ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの蹴り方!膝を強く振るのは正しい?

サッカーの正しい蹴り方は、足の遠心力と重さを利用することです。

これに対して、日本では膝から下を強く!速く!振るのが常識とされています。

実は、こうした指導は大きな問題を起こしています。

そこで、今回はサッカーの正しい蹴り方と練習法、膝を強く振ることの問題点などを解説します。

1.蹴り方の科学

自然身体構造研究所の吉澤雅之さんによれば、「サッカーの一流選手は足の遠心力と重さを使ってボールを蹴る…」と解説しています。

この動画で解説している、足の遠心力とは、足を後ろから前に振る時の縦回転の運動エネルギーです。

また、足の重さを使うとは、足をハンマー投げの重りのように利用するという意味です。

この場合、片足あたりの重さは体重の約18%なので、体重60㎏の人であれば約10㎏分の重さ使って蹴るということですね。

そこで、これらの科学的根拠について、次に図を使って詳しく解説しましょう。

(1)足の遠心力を使った蹴り方

足の遠心力を使ってボールを蹴ると、スイングスピードが速くなります。

そこで、足の遠心力について、振り子を例に考えてみましょう。

振り子を動かす時の速度は、最下点Cで運動エネルギー(速さ)が最大になります。

そうすると、AとBが最下点Cを通過する時の速度は、どちらの方が速いと思いますか?

答えはAですよね。

その理由は、Aの方がBよりも振り幅が大きく、それに比例して遠心力が大きくなるからです(振り幅=遠心力)。

これをサッカーに例えると、振り幅の違いは、バックスイングの大きさと同じです。

つまり、バックスイングをAのように大きくすれば、スイングスピードが速くなるわけですね。

だから、足の遠心力を使った蹴り方が、とても大切なのです。

スポンサーリンク

(2)足の重さを使った蹴り方

足の重さを使うと、インパクトの時に大きなパワーを発揮します。

このパワーも足の遠心力と同じで、物理的には運動エネルギーです。

ハンマー投げのように、重たい物を振り回して投げる様子をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

足の重さを使うためには、股関節から下をリラックスして蹴るのが大切です。

そうすると、蹴り足が、まるで重りのように感じます(この感覚が重さを使うという意味)。

この時、もしも筋肉に思いっ切り力を入れて蹴ったら、どうなると思いますか?

ほとんどの人は、遠くに飛ぶはず…と思うでしょう。

ところが、十分なパワーを発揮できません。

なぜなら、サッカーのプレーは、筋肉の伸長収縮反射によってパワーを発揮するからです。

伸長収縮反射とは、筋肉をゴムのように伸ばして、反射的に縮ませるという反射運動です(例:膝振りの場合は、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を伸ばしてから一気に縮ませる)。

この時に筋肉に力を入れたとしたら、それは弾力性のない硬いゴムと同じなので、伸ばすことも縮めることも出来ません。

むしろリラックスした方が、筋肉の伸長収縮反射を活かせるのです。

こうした考え方を「筋出力の最大化」と言い、自分の持つ筋肉のパワーを最大限に引き出す方法です。

※筋肉の伸張反射は、次の記事を参考にしてください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

さて、以上の2つの考察をまとめると、ボールを蹴る時のスピードとパワーを生み出す原理は次のとおりです。

①遠心力を使ってバックスイング大きくすると、スイングスピードが速くなる。

②足の重さを使うと、インパクトのパワーを生み出す。

サッカーの蹴り方では、この2つの点が重要なのです。

そこで、次に蹴り方の詳しい練習法について解説します。

※この続きは、四角のボタン「2」を押してください。