ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

育成年代のドリブルは視野を広くするため「顔を上げて周りを見ろ!」とか「ボ―ルを見るな!」など、上体を起こした直立姿勢を指導しています。

こうした指導は、たしかに一理ありますが、これでは本格的なドリブラーが育ちにくいでしょう。

なぜならドリブルの姿勢の考え方に問題があるからです。

そこで今回はドリブルの正しい姿勢、日本の指導の現状、効果的な練習法について解説します。

スポンサーリンク

1.ドリブルの姿勢の種類

ドリブルの姿勢は大きく分けて前傾型と直立型の二つに分類され、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そこで、この二つを考えてみましょう。

なお猫背のような後傾は姿勢が悪くてスポーツには向かないので、ここでは説明を省略します。

(1)前傾姿勢

前傾姿勢は短距離走のように体を前傾させるので、前に向かう推進力があるためスピードに乗ったドリブルが出来ます。

その反面、視野が狭くなって周囲の状況が見えにくくボールから目が離せないというデメリットがあります。

でも、海外のほとんどの高速ドリブラーは、このスタイルが多いですね。

(2)直立姿勢

この姿勢は長距離走のように上体を起こしているので、前への突進力は弱くスピードの遅いドリブルになります。

その反面、視野が広くなって周囲の状況がよく見えるためボールから目を離すことが出来るというメリットがあります。

日本では、クリスチアーノ・ロナウドが直立姿勢に近く背筋を伸ばした良い姿勢と高く評価されているようです。

いずれにしても前傾と直立はそれぞれにメリットとデメリットがあります。

それでは果たしてどちらの姿勢が良いのか?という点について、より深く考察してみましょう。

2.ドリブルの姿勢は使い分けが必要

実は前傾も直立も一長一短の特徴があるので、どちらの姿勢が良いのか?という見方は正しくありません。

結論から言えば「突破のドリブル」と「運ぶドリブル」という、プレーの局面に応じた使い分けが必要です。

そこで次にドリブル姿勢をこの二つに分けて考えてみましょう。

(1)突破のドリブル

突破のドリブルはスピードと敏捷性が必要なので前傾姿勢の方が有利です。

また相手を抜く方向がハッキリしているので、関節視野で相手の立ち位置と姿勢や抜くスペースが確認できればボールから目を離す必要はありません。

実際にも海外のドリブラーは、相手を抜く瞬間はボールに集中しています。

(2)運ぶドリブル

運ぶドリブルはフリーの状態なので、相手にボールを奪われる危険性が低く、直立姿勢のまま、ボールから目を離して周りをよく見ることが出来ます。

先ほど日本ではクリスチアーノ・ロナウドが直立姿勢に近いと…と説明しましたよね。

でも、この姿勢は運ぶドリブルの時に限られます。

なぜなら、突破のドリブルで直立姿勢を取っているとスピードと敏捷性が発揮できないからです。

実際にも、クリスチアーノ・ロナウドが相手を抜く時はボールに集中して前傾姿勢を取っています。

私が思うに、彼の姿勢が多くの指導者に評価される理由は、運ぶドリブルの直立状態だけを見たからではないでしょうか?

つまり、運ぶドリブルと突破のドリブルの違いをきちんと理解出来ていないのだと思います。

いずれにしてもドリブル姿勢は、突破のドリブルと運ぶドリブルという、2つの局面に応じた使い分けが必要です。

こうした点を踏まえて次にドリブルの姿勢と関係の深い、骨盤の位置関係について考えてみましょう。

3.ドリブルの姿勢と骨盤の位置関係

ドリブルの姿勢は、骨盤の状態と深く関係します。

その際、骨盤前傾と骨盤直立(中立)に分けて考えると、スポーツにおける骨盤前傾の優位性が明らかになります。

※骨盤前傾の選手の身体能力が高い理由を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
骨盤前傾トレーニングで身体能力アップ!一流アスリートの特徴とは?

