ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

 サッカーの感覚で大切な2つの点!育成年代に必要な意識とは?

あなたはサッカー選手として、とても大切な2つの感覚があることを知っていますか?

特に育成年代の子供たちは、これを意識するのが重要です。

そこで、今回はサッカーに大切な2つの感覚について解説します。

1.サッカーと感覚の関係

サッカーで最も重要な感覚は、次の2つに分けられます。

(1)テクニックの感覚(皮膚感覚と運動感覚)
(2)プレー中のイマジネーション(イメージ作り)

(1)テクニックの感覚

① 皮膚感覚と運動感覚

A.皮膚感覚

ヒトの全身を覆う皮膚には、触点(しょくてん)、痛点、冷点、温点という4つの感覚点があり、いずれもセンサーの役割を持っています。

また、この感覚点で得た情報は神経を通じて即座に脳に送られることで、何かに触れた、痛い、冷たい、暖かいと認識するのです。

このうちサッカーで大切なのは、触点になります。

触点は、肌(特に足)にボールが触れたり当たったりした時の感覚点ですが、これは痛点に比べて約1/10程度しかありません。

その理由は、防衛本能として痛点がたくさんあることでケガや病気に早く気付くためですが、触覚はただちにこうした危険を察知するようには出来ていないのです。

さらに触点は体の部位によって感度が違っていて、手の指の感度が最も高くなっています。

また足と手の指の感度を比べると、足の指は手の指の1/3~1/4の感度しかないので、日常生活では感覚が鈍いです。

この場合、ボールに触れたなどの触点の感覚は脳で感じますが、こうした刺激を脳細胞に与え続けると活発に動いて敏感になります。

ところが、与えないと脳細胞がどんどん死滅して退化するのです。

だから、出来るだけボールに触って触点を刺激しないと繊細なボール感覚が身に付かないわけですね。

B.運動感覚

運動感覚とは、ヒトが運動する時に筋、腱、関節内に備わっているセンサーが、体の動きを感知して、その情報を脳に送ることで、動きの善し悪しの判断材料を提供します。

例えばボールを蹴る場合は、ヒザや足首の角度、ヒザを振る時の力加減(パワーとスピード)などを感知して脳に情報を送ります。

この場合、上手く蹴れない時は「バックスイングを大きくしてみよう」とか「インパンクトを強くしてみよう」というように、いろいろと蹴り方を工夫しますよね。

そうした時に、先ほどの筋、腱、関節内のセンサーが体の動きを感知しているからこそ、自分のキックフォームが正しいか間違っているのかが判断できるわけです。

もしも、こうした運動感覚が鈍いといつまで経っても上手く蹴れません。

でも、先ほどの皮膚感覚と同様に、たくさん蹴って、筋、腱、関節内のセンサーに頻繁に感知させる…、つまり刺激を与え続けることで脳細胞は活発に動きます。

そうすることで、脳が正しい体の動きを覚えて上手く蹴れるようになるのです。

スポンサーリンク

② テクニックの正確さと感覚は比例する

テクニックの正確さは、先ほどの皮膚感覚や運動感覚の敏感さや繊細さに比例します。

これはどういうことかと言うと、寿司職人を例にして考えてみましょう。

あなたが寿司屋に行ってマグロの大トロを注文して二つの寿司が皿に乗って出て来た時、腕の良い職人であればネタ・シャリとも同じ分量の寿司が出て来ますよね。

不思議だと思いませんか?

寿司職人はロボットではなく人間ですよね。

これを先ほどの皮膚感覚や運動感覚で考えると、寿司職人は手の指で同じ分量を見定める…という感覚を脳が覚えているわけですね。

だから、何度でも同じような寿司が握れるのです。

これは、サッカーのテクニックの正確さにも同じことが言えます。

子供がボールの蹴り方をきちんと覚えて、そして狙ったところに百発百中で蹴れるようになるためには反復練習が必要ですよね。

その時、いくら見よう見まねで覚えたとしても、それは形を覚えただけでしかありません。

この場合、そもそもボールを蹴る瞬間は、足がどのように当たっているのか…なんてことは、実際に見れませんよね。

そうすると否が応でも足の皮膚感覚に頼るしかないのです。

だから何気なく蹴っていたとしたら、決して上手くなりません。

特にサッカーが上手くなる子は、こうした感覚を自分なりに感じ取って大切にしています。

そうして成長して一流選手になったのが、メッシやマラドーナではないでしょうか?

しかも、一流選手になればなるほど、基礎基本のテクニックをたくさん練習しますが、これは自分の感覚のズレがないかの確認作業になります。

つまりボールが足に当たったという皮膚感覚(足の指の触点)や、どのように足を動かしたのか?という運動感覚を意識することで、初めて正確な蹴り方が身に付くのです。

そうした意味では、テクニックの正確さを形だけに目を向けるのではなく、最終的には感覚が重要になるわけですね。

さて次は、感覚を身に付けるために大切なことを解説します。

ぜひ参考にしてください。

※この続きは下のボタン「2」を押してください。