ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーの走り方!速さと持久力が両立するナンバ走法とは?

サッカーはピッチ走法が主流ですが、この走り方は体の負担が大きいため、スタミナ切れを起こすという問題があります。

そのため、試合後半に足が止まる…という事態が、よく起こりますよね。

その一方で、速さと持久力が両立できるということで、最近、ナンバ走法が注目されています。

そこで、今回はサッカーにとって、どのような走り方が最適なのか?を解説します。

1.サッカーの走り方

(1)ピッチ走法の走り方

サッカーの試合では10m程度の短距離ダッシュを繰り返すので、ピッチ走法が常識とされています。

特にスタート直後からトップスピードになるためには、最適な走り方と考えられているのでしょう。

でも、この走り方は試合の後半でスタミナ切れを起こし、足が止まる…という状態が起きやすいです。

たぶん、こうした状況は、誰でも経験したことがあると思います。

たしかに、体に最も負担のかかる加速を繰り返すわけですから、仕方がないのでしょう。

こうした動作を自動車の運転に例えれば、急発進、急加速を繰り返してガソリンを浪費するようなものですね。

そうであったとしても、相手チームの選手に走り負けないためには、たくさん走り込みをするべきだ!と考える指導者が多いようです。

でも、果たして、そんな辛い練習が必要なのでしょうか?

(2)ナンバ走法の可能性

私が思うに、ピッチ走法自体には問題はないと考えています。

なぜなら、サッカーの試合で走る時は、急加速によってトップスピードになる動きが絶対に必要だからです。

この場合、むしろ選手の走り方を改善するべきではないでしょうか?

つまり、スタミナ切れを起こし難い走り方を身に付けたうえで、ピッチ走方をするのであれば、スタミナ切れの問題は解決出来るはずです。

そして、その解決のヒントになるのが、近年、注目されている「ナンバ走法」ではないかと考えています。

スポンサーリンク

2.ナンバ走法の走り方

ナンバ走法は疲れにくく、最後までスピードが落ちないということで、近年、数多くのアスリートが採用しています。

陸上界では、末續慎吾選手や高橋尚子選手が取り入れたことでも有名です。

その特徴は疲れ難くく、しかも速く走れるということです。

(1)桐朋高校バスケットボール部

東京都の桐朋高校バスケットボール部も、このナンバ走法を採用しています。

進学校でありながらも、インターハイ出場を果たしたことで話題になりました。

その後、新潟県をはじめ。他の高校でもナンバ走法が広まっています。

その際、バスケットボールは試合中にコートを何度も往復するので、短い距離の加速が必要という点では、サッカーと似たような競技です。

だから、昔からピッチ走法が使われていたのでしょう。

ところが、この走り方では、疲労とスタミナ切れという問題が常に起こります。

そうした問題を解決するために、桐朋高校はナンバ走法を取り入れたのです。

(2)ナンバ走法の効果

ナンバ走法の特徴は、全身をリラックスすることで、体が疲れず、最大限のパフォーマンスを出し続けながら、走り切ってしまうというものです。

自然身体構造研究所の所長で、身体構造の専門家であるタイツ先生こと吉澤雅之さんは、次の動画でナンバ走法の効果を解説しています。

タイツ先生によれば、リラックスして走る効果を3つあげています。

①全身のバネ作用による弾力性によって、地面反力が使えるようになる。

②腕や脚の重さを運動保存の法則として、前方向への推進力に変えてしまう。

③腸腰筋が使えるようになるので、フラット接地が出来る。

タイツ先生は、「笑ったままで走り切りたい…。」「リラックスして走り切りたい…。」とも説明しています。

これはナンバ走法で走ると、体力は消耗しない、疲れない、でもスピードが出てしまう…という意味です。

また、一本歯下駄トレーニングをすることで、ナンバ走法の走り方が自然と身に付くことも解説しています。

それでは、一本歯下駄トレーニングは、ナンバ走法に対してどのような関係があるのか?

そうした点について、次に私の息子「とも」の実例を紹介しながら詳しく解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。