少年サッカー育成ドットコム

ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

身体能力開発

一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!

投稿日:2018年5月5日 更新日:

一本歯下駄を履いて走る子供

一本歯下駄は、全身のバネ作用を呼び覚まし身体能力がアップします。
もちろん、子供から大人まで誰でも手軽に出来るので、数多くの方に試してほしいと思います。
そこで、今回は一本歯下駄が身体能力アップに効果がある理由を詳しく解説します。

1.一本歯下駄の効果とタイツ先生

(1)タイツ先生の紹介

タイツ先生こと吉澤雅之さんは、自然身体構造研究所の所長で大学の先生です。
球技から武道までのあらゆるスポーツ科学の研究者で、神経医学、哲学、東洋思想、認知科学、物理学、ロボット工学にも精通しています。
また、サッカー、野球、バスケットボールなど、いろいろな選手やチームを指導しています。
次の動画でも、一本歯下駄の効果を解説しています。


一本歯下駄は、タイツ先生以外にもいろいろな方が普及活動をしています。
でも、スポーツに特化した効果的なトレーニング法を開発したのはタイツ先生だけだと思います。

(2)一本歯下駄の効果と私の息子

私の息子「とも」は幼少期から身体能力が低く、どちらかと言えば運動音痴でした。
小学校二年生の時にタイツ先生に出会い、一本歯下駄を使ったいろいろなトレーニングを続けたところ、身体能力アップに飛躍的な効果がありました。

次の動画は「とも」が中学一年生の頃の様子で、全身のバネ作用を使ったロングキックを蹴っています。
また全身をリラックスさせているので、余計な力は一切使っていません。
この時の飛距離は35m程度ですが、実際には50m以上飛ばすことが出来ます。

こちらの動画は小学五年生の運動会のリレーです。
やはりリラックスしながらも、スピードに乗って走り切る様子が分かると思います。
ちなみに、こうして足が速くなったのは、一本歯下駄によってバネ作用が覚醒した効果の証です。


一本歯下駄を通じてタイツ先生に出会わなかったら、現在の「とも」はなかったかも知れません。

さて、それでは一本歯下駄には、どのような特徴があるのか?
そこで、次に詳しく解説します。

スポンサーリンク

2.一本歯下駄の特徴

(1)全身をリラックスする

一本歯下駄は、全身をリラックスしていろいろな動きをすることで身体能力が効果的にアップします。
だから、筋トレのように身体に負荷をかける必要はありません。
つまり、従来型の練習のように身体を疲れさせるようなことはしないのです。
一本歯下駄を履いてリラックスして練習する子供
むしろ、全身の力を抜いて筋肉や骨格をスムーズに動かすようにするのが狙いです。
そうすることで、全身のバネ作用を覚醒させて、筋出力も最大化するという効果があるのです。

ちなみに、筋出力の最大化とは自分の筋肉が本来持っているパワーの全てを余すことなく発揮することです。

(2)手軽で簡単に出来る

一本歯下駄を履いていろいろな動きをするだけなので、手軽で簡単に誰でも出来ますし、難しいことは一切ありません。
一日あたり10~30分程度で十分です。
必要以上に頑張ってしまうと疲れるので、かえって効果が落ちます。


グラウンドや公園の片隅など、ほんのわずかなスペースがあればいつでも出来ます。
自宅の庭でトレーニングしても良いでしょう。

それでは、こうした特徴を持つ一本歯下駄が、身体能力のアップにどのような効果があるのか?
その点について、次に解説します。

スポンサーリンク

3.一本歯下駄の効果

一本歯下駄は、全身のバネ作用を目覚めさせることが目的です。
このバネ作用が身体能力をアップさせるという点で、次の5つの効果があります。

(1)バランス感覚が身に付く

一本歯下駄を履いて身体を不安定な状態にすると、本能的に全身の骨格と筋肉が連動してバランスを保とうとします。
それによって、バランス感覚が安定するのです。

一本歯下駄はふつうの下駄と違って歯が一本しかありません。
履いているだけでもバランスを取るのが大変ですが、10~15分くらいですぐに慣れます。
一本歯下駄を履いてバランスを取りながら歩く子供
その後、一本歯下駄を脱いで、歩いたり走ったりすると「ふわふわ」とした独特な感覚が起こります。
このような身体の変化は、全身の骨格と筋肉が連動し始めたサインです。

