ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブルで利き足側に抜く3つの意味!世界標準の考えとは?

 海外サッカーでは、「ドリブルは利き足側へ抜く!」というのが当たり前です。
 むしろ、世界標準の考えと思った方が良いでしょう。

 でも、日本ではこうした考えはあまり普及していません。

 そこで今回は、ドリブルでなぜ利き足側に抜くのが大切なのか?という点について詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.ドリブルの抜き方

(1)日本のドリブル

 日本の育成年代のドリブル指導は、両足を使って、右・左どちらにも抜く方が良い!という考えがあります。
 そのため、幼少期から過度な両足練習をさせる傾向があります。
 そうすると、次の動画のような両足を使った練習をする子供を見ると、たいていの大人は上手いと思うでしょう。

 でもこうした練習は、実は大きな間違いです。

 なぜなら利き足のレベルが低く、体が開き、体幹と軸足が弱いという未熟なサッカー選手になるだけだからです。
 また小学生年代の試合を見ても、本来であればドリブルで利き足側に抜けるはずなのに、右か左かというように、場当たり的な抜き方をする様子がよく見られます。

 ※体の開き、体幹と軸足の強化法などを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
 体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害
 キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
 ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
 利き足リフティングの効果は3つ!両足練習は役立たず?

 やはり、ドリブルで利き足側に抜くのは世界標準です。
 間違った練習をしている限り、海外で通用する選手には育たないでしょう。

(2)利き足側に抜く意味

 サッカーは、利き足でプレーするのが自然です。
 特に海外のトップ選手たちは、ドリブルで利き足側に抜くことが多いです。
 なぜなら相手を利き足側に抜くと、すぐに利き足でドリブルが続けられるからです。

 こうしたプレーは、メッシ、ネイマール、クリスティアーノ・ロナウドなどの世界的なドリブラーを見れば分かるはずです。

ドリブルで利き足側に抜くクリスチアーノ・ロナウド

 また利き足でドリブルをする背景には、利き足はメインで逆足はサブという考えがあります。
 だから密集状態でマークが厳しい時でも、あえてメインの利き足側に抜こうとするのです。
 つまり、それだけ自分の利き足に自信があるわけですね。
 あなたも海外のサッカーの試合を見たことがあるのなら、こうした事実に気が付かなくてはいけません。

 ところがJリーグなどでいくら日本の選手たちを見ても、利き足がメインという考えはほとんど見られないのです。
 むしろ左右の足を意味もなく、場当たり的に使うのであまり参考にはなりません。

 ※利き足はメインで逆足はサブという考え方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
 サッカーの利き足と逆足は役割が違う!海外と日本の比較

(3)ハメス・ロドリゲスの利き足

 日本代表はロシアワールドカップのグループリーグの初戦でコロンビアと対戦しました。
 コロンビアのエースはハメス・ロドリゲスですが、彼は日本のバラエティー番組に出演した時に次のようなことを言っていました。

 「僕はいつも利き足の左を大切にしている。だからドリブルでも利き足側に抜きたい。」

ハメス・ロドリゲス

 日本代表は、今後もこうした強豪チームと対戦します。
 そうした際、対戦チームの選手たちがどのように利き足を使うのか?
 また、どのようにして利き足側に抜くのか?

 そうした点に注目することも大切ですし、ぜひ子供たちにも正しく伝えてほしいと思います。

 それでは、あなたが子供たちに「ドリブルで相手を利き足側に抜く理由」を伝えるためには、どうしたら良いでしょう?

 そこで、私が息子の「とも」が小学校低学年から教えてきたことを、次にご紹介します。

スポンサーリンク

2.ドリブルで利き足側に抜く3つの理由

 私は以前、次の動画を使って利き足側に抜く3つの理由を解説したことがあります。

 要点としては、次の3つになります。
 (1)相手の背中を取る。
 (2)ボールの軌道を見えなくさせる(ボールの軌道を晒さない)。
 (3)相手を抜いた利き足がドリブルの一歩目になる。

 そこで、次にこの3つのポイントについて順次解説します。

(1)利き足側に抜いて相手の背中を取る

 ドリブルで利き足側に抜くと、相手の背後にボールを移動させることが出来ます。
 そうした場合(相手の背中を取る)、相手は必ず振り返ってドリブラーを追いかける必要があります。

利き足側に抜いて相手の背中を取る

 ところが、相手がどんなに早く振り返ったとしても、その瞬間には2~3m先に行くことが出来ます。
 まるで、短距離走のフライングと同じですね。
 つまりフライング出来るということは、自分の足が遅くても相手より有利な状況を作り出せるわけです。

