ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの利き足と逆足は役割が違う!海外と日本の比較

海外のサッカー選手たちの技術の基本は、全て利き足にあります。
もちろん、このような選手たちは時々逆足を使います。
だから両足とも練習して使えるようにしないといけない…というわけではありません。

そもそも利き足と逆足はそれぞれの役割があり、メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールも試合の局面に応じて使い分けています。

そこで、今回は利き足と逆足の役割について、海外と日本のサッカーの違いを詳しく解説いたします。

 

スポンサーリンク

1.海外の選手たちの利き足の使い方

海外のトップ選手たちの利き足のレベルは極めて高いです。
だから、利き足をメインに使い、逆足をサブとして使います。
特に、相手にボールを奪われそうな激しい局面ほど利き足を利用します。

一方、逆足はレベルが低いので、利き足と同じような使い方はしません。
どちらかと言えばサブとしての役割があります。

こうした場合、大きく分けて二つの点に着目することが大切です。

(1)ドリブル、トラップ
逆足でタッチをしても一時的なものでしかないので、すぐに利き足に戻します。
その理由は常に利き足でボールを持つためです。

(2)キック
蹴る直前のタッチは、ほとんどが利き足です。
なぜなら、レベルの低い逆足でも蹴りやすい位置に正確にボールを置くためです。

二つの点に共通するのは、利き足の方が正確にコントロール出来るという点です。
その場合、逆足を使ったから両足を使えるようにしないとダメ…という結果的な見方を重視するべきではありません。
むしろ、蹴る直前の利き足の使い方が大切なのです。

次の動画でも、メッシが逆足(右足)でシュートを打つ直前のタッチは、利き足(左足)を使います。
つまり、逆足を使う時でも、その前のボールコントロールは利き足を使うべきなのです。

近年、海外のプロリーグの試合を放映する機会が増えましたよね。
Youtubeなどの動画サイトでもダイジェスト版を見ることが出来ます。

ここでの選手たちのプレーは、ほとんどが利き足を使っているという事実に気が付きませんか?
もちろん例外はあるでしょうが、利き足がメインで逆足がサブという考え方は世界標準です。

こうしたプレーは2018年のロシアワールドカップで、日本代表と対戦した国の選手たちにも共通しています。

 

スポンサーリンク

2.2018ワールドカップの選手たちの利き足

ここでは、日本代表とグループリーグで対戦したコロンビア、セネガル、ポーランドのエース級の選手たちの利き足の使い方を考えてみましょう。

(1)コロンビア

日本代表とは、2014年のブラジルワールドカップでも対戦したので、おなじみですね。
注目していただきたい選手はMFのハメス・ロドリゲスです。
ロドリゲスは、利き足の左をメインに使います。

2~3人の相手に囲まれてボールが奪われそうな時も、利き足の左で何とかしようとします。
やはり、利き足のボールコントロールには絶対的な自信があるのでしょう。

(2)セネガル

日本ではあまり馴染みのない国ですが、アフリカ予選では3次予選グループDを首位通過した強豪国です。
注目していただきたい選手はFWのサディオ・マネです。

マネは、利き足の右をメインに使います。
アフリカの選手なので身体能力の高さが目立ちますが、ボールコントロールの精度は抜群です。
また、アウトサイドで利き足側に抜くプレーはぜひ日本の子供たちにも見習ってほしいですね。

(3)ポーランド

最も注目するべき選手はFWのロベルト・レヴァンドフスキです。

日本代表の香川が所属したドルトムントでもプレーしていたのでおなじみですね。
レヴァンドフスキは、ヨーロッパ予選の得点王で典型的なストライカーです。
チームではフリーキックも蹴るので、利き足の右の精度は極めて高いです。
利き足をメインに使い、極限にまでレベルを引き上げたからこそ抜群の技術が身に付いたのです。

以上のように、いずれのプレーヤーも利き足を自由自在に使いこなしています。
またトラップ、キック、ドリブルとも、日本代表の選手たちのレベルとは比べ物にはなりません。

テレビなどで彼らの試合を見る時は、ぜひ利き足の使い方にも注目してください。

ところで、日本の育成年代の指導には利き足がメインで逆足がサブという考えはあまり見られません。
実は、こうした点が大きな問題を生んでいます。

 

スポンサーリンク

3.日本サッカーの利き足に対する現状

日本の育成年代では、海外のように利き足がメインで逆足がサブという考えがありません。
そうすると、子供たちには利き足を使って何とかしようという考えは根付かないのです。
むしろ両足を自在に使えなくてはならない…という指導が普及しています。

その結果、育成年代の子供たちには、どのような事態が起きていると思いますか?

利き足のレベルが低く、体が開き、軸の弱い選手が多くなっているのです。

一方、日本では逆足を使う場合の別の見方として、結果論的で狭い視野を持った考えも広まっています。
例えば、メッシは右足を使うこともある…、だから逆足も使えなくてはならないという発想です。

実は、これがそもそもの間違いなのです。

最も大切なことは、逆足を使う前のプレーにヒントが隠されているのです。

メッシが逆足を使う直前のドリブル

メッシが逆足を使う前に、どのようにして利き足でボールをコントロールしたのか?という過程に着目するべきです。

例えば逆足で蹴る場合は、キックしやすい安全な位置に利き足を使ってボールを運んでいるだけなのです。

つまり「メッシは右足を使うこともある…」という結果論的な考え方に固執する限り、いつまで経っても日本の育成年代は進歩しないと思います。

スポンサーリンク

4.まとめ

「メッシだって右足を使う!だから逆足も使えなくてはならない…」と、日本の子供たちは必ず一度は聞かされるはずです。

このような指導をした人たちは、果たしてメッシのプレーをきちんと分析したのだろうか?という疑問があります。
もしも、正しく理解していたら、利き足がメインで逆足がサブという使い方に気が付くはずです。

一方、小中学生の年代であれば、指導者に言われれば何らの疑問も持たずにひたすら逆足の練習を続けるでしょう。
そればかりではなく、両足でボールをこねくり回すような間違ったプレーが身に付くケースも多いです。
こうした幼少期からの両足練習の結果、軸が弱い、体が開く、利き足のレベルが低いという選手を大量生産しています。

そもそもヒトは、それほど器用な生き物ではありません。
利き足と逆足を均等に使いこなすことは、とうてい出来ないのです。

そうすると海外のように、利き足のレベルを伸ばした方が得策であるという発想が出て来るのです。
だからこそ、利き足がメインで逆足がサブという考え方に落ち着くのです。

日本はサッカー後進国ですが、これまでワールドカップに6回も出場しています。
それならば、利き足と逆足の役割も理解して良いはずです。
そうして育成された子供たちが成長することで、サッカー先進国の道を歩むのではないでしょうか?

【画像引用:Youtube.com