ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ショートカウンターとは?初心者でも分かりやすく解説!

ショートカウンターは弱者が強者を倒すための攻撃戦術として登場しましたが、今や世界中の多くのチームで使われています。

そこで今回はショートカウンターについて、サッカー初心者でも分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

1.ショートカウンターの特徴

(1)ショートカウンターとは

ショートカウンターは、次の動画のように相手陣内または相手陣内に近い場所でボールを奪って速く攻撃するカウンター戦術です。

この場合、従来のカウンター(ロングカウンター)との最も大きな違いはゴールまでの距離です。

次のようにピッチを3分割するとAとBのエリアがショートカウンターで、Cがロングカウンターと考えれば良いでしょう(ロングカウンターの特徴は後述します)。

その際、ショートカウンターを成功させるためには3つの考え方が必要です。

そこで次にこの点について解説します。

(2)ショートカウンターの3つの考え方

ショートカウンターを上手く決めるためには、チーム全員が次の3つの考え方を共有する必要があります。

① ハイプレス
② 縦の攻撃
③ 数的優位

① ハイプレス

先ほどのピッチを3分割した画像によれば、ハイプレスを仕掛ける場所はAとBになります。

その際、それぞれのエリアでの守備の仕方は異なります。

先ずAでは、次の動画の前半のシーンのように相手のビルドアップを狙ってプレスを掛けます。

その際、縦パスを入れさせないようにFWやSHが協力してパスコースを切り、出来るだけサイドにパスを出させるようにしましょう。

なぜなら、ボランチなどの中にいる選手にパスが入ると相手が攻撃しやすくなるからです(攻撃の起点になる)。

これに対して相手のサイドハーフにパスが出たとしても、サイドラインに追い込んだり、囲い込むことでボールを奪いやすくなります。

そこで先ずは前線の選手が頑張って、ディフェンスラインからの縦パスを阻止しましょう。

次にBでは、サイドハーフやボランチにパスが出たところを狙ってプレスを掛けます。

次の動画はボランチにパスが出たところを狙ったものですが、これは二列目の選手と協力したハイプレスになります。

また次の動画はサイドハーフにパスが出たところを狙ったものですが、これはサイドラインの狭い場所に追い込みながら囲い込んだものです。

もしもピッチを三分割したBのエリアでボールを奪えない場合、相手はポゼッションでパスを回し始めるので、いったんショートカウンターを狙うのは止めてゾーンディフェンスに切り替えた方が良いでしょう。