さらに2~3週間くらい経つと、ふわふわした感じは消えて行きます。
そうなると、全身の骨格と筋肉が本格的に連動したサインです。

ふつう、身体能力の高い選手の特徴はバランス感覚が安定しています。
バランス感覚が安定しているからこそ、全身のバネ作用が発揮できるのです。

(2)全身のバネ作用の覚醒

一本歯下駄を履いてジャンプする子供
身体能力の高いサッカー選手は、全身のバネ作用が使いこなせます。
全身のバネ作用とは、下半身から上半身までの全ての骨格と筋肉を使うということです。

ヒトの骨格は200個程度ですが、その大部分は上半身にあります。
筋肉量に関しては全体の70%が下半身にありますが、数に関しては圧倒的に上半身に多いです。

ところが、日本のサッカー選手は上半身をほとんど使わずに、下半身の力に頼ったプレーをする傾向があります。
この場合、上半身と下半身の体重比は6対4で上半身の方が重たいです。
つまり、下半身の力に頼った動きというのは、重たい荷物を背負ってプレーするようなものです。

また下半身だけを動力源にするということは、上半身の潜在的なパワーを無駄にしています。
いわば、燃費の悪い自動車を運転するようなもので、極めて非効率な身体の使い方です。

こうした全身のバネ作用は、上半身の骨格と筋肉も使えるようになって、初めて実現するものなのです。

(3)高重心になる

全身のバネ作用が使えるということは、上半身の骨格と筋肉も連動しているということです。
そうすると、重心の位置が高くなって胸辺りに来ます。

例えば、メッシのドリブルはまるで操り人形のような軽やかなフットワークです。
このような動きが出来る秘密は、身体重心が胸辺りにある証拠なのです。

日本のサッカー選手は、下半身に頼ったプレーが多いので低重心になりやすいです。
そうすると、ドリブル、キック、トラップなど、サッカーのプレーのパフォーマンスも落ちるのです。

(4)土踏まずのアーチと足指が鍛えられる

一本歯下駄を履くと土踏まずのアーチと足指を鍛えることが出来ます。

①土踏まずのアーチ

一本歯下駄を履いて歩くだけでも、土踏まずのアーチ構造が発達します。
そうすると、現代人に起こりがちな偏平足を改善します。
偏平足になると、足首、足底筋膜、かかとなどが痛くなりますが、そうした場合でも一本歯下駄を履くだけで予防効果があるのです。

②足の指

靴を履くと足の指が動きにくくなります。
そうすると、足の指が密着してグリップ力が低下します。
ところが、一本歯下駄を履くと親指と人差し指が鼻緒を掴もうとします。
そうすると、他の三本の指も連動するので、自然とグリップ力が強化されます。

(5)二軸動作が身に付く

一本歯下駄を履くと、全身の骨格と筋肉が連携するので、自然と二軸動作が身に付きます。
一本歯下駄を履いて二軸動作を意識して走る子供
なぜなら、一本歯という不安定な状態で運動すると、左右のバランスを上手く取らないと転倒するからです。

左右のバランスを取るということは、左右の軸を常に切り替えるということです。
そうすると、いつの間にか二軸動作が身に付くわけです。

つまり、二軸動作の習得はバランス感覚と密接な関係があるわけです。

ところが、ふつうの靴を履いて歩いたり走ったりしても、一軸動作(中心軸)のままです。
その理由は、歩行時の地面や路面は常に平坦なため、あえてバランスを取る必要がないからです。

