ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ジュニア向けサッカーシューズの選び方!知っておきたい大切な2つのこと

あなたは、ジュニア世代の子供にどんなサッカーシューズを買っていますか?

メッシ、クリスチアーノ・ロナウド、ネイマールなどの有名選手が履いているモデルだから?カッコいいから?耐久性があるから?

たしかに親としては、可愛い子供のためにカッコいいサッカーシューズを選びたいですし、長持ちすれば経済的でしょう。

でも、そうした選び方が本当に子どものためになるのでしょうか?

私は、30年前にブラジルでジュニアのアシスタントコーチをしていましたが、その当時の選手たちが履いていたシューズは日本の子供たちのものとは全く違います。

そうした点では、ジュニア向けのサッカーシューズの選び方で、日本人のほとんどの方が知らない大切なことが2つあります。

そこで、今回は正しいジュニア向けのサッカーシューズの選び方について解説します。

1.ボールコントロールとグリップ力

ジュニア向けのサッカーシューズの選び方で最も大切な2つの点は、ボールコントロールとグリップ力です。

そのためには、どのようなシューズを選ぶのか?そこで次に、この2つの点について順に詳しく解説します。

(1)ボールコントロール

① シューズメーカーと親の考えの違い

ジュニア向けのサッカーシューズをお店で選ぶ時は、いろいろな広告が目に付くので迷いますよね。

また、楽天やアマゾンを見ても、思わず買いたくなるような謳い文句もたくさんあります(笑)。

これは、アディダス、ナイキ、プーマ、アシックスなどが、お互いに売り上げを上げようとして、しのぎを削っているわけですね。

その中でも特に多く見られるのが、各社のサッカーシューズに対するボールコントロールの宣伝で、特に多いのが、抜群の!、絶妙な!、新次元の!などですね。

実は、こうした宣伝広告はキャッチコピーと言って、消費者心理を知り尽くした専門のコピーライターが、誰でも思わず買いたくなるようなタイトルを付けているのです。

やはり、各社とも売り上げを伸ばしたいのでしょう。

その一方で、消費者であるお父さんやお母さんがジュニア向けのサッカーシューズを選ぶ時、どのように考えているのでしょうか?

たぶん、次の3つを考えているはずです。

ア.良いモノを安く。
イ.長持ちするという点でコスパが良いモノ。
ウ.成長期なので一サイズ大きめ。

考え込む若夫婦

これに対してメーカー側は次のように考えています。

ア.子供のためなら親は高くてもお金を出すはず。
イ.シューズの寿命は3~6ヶ月くらい。
ウ.サイズはピッタリが望ましい。

でも、親としては、せっかく高いサッカーシューズを選んだのだから長持ちしてほしい…と考えますよね。

ところがスポーツメーカーとしては、サッカーシューズは消耗品なので買い替えを前提に考えています。

つまり、親とメーカーの考え方は全く違うのです。

そうなるとメーカーとしては長持ちさせるために、スパイクやトレーニングシューズの靴底を改良したり、アッパー(靴底以外の表面の皮の部分)を厚めにして耐久性を高めるしかないのです。

なにしろ、メーカーとしては消費者の意向を汲み取らないと売れませんし、このシューズは長持ちしない!などという評判が起きると困りますからね。

この場合、特に注意していただきたいのが、アッパーが厚めになりやすいという点です。

実は、サッカーシューズのアッパーが厚めになると耐久性は高くなりますが、ボールコントロールの感覚が身に付き難くなるのです。

スポンサーリンク

② ボールコントロールの感覚の本当の意味

ボールコントロールの感覚とは、足の触覚や痛覚を刺激するという意味です。

簡単に言えば、ボールが足に触れたときの軽い痛みの感覚ですね。

もちろん、ジュニア世代の子供に対して、神経をシャープに刺激するような痛みではありませんよ(笑)。

でも、アッパーが厚めのサッカーシューズを履いていたらどうなると思いますか?

実は、ジュニア世代の子供にとっては、革靴を履いて練習するようなものなので、いつまで経っても繊細なボールコントロールは身に付きません。

そうするとアッパーが厚めよりも薄いサッカーシューズの方が、ボールコントロールの感覚が身に付くのです。

私は30年前にブラジルサンパウロの某サッカークラブで、アシスタントコーチ(ジュニアとジュニアユース)をしていました。

当時の私は、最初の頃にトップチーム(プロチーム)の用具係のお手伝いをしたことがあります。

その際、プロの選手たちのサッカーシューズの靴磨きをしたことがありますが、各選手とも薄くて柔らかいのが印象的でした。

いわゆる、カンガルー皮を使っていたのです。

まるで、バレーシューズのような薄さと柔らかさがありました。

用具係のスタッフに、「選手たちは、どうしてこんなに薄くて柔らかいサッカーシューズを選ぶのか?」と聞いたことがあります。

その時の答えはこうでした。

「選手たちは、本当は裸足でサッカーをしたいんだよ。」「だってボールコントロールがしやすいからね。」「でも試合では、シューズを履かないとダメだろう?」「だから、出来るだけ素足に近いシューズを選ぶんだよ。」

なるほど、やはり本場のブラジル人は違うのだなあ…と感じました。

たしかに当時のサンパウロの街中では、小学生くらいの子供たちが、あちらこちらで裸足でストリートサッカーをしている様子をよく見かけました。

やはり、子供は裸足が好きみたいですね(笑)。

そうした中で選手たちが成長していくわけですが、やはり文化の違いなのだろうと思いました。

いずれにしても、ジュニア世代の子供にとっては、アッパーが薄くて素足感覚のサッカーシューズの方が、ボールコントロールが身に付くのです。

でも、アッパーが薄いシューズは、どうしても耐久性が低くなりますよね。

たしかに親の立場としては、経済的にも長持ちしてほしいのはよく分かります。

でも、子供が上手くなるためには、やはりアッパーが薄めのシューズを選んだ方が良いのは間違いありません。

ちなみに、薄い靴でボールを蹴ったら足が痛い…なんて言ってたら、その時点で子供の成長は止まります。

もしも、ジュニアユースとかユース世代になっても、厚い皮の靴を履いていたとしましょう。

そして、「ボール感覚が絶妙だ!」などと自己満足していたとしたら、それは単なる勘違いであって、その子供とっての将来の成長は期待できないのです。

さて、それでは次に、ジュニア向けのサッカーシューズのグリップ力についてご紹介します。

大切な内容なので、ぜひお読みください。

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。