ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

ボレーシュートの3つのコツ!プロの蹴り方を徹底解説

ボレーシュートは、コツを掴めば意外と簡単です。
なぜなら、ボレーシュートとそれ以外のキックとの違いは、たった一つだけだからです。
インサイドキックやインステップキックが蹴れるのなら、誰でも覚えられます。

またボレーシュートはトラップ動作が不要なので、DFがプレスをかける前に打つことが出来ます。
そうすると得点の可能性が高くなるのです。
そうした意味で、ボレーシュートは育成年代の子供たちにとって、ぜひ覚えてほしいテクニックの一つです。

そこで今回は、ボレーシュートの3つのコツ、プロの蹴り方(日本人と海外の選手との違い)を徹底解説します。

スポンサーリンク

1.ボレーシュートの3つのコツ

日本の育成年代のボレーシュートの指導では、ふつうのキックとは違う蹴り方をする…、難しいテクニックが必要…などと教えることがあります。
ところがボレーシュートとそれ以外のキックとの違いは、ボールが浮いているかどうかだけです。
浮球の特性をきちんと理解すれば、ふつうのキックのテクニックがそのまま活かせます。

そうした場合のボレーシュートの蹴り方のコツは、大きく分けて3つあります。
(1)タイミングを掴む
(2)ミートする
(3)体幹を捻る

そこで次からは、こうしたボレーシュートの3つのコツを順に解説します

(1)タイミングを掴む

ボレーシュートで最も多い失敗例は、インパクトのタイミングが合わないことです。

次の動画はサッカー初心者の方が出演したものですが、育成年代の子供たちでもこうしたシーンはよく見かけませんか?
この動画の出演者の多くは、向って来るボールを蹴り足で迎えに行くので、こういう失敗が多くなるのです。
つまり、蹴り足を基準に考えているわけです。

これはボレーシュートを蹴る時の浮き球の特性さえきちんと理解すれば、ふつうのキックのタイミングの取り方がそのまま活かせるのです。

そうした点で、ボレーシュートのタイミングの掴み方は2つあります。

①軸足をボールに合わせる。

ボレーシュートもそれ以外のキックも、バックスイングした蹴り足が軸足の横に来た時点でインパクトします。
つまりボレーシュートは、軸足をボールに合わせる(いわゆる軸足の踏込)という考え方が必要なのです。

軸足をボールに合わせる

こうした場合、ボレーシュートの失敗例の多くは、蹴り足を合わせようとしています。
ところがいくら蹴り足を合わせても、まともなインパクトは出来ないのです。

その際、ボレーシュートとふつうのキックの違いは、ボールがグラウンダーなのか?浮いているのか?だけの違いしかありません。
そうすると、ボレーシュートはふつうのキックと比べて、体を斜めに傾けた状態で蹴れば良いだけです。

体を斜めに傾けた画像

また、軸足をボールに合わせるというのは、体の前の方でインパクトするということです。
ジャンピングボレーの場合でも、同じ考え方です。

こうした考え方は、球技全般に言えることです。
例えばバレーボールのスパイクは、体の前でインパクトするという点で、タイミングの取り方はボレーシュートと全く同じなのです。

バレーボールのスパイク

②自分に合う高さで蹴る

ボレーシュートは、よくボールの落ち際を蹴ると言いますが、そうした発想だけでは上手く行きません。
特に大切なのは、浮いたボールに対して、自分ならどの程度の高さなら正確にインパクト出来るのか?という感覚を理解することです。
特に育成年代の子供たちは体格差がありますし、足の長さも違います。
だから一概にヒザの高さで…とか、太ももの高さで…とか決め付ける必要はないのです。

クリスチアーノ・ロナウドの低いボレーシュート

またボレーシュートの最大のメリットは、トラップ動作が不要なので速くシュート出来るということです。

トラップ動作はコンマ数秒だけ余計な時間が必要なため、その間にDFがシュートコースを塞いでしまうことも多いです。
そうした際にボレーシュートを蹴るとしたら、ヒザや太ももの高さで蹴っても、グラウンドからほんのわずかに浮いている状態で蹴っても、シュートまでの時間はほとんど変わりません。

