ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーのドリブル練習法!小学校低学年向け基本8選

小学校低学年のドリブル練習にとって、最も大切な基本は何だと思いますか?

いろいろなテクニック?抜き技?フェイント?

たしかにそれもあるでしょうが、その前に大切なことを忘れています。

そこで今回は小学校低学年のドリブルにとって、この時期だからこそ覚えるべき基礎基本と練習法を解説します。

※足裏のドリブル練習法は次の記事を参考にしてください。
足裏ドリブル練習メニュー!小学校低学年向け10選

スポンサーリンク

目次

1.ドリブルの基礎基本と足の指の感覚

小学校低学年のドリブル練習にとって、最も大切なのは足の指の繊細な感覚を身に付けることです。

そこで、次の3つの点について解説します。

(1)なぜ足の指の感覚が大切なのか?
(2)ドリブル練習に最適なシューズ
(3)足指の強化

(1)なぜ足の指の感覚が大切なのか?

① 足指の繊細な感覚の習得は最優先

サッカーのドリブルで、指の感覚の繊細さが必要な理由は、指が「触覚」という5つの感覚器官(その他に視覚、聴覚、嗅覚、味覚)の一つだからです。

特に繊細なボールタッチは、足の指の感覚を研ぎ澄まさないと身に付きません。

そのためには、裸足で過ごすのが最も効果的ですが、日本の子供たちは裸足になることが少ないので、指の感覚が鈍っています(繊細な感覚がない)。

特に、裸足でサッカーをすることが多いブラジルの子供たちと比べると、なおさらその違いがハッキリするでしょう。

※ブラジルの子供たちとサッカーの関係を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーは裸足で上手くなる!ブラジルと日本の子供達の違い

また大人は子供に対して、幼少期からいろいろなドリブル、抜き技、フェイントなどを一生懸命練習させますが、これでは覚えるべき順番を間違っています。

なぜなら、感覚が未熟な状態でいくらテクニックを覚えても、見せかけの技術(形だけの技術)しか身に付かないからです。

これは、足し算や掛け算が出来ないうちに、難しい方程式を勉強するのと同じではないでしょうか?

たしかにゴールデンエイジが間近に迫っていることや、運動神経の早期発達のためには、いろいろな練習が必要と考える親御さんが多いかも知れません。

ところが、ゴールデンエイジの理論は間違いだらけですし、ましてや運動神経という名前の神経組織は存在しません。

※ゴールデンエイジの間違い、運動神経について詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
ゴールデンエイジは間違っていた!脳科学の真実とは?
運動神経が悪いからサッカーが下手?でも必ず良くなります!

そうすると難易度の高いテクニックは、いつ始めても覚えられるので、低学年のうちからやる必要はないのです。

つまり、小学校低学年の子供たちにとっては、いろいろなテクニックの習得よりも、足指の感覚を繊細にするのが最優先ということですね。

② 足指の感覚を繊細にする最適期

子供の皮膚は大人よりも薄いので、特に小学校低学年の子供はドリブルやキックをするだけで、蹴る痛みや、タッチの密着感・強弱などの刺激に敏感です。

だから、この年代の子供たちは、足指の繊細な感覚を身に付けるための最適期なのです。

これは楽器のレッスンとよく似ています。

楽器の演奏の基礎基本は絶対音感の養成ですが、これを身に付けるのは幼児期が最適期で、この時期を逃すと習得が難しいとされています。

その理由は、ヒトの聴覚が発達する時期が2歳~6歳ごろまでだからです。

この場合、幼児がピアノを習うとしたら、最初は絶対音感の養成を最優先するので、比較的簡単な楽曲からレッスンするはずです。

間違っても、いきなり難しいクラッシックを練習することはないでしょう(笑)。

お分かりでしょうか?

