少年サッカー育成ドットコム

ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

育成

サッカーで声を出す方法!子供の自立を考えよう

投稿日:

子供がサッカーで声を出せないのはメンタルが弱いから…というわけではありません。

いつ?何を?どのように?言えば良いのか分からないのが原因です。

そこで、今回は声を出す意味や声を出す方法などを解説します。

1.声を出す意味

(1)子供が声を出せない理由

最近の子供たちは、サッカーの試合中に声を出せないことが多いようです。
むしろ、親の声援の方が大きいくらいですね(笑)。

そればかりではなく、「なんで点を取られても黙っているの?」「もっと声を出して!」「元気がないよ!」なんて歯がゆい思いをする親御さんも多いと思います。
いつもはしゃいでいるのに、試合になると急に大人しくなるのはどうして?という方もいるでしょう。
また「声ぐらい簡単に出せるはず…、それなのにどうして?」とさえ考えがちです。

でも、こうした発想は親の勝手な思い込みでしかありません。

実は子供が声を出せない理由は、いつ?何を?どのように?言えば良いのか分からないからです。

しかもチームの監督やコーチたちが「もっと声を出せ!」と言っても、肝心の声の出し方までは教えません。
だから子供たちは何も分からないのです。
実に無責任なことですが、これが日本の少年サッカーの現状です。

つまり子供にとって分からないことを要求されても、何も出来ないのは当然のことなのです。
だから子供たちは誰にも教わらず、周りの雰囲気を見ながら声を出すことを覚えるしかありません。

ちなみに、あなたが英語を全く話せないとして、いきなり一人でアメリカに行って生活できますか?
子供にとって試合中に声が出ないというのは、こうした状況と全く同じです。

もちろん物怖じしない子は誰にでもハッキリと物事を言えるので、声を出すのは苦にしません。
そうすると声が出せない子はメンタルが弱い…などと勝手に親が決めつけてしまうことも多いです。

このように声が出せない子は、ずっとそのままなのでしょうか?

実はこうしたことは、選手同士のコミュニケーションと深い関係があります。

そこで、次に子供たちのコミュニケーションについて考えてみましょう。

(2)コミュニケーションの重要性

サッカーで声を出すのは言葉を発することなので、会話と同じと言っても良いでしょう。
つまり選手同士のコミュニケーションですね。

もちろん発した言葉が「そこマークしろ!」などの一方通行なので会話にはならないように思われます。
でも、試合中はいろいろと言い合うだけの時間がありません。
そうすると「もっと動き出しを速く!」などの短い言葉になるわけです。

こうした場合、よく声を出しあうチームは選手同士のコミュニケーションが活発です。

その際、声が出せない子がそうしたチームに所属したら、どうなると思いますか?

実は大人しい子であっても、不思議と声を出すようになります。
なぜなら、いつ?何を?どのように?言えば良いのかという声の出し方を学べるからです。
また、チームの雰囲気に影響されると言っても良いでしょう。

それでも声が出せない子はいるでしょうが、そうしたことは時間とともに解決するので親が心配する必要はありません。
なぜなら子供は親が知らないうちに、いつの間にか成長するからです。

ところで、こうした声出しは練習の時から実践していないと試合では出せません。
これは練習の時に上手く行かないテクニックやプレーは、実際の試合では使えないのと同じことです。

こうした場合、コミュニケーションが活発なチームは練習前後や練習中の空いた時間で、お互いに話し合いをしています。
これは自主練と同じで、自分たちが自主的に行っていることです。

つまり、選手同士で声を出しやすい環境が自然と出来ているわけです。
またチームの選手たちは、そうすることで大人への自立を辿っています。

実は、こうした環境作りは監督やコーチなどの意向にかかっています。

そこで、次に指導者の役割について考えてみましょう。

(3)指導者の役割

子供たちが声を出しやすくなるためには、ひとえに指導者の環境づくりが大切です。

ところが、日本のサッカー指導でよくありがちなのは一から十まで口出しすることです。
日本サッカー協会が提唱する子供の自立や主体性の尊重は無視して、練習でも試合でも大声を張り上げて指示を出し続けます。

そうすると子供たちは、監督やコーチたちの操り人形になるだけです。

そうした状況の中で子供たちは自立できるのでしょうか?

