ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

肩トラップの正しいやり方と練習法!

サッカーの肩トラップはコツを掴めば意外と簡単です。

そこで今回は、肩トラップの正しいやり方と練習法について解説します。

※この記事は2つのページに分かれているので、順番に読んでも良いですし、直接それぞれのページを読んでいただいても結構です。

1ページ目(このページに書いてあります)
【正しいやり方】

2ページ目(←クリック!)
【練習法】
【まとめ】

スポンサーリンク

【正しいやり方】

(1)肩に当てるコツ

肩トラップはボールを肩に当てることそのものが難しいので、試合中で使うことは滅多にないでしょう。

それではどうして難しいのか?というと、それはヒトの肩の形状と関係します。

そもそもヒトは自然体の時、次のように首から肩までのラインが下がっていますよね。

またこの形状は、筋肉が付けば付くほどラインのが下がり方がハッキリします。

そこでプロはどのようにやるのかというと実は簡単で、次のように腕を上げて首から肩までのラインを水平にするのです。

この場合、ロナウジーニョは腕を水平まで上げ、ジダンは腕を頭上にまで上げていますよね。

これが肩トラップの最大のコツです。

こうした仕組みはリフティングと同じで、この場合はボールが当たる足の面(インステップやコントロールタッチ)を水平にしますよね。

つまりリフティングの仕組みは、そのままトラップにも応用できるのです。

このようにコツさえつかめば小学校低学年でも出来るので、ぜひ覚えましょう。

(2)どこでも止められるようにする

肩トラップはどこにボールを当てれば良いのか?というと、これは他のトラップと同じで正解がありません。

基本的には、自分がコントロールしやすい場所を使えば良いのです。

例えば、肩の真ん中、首に近い方、肩の前側(胸に近い方)、肩の後ろ側(肩甲骨に近い方)など、いろいろあります。

また、左右とも使えるようにしましょう。

その際の注意点は、二の腕に近いとハンドになる可能性があるので注意してください。

これに対して、例えば肩の真ん中がやりやすいからと言って、トラップの場所を一つに決めてはダメです。

なぜなら一つの場所に決めると、そこでしか正確なコントロールが出来なくなるからです。

そうではなく、どこでも使えるようにしましょう。

また試合中は、いつも自分に都合の良いボールが飛んで来るとは限りません。

そうした意味で自分のコントロールしやすい場所があったとしても、それ以外の部分でもきちんとトラップできるようにしましょう。

(3)ボールコントロールのやり方

肩トラップのボールコントロールで大切なことは2つあります。

一つ目はボールを肩に当てるだけで良く、二つ目は肩に当てた後に利き足でボールをタッチすることです。

①肩に当てるだけ

飛んできたボールは肩に当てるだけで、やや浮いた後にそのまま地面に落ちます。

次の動画のプロのトラップを見るとよく分かります。

その際、クッションコントロールと同じイメージで全身を脱力すると上手く行きます。

これは布団にボールを落とすとホールの勢いを吸収する…という仕組みと同じですね。

また軽くジャンプした時も自然に全身が脱力するので、同じようなクッションになります。

②利き足でタッチ

ボールを肩に当てて地面に落とした後は、出来るだけ利き足でタッチするようにしましょう。

そもそもサッカー選手のボールの置き場は利き足であって、これは世界標準です。

これに対して日本では両足を均等に使えるようにする…という発想があるため、幼少期から股の間にボールを置くクセが染み付いています。

日本代表の選手たちでさえ、そんな姿がよく見られますよね。

そうするとトラップの後でドリブルやキックに切り替える時に、いったん足の前にボールを出さないと次のプレーが出来ません。

そうした意味で日本ではボールの置き場を一定にする…という考え方はほとんどないので、注意しましょう。

さて次は練習法について解説します。

スポンサーリンク

この続きは下の四角のボタン「2」を押してください。