楽器の演奏の基礎基本が絶対音感だとしたら、サッカーにとっての基礎基本は足の指の繊細な感覚です。

それなのに、多くの大人たちは、いきなり難しいテクニックを教えようとします。

これは、足指の繊細な感覚を身に付ける最適期(皮膚が薄く、刺激を感じやすい幼児期)を逃しているわけですね。

さらに、最適期を逃した子供が、小学校高学年、中学、高校と成長すると、足指の皮膚が厚くなるので、感覚がどんどん鈍くなってしまいます。

そうした意味でも、小学校低学年のドリブル練習は、足の指の感覚を鍛えるメニューに特化するべきなのです。

③ 足の指と手の指の感覚の違い

サッカーは足でボールを扱うスポーツですが、一流選手を目指すのであれば、手でボールを扱えるくらいの繊細な感覚が必要です。

たぶん、あなたは一度くらいお手玉をやったことがあると思いますが、その時に大切なのは何だと思いますか?

タイミングとか、思い切りの良さとか、練習を続けるとか、いろいろあるでしょう。

でもいちばん大切なのは、手の指を使うことです。

もちろん手のひら、手首、ヒジ、肩なども使いますが、指に比べると感覚が鈍いので、どちらかといえば、手の指のサポートという脇役のような役割しかありません。

それでは、どうして手の指が大切かというと、先ほども解説したように、指が感覚器官だからです。

この場合、お手玉を脳科学的に考えると、手を使う動作を繰り返して脳神経に記憶され、新しい神経回路が出来ることで、初めて「覚えた!」となります。

また感覚器官である指は、ヒトの生命維持に必要な機能として「熱い」「冷たい」「ベタベタしている」「乾いている」などの知覚を持っています。

しかも、指の知覚は、手のひら、手首、ヒジ、肩などよりも敏感なので、ヒトは無意識のうちに指の感覚を優先して確かめようとするのです。

これをお手玉で言うと、触ったり、投げたり、キャッチなどに活かしているわけですね。

これはお手玉に限ったことではなく、例えばペンで文字を書く、スマホでメールを打つ、料理をするなど、手の指を使うものは全て感覚に基づいています。

それでは、サッカーで必要な足の指の感覚は手と同じくらいだと思いますか?

残念ながら、かなり鈍いですよね。

その理由は、ヒトの足が歩いたり走ったりという動作に限定して進化したため、手と同じような繊細な感覚を必要としなかったからです。

例えば、物の感触を確かめるための「掴む」という動作は、手の指を使えば簡単ですが、足は親指と人差し指で挟むくらいしか出来ないので、掴んで感触を確かめるのは無理ですよね。