なぜならいつまでもショートカウンターにこだわっていたら、次のように自分の裏のスペースを狙われてしまうからです(ハイプレスをすると自分の裏にスペースが出来る)。

そうならないためにも、どこまでハイプレスを続けるのか?という判断はとても大切です。

② 縦の攻撃

カウンターで攻撃する場合は、ショートカウンターでもロングカウンターでも次のようにペナルティエリアの幅で相手ゴールに向かうのが鉄則です。

なぜなら、いったんサイドに開いてしまうとゴールに向かうまでの時間が遅くなり、また距離が遠くなるからです。

まるで道草を食っているのと同じですよね。

これは当たり前のことのように思えますが、少年サッカーの試合ではこうしたことがよく起こります。

例えばハイプレスからボールを奪ってサイドを突破すると、観客がもの凄い歓声になりますよね。

でも落ち着いて考えてください。

そもそもサイドに行ったら、今度はクロスを蹴って中にボールを入れないとシュート出来ないのです。

しかも、その間に相手のディフェンスラインはゴール前に戻ってしまうことが多いですよね。

そうした意味でカウンターは縦の攻撃が基本なので、ぜひ徹底しましょう。

③ 数的優位

ショートカウンターは、相手のディフェンスラインや二列目でパスを受けた選手からボールを奪って攻撃をすることが多いですよね(先ほどのハイプレスと同じ)。

その際、相手との数的優位を意識するのも大切です。

次の動画は相手のビルドアップの時に、右サイドバックからボランチへのパスミスのボールを奪ってそのままショートカウンターをした様子です。

こうした場合、数的優位が出来やすくなります。

これは次のシーンを見るとよく分かりますが、右サイドバックがボランチにパスを出す前のディフェンスラインの様子に着目してください。

この時、ビルドアップで相手のプレスをかわすため、ディフェンダー間の距離を広くしていますよね。

その後、ボランチへのパスミスのボールを奪ってFWにパスをするのですが、この時のディフェンスラインは未だお互いの距離を縮められずに開いたままです。

そうするとA・Bとセンターバックの関係では、2対1の数的優位が作れるわけですね。

したがって、こうした数的優位になりやすい状況をあらかじめ予測するとショートカウンターからゴールを決めやすくなります。

もちろんパスの受け手のAの素早い反応も必要ですし、相手のパスミスを逃さずにボールを奪うというしたたかさも大切です。

そうした意味ではこれまで解説した3つのポイントをチーム全員が共有し、素早く連動してゴールを目指すことが重要なのです。

その場合、90分間ハイプレスを続けてショートカウンターを狙うのは、体力的な問題もあるのでかなり難しいでしょう。

そこで試合中の体力の温存や正しい判断力を身に付けることも大切です。

以上がショートカウンターの特徴ですが、次はロングカウンターとの関係について考えてみましょう。

2.ロングカウンターとの関係

(1)ロングカウンターとの違い

ショートカウンターとロングカウンターの違いは、冒頭でも解説したとおりゴールまでの距離でしたよね。

その際、ロングカウンターを仕掛ける時はペナルティエリアの幅の中でゴールに向かうのも重要…と解説しています。

次の動画はドイツのブンデスリーグのカウンターアタックの様子ですが、どのチームも真っ直ぐゴールに向かっていますよね。

実は、それとは別にもう一つ着目していただきたいのが、ゴール前まで攻め込まれた場合、ボールを奪ったら即座にカウンターを仕掛ける意識をチーム全員がきちんと共有していることです。

もしもそうした意識を共有していなければ、このような攻撃に即座に移れないはずです。

ちまたでは、ロングカウンターはディフェンスラインを引いて相手に攻め込ませてワンチャンスを狙うのが特徴と言われています。

でも特徴はそれだけだと思いますか?

ちなみに日本ではこうした攻撃がやや少ないようですが、それには理由があると思います。

2018ロシアワールドカップのベルギー戦の試合終了間際のロングカウンターはベルギーの戦術という点もありますが、むしろベルギーの選手たちがワンチャンスを狙うという、したたかさや経験値があったから出来たプレーではないかと思います。

つまり日本人にはそうした駆け引きの経験があまりないので、見事にやられてしまったというわけですね。

私が思うにJリーグでもショートカウンターが普及したのは、ハイプレスを機械的にやってボールを奪うだけなので、日本人の苦手なマリーシアのような「駆け引き」が必要ないからだと考えています。

要するにショートカウンターは日本人でも出来る、比較的簡単な戦術というわけですね。

ところがロングカウンターは、やはりしたたかさと経験に裏打ちされた駆け引きが必要です。

そうした意味でショートカウンターとロングカウンターの違いは、単なるゴールまでの距離などだけではなく、「駆け引き」にあるのではないでしょうか?

そうした点は意外と多くの日本人が気付いていないので、ぜひ学ぶべきだと思います。

(2)ショートカウンターが広まった理由

ショートカウンターはハイプレス戦術と合わせて、弱者が強者を倒す戦術として生み出されました。

特に有名なのはモウリーニョが監督していた時代のレアルマドリードです。

それまでのリーガエスバニョーラではグアルディオラ監督が率いたFCバルセロナが無敵の状態で、どのチームもゴール前まで引いて守ってロングカウンターを狙うだけでした。

ところがそうした戦術を取っていても、結局は失点して負けてしまうのです。

その理由はバルサの攻撃スタイルにあります。

バルサの選手たちは10m程度のショートパスを前後左右に繋ぎながら攻めますが、この時、相手はボールが動くたびにプレスをかけようとします。

これに対してバルサはこうしたパスを延々と続けるので、相手もプレスを掛け続けて体力を奪われることから徐々にその動きが散漫になって行きます。

そうすると相手はきちんとゾーンディフェンスで守っているつもりでも、やがてあちらこちらにスペースが出来るので、そこを狙われて失点を重ねてしまうわけですね。

これに対してモウリーニョが編み出した戦術は、ディフェンスラインを高く保ち、状況に応じてマンマークに近い状態でハイプレスをかけつつ、ワンチャンスを狙ってバルサの選手からボールを奪いショートカウンターを仕掛けるものでした。

特にサイドハーフのクリスチアーノ・ロナウドやアンヘル・ディマリアの走力を活かした攻撃は見事なものです。

こうした戦術はモウリーニョがACミランの監督時代にも採用していましたが、スター選手ぞろいのレアルマドリードでも徹底出来たのは、やはりモウリーニョの指導力の高さによるものでしょう。

いずれにしても、こうしたモウリーニョの功績により、やがて他のチームにもショートカウンターが広まったわけですね(とは言ってもブラジルではかなり前から使っていました)。

