ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ボレーシュートの3つのコツ!プロの蹴り方を徹底解説

ボレーシュートは、コツを掴めば簡単です。

なぜなら、ボレーシュートとそれ以外のキックとの違いは、たった一つだけだからです。

そこで今回は、ボレーシュートの3つのコツ、プロの蹴り方(日本人と海外の選手との違い)を徹底解説します。

スポンサーリンク

1.ボレーシュートの3つのコツ

日本の育成指導では、ボレーシュートはふつうのキックとは違う蹴り方をする…、難しいテクニックが必要…などと教えることがあります。

ところがボレーシュートとそれ以外のキックとの違いは、ボールが浮いているかどうかだけなので、浮球の特性をきちんと理解すれば、ふつうの蹴り方をそのまま利用できます。

その場合のボレーシュートの蹴り方のコツは、大きく分けて3つあります。

(1)タイミングを掴む
(2)ミートする
(3)体幹を捻る

そこで次からは、こうしたボレーシュートの3つのコツを順に解説します

(1)タイミングを掴む

ボレーシュートで最も多い失敗は、蹴るタイミングが合わないことだと思います。

次の動画はサッカー初心者の方が出演していますが、育成年代の子供たちでもこうしたシーンはよく見かけるはずです。

この出演者のほとんどの人が上手く蹴れない原因は、向って来るボールを蹴り足で迎えに行ってしまうからです。

これに対して、浮き球の特性をきちんと理解すれば、ふつうのキックのタイミングがそのまま活かせるのです。

そうした点で、ボレーシュートのタイミングの掴み方は2つあります。

①軸足をボールに合わせる。

ボレーシュートもそれ以外のキックも、蹴り足が、軸足の横か少し前に来た時点でインパクトします。

つまりボレーシュートは、ボールを蹴り足で迎えに行くのではなく、軸足をボールに合わせる!という発想が必要なのです(軸足で迎えに行く…と考えても良い)。

その際、ボレーシュートとふつうのキックの違いは、ボールが地面にあるのか?浮いているのか?だけの違いしかありません。

そうすると、ボレーシュートはふつうのキックと比べて、体を斜めに傾けた状態にすれば自然と足が宙に浮くので、後はボールの高さに合わせてミートすれば良いだけなのです。

要するに、先ずはボールに軸足を合わせる意識を持ちましょう。

②体の中心よりも前で蹴る

先ほどの、①軸足をボールに合わせるのは、体の中心よりも前でボールを蹴るということを意味します。

こうしたフォームは、サッカー以外の球技全般に言えることで、例えば野球のバッティングも体の前でインパクトするという点では、ボレーシュートと全く同じなのです。

もしも、体の中心辺りで打ったとしたら、ボールは前に飛ばずにフライになってしまうでしょう(いわゆる「振り遅れ」の状態)。

いずれにしても体の中心よりも前でボールを蹴るのは、①軸足をボールに合わせると並んで、ボレーシュートの基礎基本なので、特に大切にしてください。

③自分に合う高さで蹴る

ボレーシュートは、よくボールの落ち際を蹴ると言いますが、そうした発想だけでは上手く行きません。

なぜなら、小中学生の場合は身長差が大きいので、同じ学年の子供であっても、160㎝の子は蹴れるのに145㎝の子には蹴れない高さがあるからです。

そうした場合、特に大切なのは、浮いたボールに対して自分ならどの程度の高さなら正確に蹴れるのか?という得意な高さを覚えることです。

また、いったん得意な高さを覚えると、成長とともに、だんだんと高いボールを蹴れるようになります。

だから、全員が一様に、ヒザの高さで…とか、太ももの高さで…とか決め付ける必要はないのです。

またボレーシュートの最大のメリットは、トラップ動作が不要なので速くシュート出来るという点ですよね。

そうした時に、ヒザや太ももの高さで蹴っても、グラウンドからほんのわずかに浮いている状態で蹴っても、シュートにかかる時間はほとんど変わりません。

つまり、トラップしないのであれば、どのような高さで蹴っても構わないのです。

くれぐれも、ボレーシュートは、トラップ動作が不要でシュートまでの時間短縮になるというメリットに目を向けるべきであって、蹴る時のボールの高さはほとんど関係ない!と考えましょう。

