ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!

一本歯下駄は、全身のバネ作用を呼び覚まし身体能力がアップします。
もちろん、子供から大人まで誰でも手軽に出来るので、数多くの方に試してほしいと思います。
そこで、今回は一本歯下駄が身体能力アップに効果がある理由を詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.一本歯下駄トレーニングの効果とタイツ先生

(1)タイツ先生の紹介

タイツ先生こと吉澤雅之さんは、自然身体構造研究所の所長で大学の先生です。
球技から武道までのあらゆるスポーツ科学の研究者で、神経医学、哲学、東洋思想、認知科学、物理学、ロボット工学にも精通しています。
また、サッカー、野球、バスケットボールなど、いろいろな選手やチームを指導しています。
次の動画でも、一本歯下駄の効果を解説しています。

一本歯下駄は、タイツ先生以外にもいろいろな方が普及活動をしています。
でも、スポーツに特化した効果的なトレーニング法を開発したのはタイツ先生だけだと思います。

(2)一本歯下駄の効果と私の息子

私の息子「とも」は幼少期から身体能力が低く、どちらかと言えば運動音痴でした。
小学校二年生の時にタイツ先生に出会い、一本歯下駄を使ったいろいろなトレーニングを続けたところ、身体能力アップに飛躍的な効果がありました。

次の動画は「とも」が中学一年生の頃の様子で、全身のバネ作用を使ったインフロントキックを蹴っています。
また全身をリラックスさせているので、余計な力は一切使っていません。
この時の飛距離は35m程度ですが、実際には50m以上飛ばすことが出来ます。

こちらの動画は小学五年生の運動会のリレーです。
やはりリラックスしながらも、スピードに乗って走り切る様子が分かると思います。
ちなみに、こうして足が速くなったのは、一本歯下駄によってバネ作用が覚醒した効果の証です。

一本歯下駄を通じてタイツ先生に出会わなかったら、現在の「とも」はなかったかも知れません。

さて、それでは一本歯下駄トレーニングには、どのような特徴があるのか?
そこで、次に詳しく解説します。

スポンサーリンク

2.一本歯下駄トレーニングの特徴

(1)全身をリラックスする

一本歯下駄を履いて全身をリラックスしながら運動することで、身体能力が効果的にアップします。
だから、筋トレのように身体に負荷をかける必要はありません。
つまり、従来型の練習のように身体を疲れさせるようなことはしないのです。

一本歯下駄を履いてリラックスして練習する子供

むしろ、全身の力を抜いて、筋肉や骨格をスムーズに動かすようにするのが狙いです。
そうすることで、全身のバネ作用を覚醒させて、筋出力も最大化するという効果があるのです。

ちなみに、筋出力の最大化とは、自分の筋肉が本来持っているパワーの全てを余すことなく発揮することです。

(2)手軽で簡単に出来る

一本歯下駄を履いていろいろな動きをするだけなので、手軽で簡単に誰でも出来ますし、難しいことは一切ありません。
一日あたり10~30分程度で十分です。
必要以上に頑張ってしまうと疲れるので、かえって効果が落ちます。

グラウンドや公園の片隅など、ほんのわずかなスペースがあればいつでも出来ます。
自宅の庭でトレーニングしても良いでしょう。

それでは次に、こうした特徴を持つ一本歯下駄が、身体能力のアップにどのような効果があるのか?という点について詳しく解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは【おススメ記事一覧】の下にある四角のボタン「2」を押してください。