ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

キックは軸足を鍛えて上手くなる!トレーニング法も解説

海外のサッカー選手のキックは、日本人とは比べ物にならないほど正確です。

実は、その理由は軸足と体幹の強さにあります。

そこで、今回はキックと軸足・体幹の関係、軸足を鍛えるためのトレーニング法を解説します。

スポンサーリンク

1.キックと軸足の関係

サッカーのキックと軸足の強さには、とても深い関係があります。

そこで、軸足と体幹の関係、キックの時の遠心力の克服について順に解説します。

(1)軸足と体幹の関係

ルヒオ・ラモスのキック

海外の選手たちは利き足をメインに使い、逆足は軸足として使います。

そうすると軸足の筋肉は上半身の体幹とも連動するので、軸足+体幹→体幹軸として働きます。

つまり、サッカーのキックにとって最も大切なことは、軸足と体幹という強固な土台を築くことなのです。

(2)キックの遠心力を克服する

サッカーのキックは、縦回転の遠心力を使ってボールを蹴ります。

この遠心力はとても強いので、体への負担もかなり大きいです。

そのため、軸足を鍛えて遠心力を克服することが大切です。

次の画像は、私の息子「とも」のインフロントキックの様子ですが、バックスイングとフォロースルーの軸足の位置が、全く動いていません。

これは軸足を鍛えて体幹が安定したことにより、キックの遠心力を克服したからなのです。

それほどキックの遠心力は、体にとって負担が大きいわけですね。
キックの軸足と遠心力の説明画像

こうしたキックと軸足の関係は、風車と鉄塔の関係にも似ています。

その際、風車には風による強い遠心力がかかりますが、鉄塔を強固にすることで風車を安定して回転させることが出来るわけです。

風車と鉄塔

サッカーの場合も同じで、軸足が強いとキックのボールコントロールが安定します。

だからこそ、軸足の強化が必要とされるのです。

ところで、日本では体幹トレーニングはしても、軸足を鍛えるという発想がありません。

そうすると、軸が弱いままという問題が起きます。

そこで、こうした日本の現状について、次に解説します。

スポンサーリンク

2.日本のサッカー選手と軸足

サッカーでは、キック、ドリブル、トラップとも片足立ちです。

この場合、片足立ちを維持するための軸足が弱いと、一つ一つのプレーが安定しません。

だからこそ、軸足を鍛えることが大切なのです。

そこで、次に日本人のキックと軸足の関係について解説します。

(1)日本の選手は軸足が弱い

日本では軸足を鍛えるという発想がないので、キックの際の強い遠心力に打ち克つことが出来ません。

特に遠心力が強くなるのは、インパクトの瞬間です。

もしもこの時に軸足が弱かったら、正確にミート出来ませんし、蹴り足のパワーが十分にボールに伝わりません。

そうするとフォロースルーで体がグラついて、蹴り足が前に流れてしまう…という現象が起こります。

フォロースルーで体がグラ付く日本人

こうした現象は、日本代表でもJリーガーでも同じような傾向があります。

だから、キックの精度が低くいのです。

そもそもプロであったら、キックは狙ったところにピンポイントで蹴れなくてはなりません。

こうした場合、ふつうは蹴り方(キックフォーム)を改善しようと考えるでしょう。

ところが、軸足の弱さに気が付いて、この部分を鍛えない限り、根本的な解決にはならないのです。

(2)左利きの選手はキックが上手い

日本では、左利きの選手の方が正確なキックを蹴ることが多いです。

歴代の日本代表でキックが上手い選手と言えば、名波、中村俊輔、本田などですが、この3人に共通しているのは、左利きということですね。

中村俊輔のキック

その理由は、日本の育成では左利きの選手に寛容な風潮があるからだと思います。

特に、左利きの選手は右利きのように過度な逆足のプレーを要求されないので、利き足をメインに使うことが多くなります。

そうすると、左利きの選手は海外のプレーヤーと同様に、逆足を軸足として使うようになるのです。

いわば自然と軸足を鍛えているようなものですね。

また、軸足が安定すると自然と体幹も強くなるので、左利きの選手は必然的にキックが上手くなるわけです。

ちなみに、ブラジルでは「一つのポジションに左利きと右利きがいたら、左利きの選手を選べ」という有名な格言があります。

ブラジルで有名な左利きの選手と言えば、リベリーノ、ロベルト・カルロス、リバウドなどがおなじみですが、彼らの特徴は利き足のレベルの高さにあります。

だからこそ、体幹と軸足が強くなって正確なキックが蹴れるのでしょう。

この場合、海外の子供たちはプロと同じように、右利きであっても左利きであっても、利き足をメインに使います。

なぜなら、海外では、まず最初に利き足の技術レベルを上げることを考えるからです。

そこで、次に海外の子供たちの様子、トレーニング法と成果について、順に解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。