つまりトラップしないのであれば、どのような高さで蹴っても構わないのです。

あくまでも、ボレーシュートは、トラップ動作が不要でシュートまでの時間短縮になるというメリットに目を向けるべきなので、蹴る時のボールの高さはほとんど関係ありません。

そうした点で先ず大切なのは、自分に合う高さの蹴り方を身に付けることです。
低いボールを蹴っても問題ありませんし、ハーフボレーのようにバウンドしたボールを蹴っても良いのです。

スポンサーリンク

(2)ミートする

①ミートの意味

ボレーシュートを蹴る時はボールが浮いた状態ですし、地面との摩擦抵抗がありません。
そうすると、ミートするだけで強いキックが蹴れてしまいます。

ミートする直前の画像

ところがボレーシュートに比べて、グラウンダーのシュートは大きなパワーが必要です。
なぜなら止まっているもの(またはほとんど動いていなもの)を動かすためには、強い力が必要だからです。

またボレーシュートで浮き球をミートするのは、ヘディングシュートと同じ原理です。
簡単に言えば飛んでくるボールに足を当てるのか?頭を当てるのか?だけの違いです。

※ヘディングシュートを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
ヘディングシュートの5つのコツ!クリロナの動きを徹底解説

ただしペナルティーエリアの外からボレーシュートを蹴る場合は、ミドルシュートを打てるだけのキック力が必要です。
なぜならミートするとは言っても、自分自身の潜在的なキック力によってボールの飛距離が変わって来るからです。

そうした意味では、ボレーシュートでミートした場合の自分の飛距離を理解しておくことも必要です。

②蹴る場所

日本の育成年代の指導では、ボレーシュートの蹴る場所はインステップで…と教えるケースが多いですが、これはあまり意味がありません。

基本的にはインステップだけではなく、インサイドやアウトサイドでもどこでも良いのです。

例えば、世界的なストライカーであるポーランド代表のレバンドフスキは、インサイドやインフロントで蹴ることが多いです。

レバンドフスキの蹴り方

ジャンピングボレーは単に足を当てるだけ…ということもよくあります。

レバンドフスキのジャンピングボレー

ちなみに、私の息子「とも」は次の3つの蹴る場所を使い分けています。
・インステップの中心から1㎝程度内側
・インサイド
・インフロント

息子の3つの蹴る場所

ボレーシュートはどの場所で蹴っても良い…というのは、くれぐれも点を取ることがサッカー本来の目的という考えから来ています。

日本の指導のようにインステップの場所で蹴る…というのは手段であって、目的ではありません。
蹴る場所一つを取っても、日本と海外の指導は全く違うのです。

スポンサーリンク

(3)体幹を捻る

ボレーシュートはミートするだけでも十分ですが、体幹を捻ることでさらにパワーアップします。
なぜならミートするということは、その分だけふつうのキックよりも蹴り足のスイングがコンパクトになって、やや威力が落ちるからです。
そうした際に体幹を捻ると、蹴り足のパワーを補うことが出来ます。

体幹を捻った蹴り方

体幹を捻る蹴リ方は、インサイドキックと同じ考えです。

正しいインサイドキックの蹴り方はそれなりにヒザを振っていますが、インステップキックやインフロントキックと比べるとバックスイングはあまり大きくありません。
その理由は試合中の狭い場所でマークが厳しい時、バックスイングさえも取れないことがあるからです。
そうした時でも、体幹の捻りだけで蹴ることが出来るわけです。

※インサイドキックの蹴り方を詳しくお知りになりたい方は、次の記事をお読みください。
インサイドキックの正しい蹴り方と練習法!

ところが、ボレーシュートはペナルティーエリアの中で蹴ることが多いため、さらに状況が厳しくなります。
だからこそ、体幹の捻りも使ってパワーを補う必要があるのです。

いずれにしてもボレーシュートの蹴り方で、ミート+体幹捻りはパワーアップという点でかなりの武器になるとお考えください。

さて次は、プロ選手たちの実際の試合での蹴り方を詳しく解説します。
大切な内容なので、ぜひお読みください!

※この続きは、すぐ下の四角のボタン「2」を押してください。