また、手は5本の指を独立して動かせるので、物の形や大きさを確かめられますが、足は、親指、人差し指、小指が動く程度なので、正確な感触は得られないでしょう。

さらに、手の指を、壁などにぶつけた時と、足の指をぶつけた時とを比べると、痛みの感じるスピードに差が出ます(足の方がわずかに遅い)。

その理由は、足の指が、痛みを感じる脳から離れすぎている(末端にある)からです。

このように考えると、足の指の繊細な感覚は、そう簡単には身に付かないと言えます。

つまり、それだけ足の指は手と比べると感覚が鈍く、複雑な動作も苦手なので、本来であればサッカーというスポーツには向いていないわけですね。

だからこそ、皮膚の薄い幼児期に、足の指の繊細な感覚を身に付けるための、練習メニューを徹底するべきなのです。

(2)ドリブル練習に最適なシューズ

先ほど、ドリブルは足の指の感覚を鍛える練習メニューが必要であると解説しましたが、その際はシューズ選びも大切です。

ほとんどのメーカーは耐久性を重視するので、アッパー(皮)を厚めに作っています。

そうすると、革靴を履いて練習するのと同じなので、ボールタッチの繊細な感覚は得られません。

なるべくなら裸足で練習するのが良いのですが、そうでない場合は出来るだけ素足感覚の靴を選びましょう。

その場合、特にサッカーシューズでなくても、薄手のスニーカーやアップシューズなどで十分ですが、私が最もおススメするのは小学校の上履きです。

上履きのメリットは、
・皮(アッパー)が薄いので、素足感覚になる。
・靴底が薄く滑りやすいので、グリップ力が強化されバランス感覚が身に付く。

ふつうに考えたら、このような靴で練習すると、滑ったり転んだりして危ないので、トレシューやスパイクが必要…、などと思ったら大間違いです。

実は練習だからこそ、このような靴を履くべきなのです。

私が30年前に過ごしたブラジルのサンパウロの子供たちは、よく裸足でストリートサッカーをしていました。

そうすることで、足の指の感覚が自然と鍛えられてタッチが繊細になるのです。

もしも、裸足が危険…というのであれば、せめて薄手のシューズを履いてドリブル練習をさせてほしいと思います。

※サッカーシューズの選び方を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーシューズの選び方!意外と知らない大切な2つのこと

(3)足指の強化

サッカーのドリブルは、ボールをタッチしながら走る、歩く、止まるという動作の繰り返しです。

そうした場合、特に大切なのが土踏まずのアーチ構造と足回りの筋肉群の強化です。

特に日本の子供たちは偏平足が多く、そうでなくとも土踏まずの未熟な偏平足予備軍が多いと思います。

また近年では、大人に多いはずの外反母趾の子供が増えつつあるようです。

こうした現象は、現代人の足が退化している証拠です。

このような状態でサッカーを続けると、いずれ近いうちに足首や膝の痛みに苦しむことになります。

特にサッカーは、土踏まずや足回りの筋肉群に大きな負荷をかけるので、足指の強化が必要です。

そこでぜひおススメしたいのが、次の動画のような足指グーパーと足指スリスリです。

その際は、必ず足の甲のあたりにあるリスフラン関節を動かすように意識してください。

そうすることで足回りの筋肉群が連動して、効果的に補強されます。

※足指と足回りの強化法を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
土踏まずのアーチを作る方法!【痛みの原因は偏平足】

この練習は、毎日1分ずつでも続ければすぐに効果が現れます。

効果の目安は1~2週間程度で足の甲が盛り上がり、指と指の間が広がります。

3ヶ月~半年程度で、足首周り、ふくらはぎ、アキレス腱などの筋肉群が太くなります。

ぜひ試してください。

ちなみに、このトレーニングは単に足指を強化するだけではありません。

先ほどから、繰り返しているように、足指の繊細な感覚も身に付きます。

なぜなら、ヒトは体の特定の部位を使い続けると、その場所が発達するからです(脳の可塑性と言う)。

例えば、野球、テニス、バドミントンは利き手を使うので、その感覚が発達しますし、ほんの少しですが手が長くなったり太くなったりします。

これと同じように、足指をよく動かすことは足回りの筋肉だけではなく、「触覚(感覚器官)」としても発達するわけです。

そうした意味では、大人になっても続けて欲しいですね。

いずれにしても、ぜひ足指の強化に取り組んでください。

さて次は、いよいよドリブルの練習法を紹介するので、ぜひお読みください!

