ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの利き足と逆足は役割が違う!海外と日本の比較

海外のサッカー選手たちの技術の基本は利き足にありますが、彼らはときどき逆足を使います。

だから、両足を練習して自由自在に使えるようにしないといけない…、というわけではありません。

そもそも利き足と逆足はそれぞれに役割があり、メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールも、試合の局面に応じて使い分けています。

そこで、今回は利き足と逆足の役割について、海外と日本のサッカーの違いを詳しく解説いたします。

1.海外の選手たちの利き足の使い方

海外のトップ選手たちの利き足のレベルは、日本人の選手に比べてとても高いです。

その場合、利き足をメインに使い、逆足をサブとして使いますが、特に相手にボールを奪われそうな厳しい局面ほど利き足を利用します。

なぜなら、彼らにとって利き足の方がレベルに絶対的な自信があるからです。

一方、逆足はレベルが低いので、利き足と同じような使い方ではなく、どちらかと言えばサブとしての役割があります。

こうした場合、大きく分けて二つの点に着目することが大切です。

(1)ドリブル、トラップ
常に利き足でボールを持つため、逆足でタッチをしても一時的なものなので、すぐに利き足に戻します。

つまり、常に利き足を優先するということですね。

(2)キック
逆足で蹴る直前のタッチは、ほとんどが利き足です。

なぜなら、レベルの低い逆足でも蹴りやすい位置に、正確にボールを置くためです。

キックでもドリブルでも、特に大切なのは、利き足の方が正確にコントロール出来るという点です。

その場合、メッシやクリロナが逆足を使ったから、両足を使えるようにしないとダメ…という、結果論的な見方をするべきではありません。

むしろ、蹴る直前の利き足の使い方の方が大切なのです。

次の動画でも、メッシが逆足(右足)でシュートを打つ直前のタッチは、利き足(左足)を使います。

つまり、逆足を使う時でも、その前のボールコントロールは利き足を使うべきなのです。

近年、海外のプロの試合を放映する機会が増えたので、Youtubeなどの動画サイトでも、ダイジェスト版を見ることが出来ますよね。

ここでの選手たちのプレーは、ほとんどが利き足を使っているという事実に気が付きませんか?

もちろん例外はあるでしょうが、利き足がメインで逆足がサブという考え方は世界標準です。

こうした傾向は、2018年のロシアワールドカップで、日本代表と対戦した国の選手たちにも共通しています。

そこで次に、ロシアワールドカップの選手たちの利き足の使い方について解説します。

スポンサーリンク

2.ロシアワールドカップの選手たちの利き足

ここでは、日本代表とグループリーグで対戦したコロンビア、セネガル、ポーランドのエース級の選手たちの利き足の使い方を考えてみましょう。

(1)コロンビア

コロンビアは2014年のブラジルワールドカップでも対戦したので、おなじみですね。

特に注目していただきたい選手は、MFのハメス・ロドリゲスです。

ハメス・ロドリゲスは、利き足の左をメインに使います。

ハメスは、2~3人の相手に囲まれてボールが奪われそうな時も、利き足の左で何とかしようとします。

やはり、利き足のボールコントロールには絶対的な自信があるのでしょう。

(2)セネガル

日本ではあまり馴染みのない国ですが、アフリカ予選では3次予選グループDを首位通過した強豪国です。

特に注目していただきたい選手は、FWのサディオ・マネです。

マネは、利き足の右をメインに使います。

アフリカの選手なので身体能力の高さが目立ちますが、ボールコントロールの精度は抜群です。

特にアウトサイドで利き足側に抜くプレーは、ぜひ日本の子供たちにも見習ってほしいですね。

さて、次はポーランドの選手たちの利き足の使い方について解説します。

ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。