ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

3人目の動きとは?サッカー初心者にも分かりやすく解説!

【練習法】

3人目の動きを覚えるうえで最適な練習法は、3対2、3対3、4対4のゲームになりますが、これはオシムの指導法とほぼ同じです。

(1)3対2

この場合は常に攻撃側の1人がフリーになるので、3人目の動きの基本を理解させましょう。

またゲームボードなどを使ってイメージを持たせることで、小学校低学年でも理解出来るようになると思います。

(2)3対3

この場合、先ずは3人目の動き出しのタイミングを覚えさせましょう。

このタイミングはパスの出し手(1人目)が受け手(2人目)にパスを出した瞬間で、つまり守備側がボールウォッチャーになった時です。

※パスが出た瞬間の守備側はボールの行方を確認するために、ほぼ全員が必ずボールを見ます!

その際あくまでも基本はボールを繋ぐことなので、次のように横パスやバックパスを受けるようにしても構いません。

ボールを前に運ぶことだけがサッカーではありませんからね。要するにボールを守ることも大切なのです。

これに慣れて来たら、ワンタッチ、ツータッチ、スリータッチなどのタッチ制限をしても良いでしょう。

そうすることで相手のプレスを回避して、3人目の状況判断のスピードアップに繋がります。

ちなみこうしたタッチ数の制限はブラジルでもよく練習していました。

(3)4対4

この場合は3対3と比べて難易度が高そうに思えますが、そうでもありません。

基本的にはパスの出し手(1人目)と受け手(2人目)以外の、2人とも3人目になります(3対3なら1人だけ)。

つまり攻撃の選手がA、B、C、Dだとしたら、A⇒B⇒CかA⇒B⇒Dの組み合わせになるわけですね。

その際、A⇒B⇒Cの組み合わせでAがプレーを終えたら、今度はAが次の3人目になる可能性があるので、どこに動けば良いのか?という次の予測も必要です。

そうすることでチーム全員の状況判断が速くなりますし、攻撃を続けることが出来ます。

(4)守備側の対応

守備側の対応で最も大切なのは、攻撃側の3人目の動きを阻止することです。

基本はパスの出し手(1人目)と受け手(2人目)の関係をいち早くつかんで、3人目は誰になるのか?を予測してマークに付いたりパスカットに備えます。

これは攻撃で覚えたことを守備で活かすという考え方です。

こうした発想を選手たちに植え付けることで、守備時の状況判断もスピードアップするわけですね。

スポンサーリンク

【まとめ】

これまで3人目の動きとは何か?基本の動き、プロの例、練習法などを解説しました。

特にこの動きの時は守備側がボールウォッチャーになりやすく、そのためノーマークでフリーになりやすいという特徴がありましたよね。

また3人目の動きはオフザボールの基本なので、状況判断を身に付けるうえでも大切です。

ぜひ多くの子供たちが3人目の動きを覚えてサッカーが上手くなるのを願っています。