2.足の指を意識したドリブルの練習法

ここからは、いよいよ個別の練習メニューを紹介します。

どの練習も地味に思えますが、先ほど解説したように、足指の感覚を繊細にするのは小学生の低学年までが最適期です。

いずれのメニューも、足の指を意識することで練習効果がアップしますし、全て一人で出来る練習法です。

一セットあたりの回数やセット数などの目安は特にありませんが、疲れるまで練習すると効果が低下するので、ご注意ください。

(1)走るドリブル

この練習は、走る動作とドリブルを一体化させるメニューです。

特に後述の「②良い例」のドリブルが出来ているのであれば、この練習は必要ありません。

① 悪い例

小学校低学年でよくありがちなのが、ボールを蹴って追いかけるドリブルです。

これでは、試合中に広いスペースがあるのなら別ですが、密集状態では相手に簡単に奪われてしまいます。

単に蹴って走るだけのドリブルは、なるべく早い時期に止めさせましょう。

② 良い例

サッカーのドリブルは走る動作と同じですが、ただ一点だけ違うのはボールにタッチするかどうかだけです。

ドリブルの時は、走る動作に合わせて、利き足を前に出した時にボールをタッチしましょう。

その時にタッチするのは足の小指です。

日本ではアウトサイド(足の横)とかインステップ(足の甲)でタッチするように指導するケースがありますが、これは間違いです。

そうした意味で小指の正しいタッチを覚えましょう。

ボールにタッチするのは、自分のモノとして支配することですし、ドリブルの基本なので必ず幼少期のうちに身に付けてください。

(2)アウトのドリブル

① タッチの感覚を身に付ける

アウトのドリブルは、試合中に最も多く使うタッチです。

先ずは、このタッチをきちんと身に付けましょう。

もちろん小指を意識してください。

練習方法としては足の小指に全神経を集中させて、ボールの中心からやや下をタッチしながら直線ドリブルを繰り返してください。

また自分の走るスピードに合わせて、タッチの強弱を変えても良いでしょう。

こうした練習を繰り返すことで、足指のタッチの感覚が繊細になります。

なお、ドリブルのスピードはジョギング程度で良く、決してスピードアップしないでください。

もしも必要以上に速くするとタッチが雑になってしまい、繊細な感覚が身に付かないので注意してください。

② 足首の脱力と筋肉の伸張反射

アウトのドリブルでタッチする際は、必ず足首を脱力してください。

その理由は、足首とスネの筋肉の伸長収縮を起こすためです。

そうすることで足からボールが離れなくなり、いわゆる「柔らかいタッチ」が身に付きます。

※筋肉の伸張反射の仕組みを詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
伸張反射はサッカーのプレーを劇的に改善!最新理論を紹介

ちなみに海外のトッププレーヤーのドリブルも、ほとんどこのようなスタイルになります。

この場合、市販のサッカー教材やネットなどの情報では小指でボールを押す…などと掲載していることがよくあります。酷いのになるとインステップで押す…というのもあります。