(1)骨盤前傾

骨盤前傾は全身のバネ作用を使えて、腸腰筋・ハムストリングスが発達するという特徴があります。

そのためスピードと敏捷性があることから、突破の時に威力を発揮するタイプですね。

要するに骨盤前傾は身体能力が高いということです。

その一方で運ぶドリブルの時は、単に上体を起こせば視野を確保できるので特に何の問題もありません。

例えば私の息子は典型的な骨盤前傾ですが、ドリブルの局面に応じて姿勢を使い分けているのでやはり何の問題もないのです。

(2)骨盤直立

骨盤直立はそもそも日常生活を想定した姿勢です。

そうすると背骨のバネ作用はほとんど使えず、腸腰筋・ハムストリングスは発達しないという特徴があります。

なぜなら日常生活では、バネ作用や腸腰筋・ハムストリングスの発達はほとんど必要ないからです。

そうすると実際のプレーの時はスピードと敏捷性に乏しいので、突破のドリブルには向きません。

ただし運ぶドリブルに限定するのであれば、この姿勢を活かすことは出来るでしょう。

以上の点を考慮すれば、突破のドリブルでも、運ぶドリブルでも、どちらにも使い分けが出来るという点で骨盤前傾の方が有利なのです。

さてこれまでの解説の中で、ドリブル姿勢の使い分けの大切さと骨盤前傾の優位性が分かりました。

それでは次に、日本の育成現場の指導の問題点について触れておきましょう。

4.ドリブルの姿勢と日本の指導

日本では、視野を確保するため上体を起こした直立姿勢のドリブルを推奨し、相手を抜く時も直立姿勢のままが良いと考えられています。

そうすると次のような問題が起きます。

(1)突破のドリブルの時にボールが奪われやすい

直立姿勢はスピードと敏捷性に欠けますし、ボールから目を離すので相手に奪われやすいです。

この場合、たしかにプレー中は周りを見る必要があるでしょう。

でも相手を抜こうとする局面では、ドリブルコースがハッキリしているので、メッシのようにボールに集中した方が良いのです。

(2)体が開きやすい

直立姿勢は前傾姿勢のような半身ではありません。

また直立姿勢を維持することは日常生活の動作と同じで、体が開きやすくスピーディーな動きが出来ません。

そもそも半身の姿勢とは、体の開きを抑えて力を一点に集中させるのが目的です。

次のようにメッシの突破のドリブルが半身の姿勢です。

この姿勢は突破のために全身の力を一点に集中させて一気に加速することが出来ます。

そうすると、こうした前傾姿勢は突破のドリブルのような速さや敏捷性を必要とする局面ではとても効果的なのです。

それに比べて、次の原口元気の姿勢はどのように思えますか?

ボールを見ているので突破のドリブルだと思いますが、半身の姿勢を維持せずに体が開いていますよね。

これではあまりスピードが出せません。

実は、これが日本のサイドアタッカーの典型的なドリブルなのです。

(3)パスサッカーの誤解

① 日本の指導

日本の育成年代では、FCバルセロナのようなパスサッカーの指導が多いです。

その際、パスを繋ぐためには周りを見る必要があるので直立姿勢を維持したプレーが多くなります。

パスサッカーの戦術は相手と2対1の数的優位を作るとかパスコースを増やしてマイボールを繋ぐ…、という原則があるので、ドリブル突破するよりもいち早くパスを選択するプレーが多くなります。

また試合中「ボールを持ちすぎるな!」とか「早くパスを出せ!」と指摘されるケースも多いでしょう。

そうなるとワンタッチやツータッチでパスを出すプレーが増えるため、突破のドリブルどころか運ぶドリブルさえも少なくなります。

仮にドリブルをしたとしても、スペースまで運んだら次はパスを出す…というプレーが多くなるのです。

こうした場合、パスを繋くだけでは相手ディフェンスを崩せないのでドリブル突破が必要になるケースもあります。

ところが先ほどのようなパスを主体とした戦術が多い状況では必然的に運ぶドリブルが多くなるため、直立型のドリブラーが増えるのです。

こうした指導では、ドリブル突破を得意とする優秀なドリブラーが育ちにくいのではないでしょうか?

