ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

足裏ドリブル練習法!小学校低学年向け基本10選

小学生年代では、足裏ドリブルをたくさん練習しますが、中学生になるとパスサッカーでインサイドが多くなるため足裏を使わなくなります。

でも、足裏ドリブルが必要ないというわけではありません。

特に現代サッカーはコンパクトなため、体の近くでボールを扱える足裏のコントロールは大切なテクニックです。

だから、小学校低学年の子供は、ぜひ足裏ドリブルの基本をきちんと習得してほしいと思います。

そこで今回は、私の息子「とも」の実演動画を交えながら、小学校低学年向けの足裏ドリブルの基本とその練習法などを詳しく解説します。

※足裏以外のドリブル練習法を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーのドリブル練習法!小学校低学年向け基本8選

スポンサーリンク

1.足裏ドリブルの基本

最初に、足裏ドリブルを練習する時の注意点について解説します。

(1)足裏ドリブルの意味

①ボールを動かす範囲

足裏ドリブルでボールを動かす最適な範囲は、自分の歩幅が目安になります。

歩幅は身長の約45~50%なので、身長120㎝の子供であれば半径60㎝以下の範囲でボールを動かすのが最適です。

この範囲を超える場合は、足裏よりもアウトサイドやインサイドを使った方がボールを速く動かせます。

つまり足裏を使うのは、体の近くでボールを扱う時に限られるということですね。

ただし、次の図のように上半身を使う動き(例:体幹ひねり)や低い姿勢を取ることで、歩幅以上の範囲でボールを動かすことも出来ます。

②ボールの動かし方

足裏を使ったボールの動かし方の基本を大きく分けると、次の3つになります。

・押す。
・引く。
・転がす(左右)。

いずれにしても小学生の低学年のトレーニングでは、この3つの基本に重点化した練習をするのが大切です。

またボールをタッチする場所は、親指~小指のそれぞれの腹、拇指球~小指球、土踏まず、カカトまでの、それぞれの部分に全神経を集中させてください。

そもそも、ヒトの足裏は床や地面に接するため、ケガをしないよう角質で覆われていることから、どうしても感覚が鈍くなっています。

だからこそ意識の集中が必要であり、理想を言えば、足裏の全ての面でボールが扱えて、初めて足裏ドリブルのテクニックを身に付けたと考えるべきでしょう。

そのためにも、足裏全体の意識の集中は絶対に必要なのです。

さてこうした点を踏まえて、次に練習メニューを組む際の注意点を解説します。

(2)練習メニューを組む際の注意点

①メニューの無駄を省く

足裏のトレーニングメニューは多種多様ですが、その一方では重複するメニューも多いです。

例えば次の動画のようなフロントタッチやバックタッチは、ボールを押したり引いたりする動作とそれほど変わりません。

だから極力こうした練習は、省略した方が良いでしょう。

また、こうした単純な動作は、子供たちがいつの間にか勝手に覚えてしまうものなので、あえて時間をかけてまで練習する必要はありません。

②足裏の過度な両足練習は控える

小学校低学年の子供は体幹や軸足が弱いため、体が開きやすいです(棒立ちになる)。

そうした状態で、次の動画のような両足練習をすると、いっそう軸の弱さと体の開きを悪化させるだけです。

そのため幼少期のトレーニングは、体幹・軸足の強化と体の開きを抑えるためにも、利き足に特化した足裏練習をするべきです。

だから、小学校低学年のうちは、こうした両足練習は控えましょう。

※利き足に特化したドリブルや、体の開きの弊害について詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
サッカーの利き足と逆足は役割が違う!海外と日本の比較
体が開くとは?サッカー指導者が気付かない両足練習の弊害

(3)インサイドやアウトサイドとの組み合わせ

サッカーの試合では、ボールを速く動かすためにインサイドやアウトサイドが多く使われるので、足裏ドリブルはどちらかと言えば補助的な役割になります。

また、試合中のドリブルで足裏だけを使うということは、あり得ません。

だからと言って、足裏ドリブルが必要ないというわけではなく、例えば、密集状態の時は体の近くでボールを扱うなど、相手にボールを奪われないためには絶対に必要なテクニックです。

さらに、インサイドやアウトサイドだけでは、ボールが足元から離れやすくなるという欠点もあります。

そこで、足裏とインサイド・アウトサイドなどを組み合わせるなどの、より実戦的な練習メニューを組むことで、試合で使える有効なテクニックを身に付けましょう。

(4)足裏練習は裸足が望ましい

ドリブル練習は、足の指の感覚を繊細にする必要がありますが、足裏は感覚が鈍いので、なおさら繊細さが必要です。

特に、ブラジルの選手たちは足裏ドリブルが得意ですが、その理由は子供の頃から裸足で過ごすために、自然と繊細な感覚を身に付けているのです。

そこで、足裏練習の時は、出来るだけ裸足の方が良いでしょう。

どうしても裸足になれない場合は、なるべく薄手のシューズを履いてトレーニングをしてください。

※ブラジルの子供たちとサッカーの関係、ドリブルと足の指の繊細な感覚の必要性、サッカーシューズの選び方などを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
サッカーは裸足で上手くなる!ブラジルと日本の子供達の違い
サッカーのドリブル練習法!小学校低学年向け基本8選
サッカーシューズの選び方!意外と知らない大切な2つのこと

