ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーは裸足で上手くなる!ブラジルと日本の子供達の違い

どうしてブラジルの子供たちは、日本の子供たちよりもサッカーが上手くなるのでしょう?

そもそも体格はほとんど同じですし、どちらの国にもサッカークラブやスクールなどの練習環境が整っているので、同じくらいに上手くなっても良いはずです。

でも、二つの国の子供たちを比べると、たった一つ、大きな違いがあります。

そこで、今回はブラジルと日本の子供たちの違いとサッカーの関係について、詳しく解説します。

1.ブラジル人は裸足で過ごす

私が30年前に過ごしたブラジル・サンパウロの街中では、裸足でストリートサッカーをする子どもたちをよく見かけました。

舗装された道路だけではなく、砂利道のような場所でも平気でボールを蹴り続けます。

ふつうに考えればケガをするのではないか?と思われるでしょうが、子供たちにとっては何ともありません。

また、日常生活でも裸足で過ごすことが多く、家の中はもちろん、学校でさえも素足にサンダルを履いて通学する子供をよく見かけました。

そうした子供たちの足を見ると、3つの特徴が分かります。

(1)足裏の皮膚が角質化して硬い。

(2)指と指の間が広がってグリップ力が強い。

(3)土踏まずが発達しているので偏平足な子供がいない。

このような特徴は、日本の子供たちにはほとんど見られません。

そこで、次に日本の子供たちの生活スタイルの違いとサッカーの関係について、比べてみましょう。

スポンサーリンク

2.日本人は裸足で過ごさない

日本の子供は、ブラジルの子たちと違って、裸足でサッカーをする機会はほとんどありません。

このような状況は、日常生活でも同じです。

学校に行くと靴を脱いで上履きです。
家に帰ればスリッパを履きます。
スリッパを履かなかったとしても靴下は履いたままです。
もちろん外出の時はクツを履きます。

つまり、日常生活では、裸足で過ごす機会がほとんどないのです。

また、日本の子供は、ブラジル人とは違った「3つの特徴」が見られます。

(1)足の裏が柔らかく、すべすべしている。

足の裏が柔らかいと、ケガをしやすいですよね。

ブラジルの子供たちは足の裏が硬いので、砂利道のような場所でも平気でサッカーが出来る理由がよく分かると思います。

(2)指と指が密着してグリップ力が弱い。

裸足で過すと、指と指の間隔が広がって、足の形が幅広になるため、グリップ力が強くなります。

ところが、クツ下やクツを履いていると指と指を密着させて、「外反母趾」のような状態になるため、グリップ力が弱くなります。

(3)偏平足の子供が多い。

日本の子供たちに偏平足が多いのは、近年の特徴の一つで、一種の現代病かも知れません。

そもそも偏平足は、裸足で過ごさない限り、どのような靴を履いても治りません。

その理由は、裸足で過ごすことで、足の指が鍛えられ、土踏まずが発達するからです。

また、このような生活が続く限り、ブラジル人のようにサッカーが上手くなりません。

なぜなら、ヒトの足の形は、サッカーのボールコントロールの感覚と深く関係しているからです。

そこで、次に裸足でサッカーをすることで、どのような効果があるのか?という点について考えてみましょう。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。