ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

体のバネ作用でサッカーがレベルアップ!【最新理論で解明】

サッカーのプレーで体のバネ作用を使うと、驚異的なパワーとスピードを発揮します。

また、こうした機能は生まれ付き全ての人に備わった身体能力なので、誰でも使いこなすことが出来るのです。

そこで、今回は、体のバネの仕組みとサッカーに活かす方法を詳しく解説します。

1.体のバネとは

体のバネを考える上では、次の5つの点がとても大切です。

(1)体のバネの仕組み
(2)体のバネと骨格の動き
(3)体のバネは体幹に集中している
(4)低重心の人は体のバネが使えない
(5)体のバネと伸張反射は密接に関係する

(1)体のバネの仕組み

体のバネ作用をサッカーに活かす時に、最も大切なことは2つあります。

一つ目は「復元力」で、二つ目は「パワーの蓄積と放出」です。

①復元力

ふつう、コイルや板バネを変形させると、元に戻ろうとする力が働きますが、これを復元力と言います。

ヒトの背骨にも復元力があるので、曲げたり、伸ばしたり、縮めたりする動きに対して、元に戻ろうとするバネが働くのです。

例えば、低くしゃがみ込んでからジャンプする動作は、背骨を折り曲げてから伸ばすという復元力を利用しているわけですね。

したがって、復元力のない動作(例:単なるヒザの曲げ伸ばし)はバネ作用ではありません。

②パワーの蓄積と放出

バネを縮めたり曲げたりすると、「ギュッ」とエネルギーが貯まります(パワーの蓄積)。

そして、この貯まったエネルギーを放出することで、強力なパワーを発揮出来るのです(パワーの放出)。

例えば、ジャンプの動作は、最初にしゃがんでエネルギーを貯めることで、反射的に飛び上がる!というパワーを生み出すわけですね。

もしも、この時、しゃがみ込まずに、立ったままジャンプしたらどうなるでしょうか?

答えは簡単で、エネルギーを貯め込まないので、ほとんど飛べませんよね。

だから、エネルギーを貯める(ジャンプの場合はしゃがむ)という動作は、とても大切なのです。

(2)体のバネと骨格の動き

ヒトの体は、背骨や肋骨(ろっこつ)などの骨格が連動することによって、バネの作用を生み出します。

そこで、こうした骨格の動きを利用した、代表的なバネの動作を考えてみましょう。

①背骨

背骨のS字カーブを伸び縮みさせる時は、26個の脊椎と椎間板が連動して、背骨全体にバネ作用を起こします。

また脊椎は、ゼリー状の椎間板で連結されているので、この部分がクッションの役割をします。

そして、この部分のクッションの働きによって、背骨のS字カーブが上下に動いてバネ作用を起こすのです。

②肋骨

肋骨は左右に12本ずつあり、この部分を左右交互に伸び縮みさせることによって、蛇腹のようなバネの動きをします。

左側を縮めて右側を伸ばす場合は、下図のように動きます。

右側を縮めて左側を伸ばす場合は、下図のように動きます。

この時のバネ作用は、一方を縮めると反対側がすぐに伸びる…というように、左右のいずれかの縮む動きを先行させることが大切です。

例えば、左側を急激に縮めると反射的に右側が伸びる…というような動きですね。

そうすることで、肋骨のバネ作用が効果的に使えるわけです。

スポンサーリンク

(3)体のバネは体幹に集中している

体のバネは体幹(上半身)に集中していますが、これは骨格の構造と関係します。

ヒトの骨格は、複数の骨が組み合わさって出来ています。

例えば、背骨は26個の脊椎が組み合わさって一つの骨格となり、肋骨は左右12本ずつで一つの骨格になります。

そして、これらの骨格が伸び縮みすることによって、バネ作用を起こすのです。

したがって、骨格のない場所(例:関節)には、バネの機能はほとんどありません。

そうすると、例えばヒザのバネを使う…というのは明らかに間違った考え方になります。

自分ではバネを使っているつもりでも、実際にはじん帯を酷使するので炎症を起こすだけですね(じん帯は関節を繋ぐだけなのでバネ作用はない)。

さて、次は、(4)低重心の人は体のバネが使えない、(5)体のバネと伸張反射は違う…について解説します。

大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。