ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?

育成年代のドリブルは、視野を広くするため「顔を上げて周りを見ろ!」とか「ボ―ルを見るな!」など、上体を起こした直立姿勢を指導しています。

こうした指導は、たしかに一理ありますが、これだけでは本格的なドリブラーが育ちにくいでしょう。

なぜなら、ドリブル姿勢の考え方に問題があるからです。

そこで、今回はドリブルの正しい姿勢、日本の指導の現状、効果的な練習法について解説します。

スポンサーリンク

1.ドリブルの姿勢の種類

ドリブルの姿勢は、大きく分けて前傾型と直立型の二つに分類され、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そこで、この二つを考えてみましょう。

なお、猫背のような後傾は、姿勢が悪くてスポーツには向かないので、ここでは説明を省略します。

(1)前傾姿勢

前傾姿勢は、短距離走のように体を前傾させるので、前に向かう推進力があるため、スピードに乗ったドリブルが出来ます。

その反面、視野が狭くなって周囲の状況が見えにくく、ボールから目が離せないというデメリットがあります。

でも、海外のほとんどの高速ドリブラーは、このスタイルが多いですね。

ボールを見てドリブルするロッべン

(2)直立姿勢

この姿勢は、長距離走のように上体を起こしているので、前への突進力は弱くスピードの遅いドリブルになります。

その反面、視野が広くなって周囲の状況がよく見えるため、ボールから目を離すことが出来るというメリットがあります。

日本では、クリスチアーノ・ロナウドが直立姿勢に近く、背筋を伸ばした良い姿勢と高く評価されているようです。

運ぶドリブルをするクリスチアーノ・ロナウド

また、日本のメッシと言われた川崎フロンターレの齋藤学選手も、視野を確保するために前傾から直立姿勢に変えたそうです。

運ぶドリブルをする齋藤学

いずれにしても、前傾と直立はそれぞれにメリットとデメリットがあります。

それでは、果たしてどちらの姿勢が良いのか?という点について、より深く考察してみましょう。

スポンサーリンク

2.ドリブルの姿勢は使い分けが必要

前傾も直立も一長一短の特徴があるので、どちらの姿勢が良いのか?という見方は正しくありません。

結論から言えば、「突破のドリブル」と「運ぶドリブル」という、プレーの局面に応じた使い分けが必要です。

そこで、次にドリブル姿勢をこの二つに分けて考えてみましょう。

(1)突破のドリブル

突破のドリブルはスピードと敏捷性が必要なので、前傾姿勢の方が有利です。

突破のドリブルをするメッシ

また、相手を抜く方向がハッキリしているので、関節視野で相手の立ち位置と姿勢、そして抜くスペースが確認できれば、ボールから目を離す必要はありません。

実際にも、海外のドリブラーは、相手を抜く瞬間はボールに集中しています。

(2)運ぶドリブル

運ぶドリブルはフリーの状態なので、相手にボールを奪われる危険性が低く、直立姿勢のまま、ボールから目を離して周りをよく見ることが出来ます。

先ほど、日本ではクリスチアーノ・ロナウドが直立姿勢に近いと…と説明しましたよね。

でも、この姿勢は運ぶドリブルの時に限られます。

なぜなら、突破のドリブルで直立姿勢を取っていると、スピードと敏捷性が発揮できないからです。

実際にも、クリスチアーノ・ロナウドが相手を抜く時は、ボールに集中して前傾姿勢を取っています。

相手を抜く時のクリスチアーノ・ロナウド

私が思うに、彼の姿勢が多くの指導者に評価される理由は、運ぶドリブルの直立状態だけを見たからではないでしょうか?

つまり、運ぶドリブルと突破のドリブルの違いを、きちんと理解出来ていないのだと思います。

また、川崎フロンターレの齋藤学選手も常に直立姿勢を維持したまま…、というわけではなく、突破のドリブルの時は前傾姿勢に変えています。

齋藤学の突破のドリブル

いずれにしても、ドリブル姿勢は、突破のドリブルと運ぶドリブルという、2つの局面に応じた使い分けが必要なのです。

こうした点を踏まえて、次にドリブルの姿勢と関係の深い、骨盤の位置関係について考えてみましょう。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。