単なる操り人形では選手同士のコミュニケーションもありませんし、練習や試合でも指導者の顔色を見ているだけです。

そうなると子供たちは声を出さなくなります。
いわば「黙して語らず」ということですね。

それでも試合中に声を出すチームはあるでしょう。
でも、監督やコーチから「声を出せ!」と言われるから、やっているだけのことです。

さらに親が追い討ちをかけるように「声を出せ!」と言えば、子供としては仕方なくやります。
これは、あくまでも子供にとって嫌々やっているだけであって、主体的に起こした行動ではありません。

そもそも子供が声を出せるのは、選手同士のコミュニケーションが日ごろから活発だからです。
またコミュニケーションが活発なのは、一人一人の選手が自立しているからです。

つまり子供に声出しをさせたいのなら、大人はむしろ黙っていた方が良いのです。

そうしないといつまで経っても自立しませんし、本当の意味で声を出すようにはなりません。

そもそも、子供にとって声を出すことは勇気がいることです。
また、そうしたことは「声を出せ!」などと強制してやらせるべきではありません。
単なる脅迫と同じですし、恐怖に基づいた行動は長続きしないのです。

そうした場合の監督やコーチたちの役割は、選手同士のコミュニケーションを活発にするための環境作りです。
お互いに意見を言い合って物事を決めて行くというような自立を促すことですね。

子供は小学校高学年になると、授業中に少人数のグループ単位で活動する機会が増えます。
例えば、研究発表や社会科見学などです。
その際、子供たちだけでルールを作って自主的に学習しています。

そもそも文部科学省の学習指導要領は、いつの時代でも子どもの自立を促しています。
そうした意味では、子供はいつでも自立できるだけの下地があるのです。

やはり子供たちに「声を出せ!」というのは、単なる強制でしかありません。
先ず考えるべきことは如何にして自立を促すのかと言うことです。

そうすることで、初めて自主的に声を出し合うようになるのです。

さて、次からは実際にどのように声を出せばよいのか?と言う点を考えてみましょう。

スポンサーリンク

2.声を出す方法

(1)声を出す時の3つのパターン

サッカーで声を出すのは選手同士のコミュニケーションのためですが、これは3つのパターンに分けられます。

それは、サイン、モチベーション、コーチングです。

サインとは、パスを呼ぶときに手を上げたり、マークを指示する時に相手を指差すことです。
これは大きな声はほとんど必要ないですし、無理して声を出さなくても良いので、誰でも簡単に出来るようになります。

モチベーションとは、動機付けとかやる気のことです。
例えば、シュートを外した選手に「ドンマイ!」、相手からボールを奪った選手に「ナイスプレー!」、一点取られた後に「取り返すぞ!」などですね。

これは周りの選手の声の出し方やタイミングを真似すれば良いので、それほど難しくはありません。

コーチングとは味方の選手に指示を出すことです。
例えば、ボールを持っている選手に対して右サイドにフリーの選手がいる時に「右いるぞ!」とか、パスを受ける選手の背後に相手が迫っている時に「後ろいるぞ!」とかですね。

高校生やプロの試合を見ると分かりますが、試合中はコーチングによる声出しがほとんどになります。
そうした意味では、コーチングが出来て初めて大人のサッカーの仲間入り…と考えた方が良いでしょう。

こうした声出しは重要度と言う点で、子供が覚えて行く順番があります。
U10くらいまでであれば、サイン、モチベーション、コーチングの順に覚えましょう。

特にサインやモチベーションは簡単なので、先ずはこの2つが出来るようにすると良いです。
また、周りの選手の様子を参考にすれば、だんだんとコーチングを覚えられます。

ところが、U12からはコーチングの重要度が高くなります。
その理由は試合中の戦術の比重が高くなるため、選手同士のコミュニケーションが重要になるからです。
実際の試合中でも、声を出す時の8割以上はこうしたコーチングになります。

実は子供たちにとって、最も難しいのがコーチングで声を出すことです。
いつ?何を?どのように?すれば良いのか分からないからです。

いわゆる強豪チームはこうしたコーチングが的確なので、試合で勝ち続けることが出来ます。
つまり、お互いのプレーを声でサポートしているわけです。
そのために日頃から選手同士の活発なコミュニケーションを取っています。

でも、その反対にコミュニケーションが乏しいチームに所属する子供の場合は、どのようにしたらコーチングを覚えられるのでしょう?