 また、利き足側に抜いて相手の背後にボールが来ると、たいていの選手はあきらめることが多いです。
 その理由は、ヒトの背中が無防備であることと関係します。

 ヒトの背中には目が付いていないので、ドリブルで抜かれるとボールが見えなくなります
 また、自分で見えない場所にボールが来たということだけで、心理的にはあきらめてしまうのです。

あきらめてしまう様子

 ドリブルで抜かれた相手の心情を想像してみましょう。
 ドリブルで抜かれて…、さらに振り返って…、2~3m先にいる人を追いかけなくてはならない…。
 やはり、こうした状況になったら、誰でもあきらめるはずですね。

 もちろん優秀なDFであれば、抜かれてもドリブラーを追いかけることもあります。
 でも、日本代表の選手たちはドリブルで抜かれてしまうと、意外にあきらめが早いようですね。

(2)利き足側に抜いて相手にボールの軌道を見えなくさせる

 相手にボールの軌道を見えなくさせるとは、先ほどの「相手の背中を取る」というのと関係します。

 ドリブルで利き足側に抜いた瞬間は、一瞬ですが相手の目の前からボールが消えた状態になります。
 先ほど「ヒトの背中には目が付いていない…」と言いましたが、これと同じことですね。
 そうするとボールの軌道が見えなくなるので、どうしても相手の反応が遅れてしまうのです。

利き足側に抜いて相手にボールの軌道を見えなくさせる

 ところがインサイドを使って逆足側(右利きなら左へ)に抜こうとすると、相手にボールの軌道が見えてしまいます。
 そうすると相手はいち早く足を出すか、直ぐに振り返って追いかけて来るのでボールを奪われやすくなるのです。

相手にボールの軌道が見えてしまう

 次の動画に出てくる1人目と2人目の子どもは、どちらもインサイドで相手抜いています。
 そうすると、ボールの行き先が相手に分かってしまいます。
 これは、相手にボールの行き先を教えているようなものですね。

 また相手の背中を取ったわけではないので、フライングすることも出来ません。
 そうすると、最後はスピード勝負になるだけです。
 やはりスピード勝負をするくらいなら、利き足側に抜いてフライング出来た方が絶対に有利ですね。

(3)相手を抜いた利き足がドリブルの一歩目になる

 アウトサイドを使って利き足側に抜く時は、アウトのタッチそのものがドリブルの一歩目になります。

相手を抜いた利き足がドリブルの一歩目になる

 こうしたドリブルの一歩目には、とても大切な意味が二つあります。

①余計なタッチがない

 例えば、次の動画のようなダブルタッチは、利き足⇒逆足という二つのタッチを経た後で、利き足を使ったドリブルに戻ることが出来ます。

 ということは、利き足⇒逆足という二つのタッチが余計に必要になのです。
 そうすると、その分だけボールが前に進むのが遅れます。

 つまり利き足側に相手を抜くと、このような余計なタッチが必要ないですし、しかも素早く抜けるということです。

②利き足での連続動作がスムーズに出来る

 次の動画をご覧になると分かりますが、「とも」はアウトで抜くと必ず直ぐにインかアウトでタッチをします。

 これは次のようなプレーの連続動作を意味します。
 ・ドリブルで相手に接近する。
 ・アウトで抜く。
 ・インかアウトで再びタッチする。

 つまり利き足側に抜くと常に利き足でボールを持てますし、ダブルタッチのように持ち替える必要がないので連続動作が素早くなるのです。

 こうした連続したプレーは、カットドリブルと同じ動作です。
 次の動画ではアウトとインのカットドリブルをしていますが、これは単なるボールタッチだけの練習ではありません。

 アウトでタッチした直後にインでタッチという動作は、アウトで相手を抜いたらインでタッチというプレーを想定した練習にもなります。

 カットドリブルはとてもオーソドックスな練習法なので、退屈で飽きてしまいそうですが、実戦ではもっとも有効な練習です。
 こうした基本練習はぜひ大切にしたいですね。

3.まとめ

 ドリブルは利き足側に抜く!というのは、小学校低学年のうちから言い聞かせましょう。
私は「とも」が理解しやすいように、3つのポイントを大切にしました。
 (1)相手の背中を取る。
 (2)ボールの軌道を見えなくさせる(ボールの軌道を晒さない)。
 (3)相手を抜いた利き足がドリブルの一歩目になる。

 「ドリブルは利き足側に抜く!」というのは、世界標準の考えです。
 メッシも、ネイマールも、クリスティアーノ・ロナウドも同じなのです。
 ぜひ参考にしてください。

【画像引用:Youtube.com