これをまともに受け入れると足首に余計な力が入ってしまうので、柔らかいタッチが身に付かないので、ご注意ください。

(3)ヒザ下ボールタッチ

このドリブルは密集状態でボールを奪われないため、ヒザ下にボールを置いて小刻みなタッチを繰り返す練習です。

また、アウトのドリブルとヒザ下のボールタッチを適宜切り替えながらの練習も効果的です。

タッチする時の足首の脱力は、先ほどのアウトのドリブルと同じ要領です。

足首とスネの筋肉の伸長収縮を活かしながら、足指の感覚を繊細にしてください。

さて次は、もう少し難易度の上がった練習メニューを解説します。

日本ではあまり紹介されていない練習法もたくさんあるので、ぜひお読みください

(4)つま先タッチ

① タッチの感覚を身に付ける

このタッチを覚えると、先ほどのアウトのドリブルとは違って、タッチした足のカカトが地面に着地出来るので、ドリブルスピードがアップします。

足のつま先(親指、人差し指、小指)に全神経を集中させて、ボールの中心からやや下をタッチしながら直線ドリブルを繰り返してください。

つま先タッチの特徴はドリブルスピードが速くなることですが、ハッキリ言いますとこのタッチはかなり難しいです。

なぜなら、ほんのわずかでもタッチが強いとボールが加速してしまい、足からボールが離れてしまうからです。

そうすると、先ほどのアウトのドリブル以上の繊細なタッチが必要になります。

でも、こうした練習を繰り返すことで、足指の感覚がさらに敏感になります。

子供がサッカーを始めたころは、誰でもつま先でボールを蹴っていたはずです。

ところが、いつの間にかドリブルやキックのやり方を矯正されて、つま先の感覚が鈍ってしまいます。

つま先とは指先の感覚であって、とても重要な感覚器官です。

日本では、こうした指導はほとんどありません。

だから日本のドリブラーは、プロアマ問わずドリブルが下手なのです。

ちなみに世界的なドリブラーであるメッシやロッペンも、つま先タッチをよく使います。

② 足首の脱力と筋肉の伸張反射

タッチする時の足首の脱力は、先ほどの(2)アウトのドリブルと同じ要領で足首とスネの筋肉の伸長収縮を活かすため、足首を脱力してタッチしてください。

(5)アウト、インのターンドリブル

この練習は、アウトサイド⇒小指、インサイド⇒親指に全神経を集中し、小刻みなタッチを繰り返します。

そうすると親指と小指の感覚が繊細になりますし、ターンの感覚が自然と身に付きます。

特に密集状態では、アウトとインのタッチを頻繁に使います。

そうした場合、いちいちボールを見るのではなく、足指の感覚だけでボールを動かせるよう繰り返し練習してください。

また試合中でのターンの回転半径は、小さければ小さいほど良いので、小さな回転を心がけましょう。

なおこの練習は、マーカーを使わなくても、目印(小石、木切れなど)があれば、それを代用しても構いません。

※ターンのテクニックを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ターンを鋭く速くする二つのコツ!海外サッカーと日本の違い

(6)アウト、インのジグザグドリブル

この練習はマーカーを使ってアウトとインでタッチするという、単純ですがとても大切な練習メニューです。

① アウトとインのタッチ

先ほどの(1)~(5)までの練習を活かし、突破のドリブルを想定して、親指と小指を使ったジグザグドリブルを繰り返してください。

この練習で大切なのはスピードではなく、タッチの正確さです。

速さを追求するとタッチが雑になり、足指の感覚も鈍くなるので注意してください。

② 重心移動

先ほどのジグザグドリブルの時、小学校低学年の子供にはスムーズな動きがなかなか難しいかも知れません。

なぜなら軸足が弱く、体が棒立ちになってドタバタしたドリブルになりやすいからです。

そうした時は、次のような重心移動体操も並行して練習してください。

ただし三半規管の発達が未熟な場合もあるので、めまいがしたり気分が悪くなったら、いったん休んでください。

※重心移動とサッカーの関係を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
重心移動でサッカーが100倍上手くなる!【中学生でもよく分かる】

(7)コーディネーションドリブル

この練習は足指の感覚とともに、コーディネーション能力を養成するための練習です。

特に変換能力と定位能力が養成されます。

やり方としては前に蹴ったボールを追いかけて、出来るだけ少ないタッチ回数で通常のドリブル状態に移るというものです。

またボールに触らないことで、どのようにボールのスピードが落ちるのか?ということも自然に覚えられます(次の動画に出て来る「触らないドリブル」のこと)。

最初のうちはボールを追いかけることだけに集中してしまい、足指のタッチの感覚が疎かになりがちです。

でも、足指を使っていかにタッチするのか?という点も大切なので、そうした点もご注意ください。

ちなみにこのテクニックはドリブルからすぐにシュートする場合にとても重要なスキルです。

日本ではこうした練習をほとんどしないので、ぜひやってください。

(8)タッチ切り替えドリブル

この練習は、これまでの足指の感覚を繊細にするというテーマの総決算です。

練習方法は、ドリブルのタッチは自由ですが、3m以上同じタッチをしないという条件を付けてください。

つまり、タッチをいろいろと切り替えるということですね。

イン・アウト、アウト、つま先、ヒザ下ドリブル、スピードの強弱、触らないドリブルなど、いろいろと繰り返します。

このうち触らないドリブルとは、先ほどの「コーディネーションのドリブル」でやったように、足から離れたボールをすぐに触るのではなく、触らないことで自然にボールスピードを落としてからタッチすることです。

注意点は、
・1セット1分間。
・インターバルは3~5分間。
・一日3セットくらいまで。
※心身ともにリフレッシュした状態で練習しましょう。ムリは禁物です。

ちなみに、こちらの動画は私の息子「とも」が小二の時の練習の様子です。

大切なことは、いろいろなタッチを繰り返すことです。

スピードよりも正確さを大切にしましょう。

さて次は、これまでに紹介した練習メニューを補強するためのトレーニングを紹介します。

スポンサーリンク

3.ドリブル練習の補強メニュー

(1)利き足リフティング

サッカーは片足立ちでボールを扱うスポーツなので、体幹と軸足の強化が必要です。

特に、アウト、インのマーカードリブルは、軸足が弱いとスムーズに重心移動できません。

そこで、次のような利き足リフティングを繰り返してください。

① ちょんちょんリフティング

② インステップリフティング

※体幹と軸足を鍛えること、ちょんちょんリフティング、利き足リフティングの具体的な効果を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果
利き足リフティングの3つの効果!両足練習は役立たず?

