ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの蹴り方のコツ!膝を強く振るのは間違い?

サッカーのキックでパワーとスピードを生み出す正しい蹴り方は、足の遠心力と重さを利用することです。
ところが、日本では膝から下を強く!速く!振るのが常識とされています。
実は、こうした指導は大きな問題を起こしています。

私の息子「とも」は小学四年生のころ、膝の使い過ぎで、じん帯を損傷しました。
そこで正しい蹴り方を教えたところ、フルパワーの半分でも遠くに飛ぶようになりました。
もちろん、今ではヒザの痛みで悩むことはありません。
やはり、正しい蹴リ方を習得するのが大切なのです。

そこで、今回はサッカーの正しい蹴り方のコツと練習法、膝を強く振ることの問題点などを解説します。

スポンサーリンク

1.蹴り方の科学

自然身体構造研究所のタイツ先生こと吉澤雅之さんによれば、サッカーの一流選手は足の遠心力と重さを使ってボールを蹴る…と説明しています。

ボールを蹴る時の遠心力とは、足の縦回転運動のエネルギーです。
また足の重さを使うのは、ハンマー投げの重りのように利用するという意味です。
この場合、片足あたりの重さは体重の約18%なので、例えば体重60㎏の人であれば約10㎏分の重さ使うということです。

そこで、これらの科学的根拠について、図を使って詳しく解説しましょう。

(1)足の遠心力を使った蹴り方

キックの遠心力は足の振り幅と関係し、これによってスイングスピードを生み出します。
そこで足の遠心力について、振り子を例に考えてみましょう。
振り子
振り子の速度は最下点Cで運動エネルギー(速さ)が最大になります。
そうすると、AとBが最下点Cを通過する時の速度は、どちらの方が速いと思いますか?
答えはAですよね。
その理由は、Aの方がBよりも遠心力が大きくなるからです。

これをサッカーに例えると、バックスイングの大きさの違いになります。
バックスイングをAのように大きくすればするほど、スイングスピードが速くなるのです。
だから、遠心力を使うと大きなパワーを生み出すのです。

スポンサーリンク

(2)足の重さを使った蹴り方

足の重さを使うことで、インパクトの時にパワーを発揮します。
このパワーも物理的には運動エネルギーです。
足の重さを使ったキックのイメージ
足の重さを使うためには、股関節から下をリラックスして蹴ることが大切です。

この時、筋肉に思いっ切り力を入れてボールを蹴ったらどうなると思いますか?
ほとんどの人は遠くに飛ぶはず…と思うでしょうが、実はパワーをロスするだけです。

なぜなら、サッカーのプレーは筋肉の伸長収縮反射によってパワーを発揮するからです。

伸長収縮反射とは、筋肉をゴムのように引っ張って、反射的に縮ませるという動きです。
(例:膝振りの場合は、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を引っ張ってから縮ませる)
この時に筋肉に力を入れたとしたら、それは弾力性のない硬いゴムと同じです。
そうすると、筋肉を引っ張ることも縮ませることも十分に出来ません。

むしろリラックスした方が筋肉の伸長収縮反射が活かせます。
こういう考え方を「筋出力の最大化」と言い、自分の持つ筋肉のパワーを最大限に発揮する方法なのです。

筋肉の伸張反射は、次の記事を参考にしてください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

さて、以上の2つの考察をまとめると、ボールを蹴る時のパワーを生み出す原理は次のとおりです。
・遠心力を使ってバックスイング大きくすると、スイングスピードが速くなる。
・足の重さを使うと、インパクトのパワーを生み出す。
この2つの点が重要なのです。

そこで、次に、こうした蹴り方の練習法について解説します。

スポンサーリンク

2.蹴り方の練習法

この蹴り方を習得するのは意外と簡単です。
サッカーのキックで足の遠心力と重さを使った蹴り方の練習
股関節から下の筋肉を脱力して、振り子のようにスイングしてみましょう。
そうすると遠心力と重さを体感出来ます。
足首に重り(濡れた手ぬぐいを巻き付けても良い)を付ければ、もっと実感しやすいでしょう。

慣れてくれば、自然とスイングスピードがアップします。
そうすると、筋肉に力を入れない方が楽にヒザが振れる…と感じられるはずです。

まるで騙されたように感じるでしょうが、科学的にはこれが正しい蹴り方なのです。

さて、遠心力と重さを使う感覚に慣れたら、次は実際に蹴ってみましょう。
この時に大切なことは、リラックスして足をボールに当てる…ということだけです。
決して、遠くまで飛ばそうとしないでください。

ボールを遠くに飛ばそうとすると、かえって力んでしまい、筋肉にムダな力が入ってしまいます。
そうなると足の遠心力と重さを使えません。

一方、この感覚に慣れると足に余計な力が入らないので、ボールコントロールが正確になります。

その理由は野球を例にするとよく分かります。
試しに全力でマトに向かってボールを投げてください。
次に力を抜いて投げてください。
どちらがマトに当たりやすいですか?
力を抜いて投げた方ですよね。

サッカーの蹴り方も同じです。
リラックスして蹴ることを覚えれば、キックのボールコントロールが格段に上達するのです。
「強く蹴ってはダメ!」というアドバイス
しかも、今まで経験したこともないようなスピードとパワーも実感できます。
ぜひ、試してみてください。

さて、こうした蹴り方を覚えればヒザや足首の痛みで悩むことはなくなりますが、やはり日本での「ヒザ下を強く振る」という指導には問題があります。

そこで次に、この問題を詳しく解説します。

成長期の子供にとっては、特に大切な内容です。
ぜひお読みください!

※この続きは、四角のボタン「2」を押してください。