そこで、次にコーチングの覚え方について考えてみましょう。

(2)コーチングと声出し

試合中のコーチングは、戦術やプレーの知識がないと味方の選手に的確な指示が出せません。
でも小学生レベルでは、そうした知識を身に付けることはなかなか難しいでしょう。

ところが、意外と簡単に覚える方法があります。

それは一つ上のカテゴリーの試合をたくさん見学することです。

例えばU10であればU12の試合を、U12であればジュニアユースの試合を見れば良いのです。
もちろん練習の様子を見ても良いでしょう。

そうすると、いつ?何を?どのように?声を出して味方に指示するのかという様子がよく分かります。

もちろん、サインやモチベーションの声出しもいろいろと学べます。
そうした意味では、たくさんのことを勉強出来るのです。

この場合、チームの監督やコーチたちが子供たちに見学させながら、いろいろと説明しても良いでしょう。
そうすれば、子供たちの戦術理解度も高くなります。

ネットなどで地元のサッカー協会の大会情報を検索すれば試合日程も分かりますし、簡単なことなのでぜひ実践してください。

私が思うに、サッカーの指導者は学校の先生と同じようなものです。
親御さんにとって大切な子供を預かっているわけです。
そのくらいのことはしてあげても良いと思います。

ところで、私は30年前にブラジルサンパウロでジュニアとジュニアユースのアシスタントコーチをしていました。
ブラジルのプロリーグはセリエA~Dの4部制で毎日のようにテレビ中継があります。
子供たちはそうした試合を毎日のように見るので、いつの間にかプロ顔負けのプレーを覚えてしまいます。

またジュニアの選手ならジュニアユースの試合を、ジュニアユースの選手ならユースの試合を…というように、子供たちは常に一つ上のカテゴリーを意識していました。

そうすると自分たちの試合中のコーチングも的確になり、いつ?何を?どのようにすれば分かっているので、私の出番はほとんどなかったです(笑)。

ちなみに日本代表の久保建英選手は状況判断が良いので、コーチングも的確です。
でも、彼はある日突然このようになれたわけではありません。

幼いころから、お父さんとFCバルセロナの試合をテレビで見て、メッシ、イニエスタ、シャビなどの動きや戦術の細かいところまで徹底的に研究したそうです。

そうした意味でも、試合を見ることはとても勉強になるのです。

(3)声出しはコーチングを最初に覚える

声の出し方を覚える場合、サイン、モチベーション、コーチングの順に学ぶと良いですが、もっと簡単に習得する方法があります。

それは、最初にコーチングの声出しを覚えることです。

そもそもサインやモチベーションは見よう見真似で誰でも出来ます。
だから、とても簡単なので後回しにしても構いません。

先ほども解説しましたが、子供にはなるべく早い時期から一つ上のカテゴリーの試合(なるべくならU12かジュニアユースの試合)をたくさん見させるようしてください。

いつ?何を?どのように?声を出せば良いのか、手に取るように分かります。

そうすれば真似をしてコーチングが出来るようになります。
またコーチングさえ出来れば、その他にもチームの選手を奮い立たせるような声をどんどん出すようになるのです。

ブラジルの子供たちは毎日プロの試合を見ていますし、久保建英選手も幼少期からFCバルセロナの試合を見て勉強していたのです。

そうした点でも、たくさんの試合を見てコーチングを学び、声を出すことを覚えましょう。

一方、コーチングで声出しが出来るようになると、チーム内では中心的な存在になります。
なぜなら、いつでも味方を助けるわけですし頼れる存在だからです。
そうするとチーム内での発言力も高くなるので、いつの間にか中心選手になるわけです。

そうした意味では、最初にコーチングの声出しを覚えましょう。

また、声が出せない…などと悩んでいるヒマがあったら、たくさんの試合を見てコーチングを学びましょう。

いつ?何を?どのように声を出しているのかが分かります。

そうすることでチームのために役立つ、本当の声出しが出来るようになるのです。

スポンサーリンク

3.まとめ

サッカーの試合で声が出せるようになるためには、一つ上のカテゴリーの試合を見てコーチングを学ぶことが最も近道です。

百聞は一見にしかず…と言いますし、声出しは教わるものではなく、見て学んだ方が良いのです。

ぜひ日本中の多くの子供たちが、サッカーの試合で声を出せるようになることを願っています。

ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援よろしくお願いします。
1日一回コチラをクリック!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-育成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です