(2)一本歯下駄トレーニング

特にアウト、インのマーカードリブルで、相手を速く抜く動作を身に付けるためには身体のバネ作用が必要です。

一本歯下駄をお持ちでない時は、ふつうのシューズを履いて次の動画の動きをマネするだけでも効果があります。

① ワップダウンとワップアップ

次の動画の0:59からのシーンを参考にしてください。

② 体幹ひねり

次の動画の1:25からのシーンを参考にしてください。

※一本歯下駄トレーニングをもっと詳しくお知りになりたい方は、次の2つの記事をお読みください。
一本歯下駄の効果!身体能力アップに役立つ5つの理由!
一本歯下駄トレーニング!サッカー向け練習メニュー22選

(3)ドリブル姿勢

① 骨盤前傾トレーニング

この練習は特に姿勢の悪い人には効果的です。

・カカトを浮かしてつま先立ちになる。
・背筋を伸ばして胸を張りお尻を突き出す姿勢を保つ。
・一日あたり30秒~1分くらい。

※必要以上に練習し過ぎると、かえって背骨の発達に影響を及ぼします。
この点は注意してください。

② 前傾姿勢トレーニング

この練習は前傾姿勢を維持するために、体の後ろ側の筋肉を使って上体を支える感覚を身に付けるものです。

ドリブルを練習する時は、常にこの姿勢を意識しましょう。

・軽くヒザを曲げて腰を落とす。
・足の指を使ってグリップする(つま先立ちはしないこと)。
・背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識する。

この場合、背中に意識を集中させることで背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎの筋トレ効果も高くなります(姿勢の悪い子に「背筋を伸ばしなさい!」というのと同じ)。

ちなみに、2016年に発表されたデンマーク国立労働環境研究センターとオールボー大学などの研究チームの「プログレッシブレジスタンストレーニング中の意識と筋肉のつながりの重要性」という研究結果によれば、筋トレの際に筋肉の部位を意識すると高い効果が得られたそうです。

また2018年に発表されたアメリカ・ノースウェスタン大学とアリゾナ州立大学などの研究チームの「長期レジスタンストレーニング中の意識集中による異なる効果」という研究結果によっても、同じような効果が得られています。

これは現在の筋トレの理論で一般化した、いわゆるマインドマッスルコネクション(MMC)と同じ意味にもなります。

そうした意味では検証結果も得られているので、練習に当たってはぜひ意識を集中させましょう。

※ドリブル姿勢や骨盤前傾の効果を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?
骨盤前傾で身体能力をアップ!一流サッカー選手の特徴とは?

(4)浮身と膝抜き

古武術の浮身と膝抜きは、ドリブルの上手い選手が必ずと言ってよいほど身に付けているスキルです。

浮き身とは、次のようにドリブルの動作の途中で体を浮かして素早い動きをするテクニックです。

これに対して膝抜きとは速く鋭いターンに必要なスキルです。

この二つのテクニックは、先ほどの一本歯下駄トレーニングをすれば自然と身に付きます。

※浮身と膝抜きのやり方や仕組みについて、もっと詳しくお知りになりたい方はぜひ次の記事をお読みください。
古武術の浮身でドリブルが超上手くなる!【習得法も解説】
膝抜きでサッカーのプレーが劇的に改善!【練習法も解説】

4.まとめ

小学校低学年のドリブル練習は、子供さんの将来のことを考えた場合、今やるべきことは足の指の感覚を繊細にすることです。

だから、複雑なフェイントやテクニックを覚える時期ではありません。

また、子供さんと同年代で上手い子供がいたとしても、成長が早いかどうかの違いだけです。

「十で神童、十五で才子、二十歳過ぎれば只の人」とも言いますしね。

いろいろなテクニックは、後からいくらでも覚えられるので、先ずは基礎基本をしっかりやりましょう。

【画像引用:Youtube.com