ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

マークを外す時に大切な2つのこと!大人のサッカーを目指そう

マークを外す時にとても大切なことが2つあります。

特にジュニア年代では、これらを意識するだけでマークの外し方はもちろん、グループ戦術などの大人のサッカーが簡単に覚えられます。

そこで、今回はマークを外す時に大切な2つの点について解説します。

1.マークの特性を理解する

マークを外す時は、どうしても自分から先に動く…というように自分本位で考えがちです。

でもそうではなく最初に考えるべきことは、マークはどのように動くのか?というディフェンス側の特性を理解しましょう。

その際、特に大切な点が2つあります。

1.マークを外そうとするとマークは付いてくる
2.マークはボールウォッチャーになりやすい

この場合、マークを上手く外せない子は、マークのポジショニングや特徴をきちんと理解していないからです。

そこで、先ずはこの点についてきちんと覚えましょう。

(1)マークのポジショニング

マークのポジションニングで重要な点は3つありますが、これは同時に守備の原則でもあります。

① マークする相手とゴールを結ぶ延長線上

これはゴールを守るという発想から来るものですが、マークする相手とゴールを結んだ延長線上にポジションを取るのが基本です。

これは守備の基本がボールとゴールを結ぶ延長線上に立つ…というのと同じです。

もちろん、常にこうしたポジションを取るわけではなく、ピッチ内のボールの位置関係によっていろいろと変わって来ます。

例えば、ゴール前のクロスやコーナーキックでは、相手は自分の前にあるスペースを使ってシュートしようとすることが多いので、それを防ぐために次のようなマークをします。

この場合、(A)と(B)は相手よりもゴールに近いポジションを取って、シュートを打たせないために密着した状態になります。

また(C)はホールディング覚悟で相手を自由に動かさないもので、(D)は自分の背中を使って相手の前にあるスペースを使わせないようにするものです。

このようにゴール前とそれ以外の場所でのポジショニングは異なりますが、ゴールを守るという発想は変わりません。

② 視野の確保

これはボールと相手の両方を視野に入れるということで、先ほどの「①ゴールを守る」よりも難易度が高くなります。

この場合、間接視野を使ってボールと相手の両方を見るわけですが、これは簡単に出来そうで実はそうでもありません。

そもそも、ヒトが正面を見る時の視野は左右で約200度の範囲ですが、そのうちの中心視野は約5度の範囲になり、これ以外は全て周辺視野になります。

また試合中は、敵・味方・ボールの動きが激しいので、周辺視野の範囲はもっと狭くなります(高速道路を運転するのと同じ)。

そうすると、よほど注意しない限り中心視野の約5度の範囲しか見ていない状態…、つまりボールウォッチャーになりやすいということです。

しかも守備側は相手からボールを奪わなくてはいけないので、その行方から目を離すことが出来ません。

だから、どうしても相手よりもボールの方を見てしまうのです。

実際にも日本代表のセンターバックの吉田選手は、ボールウォッチャーになりやすいという欠点がありますが、プロでもこうした状態になるわけですね。

そうした点では日ごろの練習から意識して、ボールウォッチャーにならないように意識するのが大切です。

スポンサーリンク

③ マークする相手との距離

マークする相手との距離は、ゴール前とそれ以外で違ってきます。

ゴール前のポジションは、先ほども解説したようにシュートを打たせないことが最優先なので、マークする相手を自由に動かさないためにも、その距離はほぼ密着した状態になります。

これに対して通常のフィールド内では2つの点が重要です。

A.パスカットを狙う

これはマークする相手にパスが出た時に、ボールを奪うためのものです。

その場合、相手と密着し過ぎているとパスが来ないので、適度な距離を保つことも必要です(わざとパスを出させてパスカットを狙う)。

もちろん、密着してパスそのものを出させないようにすることもあります(ケースバイケース)。

B.裏を取られない

これはパスが通った場合に備えるもので、自分の裏のスペースに侵入させないことが大切です。

この場合、先ほどと同じように相手に密着し過ぎると、不意にかわされた時に裏を取られてピンチになります。

そうした意味ではパスカットを狙えて、裏を取られないという、付かず離れずの距離が必要なのです。

要するに、試合中は何が起きるのか分からないので、どのような状況に変化したとしても、柔軟な対応が出来るようなポジション取りが大切です。

(2)マークのポジショニングの特徴

これまで解説した3つの点は、ふつうはジュニア年代のうちに指導されますよね。

この場合、このうちのどれか一つを重視すれば良いというわけではなく、試合中は3つ全てを意識しましょう。

また、ゴール前ではシュートを打たさせないこと、それ以外の場所ではパスカットや裏を取られないようにする…というように、ピッチ内の場所によって動き方が変わります。

そうした中で、どんなに注意していてもボールウォッチャーになってしまう状況は起きてしまいます。

そこで、そうした点を考慮したマークの外し方も効果的でが、日本ではあまり使われていないようです(詳細については後述します)。

さて、こうしたマークの特性を理解したら、これを踏まえて具体的なマークの外し方を考えてみましょう。

この続きは下のボタンの「2」を押してください。