ブラジルでのコーチの経験を活かして、 サッカー未経験の方にも分かりやすく科学的で正しい理論をご紹介します

トーキックの正しい蹴り方!海外の選手たちの使い方とは?

サッカーのトーキックはつま先でボールを蹴るだけ…と思われがちです。

ところが、海外の選手たちのトーキックの使い方は日本人とは全く違います。

そもそも日本はサッカー後進国ですよね。たがら海外のテクニックを見習いましょう。

そこで今回は正しいトーキックの蹴り方と特徴について解説します。

スポンサーリンク

1.トーキックの特徴と誤解

(1)正しいトーキックとは

日本では、トーキック(Toe Kick)はつま先でボールを蹴る…とされていますが、海外では「つま先で突く(Toe Poke)」テクニックと考えられています。

つまり本来はToe Kick(蹴る)ではなく、Toe Poke(突く)が正しい使い方なのです。

これは何を意味するのか?というと、ちょうどビリヤードのスティックでボールを突くようなイメージを想像すると分かりやすいと思います。

次の動画はワールドカップのトーキックの歴代トップ10のシーンですが、これを見ると日本で一般的に考えられているようなドリブルからのシュートは意外と少ないのが分かります。

どちらかと言えばゴール前でインステップキックやインサイドキックが蹴れない時の最終手段として、つま先でボールを突くというプレーが多いですよね。

またブラジルの選手たちのトーキックのレベルは、日本人とは比べものにはなりません。

このようにつま先でボールを突くテクニックは、得点出来るかどうかにも大きく関わってきます。

しかもつま先でボールを突くだけなので、動作が速く、キックモーションが小さいので、ゴールキーパーはなかなか反応できません。

だからフットサルなどのように狭い場所(サッカーならペナルティエリアの中など)では重宝されます。

そうした意味では、ぜひ正しい使い方を覚えましょう。

これに対して日本の選手は、トーキックがとても下手だと思います。

そこで次にこの理由を解説します。

(2)日本人が下手な理由

あなたの子供がサッカーを始めた時は「つま先」を使ってボールを蹴っていたと思います。

でも少年団やクラブチームに入団すると「それではダメだ!」と言われて、最初に覚えるのがインサイドキック、その次がインステップキックやインフロントキックになるでしょう。

そうすると、つま先を使ったトーキックは否定されてしまうわけですね。

さらに育成年代でカテゴリーが上がったとしても、トーキックの指導はほとんどないので上手くなりません。

つまり日本の選手は、つま先でボールを突くというテクニックが下手なままなので、そうしたスキルを持たない選手になってしまうのです。

実はこうした指導は大きな問題があります。

先ほどご覧になった動画からも分かる通り、トーキックはインステップキックやインサイドキックが蹴れない時の最終手段として使われていましたよね(もちろん意図的に使うシーンもある)。