さて次は、具体的な練習メニューを詳しく解説します。

2.練習メニュー

ここからは、いよいよ足裏ドリブルの練習メニューの解説です。

これから紹介するメニューは誰でも一度はやったことがあるものばかりですが、特に試合で使うことが多いテクニックだけを厳選しています。

その際、練習する場合のポイントは、3つあります。

1.なるべく裸足で練習する。
2.足裏に全神経を集中する。
3.目の前にいる相手からボールを守る意識を持つ。

上記3つのうち、特に大切なのが2と3です。

この2つを意識して練習すると、相手との一対一の局面で足裏のいろいろな部分を使い分ける技術が身に付きますし、相手からボールを守るという意識付けにもなります。

例えば次の動画のように、「とも」は相手との位置関係によって足裏のいろいろな部分を使い分けながら、ボールを奪われないようにしています。

※画面の上側の赤字で記載した部分を参照してください。

このような動きは、足裏の一つ一つのタッチに全神経を集中して、目の前の相手からボールを守る意識で練習すれば誰でも出来ることです。

そうすることで、足裏の全ての場所を使いこなせるようになります。

その際、フリースタイルの人たちがよくやる足裏でボールをこねくり回すような曲芸は、実際の試合では役に立たないので真似をするのは止めましょう。

なお、いずれのトレーニングも一人で出来るので、子供たちにはぜひ取り組んでほしいと思います。

一セットあたりの回数やセット数などの目安は特にないですが、子供が疲れるまで練習すると、かえって効果が半減しますのでご注意ください。

(1)足裏ボールタッチ

このタッチは、ほとんどの子供が一度はやったことがあると思います。

足裏で引く動作と、インステップ・アウトサイド・インサイドを組み合わせたボールタッチですね。

タッチの種類は3つありますが、実際の試合では、足裏でボールを引く動作とイン・アウトの組わせが最も多いので、先ずは基本の動作としてきちんと身に付けましょう。

① プル・インステップ(動画の最初~0:26)
② プル・アウトサイド(動画の0:27~0:42)
③ プル・インサイド(動画の0:43~最後まで)

このトレーニングのポイントは何となくタッチするのではなく、ボールに触れる足裏や指の部分に全神経を集中することです。

特に手でボールを扱うような意識を持たない限り、サッカーの上達はあり得ません。

また、足裏で引く動作とインステップ、アウトサイド、インサイドとのスムーズな切り替えや、足からボールを離さない点にも注意してください。

さらに、ボールを引く時は、目の前の相手からボールを守るという意識を持つことで、実戦的なイメージが身に付くことから、トレーニング効果が格段に高くなります。

一人でボールタッチするからと言って、ただ何となくボールを動かしていたのでは、練習のための練習になるだけなので、ご注意ください。

(2)足裏直線ドリブル~V字、L字のタッチ

この練習は、足裏だけの動作に限定したメニューになります。

スピードは必要ないので、一つ一つのタッチの正確さを大切にしてください。

①足裏直線ドリブル(動画の最初~0:52)

足指の腹と拇指球~小指球に神経を集中して、ボールとの一体感を感じながら、転がすようにドリブルしてください。

ここで言う一体感とは、ボールの球面に対して、足裏で接する面の全てに意識を向けることです。

そうすることで、足裏からボールが離れなくなります。

ただし、実際の試合では、ここまで長い距離の足裏ドリブルはしませんが、相手との接近戦の時にアウトサイドやインサイドを組み合わせることによって、緩急を使ったドリブルが出来るようになります。

特に、ドリブルの緩急は相手との駆け引きにも通じますし、ボールを自在に扱えるという点で大切なテクニックなので、こうした一つ一つのタッチを大切にしてください。

②バックタッチ(動画の0:53~1:16)

バックタッチは、先ほどの直線ドリブルの逆のパターンですが、やはり足指の腹と拇指球~小指球に神経を集中してださい。

特に実際の試合では、ボールを引いて守るという動作がよくあるので、目の前の相手からプレスを受けている!という意識を持つと効果的です。

③けんけんバックステップ(動画の1:17~1:42)