とにかく大切なのは、先ずは自分に合う高さを覚えることです。

さて次は、ボレーシュートの蹴り方の3つのコツの2つ目「ミートする」を詳しく解説します。

(2)ミートする

①ミートの意味

ボレーシュートを蹴る時に、思いっ切りスイングして空振りする子供は多いと思います。

この場合、ボールは宙に浮いた状態なので、地面との摩擦抵抗がありません。

そうすると、ミートするだけで強いボレーシュートが蹴れてしまうので、必要以上に振り切る必要はないのです。

だから、足の振りをコンパクトにして、ボールに当てるように蹴りましょう。

これに対して、地面にあるボールを蹴る時は大きなパワーが必要です。

なぜなら止まっているもの(又はほとんど動いていなもの)を動かすためには、強い力が必要だからです。

実は、このようにボレーシュートでミートするのは、ヘディングシュートと同じ原理です。

簡単に言えば、飛んでくるボール(宙に浮いているボール)に足を当てるのか?頭を当てるのか?だけの違いでしかありません。

※ヘディングシュートのコツを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ヘディングシュートの4つのコツ!クリロナの動きを徹底解説

いずれにしても、ボレーシュートは思いっ切り蹴る必要はないので、軽く当てて、ミートの感覚を掴みましょう。

②蹴る場所

日本では、ボレーシュートの蹴る場所はインステップで…と教えるケースが多いですが、これはあまり意味がありません。

なぜならボレーシュートの目的は点を取ることなので、得点できるのであれば、インステップだけではなく、インサイドでもアウトサイドでも、何でも良いのです。

例えば、世界的なストライカーであるポーランド代表のレバンドフスキは、インサイドやインフロントで蹴ることが多いです。

ジャンピングボレーは、足首に近いところで蹴ることも多いです(足首で蹴ると無回転になる)。

ちなみに、私の息子「とも」は蹴る場所を、次のように3カ所を使い分けています。

・インステップの中心から1㎝程度内側
・インサイド
・インフロント

ボレーシュートはどの場所で蹴っても良い…というのは、くれぐれも点を取ることがサッカー本来の目的という考えから来ています。

そうした意味で、ボレーシュートの練習でインステップだけを使うのは、インステップキックの単なる技術練習にしかなりません。

こうした点は注意しましょう。

いずれにしても、ボレーシュートはどこで蹴っても得点できれば良い!という考えは、日本ではあまり浸透していないので、ぜひ覚えましょう。

(3)体幹を捻る

ボレーシュートはミートするだけでも十分威力がありますが、体幹を捻ることでさらにパワーアップします。

なぜならミートすると、その分だけふつうのキックよりも蹴り足のスイングがコンパクトになって、やや威力が落ちるからです。

そうした際に体幹を捻ると、蹴り足のパワーを補うことが出来るのです。

体幹を捻る蹴リ方は、インサイドキックと同じ考えです。

正しいインサイドキックの蹴り方は、それなりにヒザを振っていますが、インステップキックやインフロントキックと比べるとバックスイングが大きくありません。

その理由は、パスを受けたらすぐに蹴ったり、狭い場所でバックスイングが取れない時でも蹴れるようにするためです。

そうした時でも、バックスイングに頼らずに、体幹の捻りだけで蹴ることが出来るわけですね。

これに対してボレーシュートは、ペナルティーエリア内の密集した場所で蹴ることが多いため、さらに状況が厳しくなります。