もちろんロングカウンターは、今でもいろいろなチームで使われています。

この場合、従来のような引いて守ってロングカウンターという守備面を重視するだけの戦法は少なくったように思います。

むしろ今では、先ほどのブンデスリーグのような試合中の局面に応じた駆け引きの中で使うケースが多くなったように感じます(わざと攻め込ませるような戦術)。

ところで、ショートカウンター戦術と対極にあるのがFCバルセロナに代表されるポゼッション戦術ですよね。

そこで次にポゼッションとの関係について考えてみましょう。

スポンサーリンク

3.ポゼッションの使い分け

(1)FCバルセロナとショートカウンター

FCバルセロナの戦術と言えば、たぶん多くの方が華麗なパスワークを想像すると思います。

また日本のジュニア年代でもポゼッション型のパスサッカーの指導が多いですよね。

でも勘違いしないでください。

バルサはチキタカだけではなく、ショートカウンターもよく使います。

次の動画はMSNの3トップの頃の様子ですが、バルサはこのように得点することも多いです。

要するにバルサはチキタカとショートカウンターを併用しているわけですね。

日本ではバルサのチキタカという一面だけを見て「面白いサッカー」と評されることが多いですが、そうした見方は単なる浅はかな考えなので止めた方が良いでしょう。

また少年サッカーにポゼッションのパスサッカーを取り入れるのであれば、同時にショートカウンターも合わせて指導するべきです。

つまり緩急を取り交ぜた攻撃スタイルを覚えさせる…というわけですね。

そうしないと子供たちにサッカー本来の戦術的な思考が身に付かないと思います。

そうした意味では、日本の指導者も再考するべきでしょう。

(2)日本代表とショートカウンター

歴代の日本代表の戦い方を見ると、現代的なショートカウンターを戦術としてきちんと使い始めたのは森保監督になってからではないかと思います。

その理由は、それまでの日本代表の守備がショートカウンターの前提となるハイプレスを上手く使いこなせなかったからです。

例えばそれまでの日本代表がハイプレスを仕掛けると、相手はロングキックを使ってディフェンスラインの裏を狙うので、それを警戒して思い切ったラインの押し上げが出来なくなっていました。

これは相手のロングボールや裏を狙う動きに対応できるだけの優秀なセンターバックが育たないという、致命的な問題が原因かも知れません。

特にWカップアジア予選の中東のチームはロングボールを多用するので、ディフェンスライン(特にセンターバックの吉田)が警戒してハイラインに消極的だったようです。

そうするとせっかく前線でハイプレスを仕掛けても、ディフェンスラインが上がらなければ、前線、中盤、ディフェンスラインが縦に間延びしてしまいますよね。

そうして出来たスペースを突かれてピンチになるシーンが多かったと思います。

こうした状況は、チームとしてラインを高くするという意識が選手に浸透していなかったのでしょう。

その一方で海外のチームでは4バックシステムの場合、相手陣内で攻撃する時のセンターバックはセンターラインあたりで2バック体勢になって攻撃の人数を増やします。

これに対して日本では裏を取られるのを警戒するためか、どうしても3バック体勢になってしまうため、攻撃の人数が足りなくなるという問題がありました(たった一人の差でも大きな問題です)。

つまりショートカウンターを狙う意識はあっても、肝心のハイプレスが上手く行かないということですね。

その一方でハイプレスは体力の消耗が激しいため、試合後半まで続きません。

特にハリルジャパンの頃はこうした欠点がハッキリ見えており、試合が進むにつれて個々の選手の運動量が落ち、それまで維持していたハイラインやコンパクトな守備陣形が保てなくなることが多かったです。

そうした点で運動量の多い井手口、山口蛍、原口などの起用が多くなり、本田や香川の出場機会は少なくなりました。

ちなみに、日本ではザックジャパンの一時期ハイプレスを採用したことがあります。

ところが選手たちの戦術理解度が乏しいためか、結局はバルサのチキタカを真似しただけになり、2014ブラジルWカップで惨敗しています。

その後、森保ジャパンになって現代型のハイプレス戦術を取り入れたわけですが、3バックシステムが上手く行かないことも関係して2019年時点では道半ばと言ったところでしょう。

そもそもショートカウンターはハイプレス戦術と合わせて弱者が強者を倒す戦術として進化したものですが、今やブラジル代表を始めとした各国の代表チームも積極的に取り入れています。

これに対して日本は未だ強者にさえなっていません。

しかも日本代表は育成年代にとってお手本の存在であるべきです。

そうした意味では、ぜひショートカウンターを戦術としてきちんと確立してほしいと思います。

4.まとめ

これまでショートカウンターについて、いろいろと解説してきました。

ショートカウンターを上手く決めるためには、チーム全員が次の3つの考え方を共有することが大切です。

① ハイプレス
② 縦の攻撃
③ 数的優位

またロングカウンターとの関係では単なるゴールまでの距離だけの問題ではなく、経験に裏打ちされた駆け引きを身に付ける必要があります。

さらにポゼッションとの使い分けとして、FCバルセロナもチキタカとショートカウンターを併用しているので、そうした点は育成年代の子供たちにきちんと理解させましょう。

その一方で日本は未だサッカー後進国なので、そうした意味ではショートカウンターを戦術としてきちんと確立してほしいと思います。

ぜひ多くの子供たちがショートカウンターを正しく覚えて成長してほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com