ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

サッカーのキックの助走は何歩で?正しい蹴り方を解説!

【練習法】

(1)軸足の強化

少ない助走でキックを蹴るため、特に重要なのが軸足を鍛えることです。

これまでバックスイングを大きくする必要性を解説しましたが、その理由は遠心力を大きく(パワーとスピードを大きくする)するためでしたよね。

その場合、キックの遠心力は軸足一本で支えるわけですが、バックスイングを大きくすればするほど、さらに遠心力も大きくなって軸足の負担も大きくなります。

こうしたバックスイングの大きさ(遠心力の大きさ)と軸足の負担は、いわば「両刃の剣(もろはのつるぎ)」ですね。

でも、強く遠くに蹴るためには、軸足の強化によって遠心力を克服しなくてはいけません。

特に、日本人は海外の選手と比べて軸足の強化が劣っています(日本代表のシュート練習を見ても明らかです)。

そこで、特におすすめなのが、ちょんちょんリフティングです。

最低でも、1000回は出来るようにしましょう。

ただし、小学校低学年の場合はなかなか難しいので、その場合は連続でなくとも構いません。

失敗を重ねても良いので、一日の通算で1000回を目指すようにしましょう(100回ずつ10セットのようなやり方でも良い)。

※軸足を鍛えるべき理由・ちょんちょんリフティングの効果などを詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーのキックと体幹・軸足の強化!効果的な練習法
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果

次に、テニスボールやスーパーボールも使ってみましょう。

やはり目標は1000回です。

これも小学校低学年の場合は失敗を重ねても構いませんので、一日の通算の回数を目標にしてください。

なお、その他にも、筋肉の伸張反射、上半身のバネ作用、腸腰筋トレーニングなどが必要ですが、先ずは遠心力に負けないために軸足を強化しましょう。

(2)一歩の助走で蹴る

軸足を強化すると一歩の助走で蹴れるようになりますが、慣れないとタイミングの掴み方が難しいと思います。

そこで、小学校低学年向けと一般向けの練習法をご紹介します。

① 小学校低学年向け

次の動画は、「とも」が小三の頃に毎日やっていたインフロントキックの練習です。

動画では、バックスピンの感覚を掴むため…と解説していますが、「インパクト直前の最後の一歩」をきちんと意識して練習すると、しだいに一歩の助走で蹴れるようになります。

とても単純な練習ですが、キックの助走にとっては大切な基本ですし、幼少期から習慣づけることが重要です。

練習のポイントとしては、

・距離は3~5m程度。

・蹴るのはインフロントキック。

インフロントキックが一歩で蹴れるようになれば、インステップキックの助走は比較的簡単に覚えられるので、先ずはこの練習から始めてください。

② 一般向け

こちらは先ほどと同じような要領の練習ですが、距離が10~15m程度に伸びただけです。

自分のキック力に応じて、一歩で蹴れるようにしてください。

スポンサーリンク

【まとめ】

これまでキックの助走とバックスイングの関係について、解説しました。

特に助走の歩数や長さは、キックの飛距離や強さとはほとんど関係ありません。

大切なのは、助走の時にバックスイングを大きくする(遠心力を大きくする)ことと、少ない助走で蹴れるようになることです。

そのためには、軸足強化が必要です。

ぜひ、たくさん練習して上手くなりましょう。

【画像引用:Youtube.com