だからこそ、体幹の捻りも使ってパワーを補う必要があるのです。

いずれにしてもボレーシュートの蹴り方で、ミート+体幹捻りはパワーアップという点でかなりの武器になるとお考えください。

ちなみに、体幹ひねりは次の体操をすることで簡単に身に付きます。

特に体幹ひねりは、上半身のひねりが先行して、下半身が連れて勝手に動く…というようにイメージしてください。

そうすることで、上半身をひねることによって生じる遠心力を、下半身へと伝えることが出来ます。

ただし、筋肉の伸張反射を活かすためにも、次の画像のように、①・A1(上半身をひねる)と②・A2(下半身をひねる)というように、上半身が先行して下半身が連動するというイメージを持ちましょう。

もちろん、あまり意識し過ぎるとぎこちなくなるので、最初のうちは上半身と下半身を交互にひねるだけでも結構です(慣れて来たら上半身先行→下半身連動のイメージを持つ)。

さて次は、プロ選手たちの実際の試合での蹴り方を詳しく解説します。

また、これまで解説した(1)タイミングを掴む、(2)ミートする、(3)体幹を捻る、の3つのコツがどのように活かされているのか?という点にも注目してください。

スポンサーリンク

2.プロのボレーシュートの蹴り方

プロのボレーシュートの蹴り方を参考にするためには、本物のテクニックを理解するという点で、日本と海外の選手を比較することが大切です。

(1)日本人選手のボレーシュートの例

日本人は、育成年代からボレーシュートはインステップで蹴る…と教わるので、バックスピンが掛かって浮いてしまうことが多いです。

次の動画は、2011アジアカップ決勝の李 忠成のボレーシュートですが、一見すると素晴らしいシュートに思えるものの、バックスピンが掛かっていますよね。

そうすると、ふつうならボールが浮き上がって、クロスバーを越えることが多くなります。

この場合、ボレーシュートは足を高く上げてから振り下ろすため、どうしてもダウンスイングになってしまいます。

そうすると、インフロントキックのようにボールを擦り下げることになるので、バックスピンが掛かりやすくなるのです。

ところが、李 忠成が蹴った地点はペナルティーマークの辺りなので、クロスバーを越える前にゴールしています。

もしも、蹴る場所が10mほど後ろだったら、ゴールを越えていたかも知れませんね。

国の代表チームは、その国の育成の結果を反映するものですが、たぶん彼も「ボレーシュートはインステップで蹴る…」という教えを忠実に守って成長したのでしょう。

ちなみに、李 忠成のボレーシュートは当時の日本では好評価でしたが、海外ではほとんど取り上げられていません。

私が思うに海外のメディアの見る目は確かだと思います。

それでは海外のプロたちは、どのような蹴り方をしていると思いますか?

そこで次に、海外の選手たちのボレーシュートを解説してみましょう。

(2)海外の選手のボレーシュートの例

海外の選手たちのボレーシュートは、インステップをほとんど使いません。

その理由はボールにバックスピンをかけず…、クロスバーを越えず…、「枠」を狙うという発想があるからです。

つまり、ボレーシュートの目的は得点することにある!という考え方があるわけですね。

だから、得点さえ出来れば何でもありなのです。

また、ボールに回転をかけると言っても多種多様で、例えばカーブ、アウト、ドライブ回転、グラウンダーなど、相手DFやGKの位置関係や局面に応じていろいろな蹴り方をします。