だから、一本歯という不安定な状態を意図的に作り出して運動しない限り、二軸動作は身に付かないのです。

そうした意味でも一本歯下駄は、身体能力のアップに効果的なのです。

スポンサーリンク

4.まとめ

昔の子供はたくさんの遊びの中で、身体能力をアップさせました。
ところが、最近の子供たちはそうした機会に恵まれていません。
公園に行けば遊具が危険…。
ゲームの方が楽しい…。
そうした子供たちが成長してアスリートになったのが、今の日本のスポーツ界です。

でも、一本歯下駄を履いて歩いたり走ったりするだけで、全身のバネ作用が目覚めますし、身体能力のアップに効果を発揮します。
ぜひ、子供から大人までの数多くの方々に試してほしいと思います。

ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。
1日一回コチラをクリック!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-身体能力開発

執筆者:


  1. こうパパ より:

    こんにちは。中1の息子の父親です。
    ともパパさんのブログでいつも勉強させていただいております。
    一本歯下駄トレーニングも、このブログにUPされている動画のメニューに取り組んでいます。
    実は、このブログを読み始める前に、既に一本歯下駄を購入しており
    それが小平選手の使用していた底が半分のタイプのものです。
    この商品は、拇指球の下あたりに、歯の部分があり、一般の一本歯下駄とはちょっと違うようで、ともパパさんのコメントの「体幹やバランスを重視しただけなので、本来の一本歯下駄トレーニングとは別物」というところが気になって、追加で質問させていただきました。

    本来の一本歯下駄トレーニングをしたい場合は、一般的な一本歯下駄で行った方がよいでしょうか。
    この、底が半分の下駄の場合は、二軸走法を身に着けるには不向きでしょうか。

    ともパパさんのお考えをお聞きできればと思います。

    • ともパパ より:

      コメントをありがとうございます。

      小平選手の件は、練習法や下駄を使う目的が違うだけです。

      私の書いた記事の「一本歯下駄トレーニング」の目的は、
      1.下駄を履くことでバランスを不安定にする
      2.そのバランスを修正するために、全身の筋肉と骨格を連動させる
      というものです。

      小平選手のような下駄を初めて履いた時に、不安定感があったとしたら、それでも十分に効果は出るはずです。
      すでにトレーニングを開始しているのであれば、もう不安定感はないと思いますけど…。

      また、二軸に関しても、不安定な状態を作ることによって身に付くものです。
      だから、これも効果はあるはずです。

      せっかく購入したのですから、トレーニングを続けた方が良いと思います。
      ちなみに、下駄はシューズと同じように消耗品なので、次に買い替える時に、ふつうの一本歯下駄を購入されると良いと思います。

      • こうパパ より:

        ありがとうございました。

        一本歯下駄を使用する目的が、とてもよく理解できました。
        当面は現在のものを使用し、買い替え時に普通の一本歯下駄を購入しようと思います。

      • ともパパ より:

        どういたしまして。
        これからも頑張ってください。

  2. 杏仁 より:

    こんにちは、小平奈緒選手もトレーニングに取り入れているようで話題になっていましたね。
    ともパパさんは以前よりずっと前から推奨していましたが。
    我が家も一本足下駄の購入を検討していますが底が半分くらいしかない物もあるようです(小平選手は半分のでした)
    どちらでも違いはないでしょうか?
    とも君はクロックスでトレーニングしていましたが同様の効果が得られるのでしょうか?

    • ともパパ より:

      一本歯下駄の件ですが、

      1.小平奈緒は体幹やバランスを重視しただけなので、本来の一本歯下駄トレーニングとは別物です。
      2.「とも」は、下駄のサイズが小さくて履けないので、現在はやっていません。
      クロックスを履いているのは、あくまでも動画撮影用です。
      トレーニングの効果は全くありません。
      ご了承ください。