ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ドリブルで利き足側に抜く3つの理由!世界標準の考えとは?

(3)相手を抜いた利き足がドリブルの一歩目になる

アウトサイドを使って利き足側に抜く時は、アウトのタッチそのものがドリブルの一歩目になります。

こうしたドリブルの一歩目には、とても大切な意味が二つあります。

①余計なタッチがない

例えば、次の動画のようなダブルタッチは、利き足⇒逆足という二つのタッチを経た後で、利き足を使ったドリブルを再開することが出来ます。

つまり、利き足⇒逆足という二つのタッチが余計に必要になので、その分だけボールが前に進むのが遅れるのです。

これに対して、アウトで利き足側に抜くと、余計なタッチが必要ないですし、しかも素早く抜けるということですね。

②連続動作が素早く出来る

次の動画をご覧になると分かりますが、「とも」はアウトで抜くと必ず直ぐにインかアウトでタッチをします。

これは、次のようなプレーの連続動作を意味します。

・ドリブルで相手に接近する。
・アウトで抜く。
・インかアウトで再びタッチする。

つまり利き足側に抜くとすぐに利き足でボールを持てますし、ダブルタッチのように持ち替える必要がないので、連続動作が素早くなるのです。

こうした連続したプレーは、ジグザグドリブルと同じです。

次の動画ではアウトとインのジグザグドリブルをしていますが、これは単なるボールタッチの練習ではありません。

アウトでタッチした直後にインでタッチという動作は、アウトで相手を抜いたらインでタッチというプレーを想定した練習にもなります。

ジグザグドリブルはとてもオーソドックスな練習法なので、退屈で飽きてしまいそうですが、実戦ではもっとも有効な練習です。

こうした基本練習はぜひ大切にしたいですね。

いずれにしても利き足での連続動作をきちんと理解しましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】

世界で通用する選手を育成するためにも、ドリブルで利き足側に抜く!という考えは、小学校低学年のうちから教えましょう。

私は息子の「とも」が理解しやすいように、幼少期から3つのポイントを繰り返し伝えました。

(1)相手の背中を取る。
(2)相手にボールの軌道を見えなくさせる。
(3)相手を抜いた利き足がドリブルの一歩目になる。

「ドリブルは利き足側に抜く!」というのは、世界標準の考えです。

メッシも、ネイマールも、クリスティアーノ・ロナウドも同じなので、ぜひ参考にしましょう。

【画像引用:Youtube.com