①カーブ回転

次の画像は、元フランス代表のジダンのボレーシュートで、カーブ回転をかけています。

カーブ回転をかけると空気抵抗の関係で失速してゴール手前でボールが落ちるため、クロスバーを越えることはほとんどありません。

またタイミング、ミート、体幹をひねるという3つのコツも見られます。

ちなみにカーブ回転のかけ方は、ボールの中心をインステップのやや内側かインフロントでミートすると良いでしょう。

ミートする程度なので大きく曲がることはありませんが、カーブ回転が掛かってゴール手前でボールが失速するので、ボールが大きく浮くことはありません。

さて次は、アウト回転のボレーシュートの蹴り方を詳しく解説します。

②アウト回転

次の画像は、2014ブラジルワールドカップのコロンビア代表ハメス・ロドリゲスのボレーシュートですが、大会でのベストゴールを受賞したことでも有名ですよね。

彼のボレーシュートも、タイミング、ミート、体幹をひねるという3つのコツが見られます。

このボレーシュートは、胸トラップの後でアウト回転をかけていますが、この蹴り方も先ほどのジダンのカーブ回転のシュートと同じで、ゴール直前にボールが落ちるため、クロスバーを越えることはありません。

 

アウト回転のかけ方は、ボールの中心をインステップのやや外側かアウトフロントでミートすることです。

その際、アウト回転は意外とかかり難いので、体を軸足方向に回転させてボールのスピンを補う必要があります。

この時のハメス・ロドリゲスは、ボレーシュートの前に胸トラップから反転したことにより、遠心力が発生して自然なアウト回転が掛かっていました。

もしも最初からゴール方向を向いて蹴る場合は、やはりフォロースルーで体を軸足方向に回転させるようにして蹴ると、アウト回転が掛かりやすくなります。

さて次は、ドライブ回転とグラウンダーのボレーシュートの蹴り方を詳しく解説します。

③ドライブ回転

次の画像はウルグアイ代表のカバーニのボレーシュートで、ドライブ回転をかけています。

ドライブ回転をかけるとボールが浮き上がることはないので、クロスバーを越えることもありません。

ドライブ回転のかけ方は、バックスイングをほとんど取らずに、フォロースルーでボールを持ち上げるように蹴ると良いでしょう。

どちらかと言えば、ループシュートのような蹴り方ですね。

④グラウンダー

次の動画は、先ほどと同じくウルグアイ代表のカバーニのグラウンダーのボレーシュートです。

カバーニの特徴は、ヒザと同じか、やや下の辺りで蹴ることが多いので、バウンドしたグラウンダーのボールになります。

こうしたシュートは、叩きつけるヘディングシュートと同じで、ゴールキーパーにとってはふつうに浮いたシュートよりも、はるかにキャッチし難いです。

私が思うに、育成年代の子供たちのボレーシュートは、カバーニの蹴り方を手本にするべきです。

なぜなら、いつもヒザ辺りの低い高さで蹴っているので、子供たちにとってもタイミングが合わせやすいからです。

たぶん、カバーにとっても得意な高さなのでしょう。

ボレーシュートの3つのコツは、(1)タイミングを掴む、(2)ミートする、(3)体幹を捻る、ですが、子供にとって最初につまずくのは、(1)のタイミングが掴めないことです。

もしも、タイミングが掴めなかったら、ボレーシュートが苦手なサッカー選手として成長するしかありません。

だからこそ、ボレーシュートのお手本として、ぜひカバーニの蹴り方を覚えましょう。

3.まとめ

これまで、ボレーシュートのコツやプロ選手たちの蹴り方を解説しましたが、ボレーシュートとふつうのキックとの違いは、ボールが浮いているかどうかだけです。

こうした浮球の特性をきちんと理解すれば、ふつうのキックのテクニックがそのまま活かせるのです。

またボレーシュートのコツとして、次の3つを解説しました。

(1)タイミングを掴む
(2)ミートする
(3)体幹を捻る

こうした3つのコツは、海外の選手たちのボレーシュートにも活かされています。

その一方で、育成年代の子供たちにとっては(1)タイミングを掴む…が最大の難関であり、ここでつまづくとボレーシュートが苦手な選手になってしまいます。

そうした意味で、ウルグアイ代表のカバーニの蹴り方を手本にするべきです。

ぜひ参考にして、多くの子供たちのボレーシュートが上手くなることを願っています。

【画像引用:Youtube.com