もしもこの時に、つま先でボールを突くというテクニックがなかったらシュートが出来ません。

これは戦う時に相手が最終手段の秘密兵器を持っているのに対して、こちらにはそうした武器が存在しないことを意味します。

これでは最初からハンデを持って試合をするのと同じですよね。

これに対してブラジルの指導は、つま先を使うことを否定しません。

そこで次にブラジルの指導の現状を解説します。

(3)ブラジルの指導

ブラジルではトーキックを一つのテクニックとして考えおり、そのうえで新たにインサイドキックを指導します。

そうすると子供たちはトーキックとインサイドキックの2つのテクニックを試合で併用して使うようになるわけですね。

またブラジルではフットサルも盛んで、試合中はよくトーキックを使います。

この場合、ゴロのグラウンダ―のシュートだけでなく浮き球も蹴りますし、カーブ回転やアウト回転を掛けることもよくあります。

次の動画は浮き球のシュートシーンを集めたものですが、全てトーキックであって決してインステップキックなどではありません。

たぶん日本人には、こうしたブラジル人のトーキックの凄さは想像が付かないと思います。

ちなみにブラジルでは、小学生年代のサッカー選手もフットサルをよくやります。

そうすると子供たちも自然とトーキックを覚えて成長するわけですね。

実際にも元ブラジル代表のオスカル、ロマーリオ、ロナウドはこうしたシュートをよく使いました。

こうした点は、子供のころからの指導やフットサルの影響によるものなのでしょう。

要するに日本ではトーキックを否定しますが、ブラジルではテクニックの一つとして使うことを前提に指導するという違いがあるのです。

このような日本とブラジルの指導の違いとは別に、実はもう一つ日本人のトーキックが下手な理由があります。

それはトーキックに対する誤解です。

(4)日本人の誤解

日本人はトーキックに対して次のような誤解があるので、試合中にほとんど使いませんし、また効果的な使い方も覚えません。

① つま先で蹴るとケガをしやすい。
② 真っ直ぐにしか蹴れない。
③ 試合ではほとんど使わない

① つま先で蹴るとケガをしやすい

つま先でボールを蹴ってケガをしやすいのは、足の指が弱いからです。

先ほどのフットサルの動画でブラジルの選手たちはインステップキック並みの強さでトーキックを蹴っていましたが、ケガなどはほとんどありません。

その理由は幼少期からの生活習慣と関係します。

私が30年前に過ごしたブラジルの子供たちは裸足で過ごすことが多く、家の中はもちろん、学校でさえも素足にサンダルを履いて登校する子供たちをよく見かけました。

またサッカーも裸足でやることが多かったです。

そうした子供たちの足を見ると3つの特徴があります。

1.足裏の皮膚が角質化して硬い。
2.指がゴツゴツして、指と指の間も広がっている。
3.土踏まずが発達しているので偏平足な子供がいない。

このような特徴は日本の子供たちにはほとんど見られません。

この場合、ブラジルの子供たちのように指の間が扇形に広がると親指と人差し指が発達するので突き指などもしなくなることから、トーキックを蹴ってもほとんどケガをしません。

また日本の子供達と違って指の感覚が発達しています。

これに対して、日本の子供たちはどちらかと言えば外反母趾のようになっていて足の指は貧弱です。

そうした点で日本の子供たちは足の指を鍛えれば、トーキックを蹴ってもケガをしなくなりますし繊細なボール感覚も身に付くので、ぜひきちんとしたトレーニングをやるべきだと思います(詳しい練習法は後述します)。

② 真っ直ぐにしか蹴れない

トーキックは真っ直ぐだけではなくカーブ回転やアウト回転がかけられますし、浮き球も蹴れます。

次の動画は、フットサルスクールでブラジル人コーチが生徒たちにトーキックを教えている様子です。

これによればボールの中心を蹴れば真っ直ぐ飛び、中心から下を蹴れば浮き球になり、中心から左右にずらして蹴ればカーブやアウト回転がかかると言っています。

またコーチ自身もそのとおりに実演していますし、しかも裸足で蹴っていますよね。

この会場はフットサルコートですが、こうしたスキルはふつうのサッカーコートを使っても同じように使えます。

そもそもトーキックが真っ直ぐにしか蹴れない…という意見は正しい蹴り方を知らない人の勘違いです。

またそうした意見を持つ人ほどトーキックを上手く蹴れません。

だから、そのような考えをまともに受け入れるのは止めた方が良いでしょう。

③ 試合ではほとんど使わない

これは最初にご覧になった動画からも分かる通り、ゴール前でインステップキックやインサイドキックが蹴れない時の最終手段として、つま先でボールを突く…というテクニックの重要性を理解しない人の意見です。

