッカー選手の特徴とは?
サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

スポンサーリンク

【まとめ】

これまでフィジカルコンタクトの基本、日本サッカーの現状と問題点、中田英寿の例と日本人の可能性、中田のスキルなどを解説しました。

特に日本のサッカー界は、自らフィジカルコンタクトが苦手と決めつけて、これを避け続けた歴史を繰り返しています。

これに対して、中田のスキルは練習しだいで誰でも身に付けることが出来ますし、決して中田だけが特別なのではありません。

しかも、世界で通用する!と証明しているので、日本人は決して苦手ではないのです。

私が日本サッカー協会に提言するとしたら、世界と戦うためにはフィジカルコンタクトを避け続けるのではなく、中田を見習って気付いてほしいということです。

そうすることで、日本のサッカーが進歩するのです。

ぜひ育成年代の子供たちには、中田のテクニックを参考に正しいフィジカルコンタクトのスキルを身に付け、世界的な選手になってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com