片足でけんけんしながらバックステップをします。

先ほどのバックタッチよりも、少しハードなメニューです。

特に小学校低学年では、体幹や軸足が弱いので長く続かないと思います。

そこで次の動画のような、ちょんちょんリフティングの練習を併用するとトレーニング効果がアップします。

特に、サッカーのドリブルは、片足立ちでボールコントロールをするので、軸足の強化が絶対に必要です。

また、日本では体幹トレーニングはしても、軸足を強化するという発想がほとんどありませんし、日本が世界に比べて最も遅れている部分です。

将来、海外を目指すのであれば、ぜひ軸足の強化に取り組んでください。

※ちょんちょんリフティングの効果を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果

④V字ボールタッチ(動画の1:43~1:58)

アルファベットのV字を描くように、ボールを押したり引いたりしてください。

このタッチは、ボールを斜め前と後に押し引きするものですが、この動作も試合中によく使います。

またボールを引く時は、足の指で引っ掻くようにするとスムーズに転がせます。

⑤L字ボールタッチ(動画の1:59~最後まで)

アルファベットのL字を描くように、ボールを押したり引いたりしてください。

このタッチは、ボールを前と横に押し引きする動作です。

ボールを前に動かすのは先ほどのV字とほとんど変わりませんが、横に動かす時は股関節の可動域によって動く範囲が狭くなります。

その場合は、無理して動かす必要はありませんし、出来る範囲で構いません。

さて次は、より実戦的なメニューやドリブルの補強トレーニングの解説をします。

スポンサーリンク

(3)カットドリブル

先ほどの(1)と(2)の練習を活かして足裏のカットドリブルを繰り返してください。

また、この練習はスピードよりもタッチの正確さを重視してください。

ボールを横に大きく動かす動作は、内→外、外→内の2種類になります。

このうち内→外の動きは、外→内に比べて速く動かせるので、インサイドやアウトサイドなどと組み合わせると、突破のドリブルとして効果的に使えます。

とてもシンプルなテクニックですが、動画の後半にもあるようにフェイントのように使えます。

なお、体幹ひねりを使うと動きが速くなるので、次の動画の体操も練習しましょう。

(4)足指強化トレーニング

足裏の感覚は、手に比べるとかなり鈍いため、日ごろから裸足になってよく動かさないと繊細なボールタッチが身に付きません。

そこでぜひおススメしたいのが、次の動画のような足指グーパーと足指スリスリです。

このトレーニングは土踏まずのアーチと足回りの筋肉群も強化するので、偏平足を予防する効果があります。

そのため、必ずリスフラン関節(足の甲の辺り)を動かすように意識してください。

※土踏まずのアーチと足回りの筋肉群の強化法を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
土踏まずのアーチを作る方法!【痛みの原因は偏平足】

(5)ドリブル姿勢トレーニング

ここでは、ドリブルで必要な前傾姿勢に矯正するための練習法を解説します。

①骨盤前傾トレーニング

・カカトを浮かして、つま先立ち。
・背筋を伸ばして胸を張りお尻を突き出す。
・一日あたり30秒~1分以内。

②前傾姿勢トレーニング

ドリブルでの前傾姿勢を維持するため、背骨や背筋などを使って上体を支える感覚を身に付けましょう。

・軽くヒザを曲げて腰を落とす。
・足の指を使ってグリップする(つま先立ちは不可)。
・背骨、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識。

この場合、背中に意識を集中させることで背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎの筋トレ効果も高くなります(姿勢の悪い子に「背筋を伸ばしなさい!」というのと同じ)。

ちなみに、2016年に発表されたデンマーク国立労働環境研究センターとオールボー大学などの研究チームの「プログレッシブレジスタンストレーニング中の意識と筋肉のつながりの重要性」という研究結果によれば、筋トレの際に筋肉の部位を意識すると高い効果が得られたそうです。

また2018年に発表されたアメリカ・ノースウェスタン大学とアリゾナ州立大学などの研究チームの「長期レジスタンストレーニング中の意識集中による異なる効果」という研究結果によっても、同じような効果が得られています。

これは現在の筋トレの理論で一般化した、いわゆるマインドマッスルコネクション(MMC)と同じ意味にもなります。

そうした意味では検証結果も得られているので、練習に当たってはぜひ意識を集中させましょう。

※ドリブル姿勢や骨盤前傾を詳しくお知りになりたい方は次の記事をお読みください。
サッカーのドリブル姿勢で正しいのは前傾?それとも直立?
骨盤前傾で身体能力をアップ!一流サッカー選手の特徴とは?

3.まとめ

海外のトッププレーヤーたちは、試合中に足裏を使ったドリブルをよくやります。

特にブラジルの選手たちの足裏ドリブルは、抜群のセンスを持っています。

ところが、日本では足裏ドリブルの練習はやるものの、パスサッカーが多いので、実際の試合では足裏をほとんど使いません。

だから、密集状態でのボールコントロールが上手くなりませんし、相手にボールが奪われやすくなるのです。

そうならないためにも、小学校低学年の子供は、足裏ドリブルをきちんと練習してほしいと思います。

【画像引用:Youtube.com