この場合、試合でほとんど使わないからと言ってトーキックが蹴れなかったら、得点チャンスを逃してしまいます。

しかもそうした選手ほど、つま先でボールを扱うスキルが身に付いていません。

くれぐれも勘違いしないでほしいのが、トーキックはToe Kick(蹴る)ではなく、Toe Poke(突く)が正しい使い方なのです。

そうした意味で、トーキックはシュートだけではなくパスにも使えます。

なぜなら狭い場所でキックモーションが取れない時でも、つま先でボールを突けば小さなモーションで蹴れるからです。

そもそも試合でほとんど使わないのは、日本人の特徴です。

こうした点は幼少期からの育成年代の間違った指導の影響もありますが、やはり海外のプレーを参考にして正しいトーキックの使い方を覚えるべきだと思います。

さて、以上がトーキックの特徴と誤解ですが、これを踏まえて次はトーキックの正しい蹴り方を解説します。

スポンサーリンク

2.トーキックの蹴り方

(1)つま先で蹴る

トーキックを蹴る場所は足のつま先ですが、その際は足の指が曲がらないようにまっすぐ伸ばしましょう。

指が曲がっているとボールコントロールが上手く出来ませんし、かえって突き指の原因になるのでご注意ください。

(2)ボールの軌道

トーキックをグラウンダーのゴロで真っ直ぐ蹴るだけであれば、ボールの中心を狙えば良いだけなのでサッカー未経験者でも簡単だと思います。

これに対して浮き球のボールを蹴る時は、次の①のようにボールの中心から少し下を中心軸に沿って蹴れば無回転シュートが蹴れます。

またボールの中心を蹴ったとしても、②のように中心軸を上に外せばドライブ回転を掛けられます。

さらに右利きの選手を例にすると、④のように中心から右よりを真っ直ぐ蹴るとカーブ回転になり、⑤のように中心から左を真っ直ぐ蹴るとアウト回転を掛けられます。

このようにトーキックを使って、いろいろなボールを蹴り分けられるようなテクニックを覚えましょう。

(3)ドリブルから蹴る

トーキックを最も多く使うのは、ドリブルからのシュートです。

そこでゴールキーパーにシュートモーションを見破られないために、ドリブルからの自然なシュートを練習しましょう。

この場合、Bの時に指でタッチすればドリブルが続きますが、同じモーションでCのようにつま先で蹴ればトーキックになります。

特に大切なのは全く同じフォームで蹴ることなので、このタイミングを覚えましょう。

(4)つま先の感覚と足指の強化

トーキックにとって、つま先の感覚と足指の強化はとても大切です。

① つま先リフティング

次のようにつま先リフティングを繰り返すと、つま先でボールを扱う感覚が身に付きます。

その際、最初のうちはボールの空気圧を300hPa程度にまで低くすると失敗が少なく、感覚も掴みやすいと思います。もちろん慣れて来たら徐々に空気圧を高くしてください。

② つま先タッチドリブル

このドリブルは一見してトーキックと無関係に思えますが、特に親指と人差し指を使ってボールを真っ直ぐ運ぶスキルなので、指の繊細な感覚が発達します。

最初はやり難いかも知れませんが、ぜひ続けてみてください。

③ 足指の強化

次のような足指グーパーと足指スリスリを続けると足のアーチ構造などが強化されますが、その他にも足回りの筋肉群が連動して鍛えられるので、足指の強化にはとても高い効果があります。

このトレーニングは、毎日1分ずつでも続ければすぐに効果が現れます。

効果の目安としては、1~2週間程度で足の甲が盛り上がって指と指の間が広がり、3ヶ月~半年程度で足首周り、ふくらはぎ、アキレス腱などの筋肉群が太くなります。

ぜひ続けて見てください。

3.まとめ

これまでトーキックの蹴り方について解説してきました。

その際、特に大切なことは、トーキックはToe Kick(蹴る)ではなく、Toe Poke(突く)が正しい使い方ということです。

この場合、日本では、つま先を使ったトーキックは幼少期から否定されてしまいますが、ブラジルでは一つのキックとして大切にされています。

その一方で、日本人はトーキックに対して次のような誤解があります。
① つま先で蹴るとケガをしやすい。
② 真っ直ぐにしか蹴れない。
③ 試合ではほとんど使わない

こうした点は幼少期からの育成年代の間違った指導の影響もありますが、やはり海外のプレーを参考にして正しいトーキックの使い方を覚えるべきだと思います。

そうした意味で、ぜひ多くの子供たちがトーキックを上手くなってほしいと願っています。

【画像引用:Youtube.com