② FCバルセロナの選手のドリブル姿勢

FCバルセロナの選手たちは突破のドリブルも果敢にチャレンジしますが、その時は必ず前傾姿勢になります。

いわゆるチキタカで育成された、カンテラ出身の選手たちの姿勢を見てもハッキリと分かります。

例えばパスの精度の高さで有名であったシャビでさえも、突破のドリブルでは前傾姿勢になります。

またFCバルセロナの戦術はパスを繋ぐだけではなくドリブル突破も多いです。

やはり、その際のドリブルはほとんどが前傾姿勢なのです。

つまりバルサの選手たちは突破のドリブルと運ぶドリブルを局面に応じて使い分け、突破の局面では前傾姿勢でボールに集中しているわけですね。

そもそもパスサッカーはドリブル突破があるからこそ戦術の効果が高いのですが、日本のようなパス回しだけを重視した考え方は根本的に見直す必要があるでしょう。

2014年のブラジルワールドカップでチキタカだけを真似した日本代表が惨敗していますし、2018年のロシアワールドカップでも基本戦術は変わっていません。

いずれにしてもドリブルの姿勢に対する日本の指導を見直して、ドリブル突破を得意とする前傾姿勢のドリブラーが増えることを願っています。

さて次は、ドリブルに必要な前傾姿勢とドリブルの使い分けの練習法について詳しく解説します。

スポンサーリンク

5.ドリブル姿勢の練習法

ここではドリブル姿勢の改善に必要な骨盤前傾、前傾姿勢、ドリブルの使い分けの3つのトレーニングをご紹介します。

(1)骨盤前傾トレーニング

この練習は骨盤前傾に改善するためのトレーニングですが、骨盤後傾で姿勢の悪い人にも効果的です。

練習の要領としては、

① カカトを浮かして、つま先立ち。

② 背筋を伸ばして胸を張り、お尻を突き出す。

③ 一日あたり30秒~1分くらい。

※必要以上に練習すると、かえって背骨の発達に影響を及ぼします。

この点は注意してください。

(2)前傾姿勢トレーニング

この練習は前傾姿勢を維持するために、背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを使って上体を支える感覚を身に付けるものです。

ドリブルを練習する時は、常にこの姿勢を意識しまょう。

特に何分続けるとかの決まりは一切ありません。

大切なのは前傾姿勢を意識することだけです。

① 軽くヒザを曲げて腰を落とす。

② 足の指を使ってグリップする(つま先立ちはしないこと)。

③ 背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識する(身体の後ろ側に気持ちを向けるだけで良い)。

※最初のうちは背骨と4つの筋肉にハリが出やすいので、その際は適宜休むようにしてください。

この場合、背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎに意識を集中させることで、それぞれの部位の筋トレ効果も高くなります(姿勢の悪い子に「背筋を伸ばしなさい!」というのと同じ)。

ちなみに、2016年に発表されたデンマーク国立労働環境研究センターとオールボー大学などの研究チームの「プログレッシブレジスタンストレーニング中の意識と筋肉のつながりの重要性」という研究結果によれば、筋トレの際に筋肉の部位を意識すると高い効果が得られるそうです。

また2018年に発表されたアメリカ・ノースウェスタン大学とアリゾナ州立大学などの研究チームの「長期レジスタンストレーニング中の意識集中による異なる効果」という研究結果によっても、同じような効果が得られたそうです。

これは現在の筋トレの理論で一般化した、いわゆるマインドマッスルコネクション(MMC)と同じ意味になります。

そうした意味では検証結果も得られているので、練習に当たってはぜひそれぞれの部位に意識を集中させましょう。

(3)ドリブル使い分けトレーニング

この練習の目的は運ぶドリブルと突破のドリブルを交互に使い分けることです。

コーディネーショントレーニングの一種とお考えください。

① 一セット1分間で、インターバルは3分以上(心拍数を目安に、常にリフレッシュした状態で練習する)。

② 10秒間隔で運ぶドリブルと突破のドリブルを切り替える。タッチは自由。

③ 運ぶドリブルの時は、直立姿勢でボールから目を離す。スローダウンして周りを見る。

④ 突破のドリブルの時は、前傾姿勢で相手を抜くイメージでスピードアップ。関節視野でボールを見る。

※試合中のドリブルは長くても10秒程度です。

試合を想定した練習を心がけましょう。

6.まとめ

ドリブル姿勢は運ぶドリブルと突破のドリブルの使い分けが必要です。

また運ぶドリブルは直立姿勢で良いのですが、突破のドリブルは前傾姿勢の方が良いのです。

さらに骨盤前傾の姿勢はドリブル姿勢の使い分けが容易という点で、とても効果的です。

そうした中で日本のサッカー指導はドリブル姿勢は常に直立姿勢が良い…などという勘違いが多いことから、本格的なドリブラーが育たない理由が明らかだと思います。

でもこれからの育成方針を変えれば、日本は必ずサッカー強豪国になれるはずです。

こうした点は、ぜひ多くの方に賛同いただきたいと願っています。

【画像引用:Youtube.com